Top 2005年(7月〜9月) >スローダンス 最終回
2005年09月14日

スローダンス 最終回

理一(妻夫木聡)は衣咲(深津絵里)を抱きしめたあと、
出来上がった映画のテープを渡す。
衣咲は、ビデオを受け取ると、『犬とオジサン』というタイトルを見て「なかなかのセンスだね どんな話?」と聞く。


真木蔵人さんがつけていた時計です!




理一がお土産に衣咲に送ったストラップですね^^




理一は、おじさんが犬と旅をする話で、旅をしながら自分の生き方を見つけていく話しだと説明する。
そして、なんでキッズのことを言ってくれなかったのか、衣咲に聞く。
衣咲は、「かっこ悪いじゃん・・首になったなんてさ・・」という。
そんな衣咲に、理一は、この後に及んでかっこつけようなんて
今までどんだけ恥さらしてきたと思ってるんだよ」という。

確かに・・(笑)

そこに梶(真木蔵人)が来る。
梶は、衣咲にいい知らせがあるからと直接呼びにきたのだ。
それは、衣咲の大阪行きの異動の話だった。
衣咲は、梶と本社に向かう。
小野田部長(浅野和之)は、大阪のジャーナルスタンダードという 
店の売り上げ1、2位を争う人気店の店長の座を
用意していた。
衣咲は、迷う。

衣咲は、帰宅して、理一の撮った映画、『犬とオジサン』を見る。
翌朝、衣咲は、理一に『犬とオジサン』のビデオを返す。
「感想だけ言いたくて。面白かったよ。
考えさせられちゃったよ」といい会社に向かっていった。

理一は、『犬とオジサン』の試写会に来ていた。
木田(西野亮廣)の社長が、場所を用意してくれたのだ。
その試写会も終わり、部屋に帰ると、実乃(広末涼子)が麻婆豆腐を作っていた。
理一は、驚くが、英介(藤木直人)と実乃の気持ちが通じたとわかる。
実乃は、「いろいろとお騒がせしました」と微笑んでいた。
 
実乃が、MANUにきていると、
歩美(小林麻央)と、歩美の友人たちが来ていた。
英介は、楽しそうに話をし、今度ジンギスカンを食べにいこうと約束をしていた。
その様子を見た実乃は、おもしろくない。
「行くの?ジンギスカン 今約束してたでしょ?」
英介は、社交辞令だというが、「私の前で約束することないじゃん」と
実乃は怒り出してしまう。

実乃ちゃん、妬きもちやきですね(笑)
でも、ちょっとわかるかも。


衣咲の母・千影(高畑淳子)は、婚前パックの方が安いからと、ハワイで挙式をする事になり衣咲に挨拶に来ていた。
千影は、結婚は、50になってもできる。
仕事頑張りなさいとエールを送る。
しかし、孫は、欲しいという千影
「どっちよ!」と突っ込む衣咲に
「女の子」とすかさず答えていた(笑)

千影のエールもうれしかったですね。
結婚結婚と唱える親が多い中
衣咲を認める千影の発言は、うれしかったです。


衣咲と理一は、夢の蔵に来ていた。
衣咲は、異動の話があったことを伝える。
「同期の梶くんがいろいろと手を尽くしてくれて・・」というと
理一は、衣咲と梶が同期だと聞き驚く。「大人の雰囲気っていうの?」というと
衣咲は、「そんな大人の人にプロポーズされちゃったもんね」といい、理一は、固まる。
あわてた衣咲は、「あの・・丁重にお断りさせていただきました」と誤解を解く。
理一は、お店に戻れるんでしょ?と聞くと
衣咲は、希望のブランドに店長として呼んでくれるが、大阪なんだよねといい
大阪に行くことにしたという。
理一は、そのまま「そっか」という。
衣咲は、「え?止めないの?」と驚くが
理一は、「だって今いくことにしたって」といい乾杯する。

理一が固まった顔がおかしかったです。
またこじれるのかと思ったけど
すぐに訂正してくれてよかった(ほっ)


梶は、衣咲と飲んでいた。
梶は、この間見た理一が、衣咲の好きな彼だと気づき、「行くなって言われなかったの?」と聞く
「40歳過ぎて、お互い独身だったらそのときは、一緒に飲みにいこう。 昔みたいに。」 と約束する。

梶は、いい人ですね。
でも、まだ衣咲のこと好きみたいですね^^


実乃は、衣咲の元に相談にくる。
「嫉妬ってしたことありますか?」
「あるけど、実乃ちゃんは、ないの?」と衣咲
実乃は、なかったという。
「私の前で他の女と出かける約束するのってむごくないですか?」とぐちる。
衣咲は、他の女って?と聞くと
実乃は、「歩美ちゃん」と答える。
衣咲は、それはしょうがないかな・・・」と答えていた。

英介の部屋で実乃が一緒に食事を食べていると
雪絵(蛯原友里)から電話がかかってくる。
おなかが痛いからすぐ来てという
英介は、行こうとする。
実乃は、そんな英介に驚く。
英介は、雪絵の元に行ってしまった。

これには、私もちょっとおどろいたな・・
元カノだし、実乃が不安になるのもわかる。
しかも、雪絵自身の腹痛じゃなかったんだからね・・


理一は、再び恵比寿タコライスの一坂(温水洋一)の店で働いていると
実乃がやってくる。
理一は、英介との間に何かあったのかと察すると、実乃は、「女の人って愛するよりも愛されているほうが幸せなのかな・・
自分の好きが相手より多いから嫉妬とかしちゃうんだよね」とこぼす
理一は、どっちでもいいじゃん。
どっちの好きが多いかなんて、結局誰にもわからないという。

一方、MANUの英介の元には、衣咲がいて相談にのっていた。
「実乃ちゃん一生懸命だから」

「オレもそう思う
愛しいって・・」

「電話、実乃ちゃんいかけてあげなよ」と衣咲は、薦め
英介は、実乃に電話をかける

英介:「もしもし」
実乃:「ごめんなさい」

衣咲:「ちょっとなにしてるの?早くなんかいいなよ」

英介:「先にあやまられちゃって」
衣咲:「仲直りしなよ」

英介:「仲直りってなんていえばいいの?」
衣咲:「とにかくつないで」

英介:「あのさ、あの、・・」
衣咲:「なんでもいいから!」

英介:「おれと結婚してください

・・・返事がないんだけど」

衣咲:「っていうかそんな大事なこと電話でいうの?
結婚って・・プロポーズじゃん」

英介:「そうだよね・・」

実乃は、泣き出す
「電話だから声ださない・・」と理一。

電話口の声を聞いて実乃は、泣き続ける。


ティファニーの前で会う実乃と英介

「あたしと、結婚してください。」

「はい。」と英介

実乃は、にっこり笑う
「やっとちゃんといえた自分の気持ち」
英介は、実乃を抱きしめた。

結婚までいっちゃうんですね。
英介の告白は、ついでに出てしまったような
感じにも取れたから
ちょっと唐突だったかな??


理一たちは、一次選考に進んだ。二次審査の連絡を待っていたが いい報告は届かなかった。
ヘミングウェイカフェで、衣咲と会う理一。
衣咲は、、理一からだめだった結果をきくと
次は、どんな話撮るの?
明日から?来週から?とけしかける
「あなたすごいよ。衣咲さんって悩んだりしないんだろうな」と理一が笑う。
衣咲は、悩んだよという
31にもなって、大阪なんて知らない街行って、誰も知らないところいって、また1からはじめるなんて
さすがに悩むよ。
でも、そういうのもいいかなって思った
回り道しながら、自分の生き方見つけるのもいいかなって。
あの映画観てそう思った
回り道しても、遠回りしても、遠くに離れてても・・」という
衣咲は、大阪にいって楽しいかも
ノリ合うかもと話ていた。

理一は、どこかでばったりとか
10年後ここであったりするかもという
10年後というと41だという衣咲に
理一は、いくつになっても衣咲さんそのままだから
こういうの終わりなんてないから
好きだから終わりというわけでも
離れたから終わりでもなく
ゆっくりゆったり続いていくんだね・・と話す。

衣咲は、大阪に引越しし、ジャーナルスタンダードに向かい
挨拶をしていた

一坂の妻、はなえさんは、最近主人が
インターネットばかりやっててキターとか萌えとか聞こえるのと理一に
こぼしていた。

電車男ネタですね(笑)

理一は、恵比寿タコライスでバイトをしながら、映画を撮り続けていた。

衣咲は、大阪のイントネーションになれようと
必死に頑張っていた

梶が、衣咲の様子を心配して尋ねてくる。
「どう、慣れた?」
「ぼちぼちでんな」と返す衣咲

クリスマス
理一の元にフィルムフェスタの二次審査に通った知らせがきて
最終審査に進むことになった。
英介は、オレも・・と実乃との結婚招待状を見せる。
衣咲にもその招待状は届いていた。

2006年初秋
実乃と英介は、式を挙げた。
ブーケは、西山(村岡希美 )がゲットしていた。

理一は、フィルムフェスタの発表の日と重なり
式には遅れていた。
挙式には、理一は、間に合わなかった。

理一は、衣咲との出会いを思い出しながら
式場に向かっていた。

衣咲は、式場を歩いていた。

『よくわからないけど、衣咲さんといると人生素直に生きられる。』

『あたしが、あんたにいってるの』
『なんでそんなにムキいなってるの?』
『好きだから!』

『どうせわたしは恋愛できないら、人の世話焼くことしかできない
おばさんです』
『もうお水にしましょうね。』と衣咲の頭をなでる理一

『どんなささいな出会いであっても、接点であっても
それが残りの1%になる』

『私は、あきらめないよ』
『なにを?』
『人生を』

『じゃあ2度だ
今日走ってくれた。わたしのために』

『どっちつかずに
そんなだからあなた30過ぎてもなにもないんだ』

ヘミングカフェでの出会い
『並んでくださる?』
『いや、今僕これを・・』
『順番守ってくださる?』

『恩師なんでしょ?
恩師なんでしょ?あたし』

『最後まで希望をあきらめないでください
夢は、あきらめた瞬間に終わってしまうから』

「どう?理一連絡とれた?」と英介は
幸作(田中圭)に聞くが理一は、連絡が取れなかった。

披露宴では、ケーキが運ばれていた

木田が先にみんなの元にくる。

「東京フィルムフェスタ準グランプリとりましたー」と
木田が報告する。

理一は、トロフィを持ってチャペルにいく。

衣咲がいた。

「グランプリとはいかなかったけど
回り道して、遠回りして
道順めちゃくちゃで
すごく時間かかったけど
ほんとは
こんなこと一番最初にいわなきゃいけなかったんだけど
あなたのことが好き。
衣咲さんが好き」

「そうだよ。
順番、守ってくださる?」と衣咲
衣咲の目にみるみる涙がたまってくる。
理一は、衣咲をぎゅっと出きしめた。

チャペルでキスする2人。

「理一おめでとう。みんな集まってるから来いよ」と
英介と電話で話す。

「衣咲さんに会えた?」と実乃

衣咲と理一は、2人で英介たちの元に向かう

運転席に座るのは、衣咲。

「大丈夫?」
「なにが」
「運転」
「もう初心者マークとれたもんね
1回も運転しないままとれちゃった」
この準というの取れないかな
はい、シートベルト
出発ー!」

「やっぱ運転かわるよ」
「大丈夫大丈夫。
ゆっくり ゆったりいくからさ・・」


チャペルからどのくらいの距離だったのかな・・
無事たどりつけたでしょうか(笑)

理一の映画も認められ、王道のハッピーエンドでした。
ただ、最初の「犬とオジサン」の話を
もっと知りたかったな・・
衣咲が、自分の大阪行きを決めた映画なら
もっと観てみたかったのに・・。

実乃と英介も結婚までいってしまったんですね・・
この急展開にもびっくり。
予告の式は、一坂さんとはなえさんの式ではなかったんですね。
どうせだったら、衣咲の母・千影のドレス姿もちらっと
みたかったな・・・。(無理?)

チャペルで衣咲に思いを伝える理一は、かっこよかったですね。
”あなたのことが好き
衣咲さんが好き”

実は、ずっと理一は、衣咲が実習に来てたころから
気になってたのでは・・(笑)
もちろん明確になったのは、再会してからだと思うけど
先に衣咲からの勢いで言ったような告白?が先だったから
ずるずる来てしまったのかもしれないですね。

衣咲の「順番守ってくださる?」という最初のセリフが
最後に生きてきたのは、なるほど〜という感じでした。
当初、マシンガンのようにしゃべる衣咲に、かなり引き気味でしたが
ちゃんと意味のあるシーンだったんですね。
そして、今は、なかなかアクセルを踏み出せない理一と出合って
プラスマイナスゼロになって、いい関係になったのかもしれないですね。

次の式は、西山さんのようなので(笑)
その次には、理一たちの結婚式かな?^^
みんな幸せになれてよかったです。


ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆



主題歌です。
福山さんの甘い声が素敵です♪
東京(初回限定盤)
B000A6KANQ福山雅治

ユニバーサルJ 2005-08-17
売り上げランキング : 61

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
たまには自分を褒めてやろう(初回限定盤DVD付) Acoustic Fukuyamania (初回限定盤スペシャルDVD付き仕様) 泣いたりしないで/RED×BLUE fukuyama presents 虹~もうひとつの夏~(夏季限定盤) 福山雅治写真集+インタビュー集「伝言」


スローダンス オフィシャルファンブック
4594050190番組スタッフ MOTOKO

扶桑社 2005-08-31
売り上げランキング : 1,149

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
宿命 Jam Films S 愛し君へ ディレクターズカット DVD-BOX Jam films s Slow Dance Original Sound Track (仮)


Slow Dance Original Sound Track (仮)
B0009QX4SKTVサントラ Sin Paul

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2005-07-27
売り上げランキング : 984

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スローダンス オフィシャルファンブック NEUTRAL-Type Akico from Amasia Landscape 宿命 この人 Jam Films S







posted by まりこ(^▽^) at 06:14 | 東京 🌁 | Comment(18) | TrackBack(18) | 2005年(7月〜9月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
まりこさん、こんにちは。
最終回、皆幸せで本当に良かったですね〜。
私、もの凄く感動してしまい、この最終回の感想を書くだけの為に
急遽ブログを立ち上げました。
先日は、こちらで長々と語ってしまったので、本当に申し訳なくて。
現在はスローダンスの記事のみですが、順次過去作品やこれからの作品の感想もアップしたいと思っています。
宜しかったら遊びにいらして下さい。
Posted by メロディ at 2005年09月14日 09:40
TBさせていただきました。
>最初の「犬とオジサン」の話を
>もっと知りたかったな・・
僕もです。
もうちょっと流してもよかったんじゃないかなぁ?って思いました。
というか、見たかったです^-^;

ハッピーエンドでよかったですね^-^
Posted by chany at 2005年09月14日 09:49
あの時点での理一が言葉で伝えられない事を映画で表現したという『犬とおじさん』。
そのメッセージをしっかり受け止めたからこそ、新天地へ旅立つ決意をした衣咲。止めない理一。
この経緯だけ見ても、『犬とおじさん』はかなりの秀作だったんではと思うのに、何で見せてくれないかなーーー!( ̄へ ̄|||)
まぁ、考えようによっては、学生時代の作品が歩美へ捧げる作品だったように、これも衣咲のみに理解出来るメッセージであって、大衆にはわかり辛い内容だったのかも・・・だから賞も逃した?(笑)
ともかく皆の笑顔で終わって良かったです♪
Posted by まこ at 2005年09月14日 12:19
みなさま コメント・TBありがとうございます。

メロディさんへ
ブログ立ち上げたんですね!
あとで遊びに行かせてもらいます!
最終回は、私もほっとしました。
やっぱりこういうラストはいいですね。

chanyさんへ
「犬とオジサン」見たかったですよね〜
ずっと流される!って期待してたのに
がっかりでした(笑)
理一の撮った映画って、準グランプリを撮ったほうも知りませんが、どんな話なんでしょうね。
とりあえず、ハッピーエンドでよかったってことかな^^

まこさんへ
「犬とオジサン」は、私も衣咲の大阪行きを決めたほどの秀作だと思うのに、観れませんでしたね・・。
でも、まこさんが言うように、衣咲にとっては、
意味があっても、賞を逃しちゃったから、
流すほどのものじゃなかったのかな?(笑)
みんな、笑顔で終わってよかったですよね!
Posted by まりこ at 2005年09月14日 13:33
こんにちは。
私も「犬とおじさん」とても見たかったです。公式HPでいいから流してくれないかなーと思うのですが無理でしょうか?(そこまで作りこんでないかな?)
ラストがハッピーエンドでほんとうによかったです^^
Posted by ひいな at 2005年09月14日 13:53
TB有難うございました。
私もTBさせていただきました。
そうそう!「犬とおじさん」私も見たい!
かなり気になる!
そして、準グランプリ入賞作品も見たいな。
2作品目は、どうも無茶苦茶なジャンルだった様な気が・・・。
Posted by メロディ at 2005年09月14日 20:48
こんばんは。「順番守ってくださる?」があんなふうに生かされるとは意外でした。回想シーンで出てきたとき、「再会は最悪だったのになあ」と笑ってしまっただけに、意表を突かれた気分になりました。
Posted by いわぴい at 2005年09月14日 22:28
みなさま コメント・TBありがとうございます。

ひいなさんへ
HPで「犬とオジサン」を流してくれたら
いいかも!
でも、そんなに作りこんでないかな・・という
気もしますね(^_^;)

メロディさんへ
こちらこそ、TBありがとうございます。
理一ってば、とくに決めたジャンルとかは
ないのかな?(笑)
準グランプリ作品もみたいですよね!

いわぴいさんへ
再会は、最悪だったはずなのに
あのセリフが生かされたのは、びっくりですよね^^最初からそこまで考えられて作られていたのならすごいです!
Posted by まりこ at 2005年09月15日 03:56
まりこさん、こんにちは。
2回TBしてしまいました。
急遽ブログを立ち上げたもので、TBの仕方を間違えてました・・・。
2回目の方が正しくTBされますので、1回目のTBを削除しておいて下さい。
何度もすみません。
次クール、どんなドラマがあるんでしょうね。
またコメント出来たら幸いに思います。
Posted by メロディ at 2005年09月15日 10:08
メロディさんへ
わざわざありがとうございます。
TBは、気になさらないでくださいね。
また来月からのドラマも気になります!
Posted by まりこ at 2005年09月16日 16:47
 まりこさん 

こんにちわ。はじめてお邪魔させて
いただきます。
もうどうしても、知りたい事があるので
メールさせていただきました。
スローダンスの最終回で、藤木直人と広末涼子
が街角で出会うシーンに使われていた曲、教えて下さい。お願いします。
Posted by ベンド at 2005年11月04日 12:32
ベンドさんはじめまして。
ダビングしたものがないので、どの曲か
自信がないのですが、サントラで視聴できる
ページを見つけたので、参考になさってください。お役に立てなくてごめんなさい。。

http://www.hmv.co.jp/Product/Detail.asp?sku=1498305
Posted by まりこ at 2005年11月04日 23:42
  まりこさん

あ、あ、ありがとうございました。
サントラの中にありました。
感動です。早速、注文しました。
いろいろなドラマの事、かなりご存知
とお見受けしました。
また、よろしくお願いいたします。
Posted by ベンド at 2005年11月05日 14:34
ベンドさんへ
曲見つかってよかったです^^
よかったらまた遊びにきてくださいね!
Posted by まりこ at 2005年11月05日 17:25
こないだのスローダンスの再放送の最終回を見逃してしまって、どーしても内容を知りたかったのですごく詳しく書いてくれていてうれしかったです!!
めっちゃスッキリしました☆ 
これからもこんな風に書いていって欲しいです(^.^)/
Posted by ゆきりんご at 2006年06月22日 15:11
ゆきりんごさんへ
コメントありがとうございます。
お役に立ててよかったです。
いいラストでしたよね^^
よかったらまた来てくださいね!
Posted by まりこ(^▽^) at 2006年06月22日 18:14
こんにちは!
スローダンスの再放送を見てしまい、ラストが気になって、気になって…!
こちらのブログのお陰で、すっきり夜も眠れます!
ありがとうございました!
これからも応援しています。頑張って下さいね(^0^)
Posted by こんち at 2009年02月23日 16:35
こんちさんへ
ご訪問、コメントありがとうございます。
ラスト、お役に立ててよかったです。
素敵なドラマでしたよね。
よかったら、また遊びにきてくださいね!
Posted by まりこ at 2009年02月23日 17:30
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


スローダンス 最終回『ずっと好きでした』 感想
Excerpt: 今回一番気になったのは、『理一君は地獄耳?』です(笑) どうして、理一君には電話の内容が聞こえたのか不思議で不思議で(笑) いやぁ、びっくりしました(笑) ということで、理一と衣咲
Weblog: ぐ〜たらにっき
Tracked: 2005-09-14 09:46

スローダンス最終回・・・らしい(笑)
Excerpt: いろいろ雑用や、飯食いながらみてました。 それくらい、気合を入れては見てません(爆) 結果は、そのままというか、結局なんだったの?っていいますか。 悪い終わり方ではないんですけど、なんかしっくりこな..
Weblog: つれづれなる・・・日記?
Tracked: 2005-09-14 11:50

スローダンス 最終話:ずっと好きでした
Excerpt: キタ━━━━━(゚ ∀゚ )━━━━━!!!!! とか 萌え〜〜〜♪(〃▽〃)とかですって!!! どうやら、一坂さんはとっくに挙式を済まし?、既に同居中のようですねー。 最後の最後で『電車男』コラボ台..
Weblog: あるがまま・・・
Tracked: 2005-09-14 12:20

スローダンス(最終回)その1
Excerpt: まず、最初にお詫びを。 10話のレビューが木曜までずれ込んでごめんなさい。 火曜日や水曜日にスローダンスレビューを目当てに来てくださった多くの方々すいませんでした。それでないとあきらめてしまった方、ご..
Weblog: あっちゃん語録
Tracked: 2005-09-14 14:14

スローダンス最終話
Excerpt: ストーリー展開がゆっくりで、9話までイライラさせられましたが、 10話を見た後に、やっとドラマが伝えたかった事が分かり、最終話では大感動!!! 画面に向かって拍手してました。
Weblog: 心動・・・。
Tracked: 2005-09-14 15:35

効かない化粧品でキレイになる−大人ニキビ完全解消の法則??
Excerpt: 昨日はビデオに録っていた「スローダンス」を見ました。 むかしからドラマなどを連続で見ると、出演者を好きに なることがたまにあります。 今はフカッちゃんに少々ですが恋をしています。 ..
Weblog: ニキビ・にきび跡・赤み、本気で肌トラブル解消を望む方に!滋賀高島今津美顔blog
Tracked: 2005-09-14 17:12

スローダンス最終回
Excerpt: 最近、あまり書いてなかった・・・。 ドラマはちゃんと見てるし、見ると感想を言いたくなるんだけど、 最近、忙しかったり体調不良でなかなか書けず(T_T) 最後は上手いこと行きましたね。 3年後くらいに..
Weblog: キマグレ雑記
Tracked: 2005-09-14 21:57

スローダンス 〜最終回〜
Excerpt: これですっ、これを待ってたんです!この月9ならではの完全なハッピーエンドを待ってたんです!今年2回も「あれっ?」って感じで終わってたので今回もちょっと不安だったんですが、3回目にしてやってくれました。..
Weblog: いわぴいのドラマ日記
Tracked: 2005-09-14 22:29

スローダンス最終話「ずっと好きでした」
Excerpt: せっかく最後まで感想を書いたのにしかも久々に長めだったのに全部消えてしまいました。この悲しみ・やり場のない怒り、どうすればいいんですかー(号泣) もうね、書く気がなくなりましたよ。あーでも簡単に書い..
Weblog: シフク☆note
Tracked: 2005-09-14 22:57

スローダンス・第11話(最終話)
Excerpt: スローな展開で見どころが「理解」できず、批判ばかりのレビューを書き続け、第9話で不満のピークに達しながら、第10話の時点である種の「誤解」に気付き、最終話の締めくくり方に期待するようになった自分・・・..
Weblog: あずスタ
Tracked: 2005-09-15 01:51

【ドラマ雑感】 スローダンス (最終回) 「ずっと好きでした」テロテアリーナ並?
Excerpt:  理一(妻夫木聡)は完成した映画を真っ先に見せようと、衣咲(深津絵里)のもとを訪ねた。大阪への異動話が持ち上がっていた衣咲は、理一の映画を見たことで自分自身の今後について考えさせられる。一方、英介(藤..
Weblog: 気ままなNotes...
Tracked: 2005-09-15 03:27

スローダンス
Excerpt: ストーリー展開がゆっくりで、9話までイライラさせられましたが、 10話を見た後に、やっとドラマが伝えたかった事が分かり、最終話では大感動!!! 画面に向かって拍手してました。 はっきり言って、5話まで..
Weblog: 心動・・・。
Tracked: 2005-09-15 09:57

SLOW DANCE 的思考
Excerpt: SLOW DANCE終わっちゃいましたねー。最後は衣咲さんも実乃ちゃんもHAPPY ENDでしたね。ハイハイ めでたし。めでたし。ドラマですからね。上手く行っちゃうんだな。これが。私が今回取り上げた..
Weblog: Ema's Diary
Tracked: 2005-09-15 16:37

スローダンス 最終回
Excerpt: おいおいおいおいおいおいおい!!!!!! 本当になんだか分からんぞぉ~ってまま終わっちゃった・・・ 最近、深津絵里は本当に作品に恵まれないなぁ~ っていうか、仕事見る目ないのか、アミューズ!! ほ..
Weblog: ドラマ!テレビ!言いたい放題
Tracked: 2005-09-15 23:54

『スローダンス』全11話 視聴終了
Excerpt: スローダンス オフィシャルファンブック 番組スタッフ, 渋谷 健太郎 ひたすら脚本家・衛藤凛に同情する。 おそらく最初の段階での企画意図は違うものだったはずだ。 それは1、2話を見てい..
Weblog: Jump Over the Borderline
Tracked: 2005-09-17 21:31

スローダンス 最終話
Excerpt: 『ずっと好きでした』 完成した映画を真っ先に見せようと、牧野衣咲(深津絵里)のもとを訪ねる 芹沢理一(妻夫木聡)。 そこで理一は衣咲を思わず抱きしめる。 「どうしたの・・・?」衣咲が理一に聞く。 ..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2005-09-18 15:59

スローダンス 最終回
Excerpt: 「スローダンス」については、コメントするつもりが無かったのですが…。 芹沢理一(妻夫木聡)が牧野属咲(深津絵??)に言った 「いつまでたっても、貴女はそのままだから… ~ ずっとずっと、造っくり造った..
Weblog: お気楽生活
Tracked: 2005-09-19 19:11

ドラマ スローダンス 最終レビュー
Excerpt: ドラマ「スローダンス」は「東京ラブストーリー」に代表される月九らしいラブストーリーでした。 ただ、時代がこのようなストーリーを求めていないのが現状だと思います。
Weblog: musi-k ~ムジーク
Tracked: 2005-09-25 20:35
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。