Top 2007年(7月〜9月) >ホタルノヒカリ 第四話「干物女は恋よりビール!?」
2007年08月08日

ホタルノヒカリ 第四話「干物女は恋よりビール!?」

思いを寄せるマコトからキーホルダーをもらったホタルだが、
様々な思いが交錯しどんな行動をとればいいか分からない。
しかし、マコトが東京デザインアワードのペア前売りチケットをわざわざ入手したと知ったホタルは、誘われることを願って闘志を燃やす。


社内では、シネコン内にあるデッドスペースの活用法について社内コンペを行うことになり、
ホタルは、高野と山田姐さんの指示で、優華と組むことになった。
対決する相手はマコト・要組で、ホタルらはヤル気を見せる。

ホタルの心の中が分からないマコトは、仕事帰りの要と二ツ木(安田顕)に、相手の名前を伏せ、これまでのいきさつを明かして恋愛相談をするが、二ツ木らには、あきらめろと
言われてしまう。

優華は、マコトの誕生日が近いことを思いだし
プレゼントを選びに行く。

その頃、自宅で高野と一緒に手作りうどんにチャレンジしたホタルは、うどんの出来を褒められ、妙な自信をつけ、なんと自分からマコトをデートに誘うと言い出した。
しかし恋と仕事の両方いっぺんは無理なので、まずは仕事に専念し、ビール断ちまでするという。
そんなホタルの気持ちを知らないマコトは、ホタルへの思いをあきらめ
チケットを優華に渡してしまう。

ホタルと優華は、書籍と映画の融合化を図り、『シネマ・ライブラリー・カフェ』を提案する。
しかし、プレゼンの日程が早まってしまい
マコトと要の案が出されるという。
プレゼンの日は明後日。
ホタルたちの企画案を形にするには時間が足りず
無理かと思われたが、ホタルは、初めて任された仕事だからと
『シネマ・ライブラリー・カフェ』の企画書を完成するため、優華の協力で徹夜の作業を開始し、なんとか期日に間に合わせることができた。
そしていよいよプレゼンの日を迎える。
プレゼンの結果は、見事ホタルと優華たちに決まる。

ホタルは、優華に自分一人じゃできなかったと
お礼を言う。
優華は、マコトがホタルのことを目で追っていることに気づき
「ほんとに好きな人を誘ってください」とチケットを返す。

ホタルは、会社に戻り、ようやくビールが飲めると
楽しみにしているとマコトから電話がきて
東京デザインアワードに誘われる。

そのころ、高木も二ツ木から妻の連絡先を聞き出し
会う約束にこぎつける。

ホタルは、家で部長にマコトから誘われたことを報告。
大喜びしていた。

しかし、東京デザインアワード当日。
ホタルは、シネコンにビールの刺し入れをしたことから
頭の中にはビールでいっぱいになってしまい
マコトの約束をすっかり忘れ家に帰ってしまう。

帰ってきた部長に、「おまえデートだろ!」と
驚かれ、ホタルは急いで待ち合わせ場所へ。

しかし、優華から、今日がマコトの誕生日だと聞かされ
何か手土産を買わなくてはと
カレーパンを買う。

急いで待ち合わせ場所に向かったものの
携帯を忘れていることに気づくホタル。
家に戻る。
そこにちょうどマコトから電話がかかってきて
「あの日、いきなりキスしてすいませんでした。
俺、雨宮さんのこと好きでした。
さよなら」
と振られてしまう。

マコトは、帰り際優華とばったり会う。
驚く優華にマコトは
振られましたと伝える。

ホタルは、失意のまま冷蔵庫をのぞく。
すると切らしていたビールがちゃんと入っていた。
ビールは、高木からで
『祝 初デートおめでとう』と書かれていた。

ホタルは泣き出し、一人マコトのために買ったカレーパンで
マコトの誕生日を祝うのだった・・。

**
せっかくデートに漕ぎつけたのに
なんですかこのオチ(笑)
優華は、ホタルの味方でいるようで味方でないような微妙な感じだけど
ステキ女子だから性格もいいのかな??

部長は、相変わらずいい味だしてますね。
一緒にうどんを作ってみたり、
ビール缶のメッセージはうれしいですよ!

あとは、両思いなのにまどろっこしいマコトとホタルがどうなるのか楽しみです。
(でも、ホタルの本当の相手はマコトではないと思ったりもしてるのですがw)


引用元…ホタルノヒカリ公式HP

原作者公式 
ホタルノヒカリ原作公式 

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

視聴率
17.3→15.2→10.6→13.4

加藤和樹 オフィシャルHP
あまりドラマでお見かけしない顔でしたが
ミュージカルや、仮面ライダー系をやっていた方のようです。

原作です。9巻まで出てます。
ホタルノヒカリ―IT’S★ONLY★LITTLE★LIGHT★IN★MY★LIFE (1)
ホタルノヒカリ―IT’S★ONLY★LITTLE★LIGHT★IN★MY★LIFE (1)ひうら さとる

講談社 2005-02-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ホタルノヒカリ―IT’S★ONLY★LITTLE★LIGHT★IN★MY★LIFE (2) ホタルノヒカリ―IT’S★ONLY★LITTLE★LIGHT★IN★MY★LIFE (3) ホタルノヒカリ―IT’S★ONLY★LITTLE★LIGHT★IN★MY★LIFE (4) ホタルノヒカリ―IT’S★ONLY★LITTLE★LIGHT★IN★MY★LIFE (5) ホタルノヒカリ―IT’S★ONLY★LITTLE★LIGHT★IN★MY★LIFE (6)


関連記事
ホタルノヒカリ 第一話
ホタルノヒカリ 第ニ話
ホタルノヒカリ 第三話(公式HP)

キャスト
雨宮蛍(綾瀬はるか)
高野誠一(藤木直人)
三枝優華(国仲涼子)
手嶋マコト(加藤和樹)
神宮司要(武田真治)
山田早智子(板谷由夏)
二ツ木昭司(安田顕)
曽野美奈子(浅見れいな)
沢木瞬(渡部豪太)
田所潤平(渋江譲二)
室田鈴子(松本まりか)
香住初子(松下さら)
豪徳寺賢(丸山智己
山口隆俊(松永博史)

スタッフ
原作:ひうらさとる(講談社刊「Kiss」連載)
脚本:水橋文美江  /  演出:吉野洋、南雲聖一
プロデューサー:櫨山裕子、三上絵里子
制作協力 オフィスクレッシェンド








posted by まりこ(^▽^) at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(2) | 2007年(7月〜9月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


・日本テレビ「ホタルノヒカリ」第4話
Excerpt: 2007年8月2日(水)22時から、日本テレビで、「ホタルノヒカリ」第4話(「干物女、恋も仕事もいっぺんにはムリ!?」)が、放送されました。 だー!イマイチ、個人的には、納得のいかない、回でした..
Weblog: たまちゃんのドラマページ
Tracked: 2007-08-10 01:22

《ホタルノヒカリ》☆04
Excerpt: ロイヤルボックスシートプレミアムチケット。。誘って欲しい蛍が念仏のように唱えていた・・・笑 果たしてマコトから誘われるのでしょうか?
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2007-08-16 04:30
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。