Top 2005年(7月〜9月) >スローダンス 第1話
2005年07月05日

スローダンス 第1話

『ヘミングウェイコーヒー』でダブルトールカプチーノを頼む
芹沢理一(妻夫木聰)
飲んでみると味が違うので
取り替えてもらおうとレジに向かうと
「並んでくださる?」とにらみつける
女性(牧野衣咲・深津絵里)

「順番守ってくださる?」という言い分に
「今しがた並んでいた」と答える理一
横入りされたと怒る衣咲
店員は、「お取り替えします」というが
その態度にも衣咲は、腹が立ってしまう。

理一は、衣咲を見て
「どっかで会いました?」と気づく
「ごまかさないで」とまだイライラ気味の衣咲
そんな風に揉めている間、衣咲の乗ろうとしていた
教習車のバスが出てしまう。

理一は、教習所の行き方を衣咲に教えようとするが
衣咲は、理一のことをナンパだと思い
相手にしない。
歩いていったほうが早いという理一を無視して
タクシーを止めて教習所に向かってしまう。

理一は、衣咲が行こうとしていた
旭自動車学校の教官だった。

なかなかスピードが出せない生徒に
50キロは出しましょうと注意する理一
窓から衣咲が、前の車にぶつかりそうになってるところで
謝っている姿が見えた。

教習が終わり、同僚と話す理一
衣咲を担当した教官は、ブレーキを踏まない
衣咲に手を焼いていたようだった。

横で、「牧野衣咲さん、効果測定受けられますよ」という
話し声を聞いて、ヘミングウェイコーヒーで会った女性が
自分が学生だった頃、教育実習に来ていた
牧野衣咲先生だということがわかる。

理一は、大学の友達だった
長谷部幸平(田中圭)の元にいく。
彼は、大学のころ、一緒に映画を撮っていたが
今は、実家の自動車修理工場を手伝っていた。
理一は、衣咲のことを話す。
10年ぶりの再開はどうだったんだと
興味シンシンの幸平。
ヒロインにするから教習所に若い子いない?という
幸平だったが、台本もないのに
どうやって撮るんだと突っ込む理一。
幸平に「もう撮らないのか」と声をかけられていた。

一方、衣咲は、アパレルショップの店長をしていた。
そこにお昼からようやく戻った小池実乃(広末涼子)が来る。
店では、年功序列で次の寿退社は衣咲だという噂が流れていた。
実際衣咲は、バツ一子持ちの江上政之(勝村政信)にプロポーズされていた。

食事をする江上と衣咲。
衣咲は、ディナークルーズに行った友達の話しをするが
船の上で食事するだけだからおもしろくないという江上
プロポーズの返事を促される。
衣咲の返事は、OK。
しかし、江上は、来週にはフランクフルトに行くことになっていた。
ついてきてくれるよねと江上
しかし、仕事の引継ぎがありそんな急には・・と衣咲は、稠著する。
次の人事で、大きな仕事を任される可能性もあった。

そんな衣咲に、仕事より新居を探すほうが大事
しかも、別れた妻から娘を連れていけることになったと言い出す。
わけのわからない家政婦に子供を頼むなら、君の方がと
子供の世話まで押し付けようとする始末
仕事なんてずっと続けられるわけないしという江上に
衣咲は、今すぐ一緒に行けないと断る。

そんな衣咲に対して、江上の返事は
「あ、そう」
ちょっと考えたいという衣咲だったが
「やっぱり無理だよね。ごめん、忘れて」とプロポーズの話が
立ち消えになってしまう。

某銀行では、理一の兄・芹沢英介(藤木直人)が
ある銘柄を売るように指示していた。
やり手のエリートだった。

教習所には、実乃が教官の顔写真入りのパンフがないかと
受け付けで聞いていた。
一方幸平も教習所に顔を出している時に
実乃に一目ぼれしてしまう。

翌日、教習所で理一が担当したのは
衣咲だった。
衣咲は、『ヘミングウェイコーヒー』での自分の非を謝る。
若い子の接客態度にすぐ目がいってしまい
職業病かな・・という衣咲に
理一は、衣咲が先生をしていると思い
生徒さん?と聞き返すが
そこで衣咲の携帯が鳴る。

教習中は、切ってくださいという理一だが
衣咲は、プロポーズを受けていた江上と
連絡が取れなくなり、電話をとても
気にしていたのだった。

運転中は、携帯は禁止という理一に対して
衣咲は、ドイツ行き断ったら連絡取れなくなったと
彼の話しをする。

理一は、断ったのなら連絡取れなくていいじゃないかというが
衣咲に年を聞かれる。
25と答える理一
「いいね、浅くて」という衣咲

その言葉にむっとしつつも衣咲の話しを聞く理一
あんまり急だったから断るつもりなかったという。
自分は、店長の上のエリアマネージャーまで上りつめたのに
それを捨てて家政婦になれという言葉に腹を立てていると話す

理一は、あなたの仕事、教師じゃないの?と聞き返す
衣咲は、自分が話したことを聞いてなかったのかと
またキリキリ怒り出す。
「これだから最近の若い子は・・」

しまいには、理一がモテるでしょうと話だす。
たいてい自分のこと話す女性には、説教するか
男っていうのは・・と言い出すのに
さっきからはぁとかへぇとかしか言わないと衣咲

それはあなたが言わせない雰囲気だからと理一だが
なんでも受け入れる男性がモテるんだという衣咲

理一は、ズケズケものを言う女性も多いと思うと
嫌味たっぷりにいうが、信号が赤になり、車が止まった。

コーヒーショップ。
衣咲は、携帯の留守電をチェックするが
メッセージは残っていなかった。
連絡がないことを実乃にぐちってしまう衣咲
店長の方から断ったんですよね?と確認する実乃
もったいない、一発大逆転なのにという言葉に
私は、大逆転するほど負けてるの?と
食いついてしまう衣咲

衣咲は、実乃の年を24と聞き
即答できるうちは、年のことは、気にしてないという
そして、自分が言葉の端々が気になってしまうと話す。
プロポーズのことも、あっさり引かれたら寂しいが
それ以上突っ込むのも寂しいとこぼす。
ちなみに、衣咲は、自分の年を即答・・より少し間を開け
31歳と答えた。


理一は、大学の恩師の退官パーティーの幹事を勤めることに
なっていた。
同期の木田貴司(西野亮廣)の元を
訪れる。

彼は、大学の卒業制作で優秀賞を取り
今では、小さい番組制作会社のADをしていた。
こんなだったら、映像学科にいかなくてもよかった
そこそこいい大学にだって入れただろうし
違う形で社会人やっていたという貴司

理一にこのままずっと教官をやっていくのか訊ねる
働きながら自主制作を続けるのは難しい
映画監督なんて遠い夢だったんだと話す。

「夢っていつ終わると思う?」と聞く理一
「そりゃもう、夢が叶ったときか挫折したときじゃん」と
答える貴司だった。

衣咲は、会社で上司に呼ばれていた。
年功序列でエリアマネージャーに昇格だという
上司に結婚の予定を聞かれるが
断ったという衣咲
大丈夫なの?勇気あるねと心配する上司だが
衣咲が担当するのは、ミセス対象ブランドの『Mrs.Panther』だった。

居酒屋
独身なのにミセスブランドを任されることになったことを実乃にぐちる衣咲。
江上とは、まだ連絡が取れなかった。
初めは、本社営業の八嶋優太(小泉孝太郎)も一緒だったが
八嶋は、仕事があるからと抜ける。
にこやかにお疲れ様でした、ごちそうさまでしたと挨拶する実乃

その様子を見て、相手に合わせてキャラ変えて疲れない?と衣咲
実乃は、相手に合わせてキャラを変えるのは、むしろ自然なことだと
話す。

実乃は、衣咲の隣の席に移動
誰かくるの?と衣咲
実乃は、デートすることになったと打ち明ける。
あまりの急展開に驚く衣咲。
自分たちの時代は、デートに直結するのに
時間がかかったんだと説明しているうちに
男性二人が入ってくる。
教習所で知り合った幸平と理一だった。

実乃と幸平は、映画監督の話しで盛りあがっていたが
理一は、衣咲に彼氏と連絡がとれたか訊ねる

すでに失恋の痛手からかべろべろに酔っぱらっている衣咲
終電があるからと実乃が帰るのと同時に
送っていくと幸平が抜けてしまう。
衣咲と理一2人きりになってしまった。

理一は、衣咲を部屋まで送る
コーヒー飲むでしょ?という衣咲だが
出したのは、割引券だった。
部屋には、やさしいドイツ語入門の本が置いてあった。

そのまま寝てしまった衣咲の靴を脱がせていると
インターフォンが鳴る。
気になって追いかけると江上だった。
さっきまで大勢で飲んで衣咲と一緒だったと話す理一
会話もままならないほど酔っていたのは、振られたせいだからと
話す。
振られたのはこっちだと言う江上
江上は、月曜にフランクフルトに立つという。
江上は、封筒を衣咲に渡してもらおうと
理一に託そうとするが、理一は、そんなに親しい間柄ではないからと
断る。
江上は、店のほうに寄ってみると言い残し
別れた。

部屋に帰ると英介がいた。
英介は、普段ほとんど家に帰ってきていなかった。
突然だったからと驚く理一。
英介は、オイルサーディンにマスタードを乗せて焼いただけだと
料理を作っていた。

なんでもできる人はいいなとうらやむ理一
オレってかっこいいなと
まんざらでもない英介だった

増田教授の退官パーティー
それぞれが同窓生の行く末に本音と建前の
言葉をかける
悪気はないとわかっていても
どこか気後れしてしまう理一

理一は、木田に誰かの真似事じゃなくて何かを生み出せる
人間だよと言われる
理一も卒業制作で映画を撮っていたが
延々と1人の女性を撮ったラブレターだなと言われていた。
各年度の最優秀賞の映像が流れる

理一は、退官バーティーの後、幸平の元にきた。
衣咲も教習所の帰りに来ていた。
どんな様子だったか聞く幸平だったが
送別会のようだったと答える理一

理一は、衣咲がこんなところにいていいのかと
心配するが、衣咲は、映像学科を出て
こんなところで何をしているのか訊ねる

思い出作りと答える幸平
理一のは、ちゃんとしてるんだという声を
制する理一
話題は、理一の過去の恋の話へ。

理一は、3年前に映画で撮ったヒロインに振られていた。
衣咲は、3年も前の話は、過去だという。
昔自分の生徒だったという衣咲は、
当時実習生だった頃を振り返る
まじめな顔して聞いてくれて、若さっていうか青いっていうか
こっぱずかしい光景だと話す。

それを聞いた理一
恥ずかしいのは、今のあなたでしょうという
今の状況考えればわかるはずだと。

男がダメだから仕事に逃げ
仕事がダメだから男に逃げ
結局あなた何がしたいんですか?
そんなだからどっちもだめ
30越えても何もないんだ
最後まで希望をすてるな
あきらめたら夢は終わってしまうと
言ったじゃないかと衣咲を責める

衣咲は、「ちょっと待った。
私そんなこと言った?」とまったく覚えていなかった。
そのことに腹を立てる理一
「最低だな、あんた」と別れる

それぞれの部屋に帰る2人

衣咲は、江上に電話をかけるがすでに番号は
変えられてしまっていた。

理一は、自分の作品を見ていたが
途中で、消した

英介は、バーで園田雪絵(蛯原友里)と飲んでいた。
サイコロを転がし、こっちのほうがいいと
あることに決断していた。

翌日、観察教習を行うという
理一が運転して、衣咲を含む3人の教習生を乗せて走る。

行かなくていいですかと理一
行くってどこに?と衣咲
衣咲は、月曜に江上がフランクフルトに立つことを知らなかった。
理一は、衣咲が酔っ払ったときに江上に会って
聞いていたのだ。

信号が赤になる。
慌てる衣咲
どうして来たの?と理一に尋ねる
理一が知る由もない
話しがあったんじゃないですか?と答える
理一は、店の方にいくっていってましたと
伝える

どうしよう・・と衣咲
どうしたいんですか?と聞く理一
「断ったんですよね?」
「ミセスいくなんて思ってなかったから」という衣咲

教習中は携帯切ってくださいという理一の言葉を無視して
衣咲は、店に電話をかける
店では、衣咲宛てにチケットらしきものを預かっているという
店の方が忙しくなってきたのでと電話が切られる。

同じ教習者に乗っている男性が、それは、ドイツ行きのチケットではという
衣咲は、高速乗って成田に行くようにと理一に指示。
恩師なんでしょ?と頼む。

理一の高校時代
衣咲が実習日最後の授業を務めていた。
泣きそうになる衣咲に
先生頑張ってと声をかける生徒たち

『最後まで希望を捨てないでください
あきらめたらそこで試合終了です
夢は諦めた瞬間、その瞬間に
夢は終わってしまうから』

理一は、車を走らせる
東名高速に入る
「先生大丈夫なんですか?」
「ばれたら首です」と理一
成田まで車を飛ばす

空港で、フランクフルト行きの便を確認すると
予定していた便は、すべて出発した後だった。

とぼとぼ歩く4人

そこに理一の元彼女の広瀬歩美(小林麻央)が
通りかかる。
彼女は、フライトアテンダントをしていた。
理一に気づく

久しぶりと挨拶をしたあと
まだ映画撮ってるの?と聞く歩美
普通に社会人をやっていると答える理一
携帯も家も変わっていないという理一に
お兄さん・・英介さんも一緒?と聞く歩美
理一は、今は、別々と答えた。

英介は、会社である封筒を部長に渡す
部長は驚いて英介を呼びとめようとしていた

教習所に戻る4人
今回のことは、急なエンジントラブルだったと
報告をする理一だった。


衣咲は、店に戻り、江上からの封筒を
カバンに入れる


『ヘミングウェイ』で衣咲が飲んでいるところに
理一が来る
2人は、一緒に飲む
おごるよと衣咲。

「ありがとね昼間
お礼言うの忘れたと思って」
「ぼくカプチーノっていいましたよね
これフラペチーノ」
「いいじゃん。こっちのほうがおいいしかもよ
何事も試してみないとわからないじゃん
人生も同じ」という衣咲

前にもこんなことあったなって
あなたにいわれたこと・・と思い出す理一

今はこんなだけど、高校の時は勉強できた
それなりの大学にも行けて就職もできただろう
これが一番いいんだろうなと思い始めていた。
なんでも兄貴の真似ごとばっかりしていた

映画監督も兄貴が目指していたが
今は見切りつけてエリートサラリーマンになったと話す
自分もまっとうな道歩んでいこうと、そう思ってたら衣咲が
最後の授業で
バカみたいにまっすぐ言ったと言う。

夢はあきらめた瞬間に終わってしまうって
それに一撃受けたんですと理一

衣咲は、『夢はあきらめた瞬間に終わる』という言葉は、
『スラムダンク』からの引用だと思い出す
どうしてもかっちょいいこといいたくて
マンガからパクったと告白する。

あれ私のバイブルという衣咲に
マンガでオレの一生が・・と理一が愕然とする

衣咲は、嘘をつけない自分は、
本当にに思っていたのと振り返る
悪かったね
余計なこといったんだねと衣咲は謝る

どちらかというと感謝してますと理一
人生で1度だけ諦める前に試したのは大学受験だけ。
あとは逃げてばかり
理想求めて突っ走ることも、現実と折り合いつけて路線変更できなくて
ブレーキかけてばかりと話す

「じゃあ2度だ
今日走ってくれた
あたしのために」と衣咲

理一は、チケットがあったか衣咲に確認する。
今からでも遅くないと話しながら
衣咲は、封筒を開ける。

中身は、空港ではなく、ただの港
ディナークルーズの券だった。

『いままでいろいろありがとう
ディナークルーズ一緒にいけないけど
誰かと楽しんでください』という江上からの手紙

衣咲きは泣き始める
隣の理一は、少しバツの悪そうな顔で
隣に座っていた。


なんか展開の見えそうな話しなんだけど
深津さんと妻夫木くんのいいイメージ、
強そうな女性と妻夫木くんの優しい感じが
よくあってるなーと思いながら見ました。

誰でも夢を諦めるかどうしようか立ち止まる時って
あると思う。
夢を現実に仕事ができる人はほんのわずか
だからこそ、誰でもひっかかっている部分ってあるように思う。
そんなせつない思いが感じられた回でした。

衣咲の失恋は、ちょっと可哀想でしたね。
ほんとにすれ違い。
最後もう一度話ができたらよかったのにと思う。
そして、最後のプレゼント。
衣咲が行きたがっていたディナークル−ズのチケットでした。
江上が、本当に衣咲のことを愛していたんだなと
わかって、ちょっぴりうれしかったです。


ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆


主題歌です。
福山さんが甘い声で唄ってくれてます。
福山雅治 CD+DVD【東京】初回盤(8/17発売)



posted by まりこ(^▽^) at 17:47 | 東京 ☁ | Comment(13) | TrackBack(16) | 2005年(7月〜9月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
ほほー!!
先が気になりますね!!
Posted by ハーレムを作るニート【関ヶ原の合戦】 at 2005年07月06日 01:29
まりこさん、こんばんは。
私も主役の二人に好印象。二人のやり取りが可愛かったです。
復帰の広末さん、笑顔がやっぱりカワイイ。
とてもママには見えません!!


Posted by ちーず at 2005年07月06日 01:51
「気ままなNotes...」へのコメント&TBありがとうございました。
 キャスティングに魅かれて期待度(ハードル)上げすぎました。
 うーーーん、まだまだ微妙な感じで、平均点以上なんだけど、98点くらいを予想していただけにちょっと残念だったり。
 衣咲のキャラ設定が、ちょっと20代の深っちゃん的?で無神経すぎるので、そこが難点。30過ぎてんだから、もう少し常識知ろうよ!って思うとなかなか応援しずらくなります。
 もっと爽やかで軽快なドラマにしてほしいなぁ。
Posted by pixy_japan at 2005年07月06日 05:24
TBありがとうございます。
妻夫木さんと深津さんのコンビ面白かったです^-^
今後に期待!
Posted by chany at 2005年07月06日 09:38
コメント・TBありがとうございます。

ハーレムを作るニートさんへ
まだ出だしですが、おもしろくなりそうかな。
これからの人間関係の変化に期待したいです。

ちーずさんへ
広末さんは、ママなんですよね。
だからなのか、深津さんより若い役をやっているのが
なんか不思議な感じがしました。
(子持ちママには見えないですけどね(笑))

pixyさんへ
もうちょっと爽やかで軽快なドラマにってわかります!
妻夫木くんは、そのままで十分さわやかなんですけどね(笑)

chanyさんへ
がーっと言う衣咲(深津)と理一(妻夫木)の関係は
合ってるのかもしれないですね。
楽しいコンビになりそうです^^



Posted by まりこ at 2005年07月06日 10:27
初回は私的に
これだ!と思うようなはまれる点がちょっと見つからなかったのだけどしばらく見続けます
惰性になるかも?な感じも

衣咲の恋もえっつ?あんなことで終わっちゃうの?プロポーズまでした相手なのにそんなにあっさり?と疑問もあるけれど
それは次の恋(ドラマが)始るための必要不可欠な要素だったと思うと仕方ないのかな?^^;
でも深津さん年下男ってパターンもしかして多い?
Posted by rosa at 2005年07月06日 12:53
衣咲のキャラがどうも・・・軽い雰囲気のラブコメだと思ってみれば良かったのに、マジになってしまいました。まぁその分、理一の人間性がよーくわかったという利点はありました(笑)。
Posted by まこ at 2005年07月06日 13:32
月9らしいラブコメですね〜
広末さん、ホントカワイイですねww
Posted by 夏帆 at 2005年07月06日 17:09
コメント・TBありがとうございます。

rosaさんへ
あっけなく江上さん行ってしまいましたね(^_^;)
ひょっとして、離婚弁護士の彼みたいに
また出てきたり??とかちょっと思ってます(笑)
深津さんの年下男ってパターン多いですね・・。

まこさんへ
出だしの理一との言い争いは、結構きつく
写ってましたね(^_^;)
これからもっと衣咲のいろんな面が見れたらいいなと
思います^^

夏帆さんへ
広末さんの笑顔いいですね。
ママとは思えない可愛さです^^
Posted by まりこ at 2005年07月06日 21:48
有り得ないんですが、温水さんのキャラがツボってしまい、成田行きをヨシ!としてしまいました(笑)。でも遠過ぎ。後にやっぱりバレてクビ、なんてことにならなきゃいいんですけどね。
Posted by lovelytelly at 2005年07月07日 04:46
それもいいかもw
妻が家出しちゃう
Posted by 酢鶏@人工無能 at 2005年07月07日 07:09
もうCM見る度に興奮しちゃってます。
妻夫木さんホントかっこいいです。
深津さんは、思ってたキャラと違ったので最初の衣咲の言い方にちょっとびっくりしました。
Posted by 夏帆 at 2005年07月07日 15:37
コメント・TBありがとうございます。

lovelytellyさんへ
成田行きは、遠いんですよね。本当は(笑)
私は、まさか理一が行くと思わなかったので
驚きました。
乗せなくても、途中で衣咲だけ下ろしちゃうのかな?と思ったんですけどね。
(元カノと会わせるための成田だったんですよね)

夏帆さんへ
妻夫木くんは、かっこいい中にもさわやかさがあって
好青年ですね^^
冒頭の衣咲のシーンは、私もびっくりしました。
きっと職業病なんですよね(笑)
Posted by まりこ at 2005年07月07日 17:20
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


スローダンス 第1回『夏の恋が始まる』
Excerpt: 泣きそうです。。。。せっかく一度書いたのに、終わりがけに更新ボタンを間違えて押してしまい何故か今まで書いていたのが全部消えてしまいました。。。o(T□T)oこれプラス、スマスマで大爆笑したためちょっと..
Weblog: ぐ〜たらにっき
Tracked: 2005-07-05 19:37

スローダンス初回 まずまずでは?
Excerpt: 初回としてはまずまずじゃないでしょうか。 これだけもりだくさんのキャラを動員して,それぞれの関係が だいたい把握できましたし,見る側としてはこの中に 1人くらい好みの人がいるでしょうから,その人が出て..
Weblog: D.D.のたわごと
Tracked: 2005-07-05 19:38

スローダンス 第1話 『夏の恋が始まる』
Excerpt: コーヒーショップ・HEMINGWAY。 「ダブルトールカプチーノ。アイスで。」 芹沢理一(妻夫木聡)が注文を入れる。 牧野衣咲(深津絵里)が店を出ようとする理一とぶつかりそうになり 軽く挨拶を交わす..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2005-07-06 01:48

【ドラマ雑感】スローダンス(第1回) 「夏の恋が始まる」 いまいちかなぁ
Excerpt:  この夏クール、期待度ランキングNo.1のドラマが、この月9『スローダンス』だ。pixy的に不評だった前クールの『エンジン』の汚名返上となるかどうか。初回見た感じでは、それほどの満足感が得られなかった..
Weblog: 気ままなNotes...
Tracked: 2005-07-06 05:12

SLOW DANCE
Excerpt: 昨日SLOW DANCE 見ました。相変わらずの深津さん、かわいーし、おしゃれです。ハキハキ話す衣咲(深津絵里)とオットリモードの理一(妻夫木聡)の喧嘩シーンとか、見てて面白い〜と思いました。理一が衣..
Weblog: Ema's Diary
Tracked: 2005-07-06 10:57

スローダンス 第1話 『夏の恋が始まる』
Excerpt: スローダンス 第1話 『夏の恋が始まる』 芹沢理一(妻夫木聡)いつも通うコーヒーショップで飲み物を注文するが、口をつけると中身が違う。クレームをつけにレジに行くと、長蛇の列から「ちゃんと並びなさいよ..
Weblog: スローダンス Fan!
Tracked: 2005-07-06 12:23

新ドラマ「スローダンス」 恋は焦らず?
Excerpt: 月9ドラマがスタートしました ドラマの舞台は自動車教習所、そこの教官・芹沢理一(妻夫木聡)が教習所近くのカフェ「ヘミングウェイ」で女性客とトラブルを起こしたところから始る *「ヘミングウェ..
Weblog: rosaのひとり言
Tracked: 2005-07-06 12:51

スローダンス 第1話:夏の恋が始まる
Excerpt: ムム。。。o( ̄^ ̄ ;)衣咲のキャラが・・・ ちょっと苦手かもしんないぞ。{/face_kaze/} 冒頭のカフェでの説教シーンでまずひいた・・・ ま、言ってる事はあながち間違いでは無いかもしんない..
Weblog: あるがまま・・・
Tracked: 2005-07-06 13:33

スローダンス#1
Excerpt: ブッキーこと妻夫木が出てるドラマ、スローダンス見た〜! っていうか、ブッキーってあだ名どうなの? そんなあだ名は嫌いだけど、妻夫木は好きです。 かっこいいって言うかかわいい系のカッコ良さw<なんじゃそ..
Weblog: キマグレ雑記
Tracked: 2005-07-06 22:14

スローダンスVOL.1
Excerpt: 【あらすじ】 大学の映像学科を出ながら、教習所の教官をしている芹沢理一(妻夫木聡)は25歳。いつも行くカフェでセレクトショップの店長牧野衣咲(深津絵里)と偶然出会う。衣咲は恋人の江上(勝村政信)にプ..
Weblog: LOVELY TELLY*TVな毎日
Tracked: 2005-07-07 04:48

妻夫木聡 絶好調の裏で意外な真実
Excerpt: 月9ドラマ「スローダンス」では主役、プライベートでは同じホリプロの優香との密室デート、そして柴咲コウとの朝までデートと公私共に絶好調の妻夫木。 しかし一部ではこんな話が。
Weblog: Stevie の注目!ニュース芸能 Factory
Tracked: 2005-07-07 06:18

『スローダンス』 7/4
Excerpt: 始まりました、新ドラマラッシュ。まずは月曜『スローダンス』から。 ヒロインたちの出会いがスタバ(違)とは、月9らしいじゃありませんかっ。
Weblog: めでぃばな
Tracked: 2005-07-07 08:43

スローダンス 初回
Excerpt: いや〜、不思議なドラマ。これでも20%を越えるんだから・・・ それにしても、誰にも共感できないし、みんなが憎たらしいキャラ。 深津絵里も、最近は役に恵まれないなぁ。
Weblog: ドラマ!テレビ!言いたい放題
Tracked: 2005-07-10 02:03

[ドラマ] スローダンス 第1話「夏の恋が始まる」
Excerpt:  また負け犬話か。春期ドラマでは「anego」「曲がり角の彼女」と、いわゆる負け犬を中心にしたドラマが重なったが、この「スローダンス」にも牧野衣咲(深津絵里)という負け犬が登場している。それだけでまた..
Weblog: ブログの輪舞-ドラマ・映画・本の感想
Tracked: 2005-07-10 02:13

スローダンス 第1話
Excerpt: <あらすじ> 芹・理一(25)は大学の映像学科を出ていながら 自動車学校の教官をしていた。 理一はコーヒーショップで、もめた女性に見覚えがあり 再び会った自動車学校で高校時代に教育実習に来た 牧野衣咲..
Weblog: TVpanda
Tracked: 2005-07-10 21:08

ドラマ スローダンス
Excerpt: ●プロデュース … 高井一郎 鹿内植 ●演出 … 永山耕三 平野眞 成田岳 ●脚本 … 衛藤凛 ●音楽 … 妹尾武 ●主題歌 … 「東京」 福山雅治 ●出演 … 妻夫木聡 深津絵里 広末涼子 小林麻央..
Weblog: musi-k 〜ムジーク
Tracked: 2005-07-11 01:18
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。