2006年09月30日

Ns’あおいスペシャル

季節は秋。
美空あおい(石原さとみ)が勤務する桜川病院は秋の人
事異動があり、ナースセンターには新人が配属される。それに伴い
あおいはプリセプター(=新人指導担当)として新人を指導する
立場になった。
患者の通称猫耳(佐伯龍之介・ 矢柴俊博 )さんは、病棟の主に
晴れて医局員となった江藤(八嶋智人)の下にも研修医がつき、北
沢(小山慶一郎)は看護学校に通いながら桜川病院で週3日、看護助
手のバイトを続けている。
あおいと北沢が、一緒にケーキを食べていると
あおいのことを写真に撮る男性が現れる。

続きを読む



posted by まりこ(^▽^) at 01:50 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | Ns’あおい | Edit
2006年03月26日

Ns’あおい 最終話 「桜・後編〜君がいるからがんばれる」

『ホスピスやケアを重点的にした患者をケアする病棟を作りたい。
そのためには第一にお金がいる。
そのためには利益を生み出す基盤作りが必要だった
第二に優秀な人材が必要だった。あなたはまだまだ伸びる。
これからは、私を信じて何があってもつっぱしって無理なことしないで
あなたをつぶしたくない』
そういう泉田(片平なぎさ)だったが、栃木で行われた看護研修会の帰りに
脳出血を起こしてしまう。
あおい(石原さとみ)も同席していたが、車は、脱輪、救急車を要請しても30分はかかるという。
泉田は、嘔吐を詰まらせ、呼吸停止に陥っていた。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 15:27 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(6) | Ns’あおい | Edit
2006年03月25日

Ns’あおい 第十話 「桜・前編〜2つの死」

長かった冬も終わりを告げ、桜川周辺にもようやく春が訪れようとしていた。
あおい(石原さとみ)が桜川病院で働き始めてから3ヵ月。
彼女の部屋のカレンダーには、赤丸がつけられていた。3月25日――それは、あおいの母の命日だった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 03:44 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(2) | Ns’あおい | Edit
2006年03月10日

Ns’あおい 第九話 「リストラ看護助手の勇気」

意識障害状態のまま、5年間も桜川病院に入院している白井(藤井章満)のケアを担当したあおい(石原さとみ)は、白井の妻・瑞江(山下容莉枝)の様子がどこかおかしいことに気付く。
喉にタンを詰まらせた白井が吸引処置を受けているのを見た瑞江は、なぜか顔をしかめると病室から出て行ってしまったのだ。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 21:44 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(9) | Ns’あおい | Edit
2006年03月03日

Ns’あおい 第八話 「患者か娘か、命の選択」

高樹(柳葉敏郎)のもとに、別居中の妻・美沙子(秋本奈緒美)と暮らしているひとり娘の美保(森本更紗)からメールが届いた。
そこには、北海道に引っ越すことになった、とだけ記されていた。
驚いた高樹は、事情を聞くために美沙子のマンションを訪れた。が、そこで彼が目にしたのは、美沙子の交際相手・工藤(長棟嘉道)と楽しそうに話す美保の姿だった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 13:26 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(8) | Ns’あおい | Edit
2006年02月23日

Ns’あおい 第七話 「強がりナースの夢」

残業をしていた小峰(杉田かおる)が、ナースセンターで突然倒れた。
あおい(石原さとみ)は、小峰の顔色が悪いことを心配し、医師を呼ぼうとした。
しかし小峰は、看護師なのだから自分の体のことはわかっている、と拒否し、このことは誰にも言うな、とあおいに命じる。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:46 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(11) | Ns’あおい | Edit
2006年02月17日

Ns’あおい 第六話 「命を救うヒーロー」

ハリー先生ハリー先生至急起こしくださいというコールが流れる
それは、院内一斉呼び出しのことで
院内で、急変が起こってとにかく、医者を呼ぶ時に用いられるという。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 14:06 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(13) | Ns’あおい | Edit
2006年02月09日

Ns’あおい 第五話 「研修医の医療ミス 」

お昼にパンを買おうとしたあおい(石原さとみ)。
しかし、財布には、15円しか入っていない。
商品の焼肉目当てに商店街の福引を引くが当たらず、
北沢(小山慶一郎)にお金を借りようとするが断られ
空腹のあおいだった・・。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 12:21 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(14) | Ns’あおい | Edit
2006年02月03日

Ns’あおい 第四話 「心に残る傷と勇気」

事件が起きたのは、東京を激しい雪が襲った日のことだった.
あおい(石原さとみ)が担当したのは、出前用のバイクを運転中に転倒し、清天総合病院に運び込まれた蕎麦店店主の山田(山上賢治)という男性。
その日、清天総合病院の救命救急センターには、高速道路で起きた玉突き事故の患者らが運び込まれたため、スタッフはその対応で手一杯の状態だったという。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 16:49 | 東京 ☀ | Comment(10) | TrackBack(13) | Ns’あおい | Edit
2006年01月26日

Ns’あおい 第三話 「隠されていた秘密」

あおい(石原さとみ)の存在を疎ましく思っていた田所(西村雅彦)は、高樹(柳葉敏郎)を食事に誘い、彼女がグループ本院の清天総合病院からこの桜川病院に異動させられた本当の理由を調べてほしい、と頼む。



続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 12:17 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(11) | Ns’あおい | Edit
2006年01月18日

Ns'あおい 第二話 「君の笑顔が病院を変える」

あおい(石原さとみ)が桜川病院に転勤してから1週間が過ぎようとしていた。
ようやく新しい環境にも慣れたあおいだったが、病棟看護の仕事は、
彼女がかつて働いていたグループ本院・清天総合病院の救命救急センターとは違った意味で
ハードなものだった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:25 | 東京 ☁ | Comment(8) | TrackBack(21) | Ns’あおい | Edit
2006年01月11日

Ns’あおい 第一話 「私は絶対諦めない」

「転送先まであとどれくらいですか?」と美空あおい(石原さとみ)が
民間救急車の中で患者に付き添いながら聞く。
患者は、足の骨折だった。
しかし、患者が急に咳き込み、急変。
呼吸停止になってしまう。
「ただの骨折じゃないの?」と驚く運転士たちをよそに
心臓マッサージをするあおい。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 13:17 | 東京 ☀ | Comment(18) | TrackBack(29) | Ns’あおい | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。