2006年09月23日

花嫁は厄年ッ! 最終話 「女32歳!災い転じて幸せわしづかみ!!」

明子(篠原涼子)と一郎(矢部浩之)たちが、幸恵(岩下志麻)が
入院する病院へ駆けつけると、病室には面会謝絶の札がかかってい
た。
「ごめんなさい私がついていながらこんなことになっちゃって」
と桃子
「おまえのせいやない」と一郎が気遣う。
「お袋時間とか約束とか守るタイプだから」
「私外に出て待ってる」という明子
「おまえもおったらええ」
「そうしなよ。そうして」と桃子
明子も幸恵のそばで目が覚めるのを見守る。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 02:25 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(2) | 花嫁は厄年ッ! | Edit
2006年09月16日

花嫁は厄年ッ! 第十一話 「最高の結婚式の日にお母さん、倒れる!」

明子は、首都テレビのアナウンス部長(剛たつひと)退職願いを出す。
「そう・・長い間ご苦労さまでした」と部長。
その様子を高橋も見つめる。
「やめてどうするんですか?いきなりすぎるじゃないですか
私は竹富先輩にあこがれてアナウンサーになったんですよ。
わたしの仕事が増えて睡眠不足なっちゃうじゃないですか
そっちのほうが迷惑なんです」と奈々。
「これからも頑張ってね」と声をかける明子だった。
そこに「ちょいまて」と高橋が声をかける。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 03:00 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(1) | 花嫁は厄年ッ! | Edit
2006年09月09日

花嫁は厄年ッ!第十話「さよなら、お母さん 家族を見守る桃の樹」

台風の被害を心配した明子明子(篠原涼子)は、安土家の桃畑へと
車を走らせると、台風の対処に追われていた幸恵(岩下志麻)再会
する。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 03:46 | 東京 🌁 | Comment(1) | TrackBack(1) | 花嫁は厄年ッ! | Edit
2006年09月01日

花嫁は厄年ッ! 第九話 「涙のプロポーズ拒否 私は騙した女です!!」

明子にかかってきた電話は、「私です」と
幸恵の声だった。
「お母さん・・」
「違うよ。私です。
似てた?」と電話の声は桃子だった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 16:44 | 東京 ☔ | Comment(1) | TrackBack(1) | 花嫁は厄年ッ! | Edit
2006年08月29日

花嫁は厄年ッ! 第八話 「母の愛情と嫁の涙」

つい勢いで一郎(矢部浩之)と、キスをしてしまった明子(篠原涼
子)。
そんな明子を一郎が呼び出した。
「キスのことを聞かれるのでは…」と、ドキドキしつつも、一郎の
本当の気持ちを聞き出したいと迷っている明子。
そのとき「香港へ一週間出張だから、なにかあっても助けることが
できないぞ」と、一郎に言われてしまう。



続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 14:29 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(1) | 花嫁は厄年ッ! | Edit
2006年08月20日

花嫁は厄年ッ! 第七話 「思い出の線香花火」

明子(篠原涼子)が仕掛けた隠しカメラに、ポーズをつけた幸恵
(岩下志麻)が映っていた。
それを知った明子は幸恵にバレていると思い、すべてを正直に話
そうと決意する。
そのとき、次郎(小山慶一郎)が廊下に落ちていたと、一冊の本
を持ってきた。
その本の表紙には、隠しカメラに映っていた幸恵と同じポーズの
写真が写っており・・・。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 01:54 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(1) | 花嫁は厄年ッ! | Edit
2006年08月13日

花嫁は厄年ッ! 第六話 「母の切ない気持ち」

安土家での早起きや農作業、ぬか漬けつくりなど生活も徐々に慣
れてきた明子(篠原涼子)が朝の支度をしていると、話をしたい
と幸恵(岩下志麻)が声をかけてきた。
その話とは、安土家の墓参りのことだった。
お盆を前にして、明子をご先祖様に紹介しなければという幸恵の
言葉に、複雑な心境になる明子・・。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 16:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 花嫁は厄年ッ! | Edit
2006年07月31日

花嫁は厄年ッ! 第四話 「田舎にサイナラ!」

父親の13回忌に一郎(矢部浩之)を連れてくると、幸恵(岩下志
麻)に約束した明子(篠原涼子)は、一郎を連れてはこれず一人
で安土家へと戻ったが、法事が始まるそのときに一郎が現れた。
「父に線香をあげられてよかった」と、会の最後に安土家を代表
してあいさつをする一郎だった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 04:51 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 花嫁は厄年ッ! | Edit
2006年07月22日

花嫁は厄年ッ! 第三話 「法事は覚悟しいや」

つい話の流れから、一郎(矢部浩之)を父親の13回忌に連れて帰
ると、幸恵と(岩下志麻)約束してしまった明子(篠原涼子)。
東京に舞い戻ると早速、「いっしょに福島へ帰って」と一郎に頼
み込む明子だったが、「お前の一生のお願いはもう聞き飽きた」
と取り付く島もない。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 03:18 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 花嫁は厄年ッ! | Edit
2006年07月15日

花嫁は厄年ッ! 第二話 「桃畑は地獄だった」

安土家へ向かうために降り立った駅で明子(篠原涼子)が出会っ
た桃売りの女性は、元カレ・一郎(矢部浩之)の母・幸恵(岩下
志麻)だった。
まもなく安土家の大広間で幸恵と対面した明子は
嫁として認めてもらおうと話を取り繕おうとするが、
「一郎に対する愛情が本物ではない」と、幸恵に一蹴されてしまう。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 16:30 | 東京 ☔ | Comment(5) | TrackBack(4) | 花嫁は厄年ッ! | Edit
2006年07月09日

花嫁は厄年ッ! 第一話 「大災難は32歳にやって来た!!」

首都テレビに勤める竹富明子(篠原涼子)は、「東京イブニング
・ニュース」のメインキャスターとして人気を博しているアナウ
ンサー。
仕事も軌道に乗り恋人にも恵まれ、充実した32歳の独身
生活を過ごしていた。
そんなある日、視聴率の低下を理由に、メインキャスターの交代
を部長から突然告げられる。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 11:31 | 東京 🌁 | Comment(10) | TrackBack(9) | 花嫁は厄年ッ! | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。