2008年04月25日

ロス:タイム:ライフ 特別版・後編 神の手ホイッスルを吹く!? 夫婦で決めたゴール!」

尾元勇蔵(温水洋一)の元へ突然、カズ子(岸本加世子)が駆け込んできた。
カズ子は彩香(栗山千明)の父親の絡んだ汚職を国会で追及していた議員だったが、そのことで乗り込んできたのではなかった。
実はかつて夫婦だった尾元とカズ子。
十年前に、尾元が離婚届にサインをして家出して以来の突然の再会だった。そしてカズ子の背後には審判団が。カズ子はロスタイム中だったのだ。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 03:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(1月〜3月) | Edit
2008年04月15日

ロス:タイム:ライフ 特別版・前編 「あと2回!? あの男の真実が!! 黒い疑惑と父娘の物語」

病院では、戦闘機購入を巡る国家レベルの贈収賄疑惑の中心人物として今世間で騒がれている、道波商事社長・黒崎幸三(田村亮)が、死を迎え
24時間のロスタイムが始まるところだった。
しかし、体力を消耗してしまっている黒崎は、体を動かすことができず、あることを頼むため、娘・黒崎彩香(栗山千明)を呼び寄せる。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 11:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(1月〜3月) | Edit
2008年04月07日

ロス:タイム:ライフ 「最終章〜終らないロスタイムで掴んだ栄光! ひきこもり青年の起こした奇跡」

三浦謙太郎(大泉洋)は31歳にして実家の自分の部屋にひきこもって生活している。
その日も妹・亜矢(小出早織)が、母・智恵子(田島令子)が用意した朝ご飯の磯辺巻きを運んできて、部屋のドアの外に置いていった。
謙太郎はすばやく皿を室内に入れるとドアを閉め、餅をひとつ口に入れる。
ところがその餅が喉に詰まり、意識が遠のいた・・・と、審判団が現れ
12時間のロスタイムを提示した。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 01:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | 2008年(1月〜3月) | Edit
2008年03月30日

ロス:タイム:ライフ 第八話「私頑張りました! 女部長は銭湯で泣く 〜最期に会えた恋の味」

スポーツ用品メーカーに勤める堀池清美(真木よう子)は若くして広報部部長に抜擢され、仕事漬けの毎日。
家に帰ることもままならない生活で万年睡眠不足、友人との食事の約束もドタキャンばかりだった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 16:03 | Comment(0) | TrackBack(3) | 2008年(1月〜3月) | Edit
2008年03月25日

薔薇のない花屋 最終話「薔薇を売る花屋〜涙の一滴(しずく)…」

英治は、雫に真実を告げていく。
「少しずつでいいからちゃんと受け止めなさい」
その様子を見て悔しがる舜は
病院に向かっていく。



続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 06:53 | Comment(2) | TrackBack(2) | 2008年(1月〜3月) | Edit

佐々木夫妻の仁義なき戦い 最終話「涙の法廷!! 夫婦の愛よ永遠に…」

法廷で、「明日は父親が育てたほうがいい」と猪木(古田新太)が証言したことから、徐々に律子の形勢が危うくなってきていた。
今まで律子がしてきた破天荒な行動について週刊誌が目をつけ、そのことを悪く書き立て始めたのだ。
それら記事の影響でクライアントが離れ始め、窮地に立たされた律子。
仕事も育児も破綻寸前という記事を見て「こういう記事を証拠で出せば裁判官の心証を左右するでしょうね」との、ゆと子(江波杏子)の言葉に、それを聞いていた法倫はなぜだか複雑な表情を見せる…。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 04:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(1月〜3月) | Edit
2008年03月24日

鹿男あをによし 最終話「二つのキス〜冒険の終わりが恋の始まり

小川孝信(玉木宏)は、堀田イト(多部未華子)から受け取った“目”=銅鏡を草の上に置く。
それを、藤原道子(綾瀬はるか)、鹿、鼠が見守る。
最後まで私欲をむき出しにした小治田史明(児玉清)は、離れた場所で放心したように座っていた。
そして、鹿の呼びかけで、いよいよ儀式が始まる。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:54 | Comment(0) | TrackBack(3) | 2008年(1月〜3月) | Edit

斉藤さん 最終話「さよなら斉藤さん」

こばと小学校などの統廃合が取り止めになりホッとした空気が漂う中、三上ら保護者たちは、引っ越しが間近に迫った斉藤さんのことを話していた。
真野は、斉藤さんへの冷たい姿勢を頑なに崩そうとはしなかった。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(1月〜3月) | Edit
2008年03月21日

ハチミツとクローバー 最終話「胸を張れるいい恋だった」

森田がはぐみを連れて向かったのは、あるビルの屋上だった。
そこで森田は、自分がずっと側にいるから、はぐみが行きたい場所に行ってゆっくり手を治そう、と彼女に提案した。
はぐみは、そんな森田に礼を言うと、右手の痛みが絵を諦めるな、と言っているような気がするから頑張って手を治す、と答える。
「努力すれば何でも手に入ると思ってたけど、オマエだけはどうしようもないんだな…」。森田は、寂しそうにそうつぶやいた。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 03:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(1月〜3月) | Edit

薔薇のない花屋 第十話「愛を取り戻すため」

工事現場で働く英治。
自然と仲間と話をするようになり
子供の話になる。
英治は、娘が一人いると携帯の待ちうけ画面を見せようとすると
雫が走ってくる。
「実物来ちゃいました」と英治は微笑んだ。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 02:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(1月〜3月) | Edit
2008年03月20日

佐々木夫妻の仁義なき戦い 第九話「最後の審判!! 子供はボクが守る!!」

病院のロビーで待っていた法倫の母・ゆと子(江波杏子)や律子の母・浩子(銀粉蝶)ほか佐々木法律事務所の面々の前に二人が現れたとき、離婚騒動は収まったかに見えた。
が、そこに刑事が現れ、ストーカーの現行犯だとして法倫に手錠をかける。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(1月〜3月) | Edit
2008年03月16日

エジソンの母 最終話「エジソン追放! 涙と怒りの全校集会」

タイムカプセルに宝物を入れようと子供たちが宝物をつめる。
しかし、次第に焦げ臭い匂いに気づき、基地が火事になってしまう。
火事に気づき逃げる子供たちの中、
賢人は、水筒の水をかける。
しかし、火はさらに強く燃え上がる。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 19:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2008年(1月〜3月) | Edit
2008年03月15日

鹿男あをによし 第九話「最後の対決!運命の夜〜日本の行方は?」

小川孝信(玉木宏)は、自分が鼠の“運び番”だと認めた小治田史明(児玉清)に“目”を返すように迫ると、小治田は、それを高松塚古墳に隠してあると明かす。
小川はすぐに取りに行こうと急かすが、小治田は自分が取りに行き、明日必ず学校へ持って行くと言う。
しかし小川はそれを信じず、自分も一緒に行くと言って譲らない。
結局、小治田が折れて翌日、古墳の事務局が開く時間に待ち合わせることになった。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 05:49 | Comment(0) | TrackBack(2) | 2008年(1月〜3月) | Edit

斉藤さん 第十話「悪いことは悪い! 斉藤さんから最後のメッセージ」

夫の赴任先・南アフリカへ、潤一と共に引っ越すことになった斉藤さんは、そのことを真野に伝えるタイミングが見つからずにいた。
そんなことを知らない真野は、春休みに斉藤さんたちも誘って
京都に旅行に行こうとパンフレットを眺め楽しみにしていた。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 04:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(1月〜3月) | Edit

貧乏男子 ボンビーメン 最終話「ボンビーメン卒業!」

オムオムが提案した最後の勝負とは、以前やったのと同じ封筒の袋貼り作業だった。
その数全部で222万枚、2枚1円の換算でこなせば、一美の借金と同じ111万円となる。
以前は、一美の元に200人を超える友達がやって来たが、ひとり5000円のバイト代を支払った。
今回、オムオムは金いっさい使わずにやってみろ、と要求したのだ。出来た場合は、もちろん借金は全て解消。
一美がお金抜きでどれだけの人間と繋がっているのか、見せて欲しいというオムオムは、これが自分の生き方を賭けた戦いだと言い切った。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 03:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(1月〜3月) | Edit
2008年03月13日

ハチミツとクローバー 第十話「絶望の淵、ふたりを結ぶ道」

倒れたガラスの下敷きになったはぐみ(成海璃子)は、病院に収容される。
幸い、命に別状はなかったが、頭部と右腕に重傷を負い、緊急手術を受ける。
事故現場に居合わせたあゆみ(原田夏希)から連絡を受けた竹本(生田斗真)や森田(成宮寛貴)は、あわてて病院に向かった。
花本(村上淳)は、面会できるようになったらすぐ連絡するから今日は帰ったほうがいい、と竹本たちに告げ、みんなは一度帰る。



続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 16:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(1月〜3月) | Edit
2008年03月12日

薔薇のない花屋 第九話「衝撃!全ての真実]

汐見英治(香取慎吾)の前に突如現れた神山舜(玉山鉄二)。
海外で外科医をしていた舜は、今回、難しいオペのために安西輝夫院長(三浦友和)から呼ばれたことを英治に伝える。

英治は、花屋を閉店させ美桜の部屋に行く。
ノックをすると、ちょうど美桜が
帰ってくるところだった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 15:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(1月〜3月) | Edit
2008年03月10日

佐々木夫妻の仁義なき戦い 第八話「出産せまる!!明日という新しい命]

自分の悪いところも認めて素直に謝る律子は、「これからもよろしく」と法倫に握手を促すが、法倫は先ほどの言葉を覆すかのように「謹んで、ごめんこうむる!」と言い放つ。
その言葉を聞いて、凍りつく律子。
すると法倫は冗談だと笑いながら、あらためて律子と握手を交わした。
しかし、このとき律子は、法倫になにか裏があると感じる。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(1月〜3月) | Edit

ロス:タイム:ライフ 第六話「ヒーローになりたい男! 涙の大逆転!? 最期に輝く星になれ!」

売れない役者、北澤光一・35才(田中直樹)は、オーディションに落ち続け、仕事といえばいつまでたっても遊園地のヒーローショーの悪役・シャドー団しかない。
目立ちたがり屋の光一は舞台でやりすぎて、いけすかないヒーロー・サンバイザーX役の赤井隼也(原田篤)からもおねえさん役のみどり(安田美沙子)からも嫌みを言われる始末だった。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(1月〜3月) | Edit
2008年03月09日

1ポンドの福音 最終話「結婚!?への道大作戦愛と焼き芋で旅立ち」

「シスター勝ちました!」とチャンピオンベルトを掲げる耕作。
さっそくアンジェラに報告しようと修道院を尋ねるが
ミリーから他の修道院に移ることになったと聞かされる。
ミリーから、「あなたのせいでここにいられなくなったのです」と
聞かされ、耕作は、シスターのために勝ったのに・・とショックを受け落ち込む。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(1月〜3月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。