Top 2007年(10月〜12月) >ドリーム☆アゲイン 第一話
2007年10月15日

ドリーム☆アゲイン 第一話

プロ野球・読売巨人軍の代打要員で、“満塁男”と異名を取る小木駿介(反町隆史)。
しかし、肩を故障してしまい、二軍落ち。
駿介は、球団を解雇され、建設関係の下請けの営業の仕事をしていた。


駿介には、結婚を約束した二ノ宮颯乙(にのみやさつき・加藤あい)がいたが
どうしても野球への未練を断ち切れず、改めて巨人のプロテストを受けたいと
結婚をもう少し待ってほしいと切り出す。
しかし、颯乙は、私より野球が大事なんだねと
店を飛び出してしまう。
駿介は、颯乙への思いを断ち切るためお互いの結婚指輪にしようと
右にはめていたリングを
多摩川の橋の上から投げ捨ててしまう。
その時、駿介に落雷が落ちる。

駿介が意識を取り戻すと
田中(児玉清)という天国の案内人から死亡したことを告げられる。
しかし、実は駿介が“天国省”のミスで別人と間違って死んでいたことが発覚!
駿介の体はすでに火葬され、自分の体に
戻ることはできない。
仕方なく駿介は死ぬ予定だった会社社長・朝日奈孝也(反町隆史・2役)の体に乗り移り、生き返ることになった。
田中は、駿介に、自分が朝比奈ではなく、小木駿介だと誰かに話した時、駿介の魂の寿命が本当に終わってしまうと忠告した。

駿介は、慣れない朝日奈の仕事にてんてこまいする。
仕事は、まったくわからず、しかも朝日奈は冷酷
だったため周囲の人間から嫌われていた。

駿介は、バスルームで自分の体を見ると体脂肪率が25パーセントもあり焦る。
なんとか朝比奈の体ではあるが。巨人のプロテストを受けようとするが、すぐに体が改造できるはずもなかった。

さらには、朝日奈となった駿介の
元に、朝日奈の娘だと名乗る中学生・藤本雛(志田未来)も現れて父親としての責任を果たせと押しかけられてしまう。

駿介が自分の墓の傍にいると颯乙が泣いていた。
颯乙は、駿介がプロテストを受けることを反対したことを
悔やんでいた。
駿介は、そんな颯乙の涙を見てなんとか笑顔にしたいと
後日、墓に颯乙あての手紙を乗せておく。
何か困ったことがあったらこの人物に頼るようにと
朝比奈の名刺を入れておいた。

駿介は、多摩川から投げたリングを見つけ出し
そっとネックレスにして、自分の胸元にかけた。

数日後。
駿介の会社は、訴訟を起こされてしまう。
訴訟先の弁護士は、菱沼司(須賀貴匡)と颯乙だった。
颯乙は、顔を見合わせたとたん
「必ずあなたを失脚させます」と
駿介に名刺を突っ返していた。

※※
天国の案内人、田中が出てきたあたりは
「プロポーズ大作戦」のようで
正直見るかどうか悩んだところがあったのですが
それでも、姿を変わりながら
駿介としてどう生きるのか、颯乙とはどう接していくのか
その辺の描き方が気になりました。
駿介と名乗った時点で、駿介の命は亡くなるわけだけど
颯乙とのリングを胸からかけてたりとか
どこかでバレそうなんですよね。
朝比奈の人格も駿介によってよくなっていきそうだし
そうなると、朝比奈の人格はどこへ?という気も
しないでもないですが・・
駿介は、ずっと朝比奈として生き続けるのか
それとも・・。

ただ、レビューはちょっと未定です。


ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

引用元…「ドリーム☆アゲイン」公式HP

視聴率
12.9

音楽
コブクロ「蒼く 優しく」(ワーナーミュージック・ジャパン)
B000VSWHI4蒼く 優しく (初回限定盤)(DVD付)
コブクロ 小渕健太郎
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M) 2007-11-07

by G-Tools


キャスト
小木駿介 / 朝日奈孝也:反町隆史
朝日奈孝也(本人の体の人):不明 …冷酷無慈悲で会社からも近所からも嫌われている。鶏肉嫌い。
二ノ宮さつき:加藤あい …小木の婚約者。落雷直前に、結婚延期を迫った小木の元を去った。
藤本雛:志田未来 …朝比奈の隠し子を名乗る少女。5年前に母(妊娠3カ月のときに朝日奈に捨てられた)を亡くしている。

牛山百子:青田典子…朝比奈ファンドの秘書。
菱沼司:須賀貴匡…弁護士。
熊田恒人:三宅弘城
前田健造:渡辺哲 …読売ジャイアンツのトレーニングコーチ。
中田加代:瀬川瑛子…朝日奈の家に通う家政婦。言いたいことをズバズバ言う。
田中:児玉清…天国案内人を名乗る老人。

読売ジャイアンツのエキストラ出演
原辰徳(本人・特別出演・読売ジャイアンツ監督役)
二岡智宏(本人・セリフ無し)
李承Y(同上)
中畑清

広島東洋カープのエキストラ出演
永川勝浩(本人・セリフ無し)
倉義和(同上、一部スタントマン)
黒田博樹(本人・セリフ無し)
アレックス・オチョア(同上)

スタッフ
制作著作:日テレ
協力:読売ジャイアンツ、広島東洋カープ
製作協力:AVEC
プロデューサー:次屋尚(日本テレビ)
脚本:渡邉睦月
音楽:水谷広実
演出:中島悟(AVEC)、長沼誠(日本テレビ)



posted by まりこ(^▽^) at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2007年(10月〜12月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


ドリーム☆アゲイン 第1回 感想
Excerpt: 『神様がくれたチャンス!?夢のために生き返る男』
Weblog: ぐ〜たらにっき
Tracked: 2007-10-16 00:09
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。