Top 2005年(7月〜9月) >がんばっていきまっしょい 第1話
2005年07月07日

がんばっていきまっしょい 第1話

ある少女がボートを借りようとやってくる
「止めても無駄だ
ひっくり返ってもかまわん!」と
息巻いている少女を横目に、カップラーメンを食べる
大野仁美(石田ゆりこ)。
「あんたは、止めない
でも、だめよ。そのボートはあの子たちの大事なボートやけん」

「あの子たちは、わたしにもう一回青春をくれたんよ」
壁に貼られていた5人でうつる写真を見つめる

高1の春(3年前)

篠村悦子(鈴木杏)は、自宅の篠村クリーニング店の
配達用の自転車に乗って学校に向かう。
学校は、松山第1高等学校。
校内に入ると、小中学と一緒だった中崎敦子(佐津川愛美)がうずくまって3人の女の子に囲まれていた。
泣きそうな顔をしている敦子。
てっきりいじめられていると思いこんで悦子が「なんで泣かしよるん」と近寄ると
実は、リーダーらしき菊池多恵子(岩佐真悠子)たちに敦子のコンタクトを探してもらっていただけだった。

それぞれ体育館に向かっていく中、悦子は、敦子のコンタクトを探す。

体育館では、始業式が始まっていた。
明治36年に創立以来、今年で99年、来年100周年を迎えるという伝統ある学校だった。

そこにその長身のイケ面の中田三郎(内 博貴)も遅刻してきたらしい。コンタクトは三郎が見つけてくれた。
悦子は、三郎に礼をいう、
三郎は、この扉の向こうでいよいよ高校生活が始まる
抱負っていうか胸に決意を抱いてはいるように言う。

悦子の抱負はボートだった。
春休みに家出した時に見たボートが忘れられないという

海に輝くボードと漕ぐ人たち。
オールが光る様子を思い出す。

三郎は、人間の細胞は、どんどん生まれ変わり
外見は変わらなくても、中身は、どんどん違う人間になってしまう
この自分は今しかない
やりたいことやったほうがいいという。

「ええこというな」と悦子
2人は、そっと体育館に入る。

一高慣例の掛け声が響き渡る。
「がんばっていきまーっしょい!」
「しょい!」
「もひとーつ
がんばっていきまーっしょい!」
「しょい!」

悦子もその掛け声に
合わせて小声で「・・しょい!」と答えた。

松山第一高等学校には、女子部のボート部がなかった。
早速ボート部顧問の福田(相島一之)に入部したいと伝えたが
逆に、担任に、遅刻したことで説教されてしまう。

悦子は、メンバーを集めると張り切る。
同じクラスでは、近所の幼なじみの関野浩之(錦戸亮)も
一緒だった。
「また一緒か」と関野のことをブーと呼ぶ悦子。

友達の矢野利絵(相武紗季)は、目立ちすぎる悦子のことを心配していた。
ボート部の勧誘もクラスの目は、冷ややかだったし
始業式早々、男子と登校、遅刻までしていた。
利絵は親切心から「付き合う友達は、考えるように。大事な時期やけんね」とアドバイスしてくれたのだが、
悦子の頭の中は、ボートのことでいっぱいだった。

悦子は、砂浜の砂を小瓶に入れて大切に持っていた。

悦子は、ボート部の艇庫に行く。
部では、マネージャーが来たのだと思い
大喜びで悦子を迎える。

そこでは、
『一艇ありて一人なし』という言葉が
貼ってあった。

クルーが一心同体となってチームワークを発揮した時に最大の力を発揮することができるという意味だ。
ボート部には、関野もいた。
お互い驚く二人。

関野は、将来はプロ選手目指して中学ではサッカー部で頑張っていたはずだった。

ボート部は、洗濯物がたまって、あちこちモノは置きっぱなしの
汚い部屋。

家も近所で部活まで一緒、ストーカーだという関野
そんな言葉を無視し、はよ掃除しよという悦子。

「おまえ、まさか受かると思わなかった
おやじさん喜んでただろ」
「そんなのしらない」
悦子は、父と折り合いがうまくいってなかった。

篠村クリーニング店では、シャツをプレスする機械を買おうかと
母・友子(市毛佳枝)と祖母・キヌ(花原照子)が相談していたが
父・幸雄(大杉漣)は、お客は、この腕に金を払っているから
いらないという。
「なんじゃ婿養子!」とカツを入れるキヌ。

ボート部では、関野に漕いでみるかと声がかけられていた。
悦子は、雑用と洗濯物の山を任されてしまう。

男子部員たちは、悦子が来たおかげで雑用から解放されると喜んでいたが
部に戻ると悦子は、洗濯どころか、1人でバック台で汗を流していた。

「女子部できるまで1人で頑張りますけん」と悦子

そこで、ようやく悦子がマネージャー志望でないことが
はっきりと伝わる。

家では、姉の法子(浅見れいな)が帰ってきていた。
話題は、姉の大学のことばかり。
悦子のボート部入部のことは、無視されてしまう。

小瓶に入った砂浜の砂を見つめる悦子。

悦子は、利絵に父と口をきいていない理由を話す。
昔からできのいい姉ばかりをひいきする父
姉は、同じ高校の卒業生で、京都大学にも行った
優等生だった。
悦子も姉を見習うようにと言われ受験したが、父から聞いた言葉は、
姉の仕送りも大変なのに、悦子の学費まで・・・という
グチだった。
それを聞いて家出を決意した悦子。
しかし、ボートを見て、気持ちがぐるぐる震えたという。
感動する気持ちを忘れたくない
そのためにその砂浜の砂を小瓶に入れて持っているという
ふるふる記念だなと言い合う利絵と悦子だった。

関野は、「ボート競技入門」の本を持っていた。
貸してよという悦子。
その2人を見る利絵。
関野のことを見つめ
「私、いっぺん練習見にいってもええよと」
言うのだった。

利絵は、自分が多恵子のことを避けている理由を話す
塾が一緒で、入試の時に多恵子のカンニングをチクったことがあるからだった。
本音を言うと許せなかった。
ほんとはできる子だと知っていたからだ。
しかし、まさかの同じ学校。
いつまでも顔を合わせないでいられるわけにはいかなかった。

利絵は、ボート部の汚さに驚いていたが
悦子は、なれてしまったという

利絵は、悦子がボート部の中に好きな人でもいるのか
訊ねる。
しかし、悦子がなりたいのは、マネージャーでなく
漕ぎ手。
筋トレもさせてもらえないことに腹を立てていた。

その話しを、現役ボート選手でもあるコーチの大野健(池内博之)が
聞いていた。
大野は、松葉杖をついていた。

お好み焼き屋『メルボルン』
お客には、大野健と仁美夫妻が来ていた。
ボート部の女子部作りたいと来てる子がいると
そこでは、悦子のことが話題になっていた。

「なつかしいな仁美ちゃん」と声をかける根本緑(友近)
「女子部のコーチしてみるというのは、どうかな」と聞く店主・根本満(小日向文世)
健の側でみてるほうが安心なんじゃないかと声をかけるが
大野夫妻は、不穏な空気が漂っている。
緑と満は、そんな2人を心配しながら
裏でポンポン言いあっていた。

篠村家
姉の法子は、悦子が授業についていけているか心配していた。
ボートなんて疲れるし、授業も進むがの早いからと知っていたからだ。

学校では、数学のテストがあった。
担任は、悦子の答案用紙を見て
「立て!これはなんだ!」と答案用紙を指差す。

答案用紙には、雪だるまの絵が描いてあった。
どういう意味か問われると
手も足も出ないと答える悦子
クソバカが!と怒られてしまう。

女子トイレでは、悦子が、利絵をボートに入らないかと
誘っていた。
利絵は、数学のテスト難しかったとこぼす。
そこに多恵子たちが入ってくる。
「なんや、一緒の学校やったん?
あの時はありがとう。チクってくれて」

多恵子は、あの学校は、全然受けたくなかった。
親がうるさいから仕方なく行ったという
多恵子は、あんたは受かったんやろうな?と利絵に訊ねる
ううんっと首を振る利絵

「そうなん?残念だったな。
ライバル1人蹴落としたのにな」という多恵子

「この学校入るときはうまいことやったんやな。おめでとう」と利絵
「この学校ではやってへん」
「わかっとるよ。ほんとは頭ええもんね。
ええね。いつも余裕あって」
「そういうあんたは、やっとるわりにはぱっとしないな」と利絵のことをこき下ろす多恵子

「そうよ。自分の授業はいつも一生懸命聞いてた。
なのに男といちゃついたりさわいだり
聞いたらどこそのお嬢さんなんやてな
どうせ甘やかされて育ったんやろ
そりゃ頭の中でてくものあるわな」

一瞬のうちに険悪なムード
止めようとする悦子に
「問題あったら部活できんようになるよ」という多恵子
利絵を個室に閉じ込め
上からバケツで水をかけた。

利絵は水浸し。
悦子は、ハンカチを渡そうとするが
突っぱねられてしまう。

悦子は、利絵を助けられなかったことに悔しい思いをしていた。
ハンカチを握り締める悦子。
そこで福田先生からボート部の先輩夫婦。大野健と仁美を紹介される。
仁美は、うちの学校の女子ボート部があった最後の代の人だった
仁美の表情は、あまりうれしそうな顔では、なかった
君のってみるか?と悦子は、健に声をかけられる。

感動する悦子。
悦子は、ボートの最後尾に乗り、カウンターを持たされていた。
1000本漕ぎをするという
100ずつ数えて大声で伝えるという役目だった。

キャッチ!ロー!の声が響き
ボートは加速する
「もっと足強く!」と健が叫ぶ

悦子は、波が高くボートが揺れた瞬間
オールに手があたってカウンターを落としてしまう。

「なにやってるんだ」
「現状維持」
「どないしたんや?」
「すいません・・」と謝る悦子
「どうする?」
「また数えなおす?」
「やる気なくすな・・」
「乗せたのが、間違いじゃ・・」という
つぶやきも聞える
「一生掃除でもさせておけと」いう男子部員
悦子は、体育着のまま海に飛び込んでしまった。

練習は、中止。

「あんな危険な真似しよってと」悦子は福田にしぼられていた
悦子は、漕ぎたいんです・・と自分の気持ちをぶつける
「作りたいんです。女子部
やりたいんです。どうしても
でも、あんな失敗したらますます
なんとかせなあかんと焦ってしもうて
気づいたら・・・」

「なんかあったん?」と仁美
外で何かにつまづいて
逃げるようにこの部に入ってくる子たちが多いという。

「青い空、広い海
なんや楽しそうやもんね
くさくさすること忘れられそうやもんね
でも、そんな甘いもんやないよ
舐めんといて!」と渇をいれる仁美

篠村家
悦子は、落ちこんでいた。
砂が入った小瓶を捨てようとしていたが
捨てられれなかった。
そこに様子を見にきたキヌ。
「着替えもせんとどうした?」
「厳しい・・先生は厳しいね・・ばあちゃん」
「それは大事じゃな」

「どんなにやりたくてもやれんことはある
どんなに願ってもかなわんことはある
それが人生じゃ。そういうもんじゃ」

「わからん私。逃げとるだけなんやろか
わからん・・
姉ちゃんやったらこんな思いせんのやろうね・・」

「牛はうしなり馬はうまなり
牛も馬も人の役に立つ
比べることはないぞな」と応援するキヌだった。

学校では、悦子が貼ったボート部募集のポスターが
取れかかっていた。

「もうやめるんか」と関野が声をかける

体育の授業
利絵とは、トイレの件以来うまくいってなかった
一緒に中浦真由美(藤本静)と背中を合わせてストレッチをする
その時に、真由美は、足をひねってしまう。

悦子は、真由美に湿布を渡そうと探していると
真由美が、三郎に告白をしていた。

悦子は、湿布を真弓に渡す。
真由美は、三郎の告白がダメだったと話す。

「よう言えるな。そんな普通に言えんと違う?
失敗して恥かいたり、みんなのうわさになったり怖いやん」という悦子
「確かにな
逃げるよりええんじゃない?
自分ごまかして逃げるより、好きなら好き言うたほうが
ぐちゃぐちゃ悩まんと動いたほうが
少なくとも後悔はない」

真由美は、足に湿布はる
「ほらな。また立つようなった」

真由美の目は輝いていた

砂浜の小瓶を見つめる悦子
ボート競技入門が机に入っていた

『でも、逃げるよりええんじゃない?
自分ごまかして逃げるより・・』
真由美の言葉が頭をよぎる。

悦子は、小瓶を握り締める

悦子は黒板に
『女子ボート部』と大きく書き
女子ボート部作ろう思います!我こそはと思う人は
入ってください!」と
他のクラスにもまわり、声をかける

1組に入る
黒板に女子ボート部と書く
「ちょっといいですか?
6組の篠浦いいます」

「話しとる最中やけど」と携帯を片手に
文句をいう多恵子
よそのやつは出ていけと
追い出されそうになる。
クラス中、出ていけコールが響く

悦子は、クラスの中に三郎を見つける
始業式で言われたことを思い出す。

人間の細胞は何百万個も再生される
外見は、同じでも1週間もたつと内面は別人になってる
この自分は今しかない
一瞬の自分
今感じてること、ごまかしたくない
あんな風にぴたっと一つになってみたい
まわりの顔色をうかがうような毎日は、いやや
その場しのぎの毎日を送るのはいやや
深い友達が欲しい!
濃い高校生活を送りたい!
やりたいんよ!
やりたいんよ・・・!」


悦子は、ボート部の練習を見ていた
植木鉢に水をやる
「姉さんハードボイルドな人生おくってるな」と
関野に言われる

利絵がきた
これ・・と手に短いチョークを持っていた。
「わたしも思った。
さっき私も思った。
もっと濃い高校生活を送りたい
深い友達がほしい
だから、その場にあったものとっておいた
ふるふる記念や
私も乗ってみたくなった
乗れる?」

「聞いてくる」と喜ぶ悦子
来たのは、利絵だけでなかった。

「私も・・
ああまでいわれたらいっぺんのってみたいと」いう敦子
「あんなに頑張ってる篠浦さんほうっておけない」という真由美

喜ぶ悦子

『こうしてはじまったの
伝説の女子ボート部が・・』

さっそくボートに乗る前に悦子が落ちる
「大丈夫?」
みんなで水をかけあう

その様子を見る多恵子がいた。

『でも、まだまだ問題ばーっかりで
なかなか出航できんかったんよ』

最初は、正直乗り気ではなかったんだけど
杏ちゃんが好演ですね。
彼女のボートをやりたいという
強い思いが伝わってきました。
目がキラキラ輝いていていいですね。
原作も映画も見てないのですが
夏にぴったりな話しだと思います!
イケメン2人も話題になるかな?


ありがとうございまよかったらプチっとお願いします☆


映画版は、田中麗奈ちゃんが主演してますね。
がんばっていきまっしょい
B00009AUVZ田中麗奈 磯村一路 真野きりな 清水真実

ポニーキャニオン 2005-03-02
売り上げランキング : 198

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
キングの報酬 はつ恋 スワロウテイル 絶叫屋敷へいらっしゃい! 東京マリーゴールド


原作です
がんばっていきまっしょい
4344406605敷村 良子

幻冬舎 2005-06
売り上げランキング : 457

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
がんばっていきまっしょい まいど!関ジャニ8やねん―メジャーデビュー記念! NEWSカレンダー 2005年4月~2006年3月 まんが パレスチナ問題 Live DVD『Excite!!』


aikoが主題歌唄ってます♪
キラキラ
B0009YYIOQaiko

ポニーキャニオン 2005-08-03
売り上げランキング : 211

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
三国駅 花風        (CCCD) Love Like Pop add. 小さな丸い好日(SACDハイブリット盤) 夢の中のまっすぐな道


がんばっていきまっしょい オリジナル・サウンドトラック
B0009YYIP0TVサントラ

ポニーキャニオン 2005-08-03
売り上げランキング : 2,089

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






posted by まりこ(^▽^) at 12:15 | 東京 ☔ | Comment(18) | TrackBack(14) | 2005年(7月〜9月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
予習も期待もせず見たんですが(おいっ!)、意外に好きかも〜♪
下手するとウザいタイプの女の子ですが、ボートへの熱意が充分伝わりました!その反面、出来すぎの姉を持つコンプレックスなどもあるという部分に親近感も持てます。
Posted by まこ at 2005年07月07日 12:26
録画したんですけど、途中で切れちゃってて。。
助かりました!ありがとうございます!!
映画とはまた違っていておもしろいですね♪
Posted by 夏帆 at 2005年07月07日 15:12
コメント・TBありがとうございます。

まこさんへ
私もあまり期待はしてなかったんですが(汗)
おもしろかったです。
なんかもうキラキラしててまぶしかった(笑)
こういう高校時代ってうらやましいですね。
彼女たちのボート応援したくなっちゃいます!

夏帆さんへ
お役に立ててよかったです。
夏帆さんは、映画見てるんですね。
夏に合ってるドラマだなと思います^^

Posted by まりこ at 2005年07月07日 17:41
こんばんは。TBありがとうございます!
青春って素晴らしい!
そんな風に思いました。
夏らしい爽やかなドラマとなりそうですね。
Posted by ちーず at 2005年07月08日 21:45
ちーずさんへ
コメント・TBありがとうございます。
自分の高校時代とか思い出してしまいます^^
悦子に元気をもらえそうなドラマです。
Posted by まりこ at 2005年07月08日 22:13
コメント、TBありがとうございます。
すごいですねぇ。ほとんどのあらすじをなぞって書いてしまうなんて!

ところで、女子トイレのシーンはほんと気に入ってしまったのですが、
やっとるわりにはぱっとしないといったあと、
家が金持ちのお嬢様らしいな、
みたいな話を言ったかと思うんですが、
そのとき利絵は多恵子をずっと意識しながらそんなことを口にしてるんだな、と分かって、
本当にうぅ、やるせないというか、かわいいというか…(^^)/
すんません、かなり気に入ったシーンですが、
今後も二人の関係が気になります!
Posted by demasse at 2005年07月09日 00:13
demasseさんへ
こちらこそ、コメント・TBありがとうございます。
利絵と多恵子たちのトイレのシーンは、追加しました。
2人ともほんとは理解しあってるんだけど、
つい反発しちゃってる感じですね。
多恵子は、最後のメンバーに加わるみたいなので
楽しみにしてます♪
Posted by まりこ at 2005年07月09日 04:10
コメント&TBありがとうございました。
杏ちゃん元気いっぱいでいいですね!田中麗奈さんとはひと味違う悦ねぇになりそうで楽しみです!
Posted by gary87 at 2005年07月09日 16:01
gary87さんへ
こちらこそ、コメント・TBありがとうございます。
TV版でも元気な悦子が見られそうです。
映画も見たくなりますね^^
Posted by まりこ at 2005年07月10日 00:04
こんばんは、TBさせていただきました。

意外と良いドラマでしたね。松山のゆったりとした心地よい時間の中にあっても、登場人物たちの意志は力強く、その融合が良かったと思います。配役や雰囲気は良いので、あとは脚本次第ではないかなという感じです。面白いドラマになると良いですね。
Posted by 偵乱密 泡華 at 2005年07月10日 02:28
偵乱密 泡華さんへ
コメント・TBありがとうございます。
松山の風景、いいですね。
悦子の意思、固かったです。
このままメンバーも揃いそうですし
これからの展開期待したいです^^
Posted by まりこ at 2005年07月10日 23:54
偵乱密 泡華さんへ
コメント・TBありがとうございます。
松山の風景、いいですね。
悦子の意思、固かったです。
このままメンバーも揃いそうですし
これからの展開期待したいです^^
Posted by まりこ at 2005年07月10日 23:54
まりこさん、こんばんわ。
今クールは当たりですね〜

特にフジ系の健闘が目立ちます。
「がんばっていきまっしょい」も予想を裏切り、いい内容だったのでびっくりしました。
Posted by Ky'z at 2005年07月11日 01:22
Ky'zさんへ
コメント・TBありがとうございます。
「がんばっていきまっしょい」は、私も見る前は
どうかなと思ってたんですが、予想以上によかったです^^
夏クールは、リメイクが多いですが、楽しめそうですね!
Posted by まりこ at 2005年07月11日 09:26
はじめましてー。
松山にすんでる、高校生デス。ぢつゎ錦戸亮くん大好きなんです。それで、せっかく松山でドラマの撮影やってるんだから見にいきたいのですが、いつどこで撮影するとかっていう情報だれかわかりませんか??毎日東高までゎいけないので、ピンポイントでいけたらなーと思ってます。情報お願ぃしますっっ!!
Posted by chieko at 2005年07月18日 22:46
chiekoさんへ
コメントありがとうございます。
私は、松山からは遠いので、撮影情報は
わからないです。ごめんなさいm(__)m
誰かご存知の方見つかるといいですね^^
Posted by まりこ at 2005年07月19日 09:55
そぅですか。ぁりがとうござぃました(*´ー`)
Posted by chieko at 2005年07月19日 17:22
chiekoさんへ
お力になれなくてごめんなさい。
また、こちらでも何かわかったら、情報載せてみますね!
Posted by まりこ at 2005年07月20日 01:00
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


がんばっていきまっしょい 第1艇:漕ぎたい
Excerpt: 青春だなぁ〜・゜゜・。・゜゜・。へ(* ´ー`)_ 内容は悦子を中心に女子ボート部の頑張りを描いていくというものなんだろうなー。 悦子入学時からの過去3年間を、仁美の回想でやっていく様子。何故だ?(笑..
Weblog: あるがまま・・・
Tracked: 2005-07-07 12:26

【ドラマ雑感】がんばっていきまっしょい(第一艇) 「漕ぎたい」
Excerpt:  松山を舞台に、ボートに情熱を注ぐ女子高校生たちを描く青春群像ドラマ。敷村良子原作、金子ありさ脚本、三宅喜重ほか演出。悦子(鈴木杏)は松山第一高校の新1年生。友達の落としたコンタクトレンズを探していて..
Weblog: 気ままなNotes...
Tracked: 2005-07-07 16:47

ふるふる記念日や!(がんばっていきまっしょい#1)
Excerpt: 好きよ〜、こういうの。 青春しとるのぉ〜。 ウォーターボーイズの女性版、みたいな一言で片付けられちゃいそうな気もするけど、 いいじゃないすか。 こっちの方が雄大な自然の中が舞台ということもあって、 ..
Weblog: でまっせ。ドラマ鑑賞記
Tracked: 2005-07-07 23:43

がんばっていきまっしょい(第1話)
Excerpt: 田中麗奈の出世作であった映画「がんばっていきまっしょい」がついにドラマ化! がんばっていきまっしょい公式サイト 主演は鈴木杏なのですが、それよりも相武紗季が可愛い杉(・∀・) 紗季ちゃんだけ..
Weblog: ドラ☆ドラ
Tracked: 2005-07-08 01:27

『がんばっていきまっしょい』第1回短観
Excerpt: さぁ、困ったもんだ。どうしよっかな。いやな方の予感が当たりそうな感じですな。 ネタばれはありません。 思った以上に杏ちゃんが痛い(爆)。慣れるまではしんどいかな。 まぁ、男の子らしい元気な女の子と..
Weblog: つれづれなる・・・日記?
Tracked: 2005-07-08 08:44

がんばっていきまっしょい「漕ぎたい」の視点
Excerpt:  ○がんばっていきまっしょい 「第一艇」 漕ぎたい  ボートを漕ぐことに夢をかけた主人公(高校一年、篠村悦子/鈴木杏)の高校生活を描いたスポーツ奮戦記。  第一話は、ボート部に入った主人公が同級生..
Weblog: ドラマの視点
Tracked: 2005-07-08 19:32

がんばっていきまっしょい 第一艇 『漕ぎたい』
Excerpt: 大野仁美(石田ゆり子)が3年前を振り返る形でスタート。 入学式の日。 『だいいちこー、がんばっていきまっしょい!』 『ショイ!』 『もひとーつ、がんばっていきまっしょい!』 『ショイ!』 生徒会長の..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2005-07-08 21:43

【テレビ】「新」がんばっていきまっしょい
Excerpt: 第一回『漕ぎたい』 松山を舞台にした青春ドラマ。(敷村良子原作。金子ありさ脚本) 新入生の悦子(鈴木杏)は、始業式の日に、友達の落としたコンタクトを探して大幅に遅刻した。こうこうでは、絶対ボート部..
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2005-07-08 22:08

がんばっていきまっしょい 第1艇
Excerpt: これまた始まりました。「がんばっていきまっしょい」。前に映画の方のレビューを書きましたが、これはTVドラマ版。というか、映画もテレビも、原作は坊ちゃん文学賞第4回大賞受賞作「がんばっていきまっしょい」..
Weblog: TVウォッチャーの日々
Tracked: 2005-07-09 10:30

がんばっていきまっしょい 第1艇
Excerpt: これまた始まりました。「がんばっていきまっしょい」。前に映画の方のレビューを書きましたが、これはTVドラマ版。というか、映画もテレビも、原作は坊ちゃん文学賞第4回大賞受賞作「がんばっていきまっしょい」..
Weblog: TVウォッチャーの日々
Tracked: 2005-07-10 00:21

[ドラマ] がんばっていきまっしょい 第1艇「漕ぎたい」
Excerpt:  「ウォーターボーイズ」の女版という感じだった。あるいは、このドラマの男版が「ウォーターボーイズ」なのかもしれない。  だからダメだというわけではなく、十分に面白かった。配役にも無理がなく、それでいて..
Weblog: ブログの輪舞-ドラマ・映画・本の感想
Tracked: 2005-07-10 02:15

今クール観ることに決めた、1本のテレビドラマ
Excerpt: 最近のハリウッド映画は、旧作や外国作品のリメイクが多い。 最近の日本映画は、ベストセラー小説の映像化が多い。 そして、最近の日本のドラマはヒットした映画をドラマ化したものが多い。 今クールの..
Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
Tracked: 2005-07-10 15:22

ドラマ がんばっていきまっしょい
Excerpt: ●原作 … 重松圭一 ●演出 … 三宅喜重 南雲聖一 池添博 ●原作 … 敷村良子 「がんばっていきまっしょい」 ●脚本 … 金子ありさ ●音楽 … 吉俣良 ●主題歌 … 「aiko」 キラキラ ●出..
Weblog: musi-k 〜ムジーク
Tracked: 2005-07-11 01:20

花風水
Excerpt: 花風水の最新情報をチェック!ad3();         花風水 サ...
Weblog: [TW] HOTWORDS
Tracked: 2005-07-20 09:19
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。