Top 2005年(7月〜9月) >スローダンス 第9話
2005年08月31日

スローダンス 第9話

ベッドでの2人は、気まずい雰囲気だった。
衣咲(深津絵里)は、「あたし見ないからその間に・・」と
理一(妻夫木聡)に服を着てもらおうと思ったのに
理一は、そのまま服を着て帰ってしまう。


理一が、家に帰ると英介(藤木直人)から
さっきまで歩美(小林麻央)が来ていたという。
歩美は、フライトのお土産を持ってきていた。
英介に、教習所を辞めたことを歩美に言ってないのか?と
言われてしまう。

衣咲は、実乃(広末涼子)と飲んでいた。
口を開くたびに「男の人ってさ」と繰り返す衣咲に
実乃がなにかあったと勘付く。
衣咲は、”知り合い”が、しちゃったあとに帰ってしまったことで
悩んでいると遠まわしに相談してみるが
あっけなく理一のことだとばれる。
衣咲は、服を着てくれといったまま帰ってしまったということは
気持ちがなかった、なかったことにして欲しいからだったんだと
悩んでいた。

その頃、理一も悩んだ顔をしているのを
一坂(温水洋一)に心配され、相談を始める。
”知り合いの友達”が、一晩過ごしたあとに何も言わず
女の人を部屋に残して帰ってきたと話す。
理一は、混乱していて、恥ずかしいから服を着てくれという意味だったのに
恥ずかしいから帰ってくれと間違いして
部屋を出てしまったのだった。
一坂は、その手の悩みですか・・・と
じっと耳を傾ける。
理一は、オレじゃないですよと一生懸命否定する(笑)

私は、理一がまずかったと思うなぁ・・
帰ってよとは言ってなかったと思うし
服を着て、話す時間くらいあったよね?
混乱していたのは、わかるけど・・・。


実乃は、知り合いや、友達の話しを持ち出すとたいてい本人の話だといい
自分も正直に話し出す。
英介と鹿児島に行って、しちゃったという話しだった。
へぇ・・と初めて知ったフリをする衣咲。

衣咲、嘘つくのヘタですね(笑)

実乃は、流れとか雰囲気でそうなってしまったと話し
明くんのことで不安になってて
明くんの代わりを求めてしまったのだという。
弱っている時に隣にいてくれると ふらっとなる時があるから
自分もそうだと思ってたのに
気づいたら代りでなくなったと話す。
実乃は、今ごろになって自分の気持に気づいてしまったのだった。

衣咲は、「あると思うよ そういうこと。
まわり道して、やっと自分の気持ちに気づくこと
気づいてしまって、急に怖くなること。」と話す。
実乃は、へえ・・そうですかと衣咲と理一に思い当てはめる。

衣咲が会社くる。
梶(真木蔵人)を探していたが、行方不明で連絡がなかった。
家に借り、部屋から梶に電話をかけるが
やっぱり繋がらない。
そこに理一から電話がくる。

2人とも今帰ってきた話しをして
めずらしく早く帰ってきたねという理一。
毎日飲んでるわけじゃないのよと返す衣咲。
ぽんぽんいつものように言い合う2人だが
理一は、この間、すいませんでしたと謝る。

衣咲は、謝らないでよと焦る。
理一は、すいませんといった意味を
説明しようとしたのに
それを遮るように衣咲が
あたしだっていろいろあって、酔ってたし
気にしないでと言ってしまう。

どうして、お互い言いたいことが言えてないのかな・・
理一がちゃんと説明すれば済むことだったのに
衣咲、聞いてないし・・・。


衣咲が店にいくと梶が戻ってきた。
店は、来月にオープンできるという
連絡のつかなかった梶が、パリの代理店ととライセンス契約を
取り決めてきたのだ。
しかし、その条件は、本国から派遣した人物・ベルナール(ELISE EMILIE BRUCKERT)を
第1号店の店長とするもので、衣咲は、アシスタントに格下げになってしまう。

理一は、幸平(田中圭)の部屋にタコライスを届けにきていた。
幸平は、実乃に気持ちを伝えた話をしていたのだが
理一は、暇だよな・・とつぶやく。

幸平は、理一がうだうだしてるからだとハッパをかける。
今週中に台本を作らないと間に合わなかった。
学生時代に合宿をした話を懐かしそうにする。

そこに実乃が教習所の帰りだとふらりとやってくる
幸平は、見積もり出してきちゃうからと仕事に戻る。
理一も帰ろうとすると、実乃に幸平の気持ちわかってるなら
気を持たせないようにという。

実乃は、理一くんこそどうするの?と聞く
歩美ちゃんとのことを保留にして衣咲さんと・・と
話し出す。
理一の顔色が変わる。
「なにか聞いたんですか?」
実乃は、自分の気持ちを優先すると相手を傷つけちゃいそうだし
逃げちゃだめだな・・と話す。

MANU
八嶋(小泉孝太郎)は、衣咲の降格について
怒っていた。
西山(村岡希美)も、衣咲の歓迎会がうやむやになりそうだねと話す。
そこに雪絵(蛯原友里)が現れる。
ツカツカと衣咲に近づき、英介も慌てるが
雪絵は、衣咲にこの間間違って叩いてしまったことを謝る。
雪絵は、英介にお客さん連れてきたよと
笑顔で話す。
一緒にきた友達に雪絵の彼氏か聞かれるが
友達だと答える。
その言葉に英介もほほえんでいた。

雪絵と英介は、別れてもいい感じになりましたね。
前の怒りっぽい雪絵より、こっちの方がいいな。


2人きりになった実乃と幸平。
実乃は、幸平に思いを伝える。
誰かの代り探しちゃだめだよって言った幸平の言葉に
すごくうれしかったという。
幸平が、優しい人だなと思い、自分の気持ちに気づいたという。
幸平は、これから実乃が言う言葉を期待し
うれしそうにうなづきながら聞く。
「あたし、あの人に告白する。
背中押してくれてありがとう」
幸平は、がっかりする。

理一は、部屋に帰る。
雑誌の付録につくはずだったサンプルCDを見つめ
服を鞄に詰め始める。

衣咲は、帰り道 理一のアパートを眺めていた。

木田(西野亮廣)と歩美が一緒にヘミングウェイにいた。
歩美は、理一からなにか聞いてないか訊ねる。
この間、理一の家にいったが、帰ってこなくて
そのあと連絡がないという。
あいつ合宿してるからという木田。
歩美は、合宿と聞いて、映画撮るの?と驚く。
木田は、理一が映画を撮る話しをする。
歩美は、茫然とする。

理一は、合宿先で、パソコンの前でうなっていた。

その頃、衣咲は、ベルナールに商品を
回収するように言われる。
しかし、事前のリサーチでは、とても評判がいいと
衣咲は、反論するが
通訳は、指示するだけなのでと冷たくあしらわれる。

梶は、その様子を見て衣咲を心配する。
嫌なら断ってもいい
牧野なら他の店舗でもマネージャークラスの仕事できるしと言う。
しかし、大丈夫気にしないでという衣咲。
梶は、そんな衣咲をみつめる。

理一は、煮詰まっていた
携帯を見つめる。

衣咲にかけるが留守電だった。
メッセージを入れる。
「芹沢です。
べつに用ってわけじゃないんですけど
どうしてるかなって
それだけです。」

インターフォンが鳴る。
幸平がすいかを持ってくる。
傷心旅行だという。
陣中見舞いだろと木田も来る。
歩美も一緒だった。
夏合宿っていうとカレーだろ といいカレーの材料を買いこんできたのだ。
「ひさしぶり」と歩美と挨拶をする理一。

ベルナールの指示は、続く。
子供たちに遊んでもらおうと作ったキッズコーナーつぶし
母親たちがくつろぐサロンを作る。
子供じみた手書きのDMをやめて
知り合いのデザイナーに発注してるから
回収しろという。
衣咲は、手書きのDMを見つめなおす。

わたしたち手伝いますと従業員が声をかけてくれるが
私は、他にやることあるからと、早く帰れるときは、帰るように促す。
ため息をつく衣咲。

鞄から携帯を握ると着信とメモが入っていた。

理一と木田と幸平は作品を練る
歩美がカレーを作る。
理一の携帯に衣咲から電話がかかってくる。

「あの留守電聞いてそれで。
あたしも別に用ってわけじゃないんだけど
会いたい・・かな・・」
「ごめん・・」と理一
「いいのいいの気にしないで」と慌てる衣咲。
おれ、今湯河原にきていて
まえに卒業製作の台本作ったとこで台本を作っていると話す。

そうなんだ
そっかと衣咲は、ほっとする。

会いたいと言ったことに否定されたと思ったんですね。
こういうところ早とちりなんだよなぁ・・
でも、ほっとしたところは、ほんとにうれしそうでした(笑)


衣咲は、どうして映画なのかを聞く。
最初は、英介さんの真似事だったかもしれないけど
それだけじゃないでしょ?と聞くと
理一は、思ってることを代りに言ってもらう感じだと話す。

じゃあ、今、理一くんの思ってること書いてるんだと衣咲は納得。
頑張ってねと応援する。
じゃあと電話を切ろうとすると

明日、あの今日は無理だけど明日だったらと理一
うん、と衣咲は、笑顔で答える。
衣咲は、星きれい?空気きれいでしょそっちは と聞く。
しかし、理一は、曇っていて見えないという。
嘘でもきれいって言うんじゃないの?と衣咲
嘘つくと顔に出るという理一に
見えないじゃんと笑う。
そんな楽しそうなやり取りをしている理一を
歩美が見てしまう。

木田が「歩美ちゃんお手製カレーできたぞ」と呼びにくる
その声が衣咲にも聞えてしまう。
じゃあまた、と電話は切れる。

やっぱ合宿といったらカレーやなとみんなでカレーを食べていると
歩美は、明日仕事だから帰るという。
理一が、送っていく。

理一は、自分が教習所をやめて、今は、バイトしながら
お金をためてフィルムフェスタに出そうと思っていると話す。
それからおれ、歩美とは・・と続けようとすると
歩美は、今度は、私から振らせてという。
精一杯に、あたしフリーターとかだめなんだ
私には、もっといい人いると思う、理一くんにもきっといると思うと
別れの言葉をつげる。
歩美は、泣きながら帰る

歩美との別れ話は、思ったほど揉めなくてよかったですね。(^_^;)

衣咲は、回収しろと言われたDMの片付けをしていた。

実乃は、英介と撮った携帯の写真を大切に持っていた。

理一は、戻り 幸平と木田が眠っている間パソコンを打ち続ける。

翌朝、理一は、
・・星が一番きれい  完 と締めくくり
おわったーと台本を書き終える。

理一は、帰り道、おみやげをあわてて買う。
時間がなく、あまりゆっくり選べなかった。

実乃は、衣咲の店に顔を出す。
衣咲さんちょっとつきあってもらえますか?と頼むが
衣咲は、今日は、ちょっと・・と断る

衣咲は、またベルナールからこの品番を返品して明日来る商品と交換しろといわれる。
今からですか?と衣咲は、しぶしぶ仕事にとりかかる。
梶が店に来ると衣咲の仕事をしている姿を見て
手伝おうかと声をかける
衣咲は、大丈夫大丈夫と頑張る。

衣咲は、声をかけられてもいつも大丈夫大丈夫と強がってしまうんですね。
たまには、力を借りてもいいのにって思ってしまいます。
そこが頑張り過ぎちゃうところなんですよね・・。


みんなは、本社に呼ばれていて、人出が足りなかったが
梶も手伝う。
梶は、ほんとは、むかついてるんだろうと
衣咲の気持ちを察するが
衣咲は、初めは、すごくキッズの店に来るのが
嫌だったと話す。
しかし、だんだん準備が進むにつれて、愛着もわいてくると話す。
ダメなほどかわいくみえるみたいな感じ?と笑う衣咲。

梶と衣咲は、同期の仲間たちについて話す。
結婚した友人の話などをして、昔30歳で行かなかったら
この中で手を打とうとはなしていたことを思い出す。
残ったのは、梶と衣咲だった。
梶は、残ったもんどうし結婚する?とプロポーズを切り出す。
衣咲は、最悪なプロポーズだよね・・と冗談に取るが
梶は、じゃ、おれたち付き合わないか?と聞いてきた。

衣咲の答えは、「ごめん好きな人がいる」 というものだった。
本気で誘ってないのに、本気で断るなって?と
また笑い飛ばす。
梶は、本気だよ という

衣咲に電話がくる。
理一からだった。

梶からプロポーズがあることは、予告で知ってましたが
衣咲ちゃんと断ってましたね。
好きな人がいるって・・。
ちょっとうれしかったな。


実乃は、一人MANUに向かった。
まだ開店前だった。
実乃は、衣咲の送別会を貸し切りでやりたいと相談したが
英介は、延期になったと聞いていた。
実乃は、衣咲さんが最近相手にしてくれないとこぼし
理一と衣咲の2人がうまくいかないねと話す。
英介は、まさか・・とまったく2人の関係に
気づいていなかった。
実乃は、そんな英介に意外と鈍感なんだと驚く。
最初から自分の気持ちわかっていれば
回り道しないで済むのにという実乃に
わからないものだね、女の子って と英介。
実乃は、私の気持ちもわからない?と英介に問い掛ける。

理一が夢の蔵にいると衣咲がくる。
理一は、衣咲が会いたいといったことから
何かあった?と聞く
ちょっといろいろあって・・と衣咲
理一は、台本ができたと話す。
どんな話し?と聞くと
犬とおじさんの話しだという
衣咲の方は、店が、オープンできそうだと話す。

理一は、衣咲が今仕事が楽しいでしょと聞く
あーでもない、こーでもないって
わいわい作って楽しいでしょというが
衣咲の答えは、「楽しいわけないじゃん」 というものだった。

つい、自分の仕事がうまくいってないので、
理一に当たってしまう。
衣咲は、理一にいろんなことうまくいきそうで、
合宿には、歩美も一緒で、映画撮るとか台本書くとか
やることやってる。
映画撮るという名目があると逃げられると話す。

衣咲の中では、2人で一晩すごしたあとのことが
ひっかかっていた。
「そうじゃん
あんなことあってそのまま・・」

衣咲は、その気持ちを振り切るように
ごめん、なんでもない。あんなの事故みたいなものだよねという。

理一は、懸命に歩美と別れた話をしようとするが
衣咲は、話す隙を与えてくれない。

合宿に行ったのは、思い出の場所、卒業製作を作った場所
卒業製作がラブレターみたいなものだったよねと
歩美が出ていた卒業製作のビデオの話しまで持ち出す。

さすがの理一もいつの話しだよと怒り出す。
衣咲は、そっちだって聞いてくれなかったじゃん
でも、仕事しなくちゃいけなくて、ごちゃごちゃしていて
言いたくたっていなかったという。

理一は、映画撮るのあきらめるなっていったんじゃんというと
衣咲は、あたしがいったからなの?
理一くんが撮りたいっていったからでしょ?という。
理一も、衣咲がキッズの店を腹くくってやるっていったと言い
一晩過ごしたのも、最初に酔ってたから、事故みたいだから
気にするなといったのは衣咲の方だ、という。

衣咲は、それなら、なんで黙って帰ったりするの?
なんで謝ったりするの?という。
それは、なかったことにしてくれって言ったのと同じ。
みんなそう言ってたという。

理一は、そうやって人に言いふらすのをやめてくれます?と言う。
こっちは、真剣に一つ一つ整理して考えているというが
衣咲は、人に言われて困るもんね
だったらしなきゃいいじゃん。という。
起こった衣咲は、店を飛び出してしまう。

店を飛び出した衣咲に電話がかかってくる。
梶からだった。

実乃は、英介に気持ちを聞く。
理一は、一人話したいことが通じず、もどかしい思いを押さえつけていた。

衣咲の電話は鳴り続ける。

理一は、衣咲におみやげを渡せなかった。


なかなか素直になれない理一と衣咲。
2人ともお互いかなり好きになってると思うんだけど
これって、お互い話をよく聞いていないのが原因。
特に最後の夢の蔵での会話は、誤解の上塗りの上に
嫌味まで重なって相手を傷つけてしまってる。
特に衣咲と理一の会話はそういうのが多いですね。
衣咲のパワーに理一が追いついていないからなのかな。
もっとお互い話しを聞けば、着替えて部屋を出ていってしまったことも
理一くんも慌ててただけなのね、で済むことなのに・・。

実乃と英介は、あともうちょっとかな?
英介って頭がいいかと思ったら、ほんと鈍感(笑)
この調子だと、衣咲が最初に好きだったってことも
知らなそうですね。(過去の話ですが)

次回は、衣咲の仕事の面で変化が訪れそうですね。
梶の出方も気になります・・。

「スローダンス」もあと2話です。


ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆


衣咲の洋服は、エディット・フォー・ルルというお店のものだそうです。

理一の乗っているバイク HONDAのZOOMER(ズーマー)だそうです。
 ホンダズーマー

主題歌です。
福山さんの甘い声が素敵です♪
東京(初回限定盤)
B000A6KANQ福山雅治

ユニバーサルJ 2005-08-17
売り上げランキング : 61

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
たまには自分を褒めてやろう(初回限定盤DVD付) Acoustic Fukuyamania (初回限定盤スペシャルDVD付き仕様) 泣いたりしないで/RED×BLUE fukuyama presents 虹~もうひとつの夏~(夏季限定盤) 福山雅治写真集+インタビュー集「伝言」


スローダンス オフィシャルファンブック
4594050190番組スタッフ MOTOKO

扶桑社 2005-08-31
売り上げランキング : 1,149

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
宿命 Jam Films S 愛し君へ ディレクターズカット DVD-BOX Jam films s Slow Dance Original Sound Track (仮)


Slow Dance Original Sound Track (仮)
B0009QX4SKTVサントラ Sin Paul

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2005-07-27
売り上げランキング : 984

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スローダンス オフィシャルファンブック NEUTRAL-Type Akico from Amasia Landscape 宿命 この人 Jam Films S




posted by まりこ(^▽^) at 15:31 | 東京 🌁 | Comment(5) | TrackBack(5) | 2005年(7月〜9月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
大変ご無沙汰しておりました。休止しておりました日記を再開したので、ご挨拶に参りました。また、よろしくお願いします。確かに昨日の雪絵ちゃんは今までの突っ張った感じではなくてかわいい感じがしましたね。最終回まではあんな感じで進んでいくんでしょうか?本格的にみんなに絡んでいきそうなので、楽しみですね。
Posted by いわぴい at 2005年08月31日 19:01
いわぴいさんへ
お久しぶりです!
コメントありがとうございます。
こちらこそ、またよろしくお願いします。
雪絵は、すっかりふっきれたようですね。
最終回までは、関係がはっきりしないのかも・・しれないですねぇ・・(^_^;)
Posted by まりこ at 2005年09月01日 08:42
まりこさん、こんにちは。
今日から新学期スタートですね。^^

ほんっとうにじれったい二人です!
あと一歩、お互い歩み寄れれば、思いが通じ合えるように
なるのに。
理一が作る映画、楽しみですね!
Posted by ちーず at 2005年09月01日 09:28
TB&コメントありがとうございました。
>これって、お互い話をよく聞いていないのが原因。
ですよねぇ。
もうちょっと話を聞いてあげればいいのに。
特に衣咲さん^-^;
Posted by chany at 2005年09月01日 11:51
コメント・TBありがとうございます。

ちーずさんへ
ようやく新学期になりました^^
ほんとにあと1歩の歩み寄りなのになかなか
うまくいかないですね・・。
理一の映画は、どんな作品になるか楽しみです!

chanyさんへ
特に衣咲の話しを聞かないところが目につきますよね。何度も理一の話そうとしているところを
遮る!!
もうちょっと大人の会話になってほしいです・・。
Posted by まりこ at 2005年09月02日 11:16
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


スローダンス。第9話。
Excerpt: 衣咲(深津絵里)と理一(妻夫木聡)とは、ちょっとした言葉の行き違いから、大きな誤解へつながってしまう。 せっかく、一夜を共にするところまで深い関係になれたのに…。 衣咲が恥ずかしさから、見ないから、そ..
Weblog: なんくるないさぁ情報局。
Tracked: 2005-08-31 16:26

スローダンス 〜第9回〜
Excerpt: 知らない間に理一君と衣咲さんの距離がものすごく近くなってますねぇ。オープニングのベッドシーンにはびっくりしてしまいました・・・。衣咲さんは完全に英介さんのこと吹っ切れたみたいだし、理一君も歩美ちゃんと..
Weblog: いわぴいのドラマ日記
Tracked: 2005-08-31 19:01

スローダンス・第8&9話
Excerpt: このドラマについては、毎回のように批判する内容ばかりの「ツッコミ系レビュー」になっていました。それで考えてみたんですが、どうもそうなってしまう理由の一つに、私の試聴とレビューにおける「サンプリングの悪..
Weblog: あずスタ
Tracked: 2005-09-01 02:03

スローダンス(第9話)見たよ
Excerpt: 正直あまり語る事はないんですが・・・。 日頃ののんだくれがたたって権利関係のトラブルにより、キッズブランドの店長の座をおフランス人に奪われてしまった衣咲。 マオマオの演技は厳しかったが、理一と..
Weblog: わにわにしちょし
Tracked: 2005-09-01 02:38

スローダンス 第9回『届かない言葉』 感想
Excerpt: えぇ。 前回終わった後、思っていたベッドシーンの続きとは全く違いました^-^; 理一が服を着て、衣咲さんの部屋を出て行ったとき、衣咲さんと全く同じ反応を全く同じタイミングでしました(笑) いやぁ..
Weblog: ぐ〜たらにっき
Tracked: 2005-09-01 11:49
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。