2006年12月21日

僕の歩く道 最終話 「僕は歩き続ける。」

ジンジンが元気になってきましたねと三浦が来ると
都古が眠っていることに気づく。
都古が目を覚ますと「今日は大竹さんに会いに?」と三浦が聞くと
「はい」と答える都古。
輝明は、都古を連れて帰り、都古は大竹家で夕食を食べることになる。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 14:39 | Comment(3) | TrackBack(3) | 僕の歩く道 | Edit
2006年12月14日

僕の歩く道 第十話 「「涙で、愛が見えない」

輝明(草なぎ剛)の胸で泣いた都古(香里奈)。
「手紙出したから。」
「うん。待ってる」と都古はいつも通りに答える。
「どうしたの?」
「ううん。なんでもない。
かっこいいねロードバイク。よくここまでこられたね
すごいよテル。
せっかく来てくれたんだけど行かなきゃ行けないから」
「どこに?」
「仕事。」
「河原さんの動物病院」

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 13:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | 僕の歩く道 | Edit
2006年12月08日

僕の歩く道 第九話 「再会!助けて、テル」

幸太郎(須賀健太)は輝明(草なぎ剛)に五千円全額を返し終えた。
輝明は、就職して1年が経つ。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | 僕の歩く道 | Edit
2006年11月30日

僕の歩く道 第八話 「「偽りの心と真実の愛」

輝明は、堀田の元にきて、ジンジンの爪を切ったこと、新しい道を覚えたことなどを話す。
輝明は、亀田の店の前で立ち止まっていた。
そこにりなが通りかかり「入りたいの?」と聞く。
すると亀田が出てきて、どうぞと輝明を誘う。
りなは、初めての場所では戸惑うであろう輝明を心配したが
大丈夫だと輝明は、店に入っていく。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 12:26 | Comment(0) | TrackBack(1) | 僕の歩く道 | Edit
2006年11月17日

僕の歩く道 第六話 「失踪!悲しき夕焼け」

輝明(草なぎ剛)は一人で飼育日誌が書けるほどになり、三浦(田中圭)のケアも積極的だ。一方、古賀(小日向文世)は自分にも自閉症の息子がいることを都古(香里奈)に初めて打ち明けた。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 10:41 | Comment(2) | TrackBack(1) | 僕の歩く道 | Edit
2006年11月08日

僕の歩く道 第五話 「結婚式の奇跡」

河原(葛山信吾)にプロポーズされて驚いた都古(香里奈)は、アパートの階下に輝明(草なぎ剛)を待たせていたことを思い出し、慌てた。
ツール・ド・フランスの歴代優勝者をしゃべり続けていた輝明は、
「僕を怒っちゃダメ!」
「僕を怒っちゃダメ!」といつになく激しい口調で言い出す。
「怒ってないよ」という都古だが
「テルのせいでしょ!」「テルのせいでしょ!」と繰り返す。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:26 | Comment(0) | TrackBack(4) | 僕の歩く道 | Edit
2006年11月01日

僕の歩く道 第四話 「黄色い傘に降る涙 」

輝明(草なぎ剛)は、園長から始めての給料明細を初給料をもらう。
じっと明細の入っている袋を見つめている輝明の
様子を見た三浦は
「大竹さん始めての給料日ですよね?うれしいですか?
うれしくないのかな?」と聞くと
都古は、「仕事をして、お金をもらえる関連性がわかってないから
お金には執着してない」という。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 21:54 | Comment(5) | TrackBack(4) | 僕の歩く道 | Edit
2006年10月26日

僕の歩く道 第三話 「約束と裏切り」

輝明(草なぎ剛)は、飼育係として正式採用になった。
その頃、輝明の甥の幸太郎(須賀健太)は、96点という
クラスでもトップの成績を取って来たのにもかかわらず
母・真樹(森口瑤子)に落ち着いてやれば100点取れるはずよといわれ、
約束のゲームを買ってくれる話もおざなりになってしまう。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 02:53 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 僕の歩く道 | Edit
2006年10月18日

僕の歩く道 第二話 「教えて本当の気持」 ち」

都古は、輝明にきつく言ってしまったことで輝明に謝る。
「昨日はごめん。ほんとにごめん。
すごく嫌な思いしたでしょ?」
しかし輝明は
いつもどおり「おはよう」という。
「都古ちゃんに手紙だしたから」
「うん。まってる」
「昨日私が怒ったり泣いたりしたのはテルのせいじゃないから
テルは全然悪くないからね」
「はい。」
「悪いのは私。ほんとにごめんなさい」と謝る都古
テルは返事のかわりにベルをならし
「行こう都古ちゃん」という。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 20:40 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(3) | 僕の歩く道 | Edit
2006年10月12日

僕の歩く道 第一話 「誰よりも純粋な男」

先天的な障害により、10歳児程度の知能までしか発達しなか
った31歳の自閉症の青年・大竹輝明(草なぎ剛)。
輝明は、自転車のツール・ド・フランスの歴代優勝者の名前を
全て覚えていたり、相手の言葉を言葉どおりに記憶すること
はできるが、「どうですか?」といった抽象的な会話はでき
ない特徴がある。
周囲の無理解のため、やる気のある職場も
長くは続けられず、弁当屋の仕事も辞めたばかりだった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 03:14 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(2) | 僕の歩く道 | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。