Top 演歌の女王 >演歌の女王 第三話 「今、イジメられている君へ 」
2007年01月28日

演歌の女王 第三話 「今、イジメられている君へ 」

信(武井証)を預かることになったひまわり(天海祐希)の元に、
ヒトシ(原田泰造)が、出会い系サイトで知り合った五味貞子(成海璃子)という中学生の女の子を連れてくる。
ひまわりは、じゃんけんで負けヒトシから貞子を押し付けられる。


ひまわりの元にきた貞子には、携帯に次々と 
『死ね、うざい』などの嫌がらせのメールが届く。
実際貞子は、学校のイジメグループから100万も
まきあげられており、そのお金のために
援助交際をしようとしていたのだ。
自分もいじめられていた経緯があったことから
他人事とは思えず、ひまわりは貞子を預かろうとする。

貞子とひまわりは、いじめられていたというだけでなく、
なんとなく人のものを壊してしまったり
悪気がないのに なぜか、事態が悪い方へ悪い方へ
いってしまうなどの“不幸を呼ぶ”共通点があった。

ひまわりが家に帰ると信が一人留守番をしていた。
ひまわりは、信に学校にいけるようにかけあってみたが
やはり両親じゃないと無理だったと話す。
ひまわりは、信に貞子の行方を聞くが出ていってしまったという。
そのころ貞子は、クラスの子たちからお金を巻き上げられていた。

ひまわりは、貞子と連絡を取るためヒトシの元に向かう。
ヒトシが出会った出会い系サイトから連絡をとってもらおうと頼む。
その様子を、ヒトシの妻、真佐美が見ており
ちょくちょく顔を出すひまわりに怒りを向けるようになる。

真佐美の本性は次回明らかになりそうです。
でも、確かに新婚なのに夫のもとに知り合いの女性が
何度もたずねてくるのは、いい気分しないですよね。
ヒトシの母は、痴呆の本を読んでいたりしましたが
ちょっと物忘れが出てきているみたいで
こちらも心配です。


ひまわりは、刑事の湯水と一緒にいる貞子を見つける。
慌てる湯水は、ごまかそうとするが
ポケットからコンドームが出てきてしまい
まったく説得力がなくなる。
その隙に貞子は逃げ出してしまう。
しかし、電柱をよけようと変な転び方をしてしまう貞子。
ひまわりは、そんなことを続けていたら取り返しのつかないことになると説得。
両親に話したほうがいいと薦めるが、貞子が巻き上げられた100万が
両親の貯金通帳から下ろしてしまったもので
言い出せなかったのだった。

ひまわりは、貞子を連れて学校にいく。
逃げる道、逃げない道の二つの選択肢があったが
ひまわりと貞子は、逃げない道を選んだ。
ヒトシは、逃げる道を選ぶ。

ひまわりは、貞子のクラスに乗り込み
「お願いだから貞子ちゃんからお金取り上げたりしないでもらえませんか」と訴えてみるもの効果はなく
「あなたたちのせいで援助交際なんてしようとしたんですよ」と
口を滑らせてしまったため
クラスでは援交をしていると知られ逆に大ピンチに。

ひまわりの妄想では、クラスの子たちに激を飛ばしてましたが
「いいかげん目覚めろよ」には
また真矢に会いたくなりました。


貞子は、逃げ出すが、やっぱりまた転んでしまう。
そんな貞子にひまわりは、「うちに帰っておいで
ひとりぼっちはさびしいよ
私待ってるから」と声をかける。

しかし、信の待つ家に帰ると
貞子は、『私が死んだら読んでください』と書かれた
封筒を置いて出ていっていた。

急いで探す二人。
貞子は、学校の屋上にいた。
飛び降りて死ぬという貞子に
ひまわりは、どっちがついてないか勝負しない?と持ちかける。
お互い不幸自慢?が始まる。
信に「どっちがついてない?」と聞くと
「どっちもどっち」という信。
ひまわりは、それならじゃんけんしようと
持ちかけ、お互い勝ったことのないもの同士の
じゃんけんが始まる。
しばらく続くアイコ・・
すると、ようやくひまわりが負け決着がつく。
ひまわりは、腰の抜けた貞子の下に近づこうと手を差し伸べるが
逆にひまわりが屋上から落ちてしまう。

ひまわりは、病院で心停止していたが
無事意識を取り戻した。
ひまわりは、「二度とあんなことをしないで」と
貞子と約束をし、病院をあとにする。

その様子を見ていたヒトシは、貞子に
親に返して謝ってきなと
100万の札束を渡す。
怪しい金じゃないからというヒトシに
貞子は、お金をもらい家に帰っていく。

ひまわりは、ヒトシに会えてよかったと見直すが
家に帰ると家財道具一式がまったくない。
なんとヒトシがその100万を作るため売ってしまったのだ。
ひまわりは、ヒトシに対する前言を撤回する。

これにはびっくり!!
勝手にひまわりのものを売ってしまったなんて!
まったく悪びれることもないヒトシもある意味すごい・・。


部屋で信と一緒にカップラーメンをすすっていると
貞子が現れる。
貞子は、ひまわりに弟子にしてくださいと頼む。

お弁当屋でバイトするひまわりに
真佐美がやってくる。
真佐美は、
「あなたさ、うっとうしいから二度とうちにこないで
わたしたち夫婦の前に二度と顔だすなっていってるだろ」と
ひまわりに怒鳴りつける。

今回は、さほど悲壮感はなかったものの
学校から落ちてなんで生きてるんですか!!
しかも入院せずに帰ってきてるし
それからしばらくもたたず弁当屋で仕事してるし
びっくりです。
信は、まだ学校に行けないみたいだし
どうなるんでしょうね。
このあたりの解決法も見えてこないし
貞子は、弟子になるっていってたけど
貞子まで居候することになるんでしょうか。
ひまわり、生活は大丈夫なの??
そんなひまわりの心配をしつつ
今度は、本性むきだしの真佐美の真実がわかるそうです。
こちらのバトルもちょっと楽しみです。
でもこのドラマ、どういう方向性で進んでいくんでしょうね・・。


引用元…演歌の女王公式HP

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

視聴率
10.9→9.5

関連記事
演歌の女王 第一話
演歌の女王 第二話(公式HP)

天海さん着用モデルです。


B000M5B9S0「演歌の女王」o.s.t
TVサントラ
バップ 2007-02-28

by G-Tools


主題歌です。
B000M7XSVY君の好きなとこ
平井堅
DefSTAR RECORDS 2007-02-28

by G-Tools


キャスト
大河内ひまわり * 天海祐希
田丸ヒトシ *原田泰造
田丸真佐美 *酒井若菜
信友勝也 *黄川田将也
矢沢 *平山広行
花田 信 *武井 証
信友星江 *高畑淳子
志田 *半海一晃
信友幸子 *福田麻由子
温水啓司 *温水洋一
萩本次郎 *段田安則
田丸道代 *池内淳子












posted by まりこ(^▽^) at 17:33 | Comment(2) | TrackBack(1) | 演歌の女王 | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
このドラマ、案外気に入ってます。
給食費の支払いを平気で拒否するような親の増えた日本を憂えるまともで真面目な日本人が共感しながら、ときに苦笑いしながら、あるいは脱力しながら見ているような気がするわ・・・
Posted by みよこ at 2007年01月29日 15:08
みよこさんへ
コメントありがとうございます。
ひまわりの不幸さにどうしようもないんだけど
やっぱり応援したくなってしまいます。
もしかして、あまり真剣に考えて見るドラマでは
ないのかもしれないですけどね(苦笑)
Posted by まりこ(^▽^) at 2007年01月29日 17:29
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


演歌の女王 第三幕:いま、イジメられている君へ…
Excerpt: やっぱり妄想かぁ〜|||(ヘ; _ _)ヘ||| ガクッ 予告で見た真矢と化したひまわりは、自分の世界に入りこんでた際の幻想でした{/hiyo_shock2/} でも「いい加減目覚めろよ。」以外にも..
Weblog: あるがまま・・・
Tracked: 2007-01-29 20:11
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。