Top 2008年(1月〜3月) >ハチミツとクローバー 第三話「夏、花火と散った片思い」
2008年01月23日

ハチミツとクローバー 第三話「夏、花火と散った片思い」

夏休みを利用して長野に帰省していたはぐみ(成海璃子)が東京に戻ってきた。
竹本(生田斗真)は、土産のそばを一緒に食べよう、とはぐみに誘われ、大喜びで花本(村上淳)の研究室へと急いだ。
部屋を出るとき、竹本はゴミ箱に捨てた花火大会のチラシを拾うとポケットに入れた。


ひと足先に浜田山美大に着いたはぐみは、巨大な彫刻を製作中の森田(成宮寛貴)を見かける。そのとき森田と目が合い、動揺するはぐみ。
はぐみが商店街でもらってきた花火大会のチラシに気づいた森田は、学内に花火がキレイに見える場所があるから来いよ、と彼女を誘った。しかしはぐみは、どう返事をすればいいのかわからず、その場から走り去ってしまう。

竹本が研究室に着くと、はぐみだけでなく、あゆみ(原田夏希)の姿もあった。
はぐみがあゆみも誘ったのだ。
そこに、真山(向井理)や森田までもが合流し、結局、みんなでそばを食べることになってしまう。
その際、森田は、はぐみがぼんやりしていることに気づき、またキスしちゃうぞ、などと言ってからかった。
事情を知らないあゆみと真山は、その言葉に驚く。竹本は、はぐみを庇うために慌ててその場を取り繕おうとした。
その姿を見た森田は、竹本がはぐみに恋していることを見抜く。

竹本は修司から仕事を頼まれ理花の元に大量の椅子を運ぶ。

真山のもとには藤原デザイン事務所の美和子が
スカウトにくるが真山は、理花のことが
頭をよぎり断わってしまう。

あゆみは、学校で真山を見かける。
真山に、「だめってわかってることは追いかけないことにしたんだ
恋愛もさ、ぐずぐずしてたら次のチャンス見逃しちゃうでしょ」と真山も頑張りなねとエールを送る。

そのころ、森田ははぐみの元へ。
画材を買いに行くはぐみに
いいところ教えるからなんか奢ってと
強引に連れ出される。

竹本は、森田とはぐみが歩いているのを目撃するものの
トラックがすでに移動しており、叫ぶことしかできず・・

また、竹本は、修司が理花に
「真山にもっと甘えてもいいんじゃないか」と話しているのを
聞いてしまう。
「私には、誰かに甘える資格なんてないから」という理花だった。

森田は、屋台のたこ焼き屋につれていく。
しかし、そわそわ浮かない顔のはぐみ。
森田の、「今おいしいたこ焼き作らせてるから」という声を
無視し、はぐみは学校に戻ってしまう。

はぐみは、あゆみの家で焼肉をご馳走になる。
そこで、「森田さんと一緒にいると
そわそわして落ち着かなくて、早く帰りたくて・・」と話すと
あゆみの父・大五郎がそれは恋だという。

あゆみの家では浴衣を準備していた。
花火大会で着るものだ。
「花火はすぐに消えてしまうけど
誰かと一緒に見るべきだ」という大五郎だった。

一方、竹本らは、竹本の部屋でローマイヤー先輩がもってきた
すいかですいか割りをしたため竹本は非常に機嫌が悪かった。
そんな竹本に、森田は、はぐみと花火を見られるように
セッティングしてやるという。

真山は、修司のもとを訪れる。
理花の部屋に竹本が荷物を運んだことを聞いたからだ。
修司は、「なんで理花はおまえを傍に置かないかわかるか?」と聞く。
修司は、理花の夫が亡くなった経緯を話す。

理花は、不注意でやかんのお湯が肩にかかり
やけどを負ってしまう。
夫が病院に付き添い、その後夫は飛行機で向かったのだが
その便が墜落炎上してしまう。
もし、自分がやけどなどせず、便が遅れてなければと
理花は、ずっと自分を責めていた。
「今のままのおまえじゃ理花を支えることはできない」という修司だった。

真山はその言葉を聞き、一度断った藤原デザイン事務所に
「働かせてください」と頼み込む。
社員の野宮はいい顔をしなかったが、なんとか
採用されることになった。

花火大会当日。
夜空には、花火が上がり始める。
竹本も浴衣を購入し、あゆみとはぐみも浴衣を着ていた。

あゆみたちは、大五郎が腹が減ったというので出店に
たこやきを買いにいく。
はぐみは、森田が学校で花火がよく見える場所があるから
と誘われていたことを思い出し、
できたてのたこやきをもって学校に走り出していく。

一人になったあゆみは真山と会う。
真山に「おまえ浴衣似合うな」と
言われ・・・。

はぐみは学校にいくと森田がいたが
竹本も一緒だった。
急いで手に持っていたたこやきを隠すはぐみ。
森田は、「やっときただろ?」と竹本に言い残し
竹本とはぐみを二人きりにするよう
立ち去っていく。
その後姿をみつめるはぐみを見る竹本。
手にもつたこやきを見つけてしまい
竹本は、はぐみが森田のことを好きなことに
気づいてしまう。

あゆみは、家でやっぱり真山のことあきらめきれないと
涙を流す・・。

※※
今回はぐだぐだしててつまらないなぁなどと思ってたのですが
なんだかせつなすぎて胸が痛いです。
はぐみは森田のことが好きになってしまったんですね。
確かに強引で、いいヤツ?でもありますが。。
それを知ってしまった竹本の気持ちがまた切なくて
優しい彼だからこそ、はぐみと森田の間を取り持ちそうな気がしてしまいます。

あゆみのあきらめきれない気持ちも
切ないですね。
あきらめ切れたら人なんか好きにならないんですよ。
でも、報われないまま好きでいるのも、辛いんですよね。

その真山は、理花とちゃんと向き合うためにも、藤原デザイン事務所に就職することを決めます。
このあたりもどうなるのやら。

はぐみの森田への思いは、憧れ?、みたいなのもあると思うんだけど
森田の気持ち次第なのかなぁ・・
久しぶりにせつなさをビシバシ感じてます。

ただ・・
私は原作未読なんですが、原作を読んでる方には
評判、悪いのかな??


引用元…ハチミツとクローバー公式HP

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

視聴率
12.9→10.0→9.8

羽海野チカ(原作者)公式HP
アニメ版公式HP
映画版公式HP
松重さんのブログ
向井理さんのブログ

生田くん着用モデル


滝沢沙織さん着用




ドラマ内で登場


原作です。全10巻
ハチミツとクローバー 10巻セット
ハチミツとクローバー 10巻セット羽海野 チカ

集英社 2007-05-01
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


映画にもなりましたね。
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)櫻井翔 蒼井優 伊勢谷友介

角川エンタテインメント 2007-01-12
売り上げランキング : 795

おすすめ平均 star
star誰だこれは?
starビジュアルは完璧
starあまずっぱい 学生時代

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
ハチミツとクローバー 第一話
ハチミツとクローバー 第二話

キャスト
花本はぐみ:成海璃子
竹本祐太:生田斗真(ジャニーズJr.)
山田あゆみ:原田夏希
真山巧:向井理
森田忍:成宮寛貴
勅使河原美和子:滝沢沙織
ローマイヤ先輩:木村祐一
庄田教授:松重豊
寺登泰彦:前川泰之
野宮匠:柏原崇
山田大五郎:泉谷しげる(友情出演)
花本修司:村上淳
原田理花:瀬戸朝香

主題歌
平井堅「キャンバス」(デフスターレコーズ)

スタッフ
原作  羽海野チカ (集英社 QUEEN‘S COMICS刊)
脚本  金子茂樹  (危険なアネキ、プロポーズ大作戦 他)
主題歌 平井堅  「キャンバス」(DefSTAR RECORDS)
音楽  海田庄吾 都啓一(SOPHIA)/河野 伸
プロデュース  瀧山麻土香(プロポーズ大作戦 他)
        鹿内 植 (ファース・トキス 他)
演出      谷村政樹 (ライフ 他) 
        松山博昭 (ライアーゲーム 他)










posted by まりこ(^▽^) at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(1月〜3月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


・フジ「ハチミツとクローバー」第3話
Excerpt: 2008年1月22日(火)21時から、フジテレビで、「ハチミツとクローバー」第3話(「夏、花火と散った片想い」)が、放送されました。今週も見ましたよ♪ ドラマじゃ8月。盛夏ですが、現実の今は冬。「..
Weblog: たまちゃんのドラマページ
Tracked: 2008-01-26 19:11
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。