2006年06月30日

医龍 最終話 「最後のカード!! 新バチスタ手術」

隆くんには、冠動脈瘤が隠されていた
このままオペを続ければ急性心筋梗塞を起こす可能性があり、
加藤はオペは中止すると告げる。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:12 | 東京 🌁 | Comment(5) | TrackBack(7) | 医龍 | Edit
2006年06月18日

医龍 第十話 「この命は必ず守る」

朝田龍太郎(坂口憲二)たちのもとに3人目のバチスタ患者とし
て連れてこられたのは、生後9カ月の子供・柴田隆(たかし)くんだった。
ただでさえ、術野が小さい上に、単一冠動脈も併発。
さらには、臓器や器官の位置が全て左右逆に位置する完全内臓逆位で、
朝田でさえも手術が困難。
また、死亡者を出したくない教授の反対がある以上
オペをすることも不可能だった。
医局内では今度こそバチスタチームは解散だろうと噂される。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 19:09 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(5) | 医龍 | Edit
2006年06月12日

医龍 第九話 「バチスタ手術断念」

朝田龍太郎(坂口憲二)たちのチームによる第2回バチスタ手術
が行われる。
加藤晶(稲森いずみ)は、野口教授(岸部一徳)が
霧島軍司(北村一輝)を次期教授候補に推薦したことで、教授選
に立候補すらできなくなるのでは、と噂されていた。
動揺する加藤を見た朝田は伊集院登(小池徹平)に、いざとなっ
たら彼女の代わりを務めるよう告げる。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 02:24 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(9) | 医龍 | Edit
2006年06月04日

医龍 第八話 「奇跡を起こす医師」

朝田龍太郎(坂口憲二)は、バチスタチームに加える臨床工学士と会うためにホテルに出向き、そこで霧島軍司(北村一輝)と偶然再会する。
「明真にいるらしいな。ミキは、元気か?」と聞く霧島
朝田は、無言のままだった。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 09:27 | 東京 ☁ | Comment(7) | TrackBack(8) | 医龍 | Edit
2006年05月28日

医龍 第七話 「絶対許せない男」

朝田龍太郎(坂口憲二)たちのチームによるバチスタ手術は成功。
加藤晶(稲森いずみ)や野口教授(岸部一徳)は満面の笑みで記者会見翌日の新聞の紙面を飾ったのは霧島軍司(北村一輝)らが北日本大学でアメリカとドイツの名医を助手にバチスタ手術を成功させたという記事だった。
すぐに加藤は霧島に電話するが、留守番電話になったきりで連絡が取れない。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 15:50 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(5) | 医龍 | Edit
2006年05月21日

医龍 第六話 「バチスタ手術当日 」

ついに朝田龍太郎(坂口憲二)たちのチームによる奈良橋文代(江波杏子)のバチスタ手術が始まった。
「この日のためにあのやっかいな男を呼んだんだ」と
オペ室の上の見学室では、野口らが朝田の動きを見守る。
鬼頭は手元の画面を見つめる。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 11:09 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(13) | 医龍 | Edit
2006年05月13日

医龍 第五話 「バチスタ手術開始」

朝田龍太郎(坂口憲二)は加藤晶(稲森いずみ)から、バチスタ手術を行う患者の候補が決まったことを告げられる。
拡張型心筋症の患者はふたりいて、ひとりは16歳の女子高生・村野里奈(東海林愛美)。
もうひとりは55歳の主婦・奈良橋文代(江波杏子)。
藤吉圭介(佐々木蔵之介)によると、このままだと里奈は余命半年、奈良橋は余命3カ月らしい。
差し迫って手術が必要なのは奈良橋なのだが、危険が大きい手術になるため、加藤は成功率の高い里奈のほうを選ぼうとする。
だが、奈良橋は8年前まで明真大学付属病院の看護師長を務めていた人物だった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 15:22 | 東京 ☔ | Comment(5) | TrackBack(15) | 医龍 | Edit
2006年05月05日

医龍 第四話 「教授が患者を殺す」

加藤は、野口教授に、朝田が藤吉の娘を切らなかったこと、
先だっての弓部大動脈置換手術にライバル校・北日本大学助教授の霧島軍司が執刀し、短時間で成功させたことを野口教授(岸部一徳)に問いただされていた。
「きみには荷重かったかな・・」と野口は加藤につぶやく。
加藤は、「1ヶ月のうちにバチスタを切らせて見せます」と宣言する。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:09 | 東京 ☁ | Comment(10) | TrackBack(18) | 医龍 | Edit
2006年04月28日

医龍 第三話 「娘の心臓を守れ」

藤吉は、娘のそばにつきそっていた
枕元には、娘との写真が飾られていた。

伊集院は、「僕がチームドラゴンの一員?!」と
驚いてやってくる。
ミキは、「この先生が鍛えてくれるわよ」と朝田を指差し励ます。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 13:25 | 東京 ☀ | Comment(8) | TrackBack(19) | 医龍 | Edit
2006年04月21日

医龍 第二話 「神の手と悪魔の薬」

「ただでさえ落ちこぼれなのに
朝田先生に巻き込まれてしまうかも」と研修医の伊集院は、
いつものように意識不明の患者に問いかけていると
返事が帰ってくる。
伊集院は、病室を間違えて違う患者に話しかけていたのだ。
伊集院は、慌てて病室を出ていく。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 13:15 | 東京 ☔ | Comment(4) | TrackBack(15) | 医龍 | Edit
2006年04月14日

医龍 第一話 「神の手を持つ男」

海辺の片田舎で破滅的な生活を送る「医龍」こと朝田龍太郎(坂口憲二)。
ある日、彼の元に一人の女性が現れた。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:23 | 東京 ☁ | Comment(10) | TrackBack(17) | 医龍 | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。