Top 2005年(7月〜9月) >海猿 最終話
2005年09月14日

海猿 最終話

大輔(伊藤英明)がロープを持っていく。

「唯(一木有海)ちゃん聞こえるか!
唯ちゃん、ここにいるのか!
唯ちゃん!」

唯の目が覚める。
「助けて・・」


海猿で使われていたものです。^^




環菜が大輔に送った時計です^^


時計

「生存者確認!
唯ちゃんは、生きてます」と大輔

「船内に生存者確認」と下川(時任三郎)が報告する

里江子(奥貫薫)は、報告を待っていた
生存が確認されたことが里江子にも伝えられた。
唯は、船内にとじこめられていた。

「唯ちゃん、がんばれ!」

潜水士たちがロープでひっぱり、プレジャーボートを支える

潮が満ちてくる。

海上保安庁では、プレジャーボートの現状が伝えられていた。
漁業関係者の話をまとめると
ボートは2点だけで支えられていて
デッキ部分がめりこんでいる。
ボートが安定してるのは、軌跡に近い。
どちらかが離れると一瞬に沈没すると報告される。

「唯ちゃんのことみんな待ってる!」

「怖いよ・・パパ・・パパ・・」
「唯!がんばれ唯!」

潮が満ちてきて
潜水士たちも支えるのが困難になってきた。

大輔は、船底を破壊することを提案する。
しかし、下川は、空気が漏れて、開けきるまえに沈没するという。
特殊救難隊がくるまでは、あと10分だった。

「いちかばちかでやるしかない」という大輔
「冷静になれ」と下川

大輔は、人の命が救いたくて潜水士になった。
きつい訓練をしてきた。誰も死なせたくない。
ながれに乗って心底思ったという。
「唯ちゃんを救うのは、
特救隊じゃない
隊長と、ここにいるおれたちです」

みんながうなづく。

「要救助者をわれわれの手で救います。
われわれの手で救わせてください」

「要求所者を必ず救い出せ」と勝田(夏八木勲)
みんなはボートを支える。

大輔は、船底を切り出し始める。

「今、助けてやるからな 唯!
頑張れ唯!」と下川は声をかけ
潜ってしまう。

「だめだ沈む!」と吉岡(佐藤隆太)が叫ぶ

船底が開いた
「唯ちゃん!」

大輔が船内に潜り手を伸ばす

唯が沈む
下から下川が唯を差し出す
ボートが沈み始めた。

「隊長!」

「隊長がボートの中へ!」

ボートは沈む。


里江子は、海上保安庁の人に「唯を助けてください」と頼んでいた。

下川は、意識不明の状態で救出。
甲板で心肺蘇生をおこなっていた。
「隊長目を覚ましてください!」
「隊長!・・隊長!
唯ちゃんは助かったんですよ
隊長!ここで死んじゃったら意味ないじゃないですか!
隊長!なにか言ってくださいよ
隊長が助けたんですよ
隊長!」
大輔が叫び続ける。

下川は、緊急搬送される
「隊長!!!」

病院では、里江子が、唯に付き添っていた。
「よかったね、唯・・」と里江子
「ママ・・」
「ごめんね・・ごめんね唯・・」

医師からは、下川の病状が説明される。
下川が止まっていた心臓は、10分
その間は、脳に酸素が回らない状態が続き
心拍は、再開したが脳の機能が戻るかはわからない。
意識が戻らないと最悪、植物状態だという。

「意識が戻るとすればいつごろでしょうか」
「奇跡的に戻るとすれば、今日かもしれないし1年後かもしれない」
という医師。

津田課長(益岡徹)は、下川の娘がこの病院にいるが、
このことを伝えますか?と勝田に聞くが
勝田は、まだ回復したわけじゃないからと断る。

「すいません。
ぼくが、無茶をしたから 隊長がこんなことに・・」と大輔が
うなだれる。
「おまえを責めるやつなんてだれもいない」と山路(平山祐介)。

大輔は、活動の状況を環菜(加藤あい)に電話する。
「女の子も無事だったし・・」
「大輔くんは、怪我はない?」
「大丈夫」
「よかった」と環菜
落ち着いたらまた電話してと電話を切る

環菜の横には、まだ帰郷してない母・歌子(朝加真由美)がいた。

「心配するようなことないって
彼のこと心配してくれるのはうれしいけど」と環菜
このまま帰っても彼と別れないなら意味はないと
もうこんなこと毎日心配してたら寿命縮むわよという歌子だった。

大輔は、下川のそばについていた。

『イチかバチかでやるしかない
唯ちゃんを人に任すんですか?
唯ちゃんを救うのは、
隊長とここにいるオレたちです』

勝田は退職届けを出していた。
「わたしは、下川に現場を任せた。
いつも冷静な下川ならこんなことにならなかった
私の責任です。」

「ながれの引退を前にして・・」と津田

「待ってください
下川は、私も一つ下の後輩です。
あいつは、唯ちゃんを心から愛してることを知ってます。。
それだけは、はっきりいえます
下川は、要救助者が誰であろうと絶対あきらめなかったはずです。
娘じゃなくても、おそらくああいうことになっていた。
そういうやつです
これは、私が預かっておきます」という。

下川の意識は、戻らなかった
「隊長は、意識を戻す気配はないそうです」
「そうか・・」と潜水士のみんなに伝えられる

勝田は、船長室の荷物の整理をしていた
海上保安官名鑑を机に置く

津田は、新聞記事を見ていた。
全員救出と書かれていた。

矢吹(布施博)も祈るように下川の無事を願っていた。

大輔は、唯ちゃんの怪我はたいしたことはなく
隊長についてますと『ながれ』に報告する。

大輔は、里江子とすれ違う。

「あの仙崎と申します」
「海上保安官の方ですか?
唯を助けてくださってありがとうございます」
大輔は、唯ちゃんを助けたのは、下川隊長だと伝える。
「お礼を言わなきゃ・・」

「隊長は、集中治療室にいます。
唯ちゃんを助けた隊長は、意識を失い
このまま植物物状態になるかもしれません。
唯ちゃんの声なら届くかもしれない
隊長に会わせてあげてください
お願いします。」

唯と里江子は、集中治療室へ

「唯ちゃん・・」と大輔が声をかける
唯は、そろそろと下川のそばに近寄る。
「パパ ・・」

「パパはね、ボートの上でずっと唯ちゃんを励ましてたんだよ。
唯ちゃんを助けるんだって
唯ちゃんは、パパにとって とっても大事な存在なんだよ」

唯は、パパとのデートを思い出す。

唯は、下川の手をとる
「私、聞こえたよ。パパの声
唯頑張れ、頑張れって
目を覚まして・・パパ
唯は、パパのこと大好きなんだよ
また一緒に遊んでよ パパ
唯を見て パパ パパ!」

里江子も、傍による
里江子は、唯の肩を抱く
「おかあさん。もう・・」と看護師が声をかける

「いきましょう 唯行こう・・」
里江子も泣く

「動いた!
パパの手が今、ぴくって」

「パパ」
「隊長!」
「パパ!」
「下川さん!」
「あなた!聞こえる?」

下川は、うなづき 目をゆっくりあける

「パパ!」
「隊長!」

下川は、唯を見て手を差し出す

「あなた・・!ありがとう・・」という里江子
下川は、うなづく
下川は、大輔とも目を合わせた。

下川のことは、津田にも伝わる
矢吹にも伝わり、みんなほっとする。

『ながれ』の船内にも届く」
「隊長が意識をもどしたそうです!

みんな喜ぶ
補給長(坂本明)も喜んでいた。

「窓をあけてくれないか」という勝田は、船長室にいた。
勝田は、パイプをふかせていた。

下川の目がさめて意識を戻すところは、
ちょっとできすぎだったかな?(笑)
後遺症とかは、大丈夫だったのかな?
でも、死ななくてよかったです・・。


これは、お返ししますと津田は、退職届けを
勝田に返す。

「下川が回復しても私の責任は、変わらない」という勝田
津田は、このたびの責任をとってもらうという

「横浜海上保安部の陸上勤務を撤回
この後船長として巡視船『みさき』に乗ってもらう
勝田さんには、最前線で働いてもらうよ」
「津田くん・・」
勝田は、微笑む。

津田の粋な計らいでした。
もっと本庁特有の悪者?かと思ってた人ですが
現場で働きたい、船長であり続けたい勝田を また船に乗せたんですね。

「すいませんでした」と大輔は、下川に謝る。
「なにを謝るんだ」
「おれがあのとき、無茶をしたから隊長がこんなことに・・」
「おれは、お前に感謝してるんだぞ
おまえのおかげで唯が助かったんだ。」
「隊長が助けたんですよ」

「おれは、冷静に自分の感情をおさえていた。
唯を他人にまかせるなんてできるわけがなかった
潜水士やめるよ
あのとき おれは潜水士をやめてもいいと思った
ほんとにそのつもりだった」
「あたりまえですよ父親なんだから」

「潜水士の鉄則はなんだ、仙崎」
「生きて、帰る・・・」

「父親として当然でも潜水士としては失格だ
おれは現場でやれることすべてやった
あとは、おまえたちにまかせて陸上勤務にうつるよ
・・生きてるって、いいもんだな・・。」

大輔は、複雑な顔をしていた

「生きて帰る」
当たり前のことのようですが、潜水士である彼らには、鉄則なんですね。
でも、下川が、潜水士をやめて陸上勤務にうつるとは、
ちょっと残念です・・。


大輔は、環菜に電話する
「環菜のおかさんと話できないかな
どうしても話がしたいんだ」

夜、大輔は、環菜と歌子と会う
「昨日帰るはずだったんだけど おかあさんも大輔くんと話がしたいって」

「ぼくは、訓練生時代に同期生を海で亡くしました。
潜水士になっても池澤さんというバデイを亡くしました。
お母さんの言う通り海上保安官であるかぎり
海で死なないという保障はありません。
でも、ぼくらが毎日厳しい訓練してるのは、遭難者を救うためと自分を守るためです。
環菜さんを悲しませると思ったときは
僕は、この仕事をやめます
僕は、海では絶対死にません。必ず生きて帰ります」

歌子は、その言葉に胸をうたれつつjも
「驚いちゃったわ あたし
あなたが、事故の現場に行っちゃったとき
この子平気な顔してるんだもの
ちゃんと覚悟ができてるのよね
ちょっと見ない間にこんな大人になっちゃって
娘をよろしくお願いしますね。
仙崎さん。」

「おかあさん・・」と環菜

「娘を悲しませるようなことだけは許しませんよ
あんたもここまで大騒ぎしておいて
あっさり別れたなんていわないでね」

「ありがとうございます」と大輔
「ありがとうお母さん・・」
歌子は、微笑んでいた

大輔と環菜も微笑みあう。

僕は、絶対死にませんと言ったところで、少し古いですが
「101回目のプロポーズ」を思い出しました^^
当たり前のことですが、好きな人には、生き続けていて欲しいですね。


吉岡は、オーシャンズでため息をついていた。
「『ながれ』に乗れなくなるよ」
廃船式は、明日だった

「船は愛する女みたいだよな」とマスタ−(伊武雅刀)

『ながれ』のみんなは、どこにいくかは、事例がくるまで
わからなかった。
おそらくバラバラになるという

吉岡は、「北海道に行ったらどうしよう
怜(臼田あさ美)ちゃん来てくれる?」
「いきませんよ」と突き放す怜(笑)
「海は、どこにでも繋がっている
オーシャンズはいつでも海猿を待っている」というマスター
「あんたじゃないよ」と千佳(佐藤仁美)は、突っ込む
「大輔くんも悲しいだろうね・・」

大輔は、ロッカーから荷物を取り出し
なつかしそうに船内を回る

下川に、電話がくる。
里江子からだった。
「体の方は、大丈夫なの?」
「もう大丈夫」
「実は、唯のことなんだけど
彼と話し合ったの。
唯にとっては、あなたが本当の父親なんだから、ずっと会わせないのは、かわいそうだって
月に1度唯と遊んであげて」
「いいのか?」
「優しいパパが2人もいて、あの子は幸せね」という里江子だった。

よかったですね。
これで、下川もまた会えます。
でも、陸上勤務になるから、潜水士時代のように
飛んでいくことも少なくなるかな?


訓練用プールに、下川と矢吹がいた。
「やっと現場復帰したのに
おまえは、引退するんだな」
「ああ・・」

「これが最後か。」
「ああ・・最後だ」と下川

下川、矢吹は、ウエットスーツに身をまとい
訓練プールに立つ

2人は、「水面よーし」と確認し
一緒に潜った。
水面で合図を送り出す二人。
最後の潜水を楽しんだ。

せっかく矢吹と2人バディを組むかと思ったのに
下川は、引退なんですね・・。
下川は、矢吹の復帰もあったからこそ
陸上に上がることにしたのかな。
最後の潜水、楽しそうでした。


廃船式。
「海上保安官、整列!」

昭和52年『ながれ』は、当時は、最新の巡視船として建造された。
28年間、海難事故に出動していた
多くの人々を救ってきた。

大輔は、船を下りる。
吉岡と会ったときのことを思い出す

『おまえのロッカーはここで』と
別所(三宅弘城)に案内された

『だっておれたちバディでしょ
命を預けあうんでしょ』
『おれが おまえに助けられることはないよ』

『初めて人を助けることができました』

『池澤(仲村トオル)さんの意図がわかっていませんでした』

『池澤さん1人で2人の救助は、無理です』

『捜索対象は、時計だ
後悔のないようにしっかり探せよ』

『ながれ』へようこそ とファミリーディ

『池澤さんのバディになりたいんです』と土下座する大輔

『銃撃戦』・・・

大輔は、遺影の池澤を見る

『池澤さん死ぬな
池澤さん!』

『いい名前だと思います
すごく、いい名前だと思います』
『パパ かわいい名前つけてくれたよ』
『すいませんでした・・』

『ながれ』は、スクラップにならず
フィリピンの警備船として買い取ってもらったという。
津田の尽力だった

「勝田船長、一言。」
「乗組員 諸君
君たちが、どこに配属され、どんな船に乗るのか 私は、知らない。
しかし、どこに行ったとしてもきっとこう思うだろう。
『ながれ』にいた時のことを思えば、ここは天国だ
これだけボロくて扱いずらくて
しかもなお、修羅場に飛び込んでいった船は他にはない
諸君はそういう船に乗って、戦ってきた。
この『ながれ』の姿を胸に刻み付けろ。そして誓え
おれたちは、人の命を救うため、最後まで絶対あきらめない
愛する人のために必ず生きて帰る
わかったな」

「はい!」

「『ながれ』に、敬礼!」
『ながれ』を見送る

環菜は、海を眺める。

制服姿の大輔が敬礼をしてくる

「終わったよ」
「『ながれ』にちゃんとさよなら言った?」
「ああ」

「これから、どこに配属されるのかな」
「まだわからない」
「どこにいこうとあたしは、平気」
「また遠距離恋愛になるかも」
「大丈夫。信じてまってるから」

ふたりは、キスをし、抱き合う


映画版は、2006年5月6日全国ロードショー


下川の状態がすごく心配でしたが、意識も戻り
後遺症もないことがわかると、あとは、とてもおだやかな流れでしたね。
『ながれ』の廃船式。
みんなは、見送りました。
スクラップにならずにすんだことは、こちらもうれしいですね。
次の映画につなげる序章といった感じでしょうか。

特に最終回らしい心が揺さぶられるようなことがなかったせいか
映画の予告に見入ってしまいました(笑)

大輔の活躍が、またどこかで見られたらいいなと思います。


ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆


海猿ご用達の靴です。(海上保安学校ご用達)
24,5センチ ブラック 海猿シューズテレビ・ドラマで御馴染み!海上保安学校御用達シューズは弊...

原作です。すでに完結してるそうですよ。
海猿 (1)
4091523617佐藤 秀峰

小学館 1999-05
売り上げランキング : 994

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
海猿 (2) あたしはラブにヤラレてる。 3―異常恋愛依存症 (3) Dr.コトー診療所 (14) 海猿 スタンダード・エディション め組の大吾 (03)


海猿 プレミアムDVD-BOX
B00069LUJK伊藤英明 佐藤秀峰 羽住英一郎 加藤あい

ポニーキャニオン 2005-02-16
売り上げランキング : 481

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「海猿」ムービーボックス 愛と資本主義 海猿 UMIZARU~オリジナルサウンドトラック ローレライ プレミアム・エディション (初回限定生産) 世界の中心で、愛をさけぶ 完全予約限定生産DVD-BOX


クライマックスでかかると感動もよりいっそう高まります!
OCEAN
B000A1LNGOB’z

バーミリオンレコード 2005-08-10
売り上げランキング : 99

Amazonで詳しく見る
by G-Tools










posted by まりこ(^▽^) at 22:45 | 東京 ☀ | Comment(10) | TrackBack(15) | 2005年(7月〜9月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
TB&コメントありがとうございました。
確かに来年公開予定の映画版の予告は、かなり見入ってしまう程の出来の良さでしたよね!
普段はあまり映画館には行かない俺も、思わず観に行きたくなってしまいました!!
Posted by フェイク・ヒーロー at 2005年09月15日 09:03
TB&コメントありがとうございました。

今度の映画はどんなメンバーになるんでしょうね。「ながれ」の人たちとはもうお別れなのかな?

映画、待ち遠しいです。
Posted by naomi-0604 at 2005年09月15日 09:25
まりこさん、こんにちは。
おしまいは無難にまとまってよかったですね。
映画の予告は・・ほんとにひっぱりますよね、、
Posted by honey at 2005年09月15日 09:34
こんばんわー。
最終話は下川隊長、仙崎の言葉が光っていて、楽しめました。
来年5月3日公開の続編映画(3部作の最終話)の予告が最後に入ったのは「海猿」っぽいなーってちょっと笑えました。
Posted by まさかず at 2005年09月15日 19:38
こんばんわ、まりこさん。
>僕は、絶対死にませんと言ったところで、少し古いですが
>「101回目のプロポーズ」を思い出しました^^
やっぱり!!ですよね。
本当はちょー感動シーンなはずなんですが、武田…の顔を思い出してしまって、先週、今週と、お母さんに真剣に話をしている間に笑ってしまいました^^;;

ドラマのほうはとりあえずひとくくりした、という感じで、映画が気になるところです!
Posted by demasse at 2005年09月16日 00:13
みなさま コメント・TBありがとうございます。

フェイク・ヒーローさんへ
私も映画には、あまり行かないんですけど
すごく気になる展開でしたよね!

naomi-0604さんへ
映画でのメンバー気になりますね。
またTV版でも出ていた人がいるといいな〜^^

honeyさんへ
ドラマは、無難に終わりましたよね(笑)
映画に行きたくなります!

まさかずさんへ
下川や、大輔の言葉がよかったですね。
あの予告は、ほんとに海猿っぽかったです^^

demasseさんへ
私も101回目のプロポーズを思い出して
あのドラマのシーンが思い浮かびましたよ(笑)
ドラマが、穏やかに終わった分、気になる映画ですね。

Posted by まりこ at 2005年09月16日 16:42
まりこさん、こんにちは。
最終回、落ち着くところに落ち着いてよかった!
映画、楽しみですね。
でも、また誰か事故にあったり亡くなったりするのかな。
ちょっと心配。
その前にドラマの再放送もあるかな!?
Posted by ちーず at 2005年09月18日 15:05
ちーずさんへ
最終回は、穏やかな終わり方でしたね。
映画は、また波乱にみちていそうで、誰か
事故に遭うんじゃないかと心配になってしまいますね。
ドラマの再放送もあったらいいな〜^^
Posted by まりこ at 2005年09月19日 08:19
私は、海猿をみて、感動しました。最後の場面で、隊長が、船と、いっしょに、巻き込まれて、植物人間に、なっていて、唯を、呼んで、唯が、お父さんに、声をかけると、お父さんが、目を覚まして、いた場面が、すごい感動しました。♪♪
また、来年の6月ちょっにやるからみたいです。
!!
  
Posted by 水谷有希 at 2005年10月16日 18:14
水谷有希さんへ
コメントありがとうございます。
私も海猿には、感動しました。
下川隊長も無事生き返ってよかったですよね。
映画は、来年のGWにやるようですよ。
また、ドラマでも見られたらいいなと思ってます!
Posted by まりこ at 2005年10月16日 21:58
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


【ドラマ雑感】 海猿 (Final) 「この手を離さない」 大団円...そして映画『海猿2』へ
Excerpt:  海猿〜EVOLUTION(最終回)◆転覆したボートに辿り着いた大輔(伊藤英明)は、船内に閉じ込められた下川(時任三郎)の娘の唯(一木有海)の生存を確認した。特救隊の出動を要請する下川を、大輔たちは自..
Weblog: 気ままなNotes...
Tracked: 2005-09-15 03:26

海猿 -UMIZARU EVOLUTION-(ドラマ版)
Excerpt: 7月5日から毎週火曜日夜9時からフジテレビ系で放送していたドラマ「海猿」ですが、昨日の放送で最終回を迎えました。皆さんはこのドラマ、御覧になってましたか? このドラマは去年の夏に公開された映画の..
Weblog: 欧風
Tracked: 2005-09-15 06:50

海猿 〜最終回〜
Excerpt: 遭難した下川の娘。大輔や下川の必死の呼びかけにこたえる娘。今日も最終回ながら緊迫した展開でスタートしましたね。とにかく精いっぱいの力で助けようとする潜水士たちですが、現在の状態は想像以上に厳しい状況の..
Weblog: いわぴいのドラマ日記
Tracked: 2005-09-15 06:52

フジテレビ「海猿」第11話(最終回):この手を離さない
Excerpt: 最終回。下川の娘・唯の救出と引き換えの下川の事故、仙崎と環菜の恋の行方と、「ながれ」の廃船式。引っ掛かるところは多々ありましたが、今期一番感銘を受けたドラマです。
Weblog: 伊達でございます!
Tracked: 2005-09-15 08:32

海猿 第11話 『この手を離さない』
Excerpt: 今回で最終回となってしまった『海猿』ではありますが、ストーリー的には無難に纏まってはいたものの、正直「もう少し時間が多かったら、より劇的に描く事が出来たのになぁ・・・」という残念な思いや不満点が多々あ..
Weblog: フェイク・ヒーローのエンタメBlog!
Tracked: 2005-09-15 09:01

海猿最終回「この手を離さない」
Excerpt: とうとう最終回です。何だか寂しい・・・・ 転覆したプレジャーボートに取り残された唯ちゃん。 ..
Weblog: 私でもいいですか?
Tracked: 2005-09-15 09:19

海猿 最終話&総括
Excerpt: 最終話・・正直あまり頭に残ってないです(笑) 下川が生き残るのは基本だと思ったし。最終話まで悲劇じゃ・・ねぇ・・。 環菜のお母さんに認められたっていうシーンがよかったかな^^ でも、全11話を通..
Weblog: 自己満族
Tracked: 2005-09-15 09:20

海猿 最終話
Excerpt: 最終話になりました。
Weblog: Happy☆Lucky
Tracked: 2005-09-15 09:33

海猿 & がんばっていきまっしょい 最終回
Excerpt: 「海猿」は、来年5月3日映画で、続編(3部作の最終話)が公開されるみたいですね…私は、観るかどうか微妙かなー。 でも、ラストの仙崎の言葉は感動でした。 「がんばっていきまっしょい」は、青春ドラマっぽ..
Weblog: お気楽生活
Tracked: 2005-09-15 19:28

■TVレビュー-海猿 最終話『この手を離さない』
Excerpt: ・「私はもう大丈夫だよ」お互いを信じあう環菜と大輔は…
Weblog: ■デジタル出版サイト-『コスモディアドットコム』(ブログページ)
Tracked: 2005-09-15 21:02

生きて帰る(海猿#11@最終回)
Excerpt: 愛する者のために生きて帰る。 うまくまとめてくれました。勝田船長。 忘れてはいけないことですよね。 ありがとう、船長。。。いつもしぶかったっす…… # とてもあんなドラマであんなことを言っていたと..
Weblog: でまっせ。ドラマ鑑賞記
Tracked: 2005-09-16 00:10

海猿 最終回
Excerpt: 途中経過は面白くて大好きだったけど、 最後はなんだか特に大きな感動もなく・・・ あ、ちょっとは感動しそうな感じもあったけど、 期待してたほどじゃ全然無かったな・・・。 まあ、映画に続くから仕方ないかw..
Weblog: キマグレ雑記
Tracked: 2005-09-17 04:26

海猿・第11話(最終話)
Excerpt: このドラマもついに幕を閉じました。最終話のサブタイトルは「この手を離さない」とされたけど、主題歌「OCEAN」を歌うB’zのデビュー曲は「だからその手を離して」。この辺りで妙な思いを抱いたのは私だけで..
Weblog: あずスタ
Tracked: 2005-09-19 12:25

ドラマ 海猿 最終話「この手を離さない」
Excerpt: 転覆したボートの中に下川(時任三郎)の娘・唯(一木有海)の生存が確認される。大輔(伊藤英明)の主張で特救隊を待たず救出作戦を実施。唯を無事助け出すが、下川が沈没するボートに巻き込まれ意識を失い病院に運..
Weblog: musi-k ~ムジーク
Tracked: 2005-09-25 20:32

海猿
Excerpt: [ ドラマ ] http://www.fujitv.co.jp/ ...
Weblog: 流行スタイル
Tracked: 2005-10-05 18:46
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。