Top 2008年(1月〜3月) >薔薇のない花屋 第二話「花のように笑う人」
2008年01月22日

薔薇のない花屋 第二話「花のように笑う人」

「俺はいいんだ」が口癖の汐見英治(香取慎吾)について、娘の雫(八木優希)は作文に、あまりにもいい人すぎて損をしていると思うけれどそれは本当にすごいことだと思う、と書いていた。
その話しを聞いた美桜は、英治にあなたはどんな時に幸せを感じているの?と聞く。

英治は、少しテレながら「お花屋さんと呼ばれることが
うれしいと話す。
美桜は、繰り返し英治のことを「お花屋さーん!」と
笑顔で呼びかける。

そんな雫とずいぶんと親しくなった白戸美桜(竹内結子)は汐見家にも頻繁に出入りするようになっていたが、ある日、英治と工藤直哉(松田翔太)のやり取りをたまたま耳にしてショックを受ける。
英治の善意はあくまでも「同情」で、これで恋愛感情など持たれたら迷惑だと聞こえたからだ。
飛び出した美桜を追う英治。
美桜は、安西院長から誘惑するように言われたことを思い出し、
パジャマに着替えるから後ろを向いていてと
声をかける。
着替え始まると、まじめな英治はずっと後ろを向いたまま。
おかしくなった美桜は、ようやく着替えが終わったことを告げる。
美桜の傷ついた心には追いかけてきた英治の優しさが染みこみ、かえって2人の関係は近づくのだった。
 
そんな中、菱田桂子(池内淳子)が息子たちの事情で老人ホームに行くことが決まったというニュースが飛び込んできた。
喫茶店コロンのマスター四条健吾(寺島進)の提案で、皆でお別れ会をすることに。
健吾の希望から雫の担任の小野先生も誘うことになった。

美桜は、雫の通うスイミングスクールの
見学にきていた。
しかし、雫が泳いでいる最中におぼれてしまう。
美桜は、必死に誰か気づいている人はいないか探すが
誰も気づかず、思わず立ち上がってしまうと
直哉が雫を助け出し、美桜が応急処置をしたことから
雫は無事助かった。
直哉は、美桜が本当は目が見えること
看護師であることも知っていた。

直哉も院長に雇われた人物でした。
本当の姿は、小説家志望とか。


桂子のお別れ会当日。
英治が桂子を向かえにいくと桂子はいなかった。
桂子は、バス停におり、
英治が見つける。
一人こっそりホームに行こうとしていたのだ。
英治と雫は、一緒に家族になりましょうと
声をかけ、3人は一緒に住むことになった。

直哉は、偶然潮見家で“彼女”の写っているビデオを見つけ
院長に届ける。
院長は、直哉から彼女の写ったビデオを
受け取り食い入るようにみつめていた。

ビデオの女性が『彼女』ということから
英治と“彼女”は結婚しておらず、
駆け落ち同然で雫を産んだのかな。
院長は“彼女”の父親というところでしょうか。
無理を押して出産し、娘を失った今、英治に
怒りが向いていてもおかしくないかもしれませんね。


一方、美桜も病院の同僚の誘いを断れず、飲み会に出掛けるが、
なかなかなじめない。
一人帰ろうとすると、一人の男性が美桜に迫ってくる。
断る美桜に、男は、美桜が性格が悪い、かわいくない
つんけんしていて友達がいないとなじり、
すさんだ心の美桜は、気づくと英治の携帯に電話を掛けていた。

英治の前では、職場では見せないような笑顔で
「お花屋さーん」とこぼれるような笑みで話す美桜。
美桜が新宿にいると聞くと英治は急いで車を出した。
酔っ払っている美桜は、
「人はお荷物よ」と言い出す。
そんなイライラしている美桜に、
英治は自分のコートをかける。

「別に寒くないもん」という美桜に
「包装してるんです。
お荷物だけど普通の荷物とは違う。
あなたは特別大切にしなきゃいけない。
とても壊れやすい」
美桜は、泣きそうになってしまう。
「ね?」と笑顔の英治。

美桜は、「お花屋さん」と繰り返し英治に呼びかける。
英治は、美桜に彼女の姿を重ねてしまう。
急に美桜を抱きかかえる英治。
「お花屋さん?」
「はい」
美桜は、笑顔で英治の首に抱きついた。

※※
美桜は、英治の前ではこぼれるような笑みで笑うのだけど
職場ではまったくの正反対で
とげとげしい女性。
院長が、別の人物を演じればいいと言ってましたが
どっちが本物の美桜の姿なんでしょうね。
ほんとは、笑顔で笑える女性なんじゃないかな。

英治が、イライラしている美桜を大切に“包装”して
抱きかかえるところ、よかったですね。
美桜じゃなくても泣きそうになってしまいました。
英治は人の痛みがわかる人なんだと思います。

そして、直哉もグルだったことには驚きました。
美桜と直哉のことはいつごろわかるのでしょうか。
知った英治は悲しむだろうな・・
あと、なぜ美桜をわざわざ盲目の女性にしたのか。
直哉は「まだ教えられません」と言ってましたが
その辺もなにか秘密があるのかもしれません。

そして、もし院長が“彼女”の父親だとしたら
次に狙ってくるのは雫だと思うんですよね。
英治から雫を奪ってしまったら・・
いろんな妄想が広がります。


引用元…薔薇のない花屋公式HP

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

視聴率
22.4→19.0

香取さん使用モデルです。


【薔薇のない花屋】との限定コラボバッグ



主題歌です。
ずっと一緒さ
ずっと一緒さ山下達郎

Warner Music Japan =music= 2008-03-05
売り上げランキング : 3957


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


オリジナルサウンドトラック「薔薇のない花屋」
オリジナルサウンドトラック「薔薇のない花屋」TVサントラ

ポニーキャニオン 2008-02-20
売り上げランキング : 14510


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
薔薇のない花屋 第一話

キャスト
汐見 英治 …… 香取 慎吾
白戸 美桜 …… 竹内 結子
小野 優貴 …… 釈 由美子
工藤 直哉 …… 松田 翔太
汐見 雫 …… 八木優希、磯野光沙(幼少)

四条 健吾 …… 寺島 進
*
菱田 桂子 …… 池内 淳子
安西 輝夫 …… 三浦 友和

スタッフ
脚 本 …… 野島 伸司

演 出 …… 中江 功、葉山 浩樹、西坂 瑞城

プロデュース …… 関 卓也、稲田 秀樹(共同テレビ)

主題歌
山下達郎『ずっと一緒さ』(ワーナーミュージック・ジャパン2008年3月上旬発売予定)









posted by まりこ(^▽^) at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(1月〜3月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


・フジ「薔薇のない花屋」第2話
Excerpt: 2008年1月21日(月)21時から、フジテレビで、「薔薇のない花屋」(第2話「花のように笑う人」)が、放送されました。当たり前だが、やっと少しずつ、裏がわかり始めた第2話。さて、何度・何回見ても..
Weblog: たまちゃんのドラマページ
Tracked: 2008-01-26 19:26
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。