Top 2008年(1月〜3月) >ハチミツとクローバー 第十話「絶望の淵、ふたりを結ぶ道」
2008年03月13日

ハチミツとクローバー 第十話「絶望の淵、ふたりを結ぶ道」

倒れたガラスの下敷きになったはぐみ(成海璃子)は、病院に収容される。
幸い、命に別状はなかったが、頭部と右腕に重傷を負い、緊急手術を受ける。
事故現場に居合わせたあゆみ(原田夏希)から連絡を受けた竹本(生田斗真)や森田(成宮寛貴)は、あわてて病院に向かった。
花本(村上淳)は、面会できるようになったらすぐ連絡するから今日は帰ったほうがいい、と竹本たちに告げ、みんなは一度帰る。



同じころ、真山(向井理)は、理花(瀬戸朝香)とともに小樽に向かっていた。
小樽は、理花の亡夫・原田(海東健)の生まれ故郷だった。
真山は、いつか自分の生まれ故郷を理花に見せてやりたい、と原田が言っていたことを知り、事務所を畳んでスペインに行くことを決意していた理花を半ば強引に連れてきたのだ。
原田が描いた絵と同じ風景を見つめていた理花は、真山に礼を言うと泣き崩れた。
真山は、そんな理花を抱きしめ、その夜、小樽のホテルで一夜をともにする。

翌朝、理花は、一人帰ろうとするところで
真山が止める。
真山は、過去を引きずってもいいから今を生きて欲しい、と涙を堪えながら訴えた。

そんな折、竹本のもとに宮大工のシン(山村聡)から電話が入る。
竹本は、自転車の旅をしていたときにシンたちに出会い、数日間、彼らと寝食をともにしていた。
シンは、また就職が決まっていないのならウチで面倒を見てもいい、と竹本に切り出す。
次の現場で人手が足りなくなり、棟梁(清水章吾)が竹本の名前を挙げたのだという。
竹本は、喜んでその話を受け、来月からシンたちに合流するために、卒業制作に取り組み始める。

理花と別れてアパートに戻った真山も、はぐみの事故を知り、病院に駆けつける。
はぐみのもとには、竹本、森田、あゆみが見舞いにきていた。
手術を終えたはぐみは、頭の傷こそ痛むものの、右腕は痛みを感じないという。
それを聞いた竹本たちは、はぐみのために絵の道具を持ってくる、と約束して病室を後にした。
その際、売店で花が売られていることを知ったあゆみは、先に戻っていてほしい、と竹本たちに告げると、花を買ってはぐみの病室に向かった。

病室には、はぐみの担当医に会っていた花本が戻っていた。
右手の感覚がないことを心配していたはぐみは、本当のことを教えてほしい、と花本に懇願した。
そこで花本は、はぐみの右手は腱が切れており、指先の感覚が戻るかどうかは今後の経過をみないとわからない、とはぐみに告げる。
はぐみと花本の会話を偶然聞いてしまったあゆみは、それを竹本たちに伝えると
みな事の重大さに誰も口を聞くことができなかった。

野宮は、鳥取に行く準備をする。
あゆみは、はぐみのためにどうしていいかわからないと
悩んでいると、野宮は、一緒にいることから逃げず
傍にいるだけでいいとアドバイスする。

真山は、理花の事務所から荷物を取りに戻ると
理花は、一緒にスペインに来てほしいと真山に告げ
真山は、喜びをかみしめる。

竹本の卒業制作は、完成に近づき、森田も彫刻にはげむ。
竹本は、はぐみのもとに画材を届ける。
病院では、痛み止めを飲まずに絶えるはぐみがいた。
痛み止めの薬を飲んでしまったら、右手に感覚が戻ってきたかどうかわからなくなってしまうからだ。
竹本は、痛みを変わってあげることはできないと落ち込むが
真山は、「分かち合うことはできなくても支えることはできる」と竹本を励ました。

このセリフ、真山だからこそでてきたセリフですよね。

次第にはぐみの手には痛みが感じられるようになり
みなほっとする。
はぐみの手のリハビリがはじまる。

真山は、竹本や、あゆみに
日本にあと少ししかいられないとスペイン行きのことを話す。
理花も一緒だというとあゆみの表情が揺れた。

竹本が卒業制作を作っていると庄田が覗きにくる。
竹本は、宮大工を目指そうと思っていたが
それが一番いい選択なのかわからなくなったと話す。
すると庄田は、「答えが見つからない時、おまえどうした?
探しにいったんじゃないか?
同じことすればいいじゃないか。
どんだけ時間かかったっていいじゃないか。
卒業なんていつだってできる」と
竹本を応援した。

野宮は、美和子との電話で
真山がスペインに行く事を聞き
あゆみに電話をする。
あゆみは、大学の陶芸室で美和子に頼まれた器を
作っていたが泣いていた。
「ほんとに平気?」
「大丈夫ですよ」というあゆみ。
電話を切ったあと
野宮は、あゆみを心配し、ガソリンスタンドにいた。
東京まで何時間かかるかを聞いて・・。

野宮は、あゆみが辛い思いをしてることを
わかったんですね。
車飛ばしちゃいますか?(笑)
こういうこと、ためらいもなくできる人は
ほんとにかっこいいと思います。


森田は花本の元へ。
花本は、はぐみがリハビリでも再び筆を持って
描けるようになるかはわからない
100%戻るのはかなり低い確立だと話す。
森田は、
「なんでそんな冷静にいられるんだ!
あいつの腕は特別なんだ!
なんとか言えよ!」と
花本に掴みかかる。

竹本は今まではぐみにどれだけ力づけられていたかを
思い出し、シンに電話をする。
シンさんたちに出会えたのも、宮大工になりたいと思ったのも、大切な友だちがいたから。
今度は自分が側にいる番だからと伝え、竹本は、はぐみの元に
自転車を走らせる。

病室のはぐみは、何度もクレパスを持とうとするが
指の間からこぼれてしまう。

はぐみのいる病室には、森田が来る。
「私、森田さんが喜んでくれるような絵、描きたい」というが
「もう描かなくていい。
もう、絵なんか描かなくていい。
な、ずっと俺と一緒にいろ」
と森田は、はぐみを病室から連れ出す。


※※
今更になって、森田さんなんで??
こういうところ、竹本ってほんと間が悪いなと思ってしまいます。
はぐみには、絵を描くことから逃げてほしくないですね。
竹本ならどうするでしょう?
きっと連れ出したりはしないですよね。
竹本は、竹本らしくはぐみを見守ってほしいです。

あゆみは、真山と別れの時が近づいているようですね。
でも、野宮さん、駆けつけてくれそうです。
これで、やっと真山から卒業できそうかな?
最終的に、それぞれどういう方向に進むのでしょうか。

次週最終回です。


引用元…ハチミツとクローバー公式HP

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

視聴率
12.9→10.0→9.8→9.5→8.9→8.6→8.3→8.0→7.4→7.0

羽海野チカ(原作者)公式HP
アニメ版公式HP
映画版公式HP
松重さんのブログ
向井理さんのブログ

生田くん着用モデル


滝沢沙織さん着用




ドラマ内で登場


主題歌
平井堅「キャンバス」(デフスターレコーズ)
B0011NVAUEキャンバス
平井堅
ソニーミュージックエンタテインメント 2008-02-20

by G-Tools


原作です。全10巻
ハチミツとクローバー 10巻セット
ハチミツとクローバー 10巻セット羽海野 チカ

集英社 2007-05-01
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


映画にもなりましたね。
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)櫻井翔 蒼井優 伊勢谷友介

角川エンタテインメント 2007-01-12
売り上げランキング : 795

おすすめ平均 star
star誰だこれは?
starビジュアルは完璧
starあまずっぱい 学生時代

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
ハチミツとクローバー 第一話
ハチミツとクローバー 第二話
ハチミツとクローバー 第三話
ハチミツとクローバー 第四話
ハチミツとクローバー 第五話
ハチミツとクローバー 第六話
ハチミツとクローバー 第七話
ハチミツとクローバー 第八話
ハチミツとクローバー 第九話

キャスト
花本はぐみ:成海璃子
竹本祐太:生田斗真(ジャニーズJr.)
山田あゆみ:原田夏希
真山巧:向井理
森田忍:成宮寛貴
勅使河原美和子:滝沢沙織
ローマイヤ先輩:木村祐一
庄田教授:松重豊
寺登泰彦:前川泰之
野宮匠:柏原崇
山田大五郎:泉谷しげる(友情出演)
花本修司:村上淳
原田理花:瀬戸朝香

スタッフ
原作  羽海野チカ (集英社 QUEEN‘S COMICS刊)
脚本  金子茂樹  (危険なアネキ、プロポーズ大作戦 他)
主題歌 平井堅  「キャンバス」(DefSTAR RECORDS)
音楽  海田庄吾 都啓一(SOPHIA)/河野 伸
プロデュース  瀧山麻土香(プロポーズ大作戦 他)
        鹿内 植 (ファース・トキス 他)
演出      谷村政樹 (ライフ 他) 
        松山博昭 (ライアーゲーム 他












posted by まりこ(^▽^) at 16:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(1月〜3月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。