Top 1リットルの涙 >1リットルの涙 第4話 「二人の孤独」
2005年11月02日

1リットルの涙 第4話 「二人の孤独」

亜也(沢尻エリカ)は、常南大学医学部付属病院の神経内科医・水野(藤木直人)から
脊髄小脳変性症であることを告知される。
帰りのタクシーの中で、潮香(薬師丸ひろ子)は、亜也の手を握っていた。
潮香・瑞生(陣内孝則)とともに家に戻った亜也は、夕飯の時間になっても降りてこない。
部屋には、放心状態で着替えることもできずに座り込んでいる亜也がいた。
「お母さんあたし頑張るから
だから大丈夫だよ」
無理矢理笑顔を作って気丈に振舞おうとする。

「そうね 水野先生がおっしゃったように希望を持っていこうね
難しい病気だけど できることはいっぱいあるんだから
生きてるうちに特効薬や治療薬がみつかるかもしれないから」

亜也は、どうしても病気のことを受け止めることが出来ずに泣き出してしまう。
「でもわからないよ なんで私なの?
 ね、なんで?どうして病気は、私を選んだの?
 私まだ15だよ!? こんなのひどいよ! 神様不公平だよ!」と泣きじゃくる亜也。
「亜也・・ごめんね・・」
潮香と2人抱き合う
「お母さん代わってあげられなくてごめんね・・」
潮香は、ただ彼女を抱きしめることしか出来なかった。

「代わってあげられなくてごめんね」
親だとそう願ってしまいますね。
泣きじゃくる亜也が可哀想でした。


その夜、潮香は、まだ告知せずにもう少しようすを見るべきだったのではないか、
と瑞生に話す。
すると瑞生は、そんな潮香を叱咤し、
「おまえがそんなでどうするんだよ
亜也は、そんなヤワじゃないよ
オレとおまえの子供だぞあいつは
折れそうにあったらオレたちが全力で支えてやりゃいいんだよ
オレはあきらめないぞ
世界中どんなことしても亜也を治してくれるところ
探してみせる
俺たちが全力で支えてやればいいじゃないか、」と彼女を励ます。

瑞生は、さすが一家の大黒柱ですね。
普段は、ムードメーカー役ですが
ここぞという時に頼りになります。
潮香を支えてあげられるのも瑞生なんですね。


あくる朝、亜也は、店の手伝いには来なかったものの
何事もなかったかのように元気に起きだし、
潮香や瑞生を驚かせる。
そんな亜矢に「あんなに元気なら仕事手伝えばいいのにね」と亜湖

何事もなかったように振舞う亜也がすごいです。
亜湖には、まだ、病気のことは伝わらないようです・・


『昨日と同じ景色を見ている
昨日と同じ道を歩いている
私の世界はまるで変わってしまった
もうあんな風には、笑えない』
足が止まり体がふらつく
『昨日までの私は、もうどこにもいない』

すべてを悟ってしまったような亜也
昨日と変わってしまった世界を
どんな風に見ていたのでしょうか。


教室でも亜也は、いつもと同じように振舞っていた。
学校では、期末試験が終わり、夏休みを迎えようとしていた。
クラスでは、夏休みを前にみんなは、浮かれる。
遥斗(錦戸亮)は、クラスメートの圭子(葵)に別荘に来ないかと誘われたが
生物の世話で忙しいと断っていた。

一方、遥斗は、時折ぼんやりしている亜也のことが気になっていた。
遥斗は、生物室で「人間が死んでもどうでもいいって言って、魚が死ぬのは気になるんだ」
といって突然涙を流した亜也の姿を思い出していた。

放課後、バスケット部の練習に出た亜也は、思ったように体を動かすことが出来ず、
コーチの西野(佐藤重幸)に怒鳴られ交代させられてしまう。
まり(小出早織)や早希(松本華奈)は、そんな亜也のことを心配そうに見つめていた。

同じころ、潮香は、水野の元を訪れていた。
潮香は、告知は、思ったより、しっかり受け止めてるみたいです、と報告する。
「本当につらいのは、これからですよ お母さん
亜也さんは徐々に しかし確実に体のコント−ロールができなくなり 
今までできたことができなくなる」
水野は、亜也をただちに入院させ、薬の効果やリハビリの方法を確認したい、
と潮香に申し出る。
 
『こんな風に毎日何かができなくなっていく
目を閉じると次の日が怖い
朝がきて悪くなっていると思うと怖い
時間がたつのが怖い』
と亜也は、日記を書く

そんな折、亜也は、バスケット部の先輩・祐二(松山ケンイチ)からデートの誘いを受ける。
祐二は、終業式の日に行われる花火大会に一緒に行かないか、と亜也を誘った後
自分の誕生日である8月7日も空けておいてほしい、と亜也に告げる。
亜也が祐二に憧れていることを知るまりや早希は、
まるで自分のことのように大騒ぎしていたが
亜也の胸中は複雑だった。

その夜、亜也が薬を飲んでいると 学校でなんかあった?と潮香が聞く。
亜也は、祐二からデートの誘いを受けたことを潮香に打ち明け、
どうやって断るべきか相談する。
病気のせいで祐二に迷惑をかけてしまうかもしれない、というのだ。
潮香は、亜也の気持ちを察し、胸が締め付けられるような思いを抱きながらも、
「亜矢は、神様は不公平だといったけど
不公平なことしようとしてるのは亜矢じゃないの?
好きな人と花火大会や誕生日を過ごしたいと思うのは、普通のこと
病気のせいにして できること自分から投げ出すなんて
神様は不公平だといった亜也がやることなの?
いったよねがんばるって
亜也、お母さんにそういってくれたよね?」と亜也を励ます。
亜也は、そんな潮香の思いを受け止め、
花火大会の日に浴衣を着せてね、髪もアップにしてねと頼む。
亜也は、自分を信じて行動しようと誓う。

亜也は、カレンダーに祐二の誕生日の8月7日に丸をつけていた。

花火大会の日。
亜也は、浴衣を着せてもらっていた。
亜湖は、浴衣を着ないといい私服で向かう。
池内家では、すいかを食べていた。
瑞生は、大丈夫かな・・と亜矢を心配しつつも
亜也のあんな顔久しぶりだなという。
潮香も、普通の女の子がやりたいことは
できるだけやらせてあげようと思っていた。

祐二と花火大会に向かう。
信号が青になって
渡ろうとした時に
亜也は、体がうまく動かず
足をくじいて頭から落ちてしまう。

亜也は、常南大学医学部付属病院に運ばれた。
出血のわりには、額の怪我はたいしたことはなかった。
水野は、人によって進行の程度が違うので、リハビリの
方法を見つける必要があるといい
夏休みを利用して、検査入院を進められる。

亜湖は、亜也のことを心配していた。
亜也が転んだところを見ていたのだ。
「亜也姉変だったよ
普通あんな転び方する?
それも二度目じゃん 絶対おかしい」
瑞生は、浮かれすぎて周りがみえなかったんだという
潮香もうなづく
瑞生は、こっそり店の流しで
「ちくしょう・・!」と悔し涙を流す。

亜湖には、まだ言わないつもりのようですね。
亜湖だって、理解できる年なのですが
まだ亜也で精一杯なのかな。
瑞生の悔し涙も辛いです・・


亜也は、水野から今回の入院は、治療法や、リハビリを見つけるためだと
説明される。
リハビリ担当は、田辺だった。
一緒に頑張ろうねと挨拶する
亜也は、元気がなかった。

田辺は、水野が亜也に告知したことについて話す。
15歳の子には早かったんじゃという田辺。
水野は、亜矢が病気に気づいていたことをいい
生半可な希望は持たせないほうがいい
ショックのことを考えても
新薬が見つかる可能性はゼロじゃない
リハビリで時間を稼ぐ必要がある
治療に専念する覚悟が必要だという。

残酷なようだけど、水野の方法が、一番病気に対して
前向きな考えなような気がします。
それは、患者のためでもあるんですよね。


亜也が入院したことは、バスケ部にも伝わった。
昨日の転び方おかしかったもんねと話す
部員たち
祐二は、おまえ相手間違ったんじゃない?
責任もってお見舞いいかないとね・・と友人に言われる。

池内家では、亜也の入院のせいで、亜湖にしわ寄せが来ていた。
潮香は、亜也の病院に行かなくてはいけないので
亜湖に夕食の支度を頼む。
亜湖は、友達と約束があったのだが
瑞生に我慢しろといわれる。

亜也の病室には、まりたちがお見舞いに来てくれた。
遥斗は来ていなかった。
遥斗目当てに来ていた圭子は、遥斗の変化について話す。

遥斗は、兄の事故以来変わってしまったという。
去年の夏、遥斗と圭輔(佐藤祐基)は、渓流釣りに出かけていた。
途中まで一緒だったが、圭輔の姿が見えなくなってしまった。
次の日、圭輔は、川下で発見される。
葬儀の席で、父親は、「なんで圭輔なんだ・・」と
泣き崩れる。

水の事故だったんですね。
遥斗は、自分が死ねばよかったのでは・・と
責めているのかもしれないですね・・・


遥斗は、生物室の世話をしていた。

亜湖は、遥斗と会う。
遥斗も亜也が入院することは知っていたが
亜湖から、夏休み中検査入院すると聞き
そんなに長く?と驚く。
亜湖は、両親たちが、亜也の病気を教えてくれないことに
自分は、信用されていないと思っていた。
亜湖は、8月7日に動物公園に行く相手が
遥斗か確かめる。
遥斗は、違うという。

亜也の病室には、理加(三好杏依)と、潮香が来ていた。
お見舞いをもらったことを報告する亜矢。
潮香は、亜矢に頼まれた祐二のリストバンドを持ってきていた。
入院してしまったので、8月7日に会うことは、無理かなと
亜也は、あきらめていた。

理学療法室でリハビリが始まる。
亜也は、四つんばいになりバランスをとる訓練をしていた。
その様子を祐二が覗き込む。

祐二に気づいた亜也が、水野と田辺を紹介する。
亜也は、夏休みの間入院することになり7日は、無理だと謝る。
それを聞いた水野は、外出許可を出す。
田辺もよかったなと2人を応援する。

亜也は、懸命にリハビリを続ける。
田辺に、デートとなるとはりきってるなと
茶化される。
遥斗が、理学療法室を覗きに来ていた。

2人は、屋上に行く。
思ったより元気そうだという遥斗
亜也も、検査は、嫌いだけど
水野先生かっこいいしと明るく振舞う。
地味な運動してるんだなという遥斗に
今できること頑張るって決めたんだという亜也。
遥斗は、おまえ何の病気なんだ?と聞く。

「不治の病 もう長くないみたい」
「嘘・・え?」
「本気にした?もちろん嘘 この前のお返しだよ」という。

遥斗は、水野をみかける。
家で、職員名簿を見る。
水野が、脊髄小脳変性症について調べていることを知り
その病気について調べ始める。
亜也が不治の病といったことを思い出す。

学校では、祐二が、今日の池内のデート断っちゃえよというのを
遥斗が偶然聞いてしまう。

亜也は、祐二とのデートのためおしゃれをして準備していた。
潮香に頼みプレゼントも買ってきてもらっていた。
潮香は、途中まで行こうか?と心配するが
亜也は、一人で行くという。
楽しんできてねと潮香は送り出した。

遥斗は、亜也の病室に向かう。
ベッドは、すでに空だった。
田辺が遥斗に気づく。
ちょうど亜也は、病室を出てしまったところだった。
すれ違いに看護師が河本さんから電話が入ってますと
伝えにくる。
亜也は、動物園に向かっていた。
遥斗は、動物園に向かう。

雨が降ってきてしまうが
亜也は、待つ。
遥斗は、走り出す。

亜也は、段差で人にぶつかってしまい
プレゼントが落ちてしまった。
濡れてしまったプレゼントを抱えていると
傘を差し出す人がいた。

「麻生くん?」
「何雨の中突っ立ってるんだよ。
風邪引いて入院伸びたって知らないからな
あいつ来ないよ。 急な用事が入ったみたいで
病院に電話来ていた」
「麻生くんそれ言いにきてくれたの?」

遥斗は、ペンギンが見たかったから・・と皇帝ペンギンの話をする。
子育てする皇帝ペンギンは、浮気をしないという。
オスが卵を温めている間、メスがエサを探す。
吹雪にさらされても卵を温めて待っている。
動物の親子ってすごいよなという遥斗

皇帝ペンギンの話は唐突でしたが
遥斗らしい慰め方ですね。


「ありがとう。来てくれて」
「別に・・」
「あたしさ、ほんとうは先輩は来ないかもって どこかで思ってた
来ないほうがいいって」
「なに言ってるんだよ」

「あたしね 歩けなくなっちゃうんだって
言葉もだんだん発音がはっきりしなくなって わからなくなっちゃうんだって
最後には 寝たきりになって
しゃべることも 食べることもできなくなっちゃうんだって
麻生くん前にいったよね
人間だけがよくばって余分に生きようとするって
やっぱり欲張りかな
無理に生きようとするのは、間違ってるかな
過去に戻りたい!
タイムマシンを作って過去に戻りたいよ!」

泣き崩れる亜也
遥斗は、ただ傘を差し出すことしかできなかった。


『タイムマシンを作って過去に戻りたい』
こんな病気でなかったら
恋だって出来るでしょうに
誰かにすがりつきたくてたまらないのです

自分の思いとは、反して、体の機能は、失われていく。
先輩とのデートもつらい結果になってしまった。
先輩は来ないかもしれないと思っていたというのが
悲しいですね。
亜也は、先輩のとまどいをわかっていたのかもしれません。

動物園で待つ亜也に知らせに走る遥斗
遥斗なりに病気のことは調べていたようですが
放っておけなかったのかな。
亜也も、自分の病気を告白します。
タイトルの『二人の孤独』というのは
遥斗と亜也のことですね。

病気を受け止めることは始まったばかり。
体の機能が動いていたことを知っている分
動かなくなっていくことは、絶望に突き落とされるくらい
辛いことだと思います。
どんなに願っても過去に戻ることは、できません
病気は、残酷です。

沢尻エリカさんの体当たりの演技に期待します。


引用元・・公式HPより

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆


日記は、亜也さんの素直な日常が書かれています。
43444061091リットルの涙―難病と闘い続ける少女亜也の日記
木藤 亜也
幻冬舎 2005-02

by G-Tools


こちらは、亜也さんのお母さん・潮香さんの手記です。
母の目を通して書かれた亜矢さんの姿は、とても胸を打たれます。
4344406117いのちのハードル―「1リットルの涙」母の手記
木藤 潮香
幻冬舎 2005-02

by G-Tools


「ラストレター」は本人の心の言葉を親友に宛てた手紙が
したためられています。
4344010337ラストレター―「1リットルの涙」亜也の58通の手紙
木藤 亜也
幻冬舎 2005-09

by G-Tools


主題歌です。
甘く切ない歌声が心に染みる曲です。
エンディングで流れると涙が止まりませんね・・
Only Human
B000BM6JIOK

ソニーミュージックエンタテインメント 2005-11-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


B000BNM8XSドラマ「1リットルの涙」オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ
ソニーミュージックエンタテインメント 2005-11-23

by G-Tools

 
挿入歌です。
粉雪(初回限定盤)
B000BKTD7Kレミオロメン

ビクターエンタテインメント 2005-11-16
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


3月9日
B000197M24レミオロメン 藤巻亮太

ビクターエンタテインメント 2004-03-09
売り上げランキング : 9,737

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
アカシア 電話 雨上がり フェスタ モラトリアム(初回)


楽譜です。レミオロメンの『3月9日』も弾けますよ!
レミオロメン Best Selection









posted by まりこ(^▽^) at 20:28 | 東京 🌁 | Comment(14) | TrackBack(14) | 1リットルの涙 | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
今回、記事内リンクをしてしまいました。
秋ドラからは、極力しないようにしていたのですが、私の能力では書ききれずに…。
しかし、詳細を知りたい人がいたら申し訳ないと思って…すいません。

でも、自分から付き合おうって言った子が病気だったからって、あっさり振ってしまう…祐二みたいな男って、いるのかなー??…私は、今まで会った事が無いけど。

そんな男は…“ ”って思ってしまいます。
Posted by まさかず at 2005年11月02日 20:41
こんばんは!

今回は、沢尻エリカちゃんの演技が
光ってましたね。今後も期待しています。

後ほど、TBもさせてもらいますね。

野ブタの、コメントありがとうございました。
Posted by GO at 2005年11月03日 02:12
こんにちは。陣内孝則が薬師丸ひろ子に「亜也を支えてやればいい」というシーンは本当に良かったですね。この一言のおかげで潮香は亜也にきちんとアドバイスできたんですから。夫婦の絆っていいですね。
Posted by いわぴい at 2005年11月03日 10:48
突然のコメント失礼します。
この度新規ブログランキングサイトを立ち上げました。
ブログを拝見させて頂き、記事も面白く
綺麗に作られていて、凄くいいブログと思い
こちらにご参加頂ければと思いコメントしました。
まだ登録がない為、上位確実で今が狙い目ですので
宜しくお願い致します。

http://r-bl.com/?ycon


R-Blog ランキングーブログ

r-bl管理人
Posted by r-bl管理人 at 2005年11月03日 16:36
河本先輩。 字ちがいました。
Posted by himitu★ at 2005年11月03日 17:26
まさかずさんへ
記事内リンクありがとうございます。
祐二には、亜也の病気は、重かったのかも
しれないですね。
残念だけど、そういう人もいるのかなと思います・・。
Posted by まりこ at 2005年11月03日 18:09
GOさんへ
沢尻さんの演技がどこまで真に迫れるか
期待してます。
体当たりの演技になりそうですよね・・。
Posted by まりこ at 2005年11月03日 18:11
いわぴいさんへ
瑞生と潮香を見ていると夫婦の絆も
感じますね。
夫婦で亜也を支えているのがわかります。
Posted by まりこ at 2005年11月03日 18:13
himitu★さんへ
ご指摘ありがとうございますm(__)m
訂正させていただきますね。
Posted by まりこ at 2005年11月03日 18:14
逃げ出した先輩も、ドタキャンは、かわいそうですよ。悪役に徹しているのかな?
だから、孤独な二人がさらに距離を縮めていくのですね。
Posted by mari at 2005年11月03日 19:04
mariさんへ
先輩のドタキャンは、かわいそうでしたね・・
きっと亜也が重荷に思えてしまったんだと思います。
遥斗とは、どんどん距離が縮まりそうですね。
Posted by まりこ at 2005年11月04日 10:36
TB&コメントありがとうございました。
次回以降、益々亜也の病気は進行してしまうようではありますが、でもここからがやっと中盤戦といった感じではありますので、今後の展開も今からとても楽しみですよね!
これから先は遥斗の役割がどんどん大きくなっていくと思いますので、亜也の為にも色々と支えになってあげてくれると良いなーと思います♪
Posted by フェイク・ヒーロー at 2005年11月04日 20:24
フェイク・ヒーローさんへ
病気が進行してしまっても、亜也の頑張りを
応援したいと思います。
遥斗には、亜也の支えになってほしいですね!
Posted by まりこ at 2005年11月05日 17:39
神経内科〜
実家にお帰りですか(笑
Posted by 酢鶏@人工無能 at 2005年11月06日 04:39
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


1リットルの涙 第4話
Excerpt: 今回の「1リットルの涙」は、ドラマが始まってすぐに… そして、最後まで…涙が止まりませんでした。 脊髄小脳変性症であることを水野(藤木直人)から告知された亜也(沢尻エリカ)は、気丈に…母・潮香(薬師..
Weblog: お気楽生活
Tracked: 2005-11-02 20:42

【ドラマ雑感】 1リットルの涙 (第4話) 「二人の孤独」 今回も涙、涙で....
Excerpt:  医師の水野(藤木直人)から、脊髄小脳変性症であることを告知された亜也(沢尻エリカ)。気丈に振る舞おうとするが、どうしても病気のことを受け止められず泣きだしてしまう。その姿に潮香(薬師丸ひろ子)は告知..
Weblog: 気ままなNotes...
Tracked: 2005-11-02 22:37

1リットル涙 9点↑ 4話
Excerpt: {{{  亜也は病名を知り、当然のごとく放心状態になる。あの表情を見るにショックの大きさは計り知れない。頑張るという前向きな言葉を言うが、まだ受け入れられないものが大きい。自分の中で抑えていた感情が..
Weblog: レパードタイガーのドラマ理論(手厳しい意見も)
Tracked: 2005-11-03 02:02

1リットルの涙 第4話 脚色の難しさ
Excerpt: アロハ♪GOです! 今回も号泣でした。毎週おなじことを言っているので、 角度を変えて、脚色について話そうと思います。 *脚色とは、原作を脚本化すること。 脚色するに当たって、ポイン..
Weblog: 文才がなくても描けるドラマ脚本術
Tracked: 2005-11-03 02:32

1リットルの涙 〜第4回〜
Excerpt:  「無理して生きようとするのは欲張りかな」遥斗に問いかける言葉は辛く悲しい響きでした。彼の話によると無理して生きようとするのは人間だけらしいですが、自殺までしてしまう人間よりもほかの動物のほうがよっぽ..
Weblog: いわぴいのドラマ日記
Tracked: 2005-11-03 10:48

1リットルの涙・第4話
Excerpt: タイムマシンを作って過去に戻りたい 告知の翌朝。亜也(沢尻エリカ)は、何もなかったかのようにお茶の間に現れた。 明るく振舞うと余計にこちらとしては耐えられなくなるなぁ。 学校へ行く途中、亜也は思った..
Weblog: なんくるないさぁ情報局。
Tracked: 2005-11-03 13:52

【テレビ】1リットルの涙(第4話)
Excerpt: 主治医水野(藤木直人)から、告知された亜也(沢尻エリカ)は気丈に振舞おうとするが、どうしても病気のことを受け止められずなきだしてしまう。その姿に、潮香(薬師丸ひろ子)は告知すべきではなかったのかと苦悩..
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2005-11-03 19:06

1リットルの涙・第4話
Excerpt: 11/03の「文化の日」に、こちら東海地区でフジテレビ系特番「笑っていいとも!2005秋の祭典SP(秋祭)」の再放送がありました。以前は最悪な見逃し方をしたものだけど、この機会に運良く見られましたよ!..
Weblog: あずスタ
Tracked: 2005-11-04 03:15

1リットルの涙 第4話 『二人の孤独』
Excerpt: 今回は亜也がついに自分の病気の事を自覚してしまったと
Weblog: フェイク・ヒーローのエンタメBlog!
Tracked: 2005-11-04 20:02

1リットルの涙 第4話
Excerpt: 『二人の孤独』 亜也(沢尻エリカ)は、常南大学医学部付属病院の神経内科医・水野 (藤木直人)から、脊髄小脳変性症であることを告知される。 病院の帰りのタクシーの中、亜也は何も語ろうとせず。 母親の..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2005-11-04 23:57

秋ドラマ徒然感想記6
Excerpt: ・1リットルの涙 4話 「二人の孤独」というサブタイトルは非常によくできてると感じました。自分の病気を理解した亜也は、周囲に対して今までとは全く違う世界を感じるようになってしまった。その孤独感は想..
Weblog: かつかつにっき
Tracked: 2005-11-06 02:46

「1リットルの涙」第2話 & 第3話 & 第4話
Excerpt: ドラマが始まるまで、 この「1リットルの涙」というものを全然知りませんでした。 ドラマの発表の後も、 視聴率を気にしつつ、病と闘うヒロインを全面に出するかな…と。 でもこのお話、実在し..
Weblog: ☆。°。Pixy World 。°。☆
Tracked: 2005-11-06 22:23

フジテレビ「1リットルの涙」第4話:二人の孤独
Excerpt: 告知を受け止めたとはいえ、病気が持つ厳しい現実の前に、今にも押し潰されそうな亜也。そんななか、リハビリの励みになっていた先輩とのデートがキャンセルになり……。
Weblog: 伊達でございます!
Tracked: 2005-11-07 22:18

1リットルの涙第四話「二人の孤独」
Excerpt: 家に戻った,亜也(沢尻エリカ)は薄暗い部屋に居た。心配した母・潮香(薬師丸ひろ子)はドアを開ける。 「亜也、ご飯出来たよ。」返事がない。部屋の中へ入って行く潮香。 ..
Weblog: 私でもいいですか?
Tracked: 2005-11-10 00:31
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。