2009年04月06日

2009年1月〜3月クールまとめ

2009年1月〜3月クールまとめをしたいと思います。

視聴していたもの

月曜21時 VOICE
火曜21時 メイちゃんの執事
火曜22時 トライアングル 
水曜22時 キイナ
木曜22時 ありふれた奇跡 
金曜22時 ラブシャッフル
土曜21時 銭ゲバ
日曜21時 本日も晴れ。異常なし

以下、個人的ランキングです。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(1月〜3月) | Edit
2009年04月01日

DOOR TO DOOR

倉沢英雄(二宮和也)は、脳性まひの明るくがんばり屋な22才の青年で、経済専門学校を卒業したばかり。
早くに父を亡くし、母ひとり子ひとりでやってきて、母・美津江(樋口可南子)を楽にさせるためにも、なんとか仕事を見つけて社会人になりたいと強く思っている。
美津江も英雄を小さい頃からプライドを持って生きるように育て、息子が早く自立できることを願っていた。



続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 01:12 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2009年(1月〜3月) | Edit
2009年03月30日

ごくせん卒業スペシャル'09

やっと、3D全員の就職や進学が決定し、久美子(仲間由紀恵)や生徒たちは、楽しかった学校生活を振り返り、全員そろっての卒業を楽しみにしていた。
しかし、その頃、2年生の間で高杉怜太(玉森裕太)を中心とした反抗的なグループができ問題になっていた。
実は、怜太は緒方大和(木雄也)の幼なじみでタチの悪い荒高から転校してきたのだ。
ある日、大和は怜太が荒高の卒業生と親しげに話している所を見かけ心配する。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2009年(1月〜3月) | Edit
2009年03月29日

絶対彼氏 「愛してるよリイコ…理想の恋人ロボが奇跡の復活!! 封じ込めた想いが今再び… 僕はどうしてロボットなのでしょうか?… さよなら、ナイト…」

自分の意志と感情を持つようになった恋人型ロボット・天城ナイト(速水もこみち)が消えてから3年・・・。
パリ修行を積んだ浅元創志(水嶋ヒロ)と井沢梨衣子(相武紗季)は「ASAMOTO」が社運を賭けてオープンする新ショップのプロジェクトメンバーとして呼び戻され、日本に帰国することになった。
パリ修行で各々の仕事に自信をつけ、意欲的な創志と梨衣子。その間に愛を育んでいたふたりは、同僚たちに婚約の報告し、祝福を受ける。




続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 08:54 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2009年(1月〜3月) | Edit
2009年03月25日

ヴォイス〜命なき者の声〜 第十一話(最終話)「別れの時、僕らの明日」

東凛大学の加地大己(瑛太)、石末亮介(生田斗真)、久保秋佳奈子(石原さとみ)、桐畑哲平(遠藤雄弥)、羽井彰(佐藤智仁)らゼミ生は、胸部をナイフで刺され死亡した成瀬喧一(ダンカン)と対面する。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2009年(1月〜3月) | Edit
2009年03月21日

ラブシャッフル 第十話(最終話)「運命の人にめぐり逢うために」

ラブシャッフルを始めた当初、啓は恋人・芽衣(貫地谷しほり)の気持ちを自分に引き戻したいと右往左往していたが、芽衣からようやく元サヤに戻り予定通り結婚したいと言われ、無事結婚する運びとなる…。
そんな啓を愛瑠や旺次郎、正人も皆祝福。海里の問題もひと段落し、いよいよ結婚式の日を迎えるが…。


 続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 06:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(1月〜3月) | Edit

ありふれた奇跡 第十一話(最終話)

見知らぬ若い女性から赤ん坊を預かった中城加奈(仲間由紀恵) と田崎翔太(加瀬亮) 。
5分で戻ると言ったその女性は、20分経っても戻ってこなかった。
トイレに女性を探しに行くも女性の姿はなく、その後も慣れないながらもミルクをあげたり、おしめを換えたりと、買いに走った育児本を参考にしながら懸命に世話を焼く加奈と翔太。
2時間が経過した。警察に届けようと提案する翔太に加奈は「もう少しこうしていたい」と本音を漏らす。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 05:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(1月〜3月) | Edit
2009年03月20日

キイナ〜不可能犯罪捜査官〜第九話(最終話)「神隠し」

駅前の人ごみの中で通行人が突然火だるまになる事件が発生。
現場近くにいて男が炎に包まれるのを目撃したキイナは、それが世界中で目撃されている怪奇現象"人体自然発火"ではないかと考えた。
そんな折、キイナは、真一郎(塚地武雅)の娘・莉子(森迫永依)から、無断欠席しているクラスメートのことで相談を受けた。
欠席しているクラスメートは風見団地に住んでいる3人で、そこには幽霊が出るとの噂があったのだ。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(1月〜3月) | Edit
2009年03月19日

メイちゃんの執事 第十話(最終話)「ラストkiss」

メイ(榮倉奈々)は、理人(水嶋ヒロ)を賭けての決闘<デュエロ>をルチア=詩織(山田優)に申し込む。
理人がその結果に従うことを確認したルチアは、もし自分が負けたら、理人のことを諦めるのはもちろん、本郷家の後継者の座を辞退し、ルチアの称号も返して学園から去る、と言い出す。
その代わり、自分が勝ったときは、メイだけでなく、泉(岩佐真悠子)やリカ(大政絢)らクラスメイト全員に学園から去ってもらう、と続けるルチア。それを聞いた泉たちは、ルチアの出した条件を受け、メイを応援すると宣言する。そのとき、多美(谷村美月)が放ったボーガンの矢が理人の腹部に突き刺さった…。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 05:56 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2009年(1月〜3月) | Edit
2009年03月18日

トライアングル 第十一話(最終話)「決着」

亮二(江口洋介)は、ようやくたどり着いた25年前の事件の犯人と対決することを信造(北大路欣也)に報告。
佐智絵、志摩野(堺雅人)、サチ(広末涼子)が殺された3つの事件は、同じ人物の犯行だと告げる。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 19:49 | Comment(0) | TrackBack(3) | 2009年(1月〜3月) | Edit

ヴォイス〜命なき者の声〜 第十話「最後の大勝負」

加地大己(瑛太)の言葉に勇気づけられた石末亮介(生田斗真)は、急死した作家・桜井真也(田村亮)の妻・瑠美子(麻生祐未)に解剖を勧め、瑠美子もそれを受け入れる。
解剖室で遺体を執刀した佐川文彦(時任三郎)は、腹水がたまっておらず、死因とされた腸閉塞は見られないと診断。
病気以外の死因が絡んでいるかもしれない、と言う夏井川玲子(矢田亜希子)に、大己、亮介、久保秋佳奈子(石原さとみ)らは衝撃を受ける。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 09:45 | Comment(0) | TrackBack(2) | 2009年(1月〜3月) | Edit
2009年03月17日

本日も晴れ。異常なし 第九話(最終話)「40年前の悲劇…そして輝く未来へ」

今日も島は異状なし。
いつものとおり那瑠美島に石垣島からの連絡船がやってきた。
しかし乗客を見て遼(坂口憲二)とキヌ(前田美波里)は驚く。立花和美(布施博)が乗っていたのだ。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(1月〜3月) | Edit
2009年03月16日

銭ゲバ 第九話(最終話)「幸せはどこにあるズラ?」

死を決意し、ダイナマイトの導火線に火をつけた風太郎(松山ケンイチ)。
チリチリと燃えていく導火線の炎を見ながら、風太郎はある夢を描きはじめる――。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2009年(1月〜3月) | Edit
2009年03月14日

ラブシャッフル 第九話「愛の裏返しは孤独だった」

海里(吉高由里子)が突然、旺次郎(松田翔太)の部屋からいなくなり行方不明になってしまったことで、旺次郎の様子がおかしくなり、啓(玉木宏)と愛瑠(香里奈)はそんな旺次郎を心配する。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 14:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(1月〜3月) | Edit

ありふれた奇跡 第十話

「妙」で待ち合わせした中城加奈(仲間由紀恵) と藤本誠(陣内孝則) 。加奈は自殺しようとした時を振り返り、誰かに止められた気がしたが、それを翔太と重ねて恋人気分になっていただけかもしれないと話す。
そんな加奈に誠はもっと気持ちを楽にするべきと言う。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(1月〜3月) | Edit
2009年03月13日

キイナ〜不可能犯罪捜査官〜第八話「死者からのメッセージ」

トンネル内を走行中に"宮内真理子"の幽霊を見た、という雅の話が、キイナ(菅野美穂)たちに伝わった。
宮内真理子というのは、15年前に雅が担当した失踪事件の"被害者"。現場と見られる神社の境内の状況や血痕の量から判断して、真理子が殺されたのは間違いなかった。
しかし、真理子の死体は見つからず、犯人も特定されていない。雅は事件発生以来、ずっとこの事件を追っていたのだ。



続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(1月〜3月) | Edit
2009年03月12日

メイちゃんの執事 第九話「死なないで、理人」

陰<オンブラ>寮に戻ったメイは、理人の傷を手当する。
消毒薬がしみ、顔をしかめる理人。慌てるメイに、理人は「大丈夫です」と言って微笑んだ。
メイは、その笑顔にドキリとして…。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2009年(1月〜3月) | Edit
2009年03月11日

トライアングル 第十話「十字架を背負う者たち」

危篤状態に陥っていたサチ(広末涼子)の意識が戻る。
最期の力を振り絞り、「あなたに会えて自分の人生を生きて行こうと思うことができた」と亮二(江口洋介)に思いを告げたサチは静かに目を閉じ、そのまま眠るように息を引き取る。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(1月〜3月) | Edit
2009年03月10日

ヴォイス〜命なき者の声〜 第九話「雨を読めた男の死」

東凛大学の解剖室に、男性の遺体が運び込まれる。
ビルの窓拭きを請け負う会社社長の男性・宇野慧は、作業時にビルから落下したとされるが、調査の結果、落下原因と思われる命綱の不具合は見つからなかった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(1月〜3月) | Edit
2009年03月09日

本日も晴れ。異常なし 第八話「島が死んでしまう?!最後の民宿、炎上!!」

普段と変わらず精力的に、且つ暑苦しく動き回る遼(坂口憲二)。その遼に光生(青木崇高)が声を掛けた。
光生はデカ長・片岡(遠藤憲一)に言われた「この島は死にかけている」という言葉に戸惑っていたのだ。
遼は生粋の島民である光生のこの言葉を喜び、過疎と少子高齢化が進むこの島が生き残る術を考えようと提案する。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 01:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(1月〜3月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。