2006年10月05日

アンフェア the special コード・ブレーキング〜暗号解読

安藤の死の直後、雪平はいつもの儀式を行った。
安藤が最期に見たものを見るために、遺体があった場所に横たわる雪
平は、視線の先に壁の間に挟まった紙切れを見つける。
それから9ヵ月後・・

続きを読む



posted by まりこ(^▽^) at 13:41 | Comment(13) | TrackBack(5) | アンフェア | Edit
2006年03月22日

アンフェア 最終話 「今夜すべての真相が!」

時間は、佐藤が撃たれる前日にさかのぼる。
安本は、「命日には、一日早いが」と雪平の父親が亡くなった場所に花を手向けていた。
「和夫さんが指名手配された。
雪平、夏見ちゃんを守ってくれと」とつぶやく。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 21:08 | Comment(19) | TrackBack(15) | アンフェア | Edit
2006年03月16日

アンフェア 第十話 「絶望の涙!黒幕と運命の対決へ・・・・」

カーブミラーに映る蓮見を見た雪平は、蓮見のマンションへ向かう。
そこで雪平が見たものは、首を絞められ倒れている蓮見だった。
手の甲には、やはりバツ印の傷がついており、テーブルの下には、佐藤の名刺が落ちていた…。
重体の蓮見は病院へ搬送される。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 14:03 | Comment(0) | TrackBack(14) | アンフェア | Edit
2006年03月10日

アンフェア 第九話 「新章!忍びよる黒幕と禁断のキス」

雪平は、車の中で佐藤と会っていた。
世間には、知られてないが、牧村は誘拐犯の一人だったと佐藤に話し
未央には、牧村さんが死んだこと言わないでと頼む。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 09:06 | 東京 ☔ | Comment(6) | TrackBack(20) | アンフェア | Edit
2006年03月03日

アンフェア 第八話 「女たちの執念!悲しき犯人の最期」

「安藤!誰がやった!」
雪平は、ストレッチャーに乗った瀕死の安藤によびかける
蓮見は楽しそうにその様子を眺めていた。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 10:45 | 東京 🌁 | Comment(6) | TrackBack(12) | アンフェア | Edit
2006年02月24日

アンフェア 第七話 「急転!恐怖の銃弾が刑事を襲う!」

捜査をすすめるうち、広田は現在、「広真建設」の社長をしており、亡くなった父親が大物政治家であることが判明。
事件がもみ消されていた疑いが出てきた。
これを報道したところ、募金は12億円に達した。
すると今度は、集まった金で「広真建設」の株を買えとの指示がでる。
一連の報道以来、同社の株は下落していたが、なぜ、その会社の株を大量に買えというのか疑問が残った。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 13:06 | 東京 ☁ | Comment(9) | TrackBack(23) | アンフェア | Edit
2006年02月16日

アンフェア 第六話 「衝撃の誘拐犯の正体!ナゾの要求」

「このワードを知ってるのは瀬崎とつながっている人間か警察の人間だ」という安藤。
雪平の携帯が鳴る。
雪平は、携帯に出る
「未央の父親からです」と雪平は周りに知らせ
部屋の外に出る。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 05:22 | 東京 ☔ | Comment(4) | TrackBack(15) | アンフェア | Edit
2006年02月09日

アンフェア 第五話 「愛娘が消えた!衝撃の募金型誘拐」

瀬崎(西島秀俊)の死から複雑な思いを残しながらも、事件が一段落し安堵していると、
雪平(篠原涼子)の携帯電話が鳴る。
コンピューターで合成された声の主は、「女と娘は預かった。警察に届けたら娘は死ぬ」と告げる。
雪平は、動揺しつつもその電話の声を杏奈(濱田マリ)に解析を頼む。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 18:07 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(20) | アンフェア | Edit
2006年02月02日

アンフェア 第四話 「真犯人現る!すべてのナゾが今…」

犯人は、未央を狙うかもかもしれないんだと佐藤は、焦っていた。
犯人の言う夕日を背に東京タワーが見えるビルは約4000件
山路が、その中で人が出入りしやすいビルを探せという。





続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 12:29 | 東京 ☀ | Comment(9) | TrackBack(14) | アンフェア | Edit
2006年01月26日

アンフェア 第三話 「女刑事と容疑者!危険な愛の行方」

警察は、平井を指名手配する。それをあざ笑うかのように、『推理小説・中巻』がマスコミ各社に届いた。
3日後に殺人を行うこと、“小説”の続きを落札するための最低入札価格が1億円であることが書かれていた。そして、次なるターゲットは『か弱き者』。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 04:07 | 東京 ☀ | Comment(11) | TrackBack(15) | アンフェア | Edit
2006年01月19日

アンフェア 第二話 「殺人の予告を3千万で落札せよ!」

事件現場にいた瀬崎(西島秀俊)のポケットから、
前回の事件と同じ「アンフェアなのは誰か?」と書かれた栞が見つかったため、
雪平(篠原涼子)は瀬崎を取り調べる。
瀬崎は、栞を印刷していた出版社の編集者で、第3の被害者・野口(入江雅人)ともライバル関係にあったため、動機はあるように思われた。
しかし、取調べにまったく動揺を見せない瀬崎に、雪平は興味を持つ。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 13:42 | 東京 ☀ | Comment(12) | TrackBack(17) | アンフェア | Edit
2006年01月11日

アンフェア 第一話 「敏腕女刑事VS予告殺人」

ある場所で人質事件が起きていた。
捜査員が取り囲むが
犯人は、女性にナイフを突きつけていた。
今なら死刑を免れるかもしれないと犯人を説得する
捜査一課係長・小久保祐二(阿部サダヲ)

そこに黒いロングコートをまとい、まっすぐ犯人に向かって歩いていく。
捜査一課の検挙率ナンバーワン刑事・雪平夏見 (篠原涼子)だった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 23:08 | 東京 ☀ | Comment(12) | TrackBack(29) | アンフェア | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。