2006年11月28日

セーラー服と機関銃 最終話

「私、一度だけ人の道を外れてもいいですか?」
泉(長澤まさみ)は愛した男たちのため、目高組八代目組長としての仁義を貫くため、佐久間(堤真一)と共に、ついに機関銃を手に黒幕・太っちょ三大寺一(緒形拳)の元へ乗り込む。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 14:42 | Comment(2) | TrackBack(3) | セーラー服と機関銃 | Edit
2006年11月22日

セーラ服と機関銃 第六話 「目高組の解散!!」

武(田口浩正)の次に金造(山本龍二)の命までも奪った浜口組。
刑事・黒木(小市慢太郎)も浜口(本田博太郎)とグルだったことを知る。
さらに、真由美(小泉今日子)は泉(長澤まさみ)に、浜口の探しているヘロインは自分が持っていて、太っちょの正体は政治家であり真由美の父である三大寺一(緒形拳)だと告げる。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 13:07 | Comment(0) | TrackBack(1) | セーラー服と機関銃 | Edit
2006年11月14日

セーラー服と機関銃 第五話 「愛し組員よ永遠に」

武(田口浩正)が殺され、仇討ちだと躍起になる佐久間(堤真一)ら組員を泉(長澤まさみ)は、「もう誰も失いたくない」と阻止しようとする。
怒りの収まらない組員に金造(山本龍二)は、「浜口組のウラにもっと危ねえものが隠れているような気がする。それは“太っちょ”かもしれない」と、思案しようと提案する。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:35 | Comment(3) | TrackBack(2) | セーラー服と機関銃 | Edit
2006年11月06日

セーラー服と機関銃 第四話 「愛した組員の死」

泉は、クラスメートに遭遇。
「組長って?」
泉は、ダッシュで逃げる。
組員も逃げる。
「怪しい・・」とクラスメートたちは、泉をみつめる。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 01:24 | Comment(3) | TrackBack(3) | セーラー服と機関銃 | Edit
2006年10月29日

セーラー服と機関銃 第三話 「さらば愛しい人よ」

どうしても父(橋爪淳)の死の真相を知りたい泉(長澤まさみ)は、
父の恋人と名乗るホステス・真由美(小泉今日子)を訪ね、
「父のことなら何でも知りたい!」と詰め寄る。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 03:51 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(2) | セーラー服と機関銃 | Edit
2006年10月21日

セーラー服と機関銃 第二話 「女子高生組長の初仕事は涙の大乱闘!!」

泉(長澤まさみ)は、父・貴志(橋爪淳)死の真相を知るため、
目高組八代目組長を襲名した。
しかしその直後、対立する浜口組の組員が目高組の事務
所を襲撃される。
「戦争だ!」と、いきり立つ組員に、
「どうして浜口組さんと仲良くしないのか」と泉は訊ねる。
「浜口組は外道の集まりだから無駄だ」と佐久間(堤真一)は説
明するが、泉は理解できないでいた。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:26 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | セーラー服と機関銃 | Edit
2006年10月15日

セーラー服と機関銃 第一話「女子高生組長誕生!!」

普通の女子高生・星泉(長澤まさみ)は、父・貴志(橋爪淳)と幸せに暮らしていた。
寝坊をしてしまい遅刻すれすれで家を出る泉
貴志は、出張が終わったら浅草に行かないかと
誘っていた。
3歳のときに泉も行ったことがあるという。
泉は、受験があるからと断りつつ家を出る。
そして、そのとき見た父の姿が最後の別れとなった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 03:34 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(2) | セーラー服と機関銃 | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。