2006年08月04日

下北サンデーズ 第四話 「世界はサンボを座長と呼ぶんだぜ!』 」

駅前劇場進出公演「サマータイム・ストレンジャー」の稽古に打
ち込んできたサンデーズの面々は、大満足の仕上がりで舞台前々
日を迎える。
そんな折、サンボ(竹山隆範)が突然、初日の舞台を休ませてほ
しいと言い出す。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:36 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(3) | 下北サンデーズ | Edit
2006年07月30日

下北サンデーズ 第三話「仁義なき戦い〜下北女優戦争」

下北沢のボロアパートに越してきたゆいかは、ビンボー暮らしに戸惑いながらも、徐々にその空気に馴染み始める。
そんな中、サンデーズの舞台は盛況の内に千秋楽を迎え、初舞台となったゆいか(上戸彩)も「黒子役」として評判を呼んでいた。
ただ、看板女優を自負する千恵美(佐田真由美)だけは、そんなゆいかの人気に複雑な感情を抱いていた。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 23:35 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(3) | 下北サンデーズ | Edit
2006年07月21日

下北サンデーズ 第二話 「ビバリーシモキタ高校白書」

下北サンデーズと運命的な出会いを果たしたゆいか(上戸彩)は
張り切って初稽古に臨むが、劇団の状況は決して明るいもので
はないことを知る。
収支は万年大赤字の状態にあり、劇団創設から10年を経た今もス
タート地点であるOFFOFFシアター止まりだった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 16:22 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(5) | 下北サンデーズ | Edit
2006年07月14日

下北サンデーズ 第一話 「小劇場と書いて『ビンボー』と読む!?」

里中ゆいか(上戸彩)は、進学を機に山梨から上京してきた女子
大生。
しかし、東京での新生活にもどこか冷めており、弾むような気持
ちにはなれずにいた。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 18:12 | 東京 ☔ | Comment(3) | TrackBack(3) | 下北サンデーズ | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。