Top 2007年(7月〜9月) >ホタルノヒカリ 第二話「恋をするのも命がけ干物女とラブメール」
2007年07月19日

ホタルノヒカリ 第二話「恋をするのも命がけ干物女とラブメール」

『私は干物。
私はすでに枯れている。
私は女として終わっている。』
ホタルは、人数調査をしながら高野に言われたことを思い出していた。

そこに山田姐さんから電話がかかり
お昼のパンを買ってきてほしいとメールがくる
ホタルは、「了解」とメールの返信をする。

ホタルは、老舗のパン屋『朝倉屋』で山田姐さんのパンを買う。
しかし、そのパン屋は、老舗で古く、ほかのOLも
買うのをためらうほどだった。

そんな中
デザインチームのマコトが、OL御用達の店『朝倉屋』のリノベーションを受注。
時間的な問題や利益率を考える要(武田真治)たちは渋るが、ホタルは
「手嶋さんならできると思います!」と事業部にとってやる価値がある、と応援、
山田姐さんの賛同もあり、事業部はこの仕事を進めることになった。

さっそくマコトと優華が調査に行く。
マコトは、ホタルに
「ありがとう」とメールするが
ホタルは、電話中だったこともあり
いつものように
「了解」と率直に返してしまう。

ホタルは、どうして自分のメルアドを知ってるのか疑問に思っていると
社内でメールリストのチェックをしておくように回ってくる。
ホタルは、わざわざ自分のアドレスを調べて送ってくれたことに喜ぶが
それが、恋愛対象なのか仕事上のお礼なのかどうしてかわからない。

山田姐さんの話によると、メールは互いの関係を深めるための大事なツールであり
即効返すなんて問題外と聞く。
ホタルは、自衛隊みたいな返事を返してしまい落ち込む・・。

携帯は、仕事とプライベートで使い分け。
気になる彼には、疑問系でメールを返し、彼からの返事を促すとか・・だそうです(笑)
「ハケンの女」でも板谷さん出てましたが
ここでも姐さんぶりがいい感じです。


帰宅したホタルと高野が雨合羽を着て接近中の台風対策で雨戸を補強に精を出す。
ホタルは、マコトへのメールの件を話し
「もう終わったんです」と落ち込む。

優華は、マコトが一途に年上の人を思っていると知り、サポートを約束。
そんな2人の話を聞いていた要は、自分が優華に好意を持っていたこともあり、複雑な思いになる。
要は、マコトが仕事に対してまだ甘いのではないかというと
優華が怒り出す。
その様子を見た山田姐さんは、優華ちゃんマジ惚れてるねと冷やかす。

マコトと優華は、ずいぶん昔からの同僚としての付き合いなんですね。
だから気軽に相談に乗ってもらっていたようです。
優華はマコトのことを好きみたいですけどね。


高野は二ツ木に、妻にマンションを引き払われたと話す。
携帯のメルアドや、番号も変えられており
連絡できなくなっていた。

この二ツ木さんの中の人も「ハケンの女」では
「一ツ木さん」でしたよね。


マコトは朝倉屋の店内図のラフをいくつか書くが
すべてだめだしされてしまう。

高野が帰ると、そこにはマコトのために資料作りをするホタルがいた。
ホタルは、失敗例を集めてそれをマコトのために役立てようと考えていた。
高野とは、仕事を持ちかえらない約束があったが
それでも一生懸命なホタルを見て暖かく見守る。

徹夜での作業を終えた翌日、ホタルは、会社に資料を持っていくものの
なかなかマコトに渡そうとしない。
そんなホタルを高野は、何も言わず見つめていたが
家に帰ると、放置してある資料を見つめ、なぜ資料を渡さなかったのか聞き出す。
するとホタルは。渡し方がわからなかったと嘆いた。
あきれた高野は、明日マコトより早く会社にいって机の上にでも置いておき
メールをしておけば
ホタルからだとわかるだろうとアドバイスする。
さっそくホタルはメールすると
マコトが自宅まで取りに来ると返事を返してきた。
慌てるホタル。
高野も、ホタルと暮らしていることがばれるとまずいので
玄関などの自分の証拠隠滅を図っていたが
ジャージから着替えたホタルは、原色のドレスに麦わらをかぶった 見事に場違いな服とメイク。
干物女のホタルはどうしていいかわからなくなっていた。

マコトは着々と家に近づいてくる。
ホタルは、居留守を使おうと考えていた時、
高野は、ホタルが一生懸命資料を作っていたことを思いだし
マコトをごまかしてくると
台風の中出ていく。

高野は、マコトを発見。
ホタルからすでに資料を預かったと
マコトに資料を渡し、早く帰るように伝える。
マコトはかえっていった。 

ホタルは、戻ってきた高野に
礼を言う。
高木は、自分の妻が料理が下手だが
弁当を作ってくれたことを話す。
しかし、仕事が忙しく弁当を持っていくこともせず
いい夫とはいえなかったと自分を反省する。
ホタルは、「人は変われます。
恋愛から遠ざかっていた干物も変わることはできますよね?」というと
高野は
「無理。君は無理」ときっぱり。
「未来永劫君は干物女だ」と言われ
ホタルは悔し泣きをしていた。

ホタルが原色の服を着てきたのにはびっくり(笑)
でも、それを高野が
君はこれを着て!とかやってくれたら
もっとおもしろかったかな。
(まだそこまで世話好きではないか・・)
ホタルも仕事と同じような服を着ればよかったと思うんですけど
家モードと仕事モードだと完璧に違って
わからなくなってしまうんですねぇ・・・。


マコトは、ホタルの資料でラフ画を描きあげる。
会社にいた優華もいい感じのできのラフ画に喜ぶ。

ホタルは、高野に言われたことから奮起し、
マコトにメールを送る。

そのころ、優華は、要に優華とマコトとの恋を応援してやると
言われていた。

翌朝。
高野は、洗面所で、ホタルの携帯がごみ箱に捨てられていることを発見する。
ホタルの部屋に行くとホタルは泣いていた。
ホタルは、マコトに
勢いで、「会いたいです」とメールを書いてしまい
会社に行けないと泣く。

**
いや、おもしろい!
なんでこんないマンガ原作ドラマっておもしろいんでしょ。
っていうかツボにはまっています

ホタルがメールに一挙一同するのもおもしろいし
高野とホタルの関係も楽しい(笑)
お互い素で向き合ってるから
こういうのポイント高いんですよね。

でも、未来永劫干物女って
高野部長、結構口悪・・(笑)

でも、マコトがくるのを阻止したのは
やっぱり優しい人なんだろうなーって
思いますね。
はてさて、マコトとホタルの恋は。
マコトは、ホタルのこと気になってるみたいですよね。


引用元…ホタルノヒカリ公式HP

原作者公式 
ホタルノヒカリ原作公式 

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

視聴率
17.3→15.2

加藤和樹 オフィシャルHP
あまりドラマでお見かけしない顔でしたが
ミュージカルや、仮面ライダー系をやっていた方のようです。

原作です。9巻まで出てます。
ホタルノヒカリ―IT’S★ONLY★LITTLE★LIGHT★IN★MY★LIFE (1)
ホタルノヒカリ―IT’S★ONLY★LITTLE★LIGHT★IN★MY★LIFE (1)ひうら さとる

講談社 2005-02-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ホタルノヒカリ―IT’S★ONLY★LITTLE★LIGHT★IN★MY★LIFE (2) ホタルノヒカリ―IT’S★ONLY★LITTLE★LIGHT★IN★MY★LIFE (3) ホタルノヒカリ―IT’S★ONLY★LITTLE★LIGHT★IN★MY★LIFE (4) ホタルノヒカリ―IT’S★ONLY★LITTLE★LIGHT★IN★MY★LIFE (5) ホタルノヒカリ―IT’S★ONLY★LITTLE★LIGHT★IN★MY★LIFE (6)


関連記事
ホタルノヒカリ 第一話

キャスト
雨宮蛍(綾瀬はるか)
高野誠一(藤木直人)
三枝優華(国仲涼子)
手嶋マコト(加藤和樹)
神宮司要(武田真治)
山田早智子(板谷由夏)
二ツ木昭司(安田顕)
曽野美奈子(浅見れいな)
沢木瞬(渡部豪太)
田所潤平(渋江譲二)
室田鈴子(松本まりか)
香住初子(松下さら)
豪徳寺賢(丸山智己
山口隆俊(松永博史)

スタッフ
原作:ひうらさとる(講談社刊「Kiss」連載)
脚本:水橋文美江  /  演出:吉野洋、南雲聖一
プロデューサー:櫨山裕子、三上絵里子
制作協力 オフィスクレッシェンド





posted by まりこ(^▽^) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2007年(7月〜9月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


・日本テレビ「ホタルノヒカリ」第2話
Excerpt: 2007年7月18日(水)22時から、日本テレビで、「ホタルノヒカリ」第2話(「恋をするのも命がけ干物女とラブメール」)が、放送されました。 蛍=綾瀬はるかちゃんに、笑えた!!(笑)この第2話で..
Weblog: たまちゃんのドラマページ
Tracked: 2007-07-25 02:39
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。