2007年03月20日

華麗なる一族 最終話 「決意の死〜未来へ」

鉄平側の唯一の切り札、銭高常務が証言台に立つために裁判所に現れた。
錢高は、借入表を大介に改ざんするよう命じられたことを明らかにする。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 12:37 | Comment(1) | TrackBack(3) | 華麗なる一族 | Edit
2007年03月11日

華麗なる一族 第九話「最期の父子対決」

ついに、鉄平(木村拓哉)と万俵大介(北大路欣也)の父子での裁判が始まる。
原告席と被告席で対峙する二人にマスコミも注目した。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 23:24 | Comment(1) | TrackBack(3) | 華麗なる一族 | Edit
2007年02月26日

華麗なる一族 第七話 「悲劇の高炉爆発」

阪神特殊製鋼の高炉の工事も完成まであと2ヶ月となり順調に進んでいた。
対する大介は、帝国銀行と共に鉄平の阪神特殊製鋼を倒産させ、
自らの銀行を大同銀行と合併させようと画策していた。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:55 | Comment(2) | TrackBack(1) | 華麗なる一族 | Edit
2007年02月15日

華麗なる一族 第五話 「運命を分けた死」

大川の記事が、銀行家にとっては、別の意味で重要なことだと聞かされた鉄平。
それは、阪神銀行への、そして、父への疑いを強めるものであった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 15:21 | Comment(1) | TrackBack(3) | 華麗なる一族 | Edit
2007年01月22日

華麗なる一族 第二話

高炉建設へ向けて本格的に歩み始めた鉄平。
その知らせをとても喜んだのは、鉄平を慕っている四々彦だった。

四々彦と妹の二子は、付き合っており
鉄平は、その報告に喜ぶ。
二子が、万俵家の地位や名誉に関係なく
純粋に人を好きになったからだった。





続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 16:37 | Comment(2) | TrackBack(1) | 華麗なる一族 | Edit
2007年01月16日

華麗なる一族 第一話

時は1960年代後半。
万俵家では毎年正月、英虞湾を見渡す豪華な志摩観光ホテルで
 過ごすことになっていた。
今年のこの会は、一族穏やかな気持ちでは臨んでいなかった。



続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 13:21 | Comment(1) | TrackBack(2) | 華麗なる一族 | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。