Top 大奥 華の乱 >大奥 華の乱 第2話 「伏魔殿」
2005年10月21日

大奥 華の乱 第2話 「伏魔殿」

安子(内山理名)は、母・阿久里(萬田久子)の仇を討つ覚悟で
綱吉(谷原章介)の閨に入った。
刀掛けに目をやりつつ、綱吉の動きを見定めていると、御簾の向こうに人影がいる。
息をのむ安子。綱吉がその様子に気が付いた。
「奥泊まりには必ず宿直(とのい)の者が付くのじゃ」と
初めての大奥に戸惑う安子に綱吉は説明する。
宿直は中臈・音羽(余貴美子)であった。
宿直は、必ずいざという時に男より腕が立つという。
安子を見張るように座る音羽の牽制により、
安子はなすすべもなく綱吉に組み敷かれるのだった。

眠る綱吉のかたわらで安子は、母の自害した姿を思い出す。
静かに眠るように座る音羽に気づかれぬよう 安子は刀へ手を伸ばした。
すると、音羽が声を発した。
「ご短慮はお慎みください。この後に及んでもし上様に万一のことがあれば、
牧野家は、死罪。それをご承知の上か」
音羽は安子が心に秘めた大奥入りの目的まで察していたのだ。
「早う大奥にお慣れ下さいませ」と安子を諭す音羽。

やはり音羽は、侮れませんね・・
でも、このことは、桂昌院にも伝わっているので
安子の味方とまではいきませんね。
余貴美子さんは、今まで主人公の味方だったり支えになる役が多かったので
今回もそうなるといいな・・と希望を持ってます(笑)
 

綱吉は大層、安子が気に入り、宴の席で片時も安子の手を離さない。
お伝の方(小池栄子)は、それが気に入らない。
酒を注ぐ振りをして着物にこぼし、着替えを用意すると言って、安子を宴の席から連れ出した。
離れに連れて行かれた安子は、お伝の女中たちに押さえられ、長襦袢一枚にさせられた。
お伝は懐刀を取り出し、安子の首に当て、
「上様をたぶらかすそなたの体、よう吟味してみたい」と刀を押し付ける。
諦めた安子が紐を解こうとしたその時、雷鳴がとどろいた。

お伝のいじめが始まりましたね・・
女同士のいじめってどんなかと思いましたが
刀を持ってくるとは、驚き。
お伝は、安子が入りたくてきたわけでないことを知らないのでしょうか?
父上は、大出世、婿は、分家で2万石与えられた。
お伝は、「夫を捨て、恥を捨てよくこの大奥まで参られた」と
言ってますけどね。


宴の庭にいた綱吉は、突然恐れおののき、女中の内掛けを剥ぎ取り、頭からかぶって大奥を走り抜けた。
「安子はどこじゃ!」。
綱吉は、今まさに裸になろうとしている安子がいる離れに飛び込んできた。
お伝は「お着替えの最中でございます」と平然と言ってのけ、
「上様は癇の強いお方。時にこのようなことがございます」と何事もなかったように女中と去って行った。

まさに天からの助けとはこのこと。
でも、綱吉に気に入られた安子は、皮肉ですね。

 
雷が遠ざかっていく。
安子は子供のように震え胸にすがっている綱吉に、雷を怖がる理由を尋ねると
綱吉は自分の辛い過去を語りはじめた。

ある時、勉学を怠けたことで、母・桂昌院(江波杏子)から真っ暗な納戸に閉じ込められ、
近くに雷が落ち気を失った。
だが、母は慰めるどころか、胆力に欠けると、さらに叱り飛ばしたのだ。
その時優しく接してくれたのが、女中だった安子の母・阿久里だったのだという。
「わしは阿久里が好きじゃった。わしは阿久里を喜ばせたかった。
牧野にもようしてやった。何も死ぬことはあるまい
そうは思わぬか?」
安子は唖然とし、母の仇であるこの不器用な男を少し哀れに思い始めるのだった。
その様子を、音羽が、そっと見ていた。

ほんとに唖然・・。
自分のことしか考えていないというか
阿久里や、成貞の気持ちを無視してますね。
安子の目に涙が溜まっていたのが、切なかったです。


音羽は、上様は、安子様に心を注いでいると
報告する。
桂昌院は、ご執心がしばらく続いて 子がきればそれにこしたことがない
あの娘も刀に手をかけないだろうと考えていた。
人は、弱い。恨みなどいずれ忘れましょうという桂昌院。
刀も万一のことを考えて竹光(竹を削って刀身とし、刀のように見せたもの。)に
差し替えてあった。
「安子どのなかなか歯ごたえがある」という柳沢だった

そんなある日、綱吉が安子に新しい打掛を誂えてやり、そのお披露目の席が設けられた。
桂昌院は、お伝や、信子のお気遣いもお忘れないようにと忠告する。
綱吉は、御台には、西陣の小袖を買った、お伝には・・と言うと
お伝は、私よりもお母上に加賀友禅などお仕立てになったらと
桂昌院を立てる。
桂昌院は、お伝の方は、お気遣いがいい。人の母は
違いますなと笑う。
気位の高い正室・信子(藤原紀香)は桂昌院の嫌味な言葉が気に障る。

お開きになった後、信子は安子に声を掛け、自分の部屋に招いた。
そこで信子は、上様に頂いたものだと小瓶を見せる。
それを庭の石に投げつけ、割った。
信子は、「虫唾が走る・・」という。
世辞も追従も意味はない。御台を敬うものはいない
「上さんも今は、そなたにご執心だがそれもいつまでだか。
中身のない虚ろな上さんが心を移すたびにおなごの骸(むくろ)が一つ増えるだけ」と
安子に語って聞かせる。
しかし、もっともっと怖いのは底意地の悪い桂昌院であると言う。
信子いわく、「ここは生き地獄」と大奥の仕組みを一しきり説いた後、
「上さんと刺し違える覚悟で大奥へおいでになったのでは。
もし左様なら、私も加勢いたします。私には、お心をお開きなさいませ」と安子を取り込む様子を見せるのだった。

信子が、綱吉を嫌っているのは、わかりますね。
安子を取り込むねらいは?


安子が歩いていると
足袋に真っ赤な血がついたように見える。
もみじだった。
牧野家での、楽しかった豆まきの様子を思い出す

『あのお方が心を移すだびにおなごの骸が一つ増えるだけ』という
信子の言葉。

安子は、牧野家を思い出して泣き、母の形見のかんざしを持つ

桂昌院が通る。
安子は、急いで頭をさげる。
そこで安子は、桂昌院から現在の成住の様子を聞く。

綱吉は安子の元夫・成住(田辺誠一)を牧野家から分家させ二万石与えたうえ、
なんと新しい妻まであてがっていた。
謁見の間に現れた成住に綱吉は、「安子が恋しいか。会わせてやろう」と突然提案した。

後日、ある宴の席で、安子は綱吉のそばにいる夫に気が付いた。
綱吉は安子と成住の二人に、別席を用意したのでそこに行くよう促した。
二人きりになると成住は「そなたが幸せなら、私はそれでよい」などと言うが、
安子の健気な気持ちを聞くうち、二人で刺し違えて死ぬことを約束する。

宴というのは、女中たちの相撲でした。
そんなこともしてたんですね。
でも、安子にまた成住を合わせようとした綱吉の真意も
よくわかりません。
安子は、自分のものだと安心してたとか?

この時代は、駆け落ちというのは、不可能だったんですね。
従うか、死ぬか。
2人は、共に死ぬことを選んだようです。


それから間もなく、安子が寛永寺に外出することになった。
お供の目を盗んで安子は成住と社の中に逃げ込んだ。
「怖くはないか?」「うれしゅうございます」と二人、剣を当てあう。
が、安子が急に吐き気を催した。「もしや!?」。
二人は綱吉の子を宿す安子に気が付いた。
刺し違える決意が鈍る成住に「さあ、早く」とせきたてる安子。

だが、そこまでであった。
笛が鳴り響き、大勢の足音が二人を取り囲んだ。
「お覚悟めされい」。二人は直ちに捕らえられてしまったのだ。
大奥では綱吉が、「成住め・・恩を仇で返しおって」と激怒していた。
「打ち首をお申しつけ下さいませ」と綱吉に迫る桂昌院の声が響いていた。

2人心中したほうがよかったのかな・・などと
考えたりもしましたが、そうはさせてくれませんね。
ついに安子は、身ごもってしまいました。
「あなたの子じゃない・・!」といった
安子が可哀想で・・・。


二人は、柳沢の屋敷に幽閉された。
早速、安子の懐妊が医者によって明らかにされ、桂昌院はほくそ笑んだ。
安子は、「成住様のお命だけは、召し上げますな
わたしくは、どうなっていい
どうか夫の命だけは・・」と頼むが
桂昌院は、「そなたには、夫などない。成住などという男は
初めからこの世にいなかったのです」といい、聞き入れようとしない。

安子を大奥に連れ帰ろうとすると、座敷牢の成住が
「武士の最期の頼み。一目妻の顔を拝ませていただきたい」と叫んだ。
桂昌院もそれを許し、成住は安子にこう訴える。

「そなたは、生き抜け。
私は、最後まで守りきることができなかった。
そなたは、強くなれ、
力を持て
人に指図する側になれ
そして、そなた自身がそなたの子を守りぬけ
私は、負けた。だが、そなたは勝て」

そして、それが二人の最後の逢瀬となった。
 
2人の最後の別れ・・切なかったです。
きっと成住は、打ち首ですよね。
でも、成住は、安子に生き抜けという。
強くなれ、力を持て、指図する側になれ
力強い最後の言葉です。
この言葉は、今後安子に力を与えてくれると信じたいです。


安子の様子を見た柳沢は、
「お可哀想に
わたくしでよければお味方になりますよ」という柳沢

このとき安子は、悲しみの淵にいたことで
綱吉の子を身ごもったという
天地を変えるほどの意味にまだ、気づいていなかった。

そのころ安子懐妊の報は、大奥の信子やお伝の方の耳に飛び込んでいた。

運命に翻弄される安子が気の毒ですね。
奥の中でも、誰が味方か、敵かわからず。
綱吉の子を身ごもった安子が今後どうなるか注目です。


あらすじは、こちらのページを元に補足しました。

前回のシリーズ「大奥第一章」の記事

【キャスト】
 安子(内山理名)・・牧野成貞の娘→綱吉側室
 徳川綱吉(谷原章介)・・第五代将軍
 お伝の方(おでんのかた・小池栄子)・・綱吉側室
 右衛門佐(えもんのすけ・高岡早紀)・・大奥総取締
 柳沢吉保(北村一輝)・・綱吉側用人
 大典侍(おおすけ・中山忍)・・綱吉側室
 染子(貫地谷しほり)・・柳沢側室
 阿久里(萬田久子)・・安子の母
 牧野成住(田辺誠一)・・牧野家婿・安子の夫
 牧野成貞(平泉成)・・綱吉側用人・安子の父
 隆光(りゅうこう・火野正平)・・高僧
 音羽(余貴美子)・・桂昌院付き中臈・ナレーション
(ちゅろう=江戸幕府大奥の女官。上臈年寄の下に位するもの。大名の奥女中にもいう。)
 桂昌院(けいしょういん・江波杏子)・・綱吉生母
 信子(藤原紀香)・・ 綱吉正室  


歴史上では、こんな風になってました。→牧野家一覧

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆


復習は、こちらから!
B00012T1NY大奥 DVD-BOX
菅野美穂 池脇千鶴 安達祐実
ポニーキャニオン 2004-01-21

by G-Tools


B0007LOYHM大奥 第一章 DVD-BOX
松下由樹 瀬戸朝香 星野真里
ポニーキャニオン 2005-04-27

by G-Tools


今回の主題歌です。
B000BD3DXM修羅場
東京事変 椎名林檎 ネッド・ドヒニー
東芝EMI 2005-11-02

by G-Tools









posted by まりこ(^▽^) at 12:36 | 東京 ☁ | Comment(11) | TrackBack(14) | 大奥 華の乱 | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
まりこさんこんにちわ。
怖い・・いよいよ始まりましたね。
女の戦いが・・・来週はますます激しく
なるんでしょうね。
実際は安子さんは大奥入りしてなかったそうです。牧野家でなんどか手をつけられた
だけらしいのでドラマだけのストーリーのようです。それにしてもわざわざ離れ離れにした
夫に合わせる神経がわからないですよね。
憎たらしいです。
Posted by みのむし at 2005年10月21日 12:49
↑みのむしさんの、衝撃発言!
そうか、安子は・・・
来週以降、面白くなる事に、期待〜〜
Posted by ルーシー at 2005年10月21日 13:30
追伸〜〜
確かね、駆け落ちはすごく重い罪なんですよ。
見つかったら、処刑。さらし首です>江戸時代
Posted by ルーシー at 2005年10月21日 13:33
まりこさん、こんばんは。
安子にも早く大奥で理解者がついてくれるといいですね。
あまりにもの残酷な仕打ち。
谷原さんが綱吉の美しい笑顔、残酷な仕打ち、情けない一面などを好演してくださっていますね。
Posted by ちーず at 2005年10月21日 20:14
こんばんは。
密かに気になっていた音羽、大奥の色々なことを知っていそうですね。
キャラクター設定では水戸の徳川光圀と関係があると書いてあったので、今後どう絡んでくるのか・・・楽しみです。
Posted by 乃慧 at 2005年10月21日 23:21
みのむしさんへ
コメント・TBありがとうございます。
歴史上では、そんな事実があったんですね!!
綱吉の考えはほんとわかりませんよ。
上に立つと、人の気持ちなんてわからなくなるのかもしれないですね・・。
Posted by まりこ at 2005年10月22日 22:45
ルーシーさんへ
コメント・TBありがとうございます。
みのむしさんが教えてくれた事実、すごいですよね〜

やっぱり江戸時代では、駆け落ちは、処刑なんですね。
今では、考えられないです・・。
Posted by まりこ at 2005年10月22日 22:48
ちーずさんへ
安子に理解者がつけばいいですね。
一人ぼっちでは、可哀想です。
谷原さんは、憎いくらいに好演してますね(苦笑)
Posted by まりこ at 2005年10月22日 22:54
乃慧さんへ
音羽は、いろんな情報網があるんですね。
徳川光圀と関係があるなんて またすごい!
音羽の動きも注目ですね!
Posted by まりこ at 2005年10月22日 22:56
初めまして。
大奥を1、2話とも見逃してしまい・・・
悔しい思いをしていたら、ここに辿りつきました。 
お陰で大変助かりました (._.ゞ)ポリポリ

これからもお世話になる事と思いますがヾ(´▽`;)ゝ
ヨロシクおねがいします!

ブログのブックマークにも登録させてもらっちゃいました。
Posted by SANGO★ at 2005年10月23日 13:10
SANGOさんへ
はじめまして お役に立ててよかったです。
ブックマークありがとうございます。
私も登録させてもらいますね!
こちらこそ、よろしくお願いします^^
Posted by まりこ at 2005年10月23日 22:50
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


大奥 華の乱 第二話 
Excerpt: 安子が大奥入り、将軍と刺し違えるために寝屋に行くが 音羽に止められる。 音羽さん何気に怖い。将軍曰く、腕が立つということだから そうとう剣の達人なのかも・・・(^_^;) それにいつも顔色..
Weblog: Simple*Life
Tracked: 2005-10-21 12:47

大奥華の乱#02 雷神お伝・魔女帝桂昌院
Excerpt: 秋の夕日はつるべ落とし, 6時にもなるともう真っ暗でさほど残業しているわけでもないのに 妙に帰りが遅くなった感がつのる今日この頃。 今週もまた大奥の時間がやってまいりました。 で,注目の第二話!その..
Weblog: D.D.のたわごと
Tracked: 2005-10-21 12:54

●大奥・華の乱#2
Excerpt: 歴史実話をどこまで、忠実に再現しているのか解りませんが、初回の話を受けては、ありがちでした。 不本意ながら奥にあがった安子が、機会を得て、元・夫と心中未遂をするという展開です。 お伝の方が安子..
Weblog: ルーのTVビバ★ライフ(漫画イラスト発信中)
Tracked: 2005-10-21 13:35

大奥 華の乱 〜第2回〜
Excerpt:  綱吉の本意がわかったようなわからないような今回のお話。皆さんはどうご覧になったんでしょうか?石を投げたのは大好きだった阿久里が自分から離れていってしまうから、牧野家に遊びに行ったときに阿久里を慰み者..
Weblog: いわぴいのドラマ日記
Tracked: 2005-10-21 15:18

やはり大奥はすごかった…#2
Excerpt: 大奥見ました? す、すごかったですね。小池栄子…怖かったです{/hiyoko_thunder/} 目がギラギラしていました。。。かなり演技が上手くなりましたね、彼女。 さて、今回のお話…ちょっと..
Weblog: 京女のハマリゴト
Tracked: 2005-10-21 17:34

大奥~華の乱~ 第2話
Excerpt: 『伏魔殿』 安子(内山理名)は母の仇を討つ覚悟で綱吉(谷原章介)の閨に入った。 だが、宿直の中臈・音羽(余貴美子)に牽制され、なすすべもなく綱吉に 抱かれてしまう。   綱吉の寵愛を受ける安子を快く..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2005-10-21 19:46

まさに伏魔殿! 第二話 <大奥〜華の乱〜>
Excerpt: バトルロワイヤル状態! 大奥に入った安子(内山理奈)。まずある意味やり過ぎて笑えるお伝の方(小池栄子)に殺されそうになるし。写真のようにもう少し綺麗な感じを出して欲しい正室信子(藤原紀香)は、「上様..
Weblog: V35スカイラインクーペが欲しい!
Tracked: 2005-10-21 22:11

大奥〜華の乱〜 2話
Excerpt: 綱吉への仇討ちは失敗。 しかも綱吉から一心に寵愛を受ける安子は、嫉妬したお伝の方に「ちょっと体育館裏に来な!」みたいに連れ出され、着物脱がされそうになったりと典型的なイジメ受けてます 「上様をたぶ..
Weblog: Frammento futuro
Tracked: 2005-10-21 22:41

大奥〜華の乱〜 第2話
Excerpt: #2 『伏魔殿』  安子(内山理名)は母の仇を討つ覚悟で綱吉(谷原章介)の閨に入った。だが、宿直の中臈・音羽(余貴美子)に牽制され、なすすべもなく綱吉に抱かれてしまう。  綱吉の寵愛を受ける安子を..
Weblog: *82beans @drama
Tracked: 2005-10-21 23:22

大奥〜華の乱〜 第二話
Excerpt: やーもうほんと、上様素敵過ぎ。 もう開始20分くらいでお腹いっぱいになりました。笑 前回、家臣の牧野の妻、阿久里の元に通い詰めた挙句自害にまで追い込んでしまい、その上その娘の安子を夫と引..
Weblog: Life is Unknown
Tracked: 2005-10-22 02:02

大奥・ブラザー感想&視聴率
Excerpt: 今日もドラマ感想を!![ブラザー★ビート・第2話](評価7・視聴率13,8%)第1話は達也がメイン。第2話は陸がメインですね。なんか二人が出すぎて、田中美佐子さんが主役って感じがあまりしません・・・。..
Weblog: モリリンの芸能NEWS DIARY
Tracked: 2005-10-22 02:34

大奥第2話
Excerpt: うーん、すごいですね〜。 なにがすごいかって、お城や衣装、宴やいじめそして何よりも女の戦い!! 小池栄子はもちろん静かながらも藤原紀香もすごい迫力です。特にかみなりが光る中での小池さんはもうホラー..
Weblog: シフク☆note
Tracked: 2005-10-22 15:36

TVっ子
Excerpt: 大奥を初回から見逃していて、((“o(>ω<)o”))クヤシイー!! って思ってたら まりこさんの『どらまにあ 』に辿りつきました o(^∇^o)(o^∇^)o これで3話が..
Weblog: モーレツ信号
Tracked: 2005-10-23 13:22

第二話 『伏魔殿』
Excerpt: 先日、日記にも書いたとおり、最初の20分を録画失敗しました。 しかし、35分しか見ていなくても分かる。 こわい。 みんな怖いです。
Weblog: 魚茶屋
Tracked: 2005-10-24 17:31
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。