Top ハケンの品格 >ハケンの品格 最終話 「「契約終了!…スーパー派遣最後のスキル」
2007年03月16日

ハケンの品格 最終話 「「契約終了!…スーパー派遣最後のスキル」

春子を追いかけてきた賢介。
春子は、98社目にして
そんなことを言ってくれたのは、初めてですと
答える。
しかし、「ハケンに縛られないのは、私のルールです」と、かたくなに契約更新を拒否する。


賢介は、4月2日と発売日が正式決定となったハケン弁当の最後の詰めで忙しかった。

東海林は、会社を辞めることはとどまったものの
名古屋に異動させられていた。
しかも、名古屋の従業員は、本社から来た人間とは折り合いが会わず、うまくいってなかった。

春子を引き止めるため、東海林は、名古屋からさまざまな作戦を賢介にメールする。

しかし、サバの味噌煮が好きな春子のために
ようじ屋のフリーパス券を作ったものの
小笠原に渡され、
闘争心をかきたてられるように匡子と
戦わせようとするが
匡子:「なんでこんなにしょうが高いの?」
春子:「お弁当の味に支障がでますが、何か」と
春子に切り返されて
「なるほどね。いいんじゃない?
妥協はよくない」と
二人は笑顔でにっこり。
「黒岩さんと仕事の方向性が似てるみたいで
普段笑わない大前さんが黒岩さんに笑顔を見せました」と賢介が報告すると
東海林は、頭をかきむしる。
作戦は、ことごとく失敗に終わってしまう。

そんな中、美雪は契約の更新が決まったが、春子は当初の宣言通り3ヶ月で会社を去ることを決めていた。

問題だったハケン弁当のコスト削減策は、
米プラスティック製お弁当箱を最初だけ100円買ってもらう
“マイ弁当箱” 方式を採用することでクリアする。
食材の調達は、マグロのツネさんが仲介に入ってくれることで進んでいた。

賢介は、ツネさんから、春子が
漁の仕事を1年も続けていたことを知る。
マグロの扱いにもなれ、情も厚い春子だったが
いきなり雇用者からクビを切られてしまったのだという。
春子は、ツネの胸で
『ツネさんあたしずっといられるかと思っていた。
やめたくない
みんなと別れるのなんてやだ・・
やだよ・・』と泣いていた。
その春子を思い出し、ツネは、春ちゃんは
ほんとに情が深い人間なんだと思ったと話す。

賢介は、その話を聞いて。春子が3ヶ月で
ハケン会社を辞めていくのは、別れがつらくなるからではないかと東海林にメールを打つ。
「だったら正社員になればいいのに」
「会社を信じてないって」と
二人の間でメールが飛び交う。

その頃。美雪は、契約更新したものの
小笠原からもらった赤いひざかけを抱きしめ
意を決して一ツ木に電話をかける。

翌日、一ツ木から、美雪が家庭の事情で契約更新を辞退すると報告される。
美雪は、実家の両親が戻ってこいってうるさくて。
ハケン弁当当日はお手伝いさせてくださいと
理由を告げる。

東海林は、孤独な中、つい弱音のメールを書いてしまい消そうと思っていたものの
賢介に送信してしまう。
慌てて本社に電話すると春子が出た。

賢介を呼び出そうとするが
社員は、全員いないという。
森美雪に代わってくれというと
なんと春子が声色を変えて、美雪のフリをする。

東海林は、「なんかずいぶんトーク違わない?」と不振に思いつつも、賢介に届いたメールを削除してほしいと頼む。

しかもパスワードはkoinuでした(笑)

春子は、美雪のフリのまま、「東海林主任、やっぱり春子先輩に代わりましょうか?」と聞く。
「あいつが代わりたいっていってるのか?」
「全然」と美雪のフリをする春子(笑)

春子は、電話を切ったあと、東海林が見られたくないと
送ったメールを賢介のパソコンから開く。
東海林は、自分が耐え難い屈辱を味わっていることをこぼしており
正社員は、一人だけ。
ネクタイと呼ばれている。
派遣の気持ちがわかっちゃうなんてやばいな。
賢ちゃんだけは俺のこと見捨てないよなと
書かれていた。
春子は「情けな・・」と
そのメールを削除した。

契約終了日当日。
ハケン弁当は、マスコミにも注目されており
桐島部長からのプレッシャーがかかる。
春子が去ると同時に代わりの派遣も面接に来ていた。

6時になり、春子はいつもどおりに退社。
賢介は、送別会をやろうとみんなを定時に上がらせようとするが、美雪は以前やっていただいたからと
断り、挨拶をして春子と一緒に会社を後にする。

美雪は、会社のビルを見上げ、泣いていた。
その様子を春子が見つめる。
「勤務時間が終わるまでよく頑張ったね。
仕事中にトイレに駆け込んで泣いていたあなたが
よくここまで成長しました。」と春子はほめる。
美雪は、実家の群馬に帰ることは嘘だと話す。
ずっとあそこで働きたい。
でも、派遣でいる限り、いつか消えなくてはいけない。
いくらスキルを磨いたってこんな思いして働くなんて派遣をやめますという美雪。

そんな美雪に、春子は
「誰もあなたに派遣になれと言った覚えはありません。
あなたはあなたの道を行けばいいんです。
そのために必要な勇気を3ヶ月で得たはずです。
大丈夫。
自分の気持ちに正直に、勇気を持って歩き出しなさい。
働くことは生きることです」
お疲れ様でした、と春子はまっすぐ帰っていく。
その二人の様子を賢介が見ていた。

賢介は、カンタンテへ。
「契約終了しましたが、何か。」
「さっきあなたと森くんが話してるのを聞いちゃったんです。
東海林さんもよく同じことを言ってました
一緒に働くことは一緒に生きることだって。」
「それが何か」

賢介は、「一番自分と向き合ってないのは、あなたじゃないですか。
あなたは東海林さんのことが好きなんですよ。」
「里中さんよくいってくれたわね」と眉子が
間に入る。
すると春子は、賢介のおでこに人差し指を当て
「クリップピッ! 削除しました。
S&Fとはかかわりありません。私の中から消しました」と東海林のことも忘れたと言い張る。

すっかり振られた賢介にリュートが
付き合うよと相手をする。
契約が終わるといつも春子はああなんだと
話す。
眉子は、残業をしなかった春子を見て3ヶ月間特別な時間をすごしたと話し、
3人で、乾杯する。

春子は、部屋を片付けていた。
東海林の電話番号のメモを見つけるが
そのまま部屋を飛び出す。

4月2日
ハケン弁当販売日当日。
しかし、新潟が大しけのためお弁当箱が届いていないという
雪で道路も通行止めだった。
春子も出先でそのニュースを聞く。

美雪もニュースを聞き、慌てて応援に駆けつける。
このままでは、マイ弁当の容器が間に合いそうになかった。
そんな時、1機のセスナが上空を飛んでくる。

セスナは、ある箱を上から落とし
その後から女性がスカイダイビングで飛び降りてくる。
荷物と共に降りてきたのは、春子だった。

箱の中身は、マイ弁当箱だった。
「大前さんありがとうございます。」と賢介がお礼をいうと
「お礼を言われる筋合いはありません。
スカイダイビングは私の趣味です」
「ほんとに素直じゃないっすね・・」と務。
「大前さんパラシュート・・」
「片付けておいてください」と立ち去る春子だった。

ハケン弁当は無事オープンする。
次第にそれは大きな規模となり
フランチャイズ化され全国展開にまでなった。

賢介は、会社で社長賞を表彰される。
壇上で挨拶する賢介は
決して奢ることなく
ハケン弁当は、一人の派遣社員のアイデアから生まれたこと、
本当は、この賞をもらうのは、今は既にいない彼女のほか
実現に向けて頑張ってくれた派遣社員たちで
こんな賞を僕だけもらうのはおかしい。
ハケン弁当のほんとの値打ちは、こういう社員と
派遣が力をあわせられたことですというと
会場は拍手に包まれた。

賢介が、外に出るとS&Fの会長が
お弁当を食べていた。
会長は、賢介に
「わが社は、もっと派遣を導入すべきかと思うかね?」と質問する。
「その答えは僕にはまだわかりません。
ただある派遣女性に言われました。
ハケンを人だと思ってるんですかと。
人として、向き合わなければいい仕事はできないのではないでしょうか」と賢介は答えた。

美雪は、あたらしい就職先で面接を受ける。
美雪は、派遣でなく、社員を目指していた。
近も社員とハケンの格差のないところに就職する。

春子は、スペイン・アンダルシアにいた。
春子の携帯が鳴るが、春子は出ない。
電話の相手は美雪だった。
美雪は、S&Fに行きみんな元気そうだったと
報告をする。
マーケティング部の主任は、匡子になり
新入社員・那須田を厳しく指導していた。

小笠原さんはパソコン覚えて
里中主任は社長賞を取ったことも伝わる。

自分自身は、S&Fの社員として試験に受かったと報告。
半年後には、半数が適正なしと切られる現状だが
頑張りますと話す。

そして、話題が東海林主任の話になると
まだ本社に戻ってきてません。どうしてるんでしょうね・・
というところで留守番電話は切れた。

春子は、美雪からの留守番電話を聞き終えると鞄をあけ、東海林からもらった携帯番号のメモを見て
電話をかけようと悩む・・

賢介は、東海林を心配し、S&F運輸名古屋営業所へ。
東海林は、そろそろ福岡まで配送出ないと間に合わないですと土屋(金子賢)に言うものの
「おまえの下じゃ働けねぇ」といわれしまう。

そこに一人の女性が現れる。
「とっくり・・」と驚く東海林
「夢か?どうしたんだ?
しばらくだな
元気そうじゃないか」
「それが何か」
「久しぶりに聞いたな。おまえ・・」

「大前春子です」
「しびれるな。どうしてここに?
ここでいろいろあってさ
ゆっくり話さないか
ふぐ死ぬほど好きっていってたよな」

ふぐだったら自分でたべられますから」と
ふぐ調理師免許を取り出す春子。
そのあとも、次々と
資格を取り出す春子。

今までに明らかになってる資格は、「移動クレーン操縦士」、「ロシア語会話」、「大型自動二輪免許」、「昇降機検査」、「助産師」、「剣道四段」、「普通自動車第一種免許」、「大型自動車第一種免許」、「犬訓練士」、「看護師」、「食品衛生管理者」、「調理師」、「ふぐ調理師」、「理容師」、「初生雛鑑別師」、「危険物取扱者」、「核燃料取扱主任者」、「あん摩マッサージ指圧師」の資格を取得しています。

「なにしにきたんだ」
「面談です
全部見せると時間がかかるので
契約は3ヶ月ということで」
「ほんとに面談?」
「私を雇って後悔はさせません」

「何いってるんだよ
時給の高いハケンがくるところじゃないんだよ」

「運転手と一般事務ができます」と春子
「おまえならどこでも雇ってもらえるだろ
なんでこんなとこで」
「今度は、あなたに社長賞を取っていただきます。
そのためにこんなところまで来ましたが何か。
私を雇っていただけますか?」
「あたりめーだろ
よろしくお願いします」と頭をさげる東海林

春子は、東海林に顔を近づける。
「眉毛はくるくるパーマじゃないんですね」と
ピッと東海林の眉毛を抜く。
「業務につきます」と春子
「ちょっと待てー!
勝手にひとの眉毛抜くんじゃないよ!
謝れ!」
「今回はマネージャーの一ツ木さんをとおしてないので勤務態度が悪いのは、我慢してください」
「俺の眉毛抜きにきたんだろ!」
「東海林さん落ち着いて・・」と賢介が東海林をなだめる。


キ・・キスするかと思った・・(笑)
なんかもう、春子が“会いたくて来ちゃいました”と言っているように聞こえてしまってニヤニヤしちゃいました。
東海林も「俺に会いにきたのか?」くらい
言えばよかったのに・・(笑)
春子の意地っ張りがゆえに、やることと言ってることが、ちょっとちぐはぐになっちゃうところが
すごく好きです(笑)


春子は、大型トラックに乗り込んでいく。
「京都まで行きますが 何か」
「仕切るのは俺だ」
「そこどいてください。轢いちゃうちゃいますよー
3ヶ月間お時給のぶんはしっかり働かせていただきます」と春子は走って行ってしまう。

「行っちゃったね・・」
「行っちゃったっていうか帰って来ちゃったっていうか・・」
呆然とする二人だった。

(終)

おもしろかったですね!
最終回視聴率、26パーセントだったそうです!
みんな最後は気になったのかな?

ハケン視点と社員視点に注目したのも新鮮でよかったし、美雪の成長もよかったです。
『働くことは生きること』
4月から社会人になる人にもいいエールになる言葉だと思いました。

あと注目だったのが、春子と東海林のツンデレカップルですね。
当初、この二人・・?と思ったのですが
俄然春子の気持ちが見えてしまってからは
気になって仕方ありませんでした。

名古屋に飛ばされてしまった東海林は、あまり出てこないのかなーと思ってたら
後半バリバリじゃないですか。
春子と東海林の掛け合いはもう最高ですね!
しかも、これって絶対続編ありでしょう!
春子が東海林を本社に戻すために奔走する図というのが見えてくるし
金子ら、他の社員との仲も取り持つんじゃないかな。
他にも未回収な問題ありますよね。
・S&F会長(大滝秀治)と眉子のつながりは?
・匡子は、一人でランチを食べられるようになったのか?
そのあたりのエピも見たいなって思います。
そして、東海林とは、『anego』の時みたいに
しっかり形になるといいな〜
続編、SP楽しみにしてます!!


引用元…ハケンの品格公式HP

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

視聴率
18.2→18.6→18.8→20.1→18.6→20.7→20.2→19.9→19.9→26.0
最終回の追い上げがすごい!

美雪(加藤あい)が着用してました!




主題歌です。
B000MAFXW8見えない星
中島美嘉 長瀬弘樹 羽毛田丈史
ソニーミュージックエンタテインメント 2007-02-21

by G-Tools


B000M7XSUUYES (初回限定盤)(DVD付)
中島美嘉
ソニーミュージックエンタテインメント 2007-03-14

by G-Tools


B000M5B9RQ「ハケンの品格」o.s.t
TVサントラ
バップ 2007-02-28

by G-Tools


人気番組グッズがそろってます!


関連記事
ハケンの品格 第一話
ハケンの品格 第二話(公式HP)
ハケンの品格 第三話
ハケンの品格 第四話
ハケンの品格 第五話
ハケンの品格 第六話
ハケンの品格 第七話
ハケンの品格 第八話
ハケンの品格 第九話

キャスト
大前 春子…篠原 涼子
森 美雪…加藤 あい
里中 賢介…小泉 孝太郎
東海林 武…大泉 洋
浅野 務…勝地 涼
黒岩 匡子…板谷 由夏
一ツ木 慎也…安田 顕
天谷 リュート…城田 優
小笠原 繁…小松 政夫
天谷 眉子…白川 由美
桐島 敏郎…松方 弘樹





posted by まりこ(^▽^) at 17:47 | Comment(2) | TrackBack(4) | ハケンの品格 | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
まりこさん、こんにちは。

「ハケンの品格」は面白かったですね。
毎回、春子のすごいスキルや会社について考えさせられたり、というのが良かったです。

>しかも、これって絶対続編ありでしょう!
春子が東海林のいる名古屋の子会社に行く、というラストの続きが私も見てみたいです。
Posted by 鉄火丼 at 2007年03月18日 17:41
鉄火丼さんへ
ハケンおもしろかったです!
ポーカーフェイスを装いながら
最後のほうでちょっと人間らしい?春子も見られて楽しかったですね。
名古屋での春子、見てみたいです^^
Posted by まりこ(^▽^) at 2007年03月20日 12:51
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


ハケンの品格 最終回 感想
Excerpt: 『契約終了!…スーパー派遣最後のスキル』
Weblog: ぐ〜たらにっき
Tracked: 2007-03-17 11:23

・日本テレビ「ハケンの品格」第10話(最終回)
Excerpt: 2007年3月14日(水)22時から、日本テレビで、「ハケンの品格」第10話(最終回:契約終了!…スーパー派遣最後のスキル)が、放送されました。最終回は、15分延長版。 春子ちゃんの、資格証書の連打..
Weblog: たまちゃんのドラマページ
Tracked: 2007-03-17 18:26

《ハケンの品格》★#10
Excerpt: 契約更新をせまる桐島部長に、春子は@3ヶ月以上働くと、私のスキルがあまりにも高すぎて社員との間に、格差が生じます。A社員が私に頼りすぎて、ますます使えなくなります。Bこう言う質問をされること自
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2007-03-18 07:29

「ハケンの品格」(最終話:「契約終了! スーパー派遣 最後のスキル」)
Excerpt: 今回の「ハケンの品格」は最終回で、春子(篠原涼子)の契約が終了する。賢介(小泉孝太郎)が社長賞をいただいたときにスピーチするというシーンがあったが、鉄火丼は彼のスピーチの内容を聞いて…? (全編通して..
Weblog: 鉄火丼のつれづれ日記
Tracked: 2007-03-18 17:16
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。