Top 2005年(7月〜9月) >ドラゴン桜 最終話
2005年09月18日

ドラゴン桜 最終話

センター試験最終日 物理

「自信ねーなー」
「最後まで解けなかったな・・」と自信なさげな特進メンバーだった。

特進メンバーたちは、試験終了後直美(長澤まさみ)と会う
「一緒に来ない?
特別講師の先生と答え合わせするから」とよしの(新垣結衣)
「赤信号みんなで渡ればこわくないってか」と英喜(小池徹平)
生徒たちは、教室にいく。
桜木(阿部寛)も直美と目が合う。

「おまえら、問題用紙を出せ」
「頑張れ・・頑張れ」と真々子(長谷川京子)

もう試験は終わってるのですが、気持ちはわかります(笑)

桜木は、点数を読み上げる。
この点数なら6人全員センター試験に通ったと告げる

「もっとみんなよろこばないの?」と真々子
「ここで喜んでいてもしょうがないしね」という特進メンバー
みんなは、次の2次試験に向けて気持ちを切り替えていた。

講師たちから、改めてノウハウを学ぶ

数学(柳鉄之介・品川徹)
数式を埋めるだけじゃない
あえて文章で方法を述べる。

物理(阿院修太郎・小林すすむ)
単位の確認とともに極端な数値をあたえることによって間違いを発見しやすい。

国語(芥山龍三郎・寺田農)
キーワードになりそうなものは、線を引く
よい文章には、よいリズムがある。
心の中で音読することで早く正確に読める

英語(川口洋・金田明夫)
リスニングが始まる前の45分が勝負
和訳、長文問題まで解く
英作文まで手がつけられればなおよし。

病室では、直美の母・悠子(三保純)も応援する。
「頑張れば必ず頭がよくなれるよ」という直美だった。

東大受験前日

特進クラスは、最後、桜木からメッセージが送られる。
実は、俺は、東大が好きじゃない
東大に行っただけで成功したと思うヤツ
目の前にいたやつが東大を出たと知っただけで
変わるやつらはみんなゲスやろうだという。
日本中の大半は、チャレンジもせずに乗り越えられない壁だと思う。
あきらめのコンプレックスを抱く。

世の中に超えられない壁はない
できないという先入観を持つな
おまえらが1年間ずっと巻き続けたバカ鉢巻き
ほんとは1年間だけじゃない
物心ついたときから、心の中で巻いていた。
バカ鉢巻きから自由になれる
コンプレックスの鎖を断ち切れるという

「馬鹿扱いはごめんだよな」
「あたし絶対頑張る」

「悔しさを試験にぶつけろ」と桜木

みんなは、バカ鉢巻きを巻く
立ちあがって問題を出し合う。

「おまえら全員勝て、そして東大に入れ!」

東京大学入試初日

矢島家
「なんか不思議ね。1年前の今日は、お父さんもいて工場も機械もあって・・」と母(石野真子)
「東大受けるなんて思ってもなかった?」と勇介(山下智久)
「いってきます」と出かける。

「母ちゃん 俺さ なにもない家もいいって思うよ。
これからいろいろ詰め込めるってことじゃない
頑張ってこれから母ちゃん楽させてやるから」

奥野家
「次郎(水谷百輔)、お互い頑張ろうね」と一郎(中尾明慶)が声をかける
「これから東大受けるっていうのに余裕だな
オレは、受かるがのあたりまえって思われてるから
落ちて当たり前だと思われている一郎が、うらやましい」という

「試験とは相手との対話、自分との対話だ」と唱えながら大学に向かう
よしの

緒方家
「本当に東大受けるのか」と父
「冗談で1年も勉強できるわけないじゃない」と英喜が返事をする

「まわりは、すいかだ いや、メロンだ」と迷うが
メロンでいこう」という麻紀(サエコ)
周りの人物が、メロンに大変身(笑)

直美は、誰もいない店に、いってきますと声をかけた。

「みんなそろってるね?」と真々子が東大前で出迎える。
受験票とふでばこを確認すると
「おれたち、小学生じゃないんだから」と突っ込む英喜

みんなで円陣組もう
「龍山ーファイ! オー! ファイ! オー!」と真々子の声が響く。

桜木は、1人特進クラスにいた。

それぞれ席につく
みんなは、目を閉じる

試験開始。

桜木は、時計をみつめ、始まったか・・とつぶやく
問題を開く6人

1科目目国語
「簡単な古文漢文から」
「主語述語をおぎないながら読むべき」
「けるは、過去の回想だから
筆者は、思い出して書いてるんだ」
「漢文は人物を設定する」

それぞれ、勉強したことを頭に思い描いて解き始める

真々子は、入り口前で
祈っていた。

2科目目は、数学
「解けそうな問題から」
「なんか法則ある!」
一郎は、うれしそうに解きだす
みんなも、少しできたと心の中でつぶやく

1日目、終了。

ここまできたらじたばたしてもしょうがないだろう
また明日・・と別れる

帰り道、勇介と直美の方向が一緒になる。

「なんでこっちなの?」
「ちょっとお母さんのところ寄ってから帰ろうと思って」
「付き合うよ」

勇介は、最近おばさん見てないし
自分の母は、パートで遅いしという。

帰り道一緒になった麻紀・英喜・一郎
「麻紀ちゃん覚えてる?」と英喜がエッチの約束のことを
確かめる
麻紀は、一瞬とぼけるが、「しました。しました。受かったらね」と
約束の再確認する。
「ぼくは?」と一郎も便乗しようとする。

麻紀の結果の理由と関係があったのかなぁ・・。

次郎とすれ違う
「兄貴試験どうだった?」
「まーまーかな」
「これ、もらいもんなんだけどさ、よかったら夜食にで食えよと」
サンドイッチを渡す
一郎は、そのサンドイッチをおいしそうにほおばる。

あ、嫌な予感・・。

病室に、勇介と直美が行く。
試験の手ごたえがまーまーかなとというと
「東大生カップルの可能性あり?」と悠子が茶化す。
照れちゃって・・と笑う。

帰りに、送っていくよと悠子もつえをつきながら、階段を
降りていた。
「大丈夫よ
明日からリハビリしたほうがいいっていってくれてるし
あんたもよくがんばったよね
あたしもさ、頑張って新しいお父さん探そうかな・・」

悠子が意識を失い、バランスを崩す。勇介が一瞬支えたが
2人は、階段を転げ落ちる。

つえついてるんだから、エレベーター使ってよ!!!

悠子の状態について医師は、軽度なので、命に別状はない
薬物療法で、様子を見るといわれる。

「あれ、きみ、骨が折れているかもしれないな・・」と
医師は、勇介の手に気づく
「もしかしてさっきお母さんかばったときに?」と直美
こっちきなさいと医師は、勇介の治療をする

東京大学入試二日目

一郎は、おなかの調子が悪かった。
「昨日のサンドイッチくさってたんじゃない?」という麻紀
一郎は、カバンから、サンドイッチの空箱を取り出す。
「ほら、10日も賞味期限きれてるよ」

味には、気づかなかったんですね・・。
それにしても、次郎のやり方が姑息です・・。


勇介、直美は、まだ来ていなかった・
真々子は、ようやく来た勇介の手に気づく
手には、包帯が巻かれていた。
ちょっと転んじゃって・・と説明する勇介。

東大入試は、ただでさえ時間が足りなくて
大変なのに・・と心配する真々子
直美のことを聞くと
「あいつは、たぶん来ない
おばさんが倒れちゃってまだ意識もどってないんだ
意識戻って間に合うようだったら来れるって
あいつの分まで試験頑張ろう」

しかし、みんなは複雑な顔になる。

「みんな一年間の努力をかけて戦うんだよね?
戦えるの?水野さんに動揺して、力だせなくて水野さん喜ぶの?
私は、まってるから
みんなは、今は、他のこと全部忘れて試験に集中して」と送り出す

「では、はじめ。」

目をつぶって特進メンバーたちは、唱える

桜木は、特進クラスで待つ

3教科目 理科

「あれ?方程式でいいのかな?
あれ?違う?」
「うう・・おなかが・」・と一郎

直美は、病室でみんなからのノートを見ていた

勇介は、えんぴつが落ちてしまう

直美は、涙が出てしまう
悠子が目をさます

「おかあさん大丈夫?気持ち悪くない?」
「試験は?」

「水野さん、あと10分だよ
中に入れなくなっちゃうよ・・」と真々子は、あわてる

直美は、走る

勇介は、直美が気になっていた。
腕を机にたたきつける

試験管がにらみつける。
「すいません・・」
「よっしゃ気合入った」とつぶやくと勇介は、再び問題を解き始める

「あと5分・・」
直美は、途中転んでしまう」

「くっそ・・さっぱりわからない」
「まともにできる問題ない」
「集中できないし・・どうしよう・・」

直美は、特進クラスの教室にきた。

「お母さんが階段から落ちちゃって
矢島がかばってくれたおかげで やばいことにはならなかったんだけどさ」
「そうか。」

「人生180度変えるつもりだったけど
できなかった
360度まわって、元にもどっちゃった」

「ばかなこというな
時間ってやつはな、元にはもどらない
いいことも悪いことも
すべて、そいつのなかに積もっている。
おまえは1年間勉強した。
東大受けようが受けなかろうが
その事実は変わらない
おまえは、変わった。」という桜木

「今、なぐさめられてる?
それともほめられてる?」
「そういうへらず口は変わらないんだな」

直美は、教室でみんなを待つ

「みんな受かって欲しい
全員受かって欲しい・・」

「試験が終わる時刻には、むかえにいってやれよ
特進クラスは、おまえを含めてて6人だ」

直美は、教室を飛び出す

最終科目 英語

「頭こんがらがってきた
「もう時間ないよ・・」
「集中だ・・うんこがしたいなんて忘れてしまえ」
「1問1問確実に」

「やめ」
試験が終了する。

直美が、迎えにきていた。

「みんな、お疲れ様
受験お疲れ様」
直美は、笑顔だった
みんなは、そんな直美に駆け寄る。

笑顔の直美がすごかったですね。
受けたかった気持ちは、一緒だったはずなのに・・。


数日後。
真々子は、桜木の事務所に向かう。
「前より汚くなってません?」という真々子

「これ差し入れ」と渡す
試験がおわったなんて信じられないという真々子に
「おまえ、なんでここにいるんだ」
「暇なんだもの」という真々子
今まで桜木にこき使われて
やることがなくなり暇になったという
そんな真々子を見て「ガキか・・」という桜木

希美(矢沢心)は、以前迷っていた2人(田中義男(村上大樹)・沢松靖司(唐橋充))
とはまったく別の人と付き合っていた。
IT会社を興し、会社の株価の総額は、10億円だという。
学歴ないし、見た目はあれだけど 幸せという希美だった

「落ちてたらどうしよう」
「絶対現役生アイドルになる」という麻紀
英喜は、おやじは、一橋大で
自分も1年勉強してまぐれで入れるわけないと思い
見直したという。
「よしのちゃんは、現役東大生カップル?」と麻紀が聞くが
「あたしはわからない」というよしのだった。


病院では、悠子が勇介に感謝していた
「勇介くんのおかげで大事にならずにすんだみたい」
そして直美には、
「本当にごめんね」と謝り続ける。
「もう101回目だよ」という直美

「勇介はさ、受かってると思う?」
「わからない」
「自分のわからないこともわからないのかっていわれるよ桜木に」という直美

おれたちに桜木にだまされたみたいにはじめたけど
わかったことが多かった。
知らないことだらけだった。
勇介は、知らないことが怖くなったと話す。
父親の借金のことも、手形や、担保とか
わかってるやつにだまされていた。
法律や経済とか知らないで生活してる
もし、・・やっぱいいや

「いいかけたなら最後までいおうよ」と直美

「おまえどうなんだよ
「あたしば別にいでしょ」
「よくねーよ 幼馴染だから」という勇介だった。

2人は、やっぱり幼馴染つながりなのかなぁ・・

合格発表当日

「もう、つくころですかな」
「そうですね」
「さて・・」
講師陣も待ちわびる。

発表を見た次郎は、固まっていた
一郎は次郎を見る

「嘘だ・・おれが不合格なんて・!」と次郎が駆け出す

次郎は、落ちちゃったんですね。
ざまーみろと思ったのは、私だけじゃないはず(笑)


掲示板の前で目をつぶる5人

40732 勇介
40886 よしの
41772 一郎
41862 英喜
41947 麻紀

心の中で番号を唱えながら番号を見る5人

一郎合格!
よしの合格!
勇介合格!
麻紀、英喜は、固まったままだった・・。

教室では、特別講師たちもそろっていた

「あの、生徒たちもどりました?」と理事長(野際陽子)や、他の教師たちが
顔を出す。
「もうすぐです」
「結果は」
「それがまだ・・」

生徒たちがもどってくる
3勝2敗と勇介が告げる

「3人も受かったの?」と理事長
「2人落ちたのか・・」
「嘘・・」と真々子

「オレと麻紀ちゃん」と英喜
「みんな落ちたわけじゃなかったし」と麻紀

「空気重くない?
龍山高校から3人も出たんだよ」

わざと明るく振舞う2人・・

「緒方、小林、座れ
いいから座れ」と桜木

では、われわれはこれでと講師たちは、帰る

麻紀は、泣き始める

「矢島、奥野 香坂 おめでとう。
自分たちの努力で手にいれたプラチナチケットだ
本当のチケットは、お前ら次第だな
好きに使え」という

「それからそこの落ちた2人
受けられなかったやつもいれて3人
おまえらのせいで公約を果たせなかったじゃないか。」

「1年間よく頑張った
おまえらにはツキが足りなかったといいたいが
頑張ったことに意味があるとか努力することをこれから話しても
何の役にもたちゃしない
オレからの言葉はこうだ
このバカものが!
しっかり反省して、自分の人生は、自分で決めろ!」

勇介は、激怒する
桜木に近寄る。

「今日だけは特別だ。なぐっても不問にしてやる」
「殴れっかよ。あんた泣いてるじゃん」
「え?」と真々子

「心の中でおもいきり泣いてるじゃん」

麻紀、直美も涙がこぼれだす。

「理事長申し訳ありませんでした。」
公約が果たせなかったからと桜木は、退職願を渡す。

教師たちは止めようとする。
約束は、約束です
生徒たちに1年間勉強するリスクを背負わせたのに
なーなーでいるわけにはいきませんと
桜木は、出ていく。

みんなは、桜木を追いかける

「逃げるなんて卑怯です
桜木先生が種をまいたんですよ!
みんなの人生を変えて、龍山高校を変えた
中途半端で帰るんですか?
先生がいなかったらどうなるんですか?
特進クラスは?」と真々子

「おれがいなくてもおまえがいるじゃないか
なんのためにおまえは特進にいたんだ
おれは見込みのあるやつにしかノウハウは教えない
バカで粗忽で超のつくお人良しだが
自分の思いをまっすぐ突き進む能力がある」という

「そういうこと言わないでください
きれいごといわないのが桜木先生の長所だったのに
あたしは、桜木先生のそういうところ尊敬してたのに」

「きれいごとを言ったつもりはない。
そうだ、最後の最後におまえらに言っておく

入学試験の問題には、正解は、ひとつしかない
たどりつけなければ不合格

人生は、違う。
人生には、正解は、いくつもある。
大学に進学するのも正解、行かないのも正解だ。

スポーツに夢中になるのも、音楽に夢中になるのも
友達ととことん遊びつくすのも
誰かのためにあえて遠回りするのも正解だ。
だがよ
おまえら生きることに臆病になるな。
矢島、水野、緒方、小林
香坂 奥野
おまえら自分の可能性を否定するな
受かったやつも、そして落ちたやつも
おまえら、胸をはって堂々と生きろ
以上」

「おれさ、東大にはいかねーから」と勇介
国立でも学費とかかかっちまうし
独学で勉強して司法試験めざす
おやじみたいに 悪いやつにだまれないように弁護士になる。
「それも正解だ」

「あたしは、東大にいく」とよしの
勇介が行かなくても私は東大にいく
てきとうな気持ちではじめたけど
勉強すればするほどいろんな世の中のこと知りたくなった

「僕も胸を張って東大にいきます」と一郎
「正解だ」

よしのは、勇介から、離れる決心をしたのかな
どちらかというと勇介に依存していたような気がしていたから
自分の意思で、東大に行くといった彼女がうれしかったですね。
一郎も、次郎に気を使わず胸を張って欲しいです。
(優しいんですよね)


「オレは、あきらめないぞ
オレだって東大に入れるって証明してやる」
「あたしだってあきらめない
東大も、自分の夢も絶対あきらめない」
「それも正解だ」

「桜木先生、ありがとう。
うそじゃないよ、あたしは
あたしたちは、心の底からそう思ってる。
桜木先生ありがとうって」と直美

理事長は、拍手する
教師たちも拍手する
ドラゴン桜の前で拍手が響く

桜木は、去っていく。

桜木は、事務所に戻っていた。
電話が鳴る。

龍山高校から東大合格者が出たと聞き
桜木先生に再興してもらいたいという電話だった。
十分な報酬を用意するという
23億の負債がありましてね・・というある学校の校長(みのもんた)

「その件は、検討させてください」と電話を切る桜木
どっかで聞いた話だなととつぶやく

また電話がかかる
「ぜひ、うちも龍山高校のように・・」
「その話どこで・・?」

理事長が、現役で東大合格者3人出したとあちこちに言いふらしていた。
やれやれ・・と桜木。

ドラゴン桜には、桜のつぼみができていた。

「どうだった?結果は」と英喜父
「落ちちゃいましたー」と英喜
「笑うなら笑えよ」

「おまえは、頑張った
おまえは、頑張ったよ」と認める英喜父

英喜の父も息子を見直したみたいですね。

勇介は、六法全書を読み出す。
直美は、勉強を続ける

勇介は、東大を蹴ってしまったんですね・・。
もったいないというのが本音ですが、
桜木と同じ道を歩むのかな・・・


真々子は、川口先生がやっていたようにダンスをしながら英語を言う練習をしていた。

よしのと一郎は、東大に通っていた
実験中爆発する一郎(笑)

4月には、特進クラスにたくさんの生徒たちが入ってきた。

世界史と物理を教えに
麻紀と英喜が応援にかけつける
他人に教えることで理解が深くなると桜木も言っていたからという。
真々子の薦めからだった。

希美の彼氏候補だった2人は、
「おれたちってなんだったのかなあ?」とつぶやく
沢松は、村上に「勉強教えてくれないですか」と頼む
すげー以外なこともいえるようになりたいという。

「バカとブスは東大にいけ」と龍山高校の教師たちも指導にあたる。

理事長は、また帽子を買っていた
勇介は、土木現場で働きながら勉強する。

桜木は、空腹でおなかが鳴る。
「やっれやれ・・なんもねーや」と冷蔵庫を覗き込む

桜の花びらが窓から入ってくる。
それを掴み取る桜木だった。

    (終)

合格の結果は、3勝2敗でした。
でも、落ちたのは、麻紀と英喜だったんですね
落ちるとしたら、他の人かと思ってました。
直美も受けてたらきっと合格してただろうな・・

桜木の後任は、真々子なんですね。
桜木は、それを見込んでずっと自分の担当とやらせていた。
すっぱり辞めた桜木は、潔かったなと思いました。(残念ですが・・)

桜木が、わざと落ちた二人に厳しい言葉をかけて
激怒した勇介でしたが
「心の中でおもいきり泣いてるじゃん」と言ったとき
だーっと涙が。
本当に桜木の辛さが、悲しさが、涙が見えたような気がしたからです。
優しい言葉などかけたりしない桜木でしたが
厳しさの中に愛情があるんですよね。
だからこそ、特進クラスのメンバーたちも桜木を信じて
ついていくことができた。

最後の桜木からの言葉もよかったです。

『人生には、正解は、いくつもある。
大学に進学するのも正解、行かないのも正解だ』
『生きることに臆病になるな
おまえら自分の可能性を否定するな
受かったやつも、そして落ちたやつも
おまえら、胸をはって堂々と生きろ』

桜木は、受かった自分、落ちた自分を受け入れることを
言いたかったんですね。
自分を否定せず、胸を張って堂々と生きろという
メッセージは、強烈に響きました。

そして、まだ『ドラゴン桜』は、終わりません


公式HPより
ドラゴン桜特別編オンエア
『「ドラゴン桜」東大受験 丸秘テクニック総伝授SP(仮)』
22:00〜22:54

大好評の中、ついに最終回を迎えた『ドラゴン桜』。
放送中から続編やスペシャルを希望する声がたくさん寄せられましたが、
期待に応え特別編のオンエアが決定しました!
10月14日(金)にオンエアされる特別編では、
ドラマで紹介されたユーニクでためになる勉強法を一挙紹介。
さらに、ドラマでは紹介しきれなかった数々の新ウラ技勉強法も公開します。
受験勉強に励む学生たちへ贈る、楽しく、ためになる1時間。もちろんドラマファンも楽しめるスペシャル企画も予定!
『ドラゴン桜』ブームはまだまだ終わらない! オンエアをお楽しみに!!

・・とのことです。うれしいですね!

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆


コミック最新刊は、10巻です!
ドラゴン桜 10 (10)
4063724662三田 紀房

講談社 2005-09-21
売り上げランキング : 196

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ドラゴン桜 (9) ドラゴン桜 (8) ドラゴン桜 (7) ドラゴン桜 (6) ドラゴン桜 (5) モーニングKC


「ドラゴン桜」と東大ノウハウ本をかけたものが
たくさん出てますね。
それだけ、この漫画が理論に叶っているという証拠かもしれないですね。
ドラゴン桜 東大合格をつかむ言葉161
4062130807「モーニング」編集部 三田 紀房

講談社 2005-08-19
売り上げランキング : 60

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ドラゴン桜 10 (10) 東大合格法―「ドラゴン桜」を検証!! ドラゴン桜公式ガイドブック東大へ行こう! ドラゴン桜 (8) マネーの拳 1 (1)


主題歌です。明るくてさわやかな曲ですね♪
realize
B000A281OKmelody

トイズファクトリー 2005-08-17
売り他げランキング : 8,134

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
















posted by まりこ(^▽^) at 09:42 | 東京 ☀ | Comment(17) | TrackBack(19) | 2005年(7月〜9月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
今回のストーリー展開に関しては正直あまり良いとは思わなかったのですが(笑)、でもこのドラマ自体が終わってしまう事は本当に残念でなりません・・・。
ぜひとも近い内にSPドラマ等で直美や英喜、麻紀らの1年後の様子なんかを描いてくれると良いんですけどね!!
Posted by フェイク・ヒーロー at 2005年09月18日 20:19
こんばんわ。はじめまして☆
ドラゴン桜本当に面白かったです!!
最終回はちょっと無理のあるところもあったとは思いますが、
毎週桜木の言葉に胸をうたれていました(涙)
特別編絶対見逃せないですよね(^^)
Posted by トモ at 2005年09月19日 02:52
最終回は、無理無理合わせたような、不自然さが
ありました。頑張った分、良い結果になると、信じていましたから。
10月14火のSPは、受験生必見だそうですね!
Posted by mari at 2005年09月19日 04:11
コメント・TBありがとうござます。

フェイク・ヒーローさんへ
英喜と麻紀の結果残念でしたね・・
2人のその後とか見てみたいです!

トモさんへ
桜木の言葉は、胸を打たれましたね。
SPも楽しみです。

mariさんへ
できれば、全員受かって欲しかったですね。
やっぱり原作より進んでしまった分
いろいろと問題があったのでしょうか?
受験生必見のSPは、私も受験生になったつもりで?楽しみたいと思ってます^^
Posted by まりこ at 2005年09月19日 12:55
( ゜▽゜)/コンバンハ
実は。。。最終回の「オレからの言葉はこうだ」で。。。テ−プがo┤*´Д`*├o アァー

ここでやっと最終回がつながりました。。。

☆⌒(*^-゜)v Thanks!!

Posted by たまこママ at 2005年09月20日 03:34
いいドラマでした
毎週楽しみにしていましたが
終わってしまって残念です
もしあえて不満を言うなら
最後エンディング中の英喜の父親の言葉をもう少し充実させてもらいたかった
あと疑問は、なぜ落ちた二人にあんな言葉をなげたのか?もうすこし工夫があっても・・・
Posted by 元受験生 at 2005年09月20日 09:03
コメントありがとうございます

たまこママさんへ
お役に立ててよかったです。
桜木の言葉は、印象に残るものが多かったですね。

元受験生さんへ
英喜の父には、もっといろんなことを
言って欲しかったですよね。
英喜は、父にずっと否定されてきたわけだし。
落ちた二人には、きっと頑張って欲しいという
エールだったのかもしれないですね。


Posted by まりこ at 2005年09月20日 14:58
桜木は、いい言葉を言いますね。
自分の可能性を否定せずに、胸張って生きろ!なんて、最高の言葉だと思います。
受験結果は3勝2敗でしたが、英喜と麻紀も来年はしっかりと東大生になっているでしょう。
東大受験がメインでしたが、色々なことを学べていいドラマでした。
Posted by lavish at 2005年09月20日 15:55
なんか生徒たちの精神的な成長ぶりがホントにいいですね。感情的にならず、相手の心情も読めるようになって。
スペシャルだけじゃなく、ぜひ続編がほしいですね。
Posted by kenta at 2005年09月20日 23:16
こんにちわ。まりこさん
ドラゴン桜終わってしまいましたね。
寂しいです。
それにしてもこのドラマは本当に勉強に
なりましたね。
人生のほうも、勉学のほうもなのでスペシャル
もしっかり見届けなくては!と思いました。
Posted by みのむし at 2005年09月20日 23:50
はいはい、もちろんあたしもでーす!てゆーかこのドラマを見てたほぼ全員が「次郎ざまーみろ!」と思ってた筈です(笑)。
合否の結果は残念でしたが・・・最初は全員、どちらかといえば落ちこぼれ。学力は当然ですが、人間的成長が素晴らしかった!!!それが嬉しいです〜♪
Posted by まこ at 2005年09月21日 11:12
コメント・TBありがとうございます。

lavishさんへ
桜木の言葉よかったですよね。
私も来年は、英喜も麻紀も直美も東大生だと
思います。
受験生以外でも、学ぶところが多かったドラマですよね。

kentaさんへ
学力だけでなく、特進クラスのメンバーは
精神的にも強くなりましたよね。
私もまた違う学校で 桜木の教え方など
見て見たい気がします。

みのむしさんへ
終わってしまって残念ですよね。
このドラマって受験生以外でも
親や、大人も考えさせられるところが
いっぱいあったような気がします。
スペシャルも必見ですね!

まこさんへ
次郎が落ちて、ざまーみろでしたよね(笑)
学力もさながら、生徒たちの成長も
うれしかったです!

Posted by まりこ at 2005年09月21日 15:20
受験はトレーニングだ
世の中は受験で負ければ一生負け続ける仕組みになっている
感情的になって損するな!

以上が私的な総括です
Posted by 元受験生 at 2005年09月22日 21:41
元受験生さんへ
コメントありがとうございます。
受験は、トレーニングだ
感情的になって損するなとは、本当に
そう思いますね。
受験で負けても、またリベンジがあるといいなと
思います。
Posted by まりこ at 2005年09月23日 21:34
こんにちわ。
桜木が心の中で泣いている、と言われたとき、
僕も感動しました。
ずーっと口ではキツいこと言ってきたけど、
多分わざとそうしてきたんですよね、生徒のためを思って。

>厳しさの中に愛情があるんですよね。
>だからこそ、特進クラスのメンバーたちも桜木を信じてついていくことができた。
まさに、そのとおりだと思います。。。。

今回で終わってしまいましたが、個人的には続編をやってくれそうな予感!
みのもんた理事長も桜木を買っていたわけだし!(笑)
今から勝手に楽しみにしています(^^;;
Posted by demasse at 2005年09月24日 15:13
こんにちは。
TBさせていただきました。

ほんと、受験生時代に見ておきたかったと思いましたよ。
「ドラゴン桜特別編オンエア」って本当ですか?
うれしい〜! 情報ありがとうございました!
Posted by ads(あず) at 2005年09月25日 00:10
コメント・TBありがとうございます。

demasseさんへ
桜木の愛情は、泣かされましたね・・
私も違う学校での桜木を見てみたいと思ってます。
いろんな生徒がいるはずだし、まだまだ桜木のノウハウを出し尽くして欲しいですよね!

あずさんへ
私も受験生時代に見ていたら、人生が変わっていたような気がします^^
特別編は、公式HPに載ってたので、本当だと思いますよ。
どんな内容になるか楽しみですね!
Posted by まりこ at 2005年09月25日 00:26
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


感動の最終回!ドラゴン桜◆まずは感想
Excerpt: ドラゴン桜最終話「お前らはもうバカじゃない!運命の合格発表!」 ゆうべは娘を寝かし付けるために生では見られず, 今,録画を見終わったところですが,すごくよかった。 いつものペースでポイントやツッコミ..
Weblog: D.D.のたわごと
Tracked: 2005-09-18 11:10

TBS「ドラゴン桜」第11話(最終回):お前らはもうバカじゃない!運命の合格発表!
Excerpt: 最終回。「人生には正解がいくつもある」「生きることに臆病になるな!」「自分の可能性を否定するな!」「努力次第で超えられない壁はない!」。最後まで素晴らしい桜木語録の数々。
Weblog: 伊達でございます!
Tracked: 2005-09-18 15:08

『ドラゴン桜』全11話 視聴終了
Excerpt: ドラゴン桜 (1) 三田 紀房 原作に対する予備知識が何もなかったため、 単純に最初から最後まで楽しめた。 それは<現役東大合格>という明確なゴールが予め定められていたからだろう。 ..
Weblog: Jump Over the Borderline
Tracked: 2005-09-18 16:32

ドラゴン桜 第11話 『お前らはもうバカじゃない!運命の合格発表!』
Excerpt: 今回でついに最終回となってしまった『ドラゴン桜』ではありますが、正直ストーリー展開に関しては「賛否両論起こっても全然おかしくないよなぁー」といった感じの、ちょっと微妙なものでしたよね(笑)
Weblog: フェイク・ヒーローのエンタメBlog!
Tracked: 2005-09-18 20:15

【テレビ】ドラゴン桜 「最終回」
Excerpt: 特進クラスの勇介(山下智久)たちは、センター試験を終わり、直美(長澤まさみ)を、クラスに誘った。桜木(阿部寛)たちが待つクラスへ戻り、採点。トップは一郎(中尾明慶)で、ビリの直美も
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2005-09-19 04:12

ドラゴン桜 最終回
Excerpt: さすがのドラゴン桜も、出来すぎストーリーには 仕上げませんでしたね・・・。 公約の5人、もしくは特進クラス全員6人が合格! ってわけにはいかなかった。 残念・・・orz これだけは出来すぎでもいいかな..
Weblog: キマグレ雑記
Tracked: 2005-09-19 13:29

「ドラゴン桜」最終回オンエア。(後)
Excerpt: 最終回、無事にオンエアされました。 終わった直後に、遠田プロデューサーから電話をいただきました。 その後、深夜でしたが、飲みに出かけました。 ふだんはあまり酒は飲まないのですが、今日はどうしても..
Weblog: 秦建日子のブログ
Tracked: 2005-09-19 14:36

ドラゴン桜 最終回
Excerpt: ドラゴン桜も今日で最終回、結末は…。 東大合格への第一関門、センター試験が終わり。 採点の結果、勇介(山下智久)、直美(長澤まさみ)たち、6人全員がセンター試験を突破した。 そして、生徒たちの気持ち..
Weblog: お気楽生活
Tracked: 2005-09-19 19:06

「ドラゴン櫻」の弁護士からみたリアリティ
Excerpt: 「ドラゴン櫻」の弁護士からみたリアリティ
Weblog: hou
Tracked: 2005-09-20 00:53

【ドラマ雑感】 ドラゴン桜 (最終回) 「お前らはもうバカじゃない!運命の合格発表!」
Excerpt:  センター試験を終えた特進クラスの生徒たち。勇介(山下智久)は直美(長澤まさみ)を誘い、桜木(阿部寛)の待つ龍山高校へ向かう。教室での採点の結果、トップは一郎(中尾明慶)で、皆がセンター試験を突破した..
Weblog: 気ままなNotes...
Tracked: 2005-09-20 03:32

ドラゴン桜 最終話
Excerpt: 「お前らはもうバカじゃない!運命の合格発表!」 センター試験を終え、直美も一緒に教室に戻る特進クラスのメンバー。 不安の残る出来だっただけに、センター試験無事クリアの結果を聞いて喜ぶ。そして一安心す..
Weblog: 思い立ったが吉日
Tracked: 2005-09-20 15:55

ドラゴン桜 最終回
Excerpt: 特進クラスのみんな東大目指してがんばってました。 そんな中直美の母が、またまた東大入試目前で倒れてしまって 直美は2日目3日目を受験することができませんでした。 直美・・・どこまでいっても不..
Weblog: Simple*Life
Tracked: 2005-09-20 23:56

ドラゴン桜 最終話:お前らはもうバカじゃない!運命の合格発表!
Excerpt: エクセレント{/ee_2/} ッd(⌒o⌒)bッるるんッ 合格者には・・・ プラチナチケットは好きに使え! 不合格者には・・・ お前らのせいで公約が果たせなかった! お前らにはほんの少しだけツキが足..
Weblog: あるがまま・・・
Tracked: 2005-09-21 11:13

ドラゴン桜 最終話
Excerpt: 『お前らはもうバカじゃない!』 東大合格への第一関門、センター試験がついに終わる。 会場の外には母親の看病のため、ひとりで受験勉強に励んでいた直美(長澤まさみ)も 姿を見せ、久しぶりに特進クラス6人..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2005-09-21 20:05

Don't forget!(ドラゴン桜#11@最終回)
Excerpt: 「この、バカどもが!」  お前らはよくがんばった、  少しだけツキが足りなかっただけだ、  がっばったことに意味がある、  努力することで合格より大切な何かを手に入れたはずだ、、 .......と..
Weblog: でまっせ。ドラマ鑑賞記
Tracked: 2005-09-24 15:08

ドラゴン桜・第11話(最終話)
Excerpt: ついに来た、東大の合格発表!
Weblog: あずスタ
Tracked: 2005-09-25 00:58

ドラマ ドラゴン桜 最終話「お前らはもうバカじゃない!運命の合格発表!」
Excerpt: 東大合格への第一関門、センター試験がついに終わる。母親の看病のため、ひとりで受験勉強に励んでいた直美(長澤まさみ)が勇介(山下智久)らの前に現れ、一緒に学校へ行くことに。6人は桜木(阿部寛)の待つ龍山..
Weblog: musi-k ~ムジーク
Tracked: 2005-09-25 20:28

ドラゴン桜。最終回。
Excerpt: 最終回 「運命の合格発表!お前らはもうバカじゃない!」 センター試験・最終科目・物理。 センター試験が終わった。 水野(長澤まさみ)は特進クラスのみんなと出会った。特別講師と答え合わせをするので来な..
Weblog: なんくるないさぁ情報局。
Tracked: 2005-09-26 10:07

大ブーム!ドラゴン桜 東大受験㊙テクニック総伝授SP
Excerpt: 学校ドラマで「ご、、、」とか「女、、、」などありましたが、あまりピンと来ず。しかし、このドラマは面白かった。大ブームであり、勿論マイブームでもあります。だから、ここに宣言します。「ドラゴン桜」特集をや..
Weblog: ギャラリーフェイクDVD予約受付中
Tracked: 2005-10-14 22:55
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。