Top 花より男子2 >花より男子2 第四話 「命がけの修羅場」
2007年01月27日

花より男子2 第四話 「命がけの修羅場」

つくしの元に走りだす司。
楓は、必死に大河原夫妻に謝るが
話にならないと、大河原夫妻が帰ってしまう。

司は、つくしの運ばれた病院へ。
楓は、司に電話をするが
司は、携帯の着信に気づきつつもぶっちぎる。
楓は、道明寺財閥の命運がかかっている婚約を
やめさせるわけにはいかないとつぶやいていた。

司が病室の前にたどりつくと、ちょうど類が病室に入っていく。
ドアの隙間からのぞくと、つくしの両親が、類にお礼をいって
頭を下げていた。
その様子をみて、司は、病室に入れず帰ってしまう。

病室の類は、つくしの両親たちが疲れている顔をしているのをみて
自分も明日大学の授業もないからと
つくしに付き添うと名乗り出る。
つくしの両親たちも帰っていく。

とぼとぼと一人帰る司。
類は、まだ眠っているつくしの顔をみつめる。
そして滋も、一人取り残され司のことを思っていた。

司は、家に戻る。
司の帰りを見つけた楓は、
「庶民の小娘にそんなに未練があるの?」と
司を責める。
「この道明寺の家がどうなってもかまわないというのね
罪のない人が犠牲になっても・・」と
いいかけると
司は、「牧野のことはあきらめた。何度も言わすな!」
と怒鳴り、部屋では、悔しさのあまり叫び声をあげていた。

つくしが目を覚ます。
病室には、類が手を握りながらベッドの横で伏せっていた。
類は、昨日つくしがバイト中に倒れた経緯を話す。
類がちょうどつくしに電話したときに
つくしが倒れて、救急車で運ばれるところだったため、
救急隊員と類が電話で話ができ、連絡がついたのだった。

「すぐ来てくれたの?」
「暇だったからね」
「一晩中ずっとそばにいてくれたの?」
「そう」
「ありがとう。あのさ、ずっと手を?」
類は、ぎゅっとつくしの手を握り返す。

そのころ、滋は、司の部屋に乗り込んでいた。
「こんなところで寝てたら風邪ひくわよ」と
ソファで眠る司を無理やり起こす。
「俺は眠たいんだ」という司に
「何してたから眠たいの?」とくすぐり始める滋。
帰れという司に、滋は
「私は、滋。あなたの恋人。婚約者。」だと
司を我に返らせ、「昨日のこと謝って。
学校終わったらデートして
そしたら昨日のことは水に流してあげる」とデートの
約束にこぎつける。

つくしは、今日が学部審査であることを思い出し
急いで病室をでようとするが
類がその件に関しては学校にかけあってあげるから
今は 体のことだけ考えてとつくしを止める。
「ほんと優しいよな・・花沢類は。
また助けられちゃったな。ピンチのときは花沢類って」
「なんで俺がピンチの時の花沢類か知ってる?
牧野のこと好きだから」
「え?」
類はそういってつくしにキスをした。

予告でも流れてたけど、やっぱりびっくりしました。
類がどこまで本気かわからん・・・・


つくしの病室に両親がくる。
つくしは、あと1本点滴が終わったら帰れることになった。
両親は、つくしに苦労をかけてごめんなさいと
謝る。
つくし母は、類とも恋の可能性はあるの?と聞き
つくしは、類のことを意識してしまう。

つくしは、類にキスされたあと
「びっくりするよ。
だめだよ友達はそういうことしちゃいけないんだよ
そうでしょ。いきなりだと心の準備が」
「だってしたかったんだもん。しょうがないじゃん」と
言う類だった。

類のこういうところがよくもあり、謎でもあり・・(笑)
でも今回は、ちょっと類が本気モードなのかなぁ・・・


英徳のカフェでは、類がつくしの看病をしていたことが
美作や、西門に伝わる。
二人が類とつくしの関係をどうなってるんだと聞いていると
そこに司が現れる。
司は、一緒に飯でも食おうとやってくるが
明らかにテンションがおかしい。
司は、類に昨日なにしてた?と
電話をかけたけどつながらなかったと話を振ると
逆に司は、みんなから昨日の結納どうなったと
聞かれる。
しかし、司は、結納と有能を間違え
またとんちんかんな答えを連発。
類は、そんな司のテンションの高さに
もしかして結婚の日取りが決まったの?
結婚決まったのか?と問い詰める3人。
「俺が聞きたいのは・・!」と
司が類に聞こうとすると、司に滋から呼び出しの電話がかかってくる
司は、しぶしぶ滋の下へ出ていく。

司は、つくしの病状や、類とつくしのこと気になってたんですよね。
でも、今ってみんな携帯もってるから、都合のいいところで
着信とか多いですね・・
まあそうしないと話はつながっていかないんだけど


病室のつくしの元には、優希が見舞いにきていた。
「倒れるとみんなに迷惑かけるし、これからは気をつけるよ」というつくしだが、優希は、つくしが妙に元気なことに気づき
何かあった?と聞き出す。

デートをする司と滋。
しかし、司は、先に一人でぐんぐん歩いてしまい
まるでデートどころではない。
そんな司に滋は無理やり「つきあってるんだから!」と
司と腕を組む。

つくしは、優希に類にキスされたことを話す。
花沢類には、静さんがいるしというつくしだが
じゃなんでキスするの?と優希。
つくしが、類が気分屋で適当、マイペースだからと
話ていると、病院がにわかに騒がしくなる。
なんと美作と西門、そして類もお見舞いにきてくれたのだ。
病院の看護師たちは、にわかに色めき立つ。

滋は、ずんずん歩く司に「どこに向かってるの?」と聞く。
しかし、司は、特に行きたいところを決めておらず
ただ、歩いていただけだった。

病室に来た類は、つくしに追試の件が大丈夫になったと報告する。
その二人の様子に何かを察した美作が、
「用事を思い出した」と西門と優希をつれて病室を出る。
病室には、類とつくしが二人きりになった。
「気、遣ってるのかな」と類がつぶやく。

類とつくしがキスをしたことは。優希から西門に伝わる。
優希は、つくしが司のことで落ち込んでいたので
類のほうが合ってると思うと話すと
西門は、そう簡単に事はつかないと思うという。
西門は、司がつくしに対して未練があることを
見抜いていた。
実際しょうがないという西門に
優希は、どれだけつくしが苦しんだか
つくし振り回すのもほどがあると怒るが
西門は
「恋愛は、理屈じゃないから。
惚れた腫れたは、理不尽なことだらけだよ
本気で人を好きいなることは、命がけじゃないとできない。
司見てるとそう思うよ」という西門だった。

なんか重い言葉ですよ。
遊び人西門ですが、ほんとは誰か一人を愛したいって
思ってるんでしょうね。
ポロリと出た言葉ですが、西門の過去の恋に
つながっていくのでしょうか。


つくしは、退院。
類が迎えにきて会計まで済ませてくれた。
「何からなにまでありがとう」
「送っていかなくていいの?」
「うん。お金は返すから」
「いいよ。元気になってよかった」
「あのさ、花沢類・・」
類は、つくしのおでこにキスをして
「気をつけて帰れよ」と帰っていった。

デート中の滋と司は、レストランに入っていた。
「司あたしたち結婚するんだよね?」
「うん・・」と上の空の司。
「今日ね、部屋取ってあるんだ。」
「・・うん・・・・え??」
「別に問題ないよね。」と滋・・・。

つくしが家に帰ると、なぜか両親の荷物がなくなっており
驚くつくし。
進からパパがリストラになり
ママと一緒に漁村にいったと聞き
唖然とする。

ホテルの部屋に入った司と滋。
滋はシャワーを浴びにいく。
すると司は、ソファで急に落ち着きがなくなる。
思い出すことはつくしのことばかり。
司は、部屋を飛び出してしまう。
滋は、シャワーの音だけを流し浴槽の端っこに
座って、司が飛び出していくドアの音を聞いた。

滋は、わかってたんですね。
なんだかこのときの彼女が
とてもせつなかった。
彼女も司がつくしに一途なのと同じで
司に対して一途に愛してるんですもんね・・。


つくしは、優希に両親がリストラされ
漁村に行ってしまった話しをしする。
その優希の電話を聞いた更は、
自分の家が不動産屋だからと
無料で近いうちに壊される予定になっている
アパートをつくしたちに紹介する。

その頃、司はタクシーに乗っていた。
タクシーの中の電光掲示板で
株価急落のニュースを見る。

司は、一年前を思い出す。
一年前の株価急落の時、原因は司の不用意な一言が
引き金になっていた。
楓は、打開策には、大規模なリストラしかない
大勢の人間が職を失うという。
司は、その犠牲者となって自殺した男性を思い出す。
司は、つくしのすむアパートの前でタクシーを降りようとしたが
降りずにそのまま立ち去ってしまう。

つくしと進は、更に紹介されアパートに向かう。
そこはおんぼろアパートだが贅沢いっていられないと
つくしたちは住むことを決意する。

つくしの父がリストラされたことは
西門たちから司の耳に入る。
「まさか牧野のおやじのリストラ、おまえの母ちゃん絡んでるのか?」という美作たちだった。

つくしが部屋の掃除をしていると滋が
手伝いにくる。

その頃類は、空港で帰国した静を迎えにきていた。
「ただいま」と抱き合う二人。
静は、またすぐに戻らないといけないという。
静は、「つくしさん元気?」とつくしのことを気遣う。
「大変そうだけど」と類が微笑む。

つくしは、滋からホテルから司が帰ってしまったことを聞く。
つくしの住むアパートを
うちで飼っていた鳩小屋に似ていてなつかしいという滋。
「どうやったらあのバカ、私に夢中になるかな」と
つくしに相談する。

司は、楓の元へ、つくしの父のリストラについて掛け合うが
いまさらあの家族に何をしてもメリットはないわと
楓は、否定。
部屋を出ていく司に
「まさか牧野つくしにうつつをぬかしてるんじゃないでしょうね」というと
「まさか」と司は出ていく。
楓は、司をマークしておきなさいと西田に命じる。

司がここまで楓に屈する理由ってなんでしょうね。
きっといろいろと条件を出されそれを守るためにやってるのか、
道明寺財閥のためもあるのかなと思ってるんですが、
自殺した人間の話もオリジナルだし
このあたり、どう絡めるんでしょうね。


滋は、司の元へ突撃に掃除をしにくるが
司はいなかった。

進は、明日の受験にそなえ
つくしと食事をしていたがドアの窓のところに
怪しい影が見え・・・。

静と類は、食事をしていた。
類は、静に「俺の選択どう思う?」と聞くと
「素敵な選択だと思う」と静は返す。

つくしと進は、明らかに誰かが覗いていると
不審者に気づく。
二人はバットとハエ叩きをもってドアを開け立ち向かうと
ドアの向こうにいたのは、なんと司だった。

司は、ネットで検索したらつくしの住むアパートの隣が空いてたから
男を磨くために一人暮らしをしようと思って
隣を借りた、のではなくアパートごと買い取ったという。
「しかし、びっくりだよな牧野が引っ越したなんて
びっくりだな」と
うれしそうな司・・(笑)

静は、「あれで結構弱いところあるから
彼女だって普通の高校三年生なのよ」とつくしのことを話す。
類は、静の様子を聞くと国際弁護士の資格は、時間の問題だという。
またつくしが、静に憧れ弁護士になりたがっていることも話す。
「あら」とうれしそうな静。
「何でも静の真似。かわいいよね」という類を見て
静は「ねぇ類。ちょっと大人になったね」と微笑む。
「今の俺だったらあの時の静はOKだったかな」というと
「あの頃だって、いつだって類は、私にとって大事な人よ」という
静だった。

つくしのアパートでは、進が明日受験だと知ると
司は、隣の部屋で追い込みしていいぞと進める。
眠たくなったらそっちで寝ていいからと
進を追い出す。

類は、静を送る。
「類、幸せにしてあげなよ。
つくしちゃん泣かすようなこと絶対しちゃだめだからね」
「今まで本当にありがとう」
静は、笑顔で類を見送った。

これって、やっぱり類は静と別れ
つくしと付き合うって静に話したってことなんですよね?
類ってば本気??


そして、二人きりになった司とつくし
「なんか二人になっちゃった」
「自分が進を追い出したんでしょ」
「勉強に行かせてやったんだ」と司。
「ほんとは、私と二人きりになりたかったんでしょ。
ここでは、変なこと言わないでよ。
今、あたし実はこれでも精一杯。
・・いっぱいいっぱいだからさ」

そこで司は、なぜかいちじくの話をしだす。
「牧野、おまえイチジク食ったことあるか?」
「は?」
「イチジクどんな味だった?」
「甘酸っぱく・・だっけ」
「イチジクはな、半分に割るとハートの形になるんだよ
だからイチジクの甘酸っぱさは、恋の味なんだってよ」
「なにそれ・・」
司は、NYでその話を聞いたというと
「ほんとかよ・・」と半ばあきれるつくし。
「俺にとって恋の味は、おまえが作ったへたくそなクッキーの味だ。
牧野、俺な・・」

そこでつくしの携帯が鳴る。
電話は類からだった。
司は誰からだとつくしの携帯をのぞきこもうとして
携帯を奪い合うとつくしを押し倒す形になってしまう。
電話はつながったまま。
電話の向こうの類も、司の声を聞き
つくしのそばに司がいることを知る。
そして、つくしが、司に押し倒された形の状態で
今度は、滋も来てその現場を目撃してしまう。

「あたし、猿じゃないよ・・」と
滋は、出ていこうとする。
つくしは、追いかけようとするが
その手を司が握り締め
「行くな。追いかけるんじゃねぇ」と引き止める。

なんか微妙に原作と違っていて
ちょっとどこにつながっていくのかわかりません。
それがおもしろいうというかどこか不安でもあったり・・。

ただ、司が「行くな。追いかけるんじゃねぇ」とつくしを引き止めて
言ったシーンはうれしかったですね。
ようやく司の本領発揮かな?
いつだって、つくしに一途なのが
司ですもんね。
ちゃんとお互いの気持ち伝え合わないと!!

ただ、最終的にどうなるんだろう。。
またNYいっちゃうというのはちょっと・・・だし
公式HPで見たいシーンベスト10をやっているということは
そのシーンは(みんな大好きなシーンなんだけど)
逆にドラマではやらないのか??と思ったり。

どこかこう胸にたまったイライラみたいなものがあって
原作を読んでもそれがスコンと抜けていかないのです。
(原作の終わりも多少未来に委ねたような終わり方だったので)
まだ、原作の登場人物が追加で現れるのかとか
それともかなりオリジナルでいくのかそんなことばかり考えてしまいます。


引用元花より男子2公式HP

道明寺語録
司のぶっ飛んだ語録集です。
パート2で見たいシーンBEST10
原作の漫画で見られます。
ちなみに7位は、寒中浴衣大会でつくしが告白するシーンでした。
このシーンも好き!!(笑)


ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

視聴率
19.4→20.1→19.2

関連記事
前シリーズ「花より男子」全話記事

花より男子2 第一話
花より男子2 第二話
花より男子2 第三話

あの土星のネックレスが手に入ります!
ファン待望の土星ネックレス登場!

主題歌です
B000MGTEE0Love so sweet(初回限定盤)
嵐 SPIN mugen
ジェイ・ストーム(SME) 2007-02-21

by G-Tools


挿入歌です。
いつも絶妙なタイミングで聴かせてくれます♪

B000MGTX96Flavor Of Life
宇多田ヒカル Alexis Smith 冨田謙
東芝EMI 2007-02-28

by G-Tools


つくしの部屋で使われました!


こちらは加湿器


前シリーズDVD 名作です!!
B000BR6G6O花より男子DVD-BOX
神尾葉子 井上真央 松本潤
TCエンタテインメント 2006-03-10

by G-Tools


当時のイラストが満載です!!
花より男子―完全版 (Vol.20)
花より男子―完全版 (Vol.20)神尾 葉子

集英社 2006-09-25
売り上げランキング : 150

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
花より男子―完全版 (Vol.19) 花より男子―完全版 (Vol.18) 花より男子―完全版 (Vol.17) 花より男子―完全版 (Vol.16) 花より男子―完全版 (Vol.15)


キャスト
牧野つくし … 井上真央
道明寺 司 … 松本 潤
花沢 類 … 小栗 旬
西門総二郎 … 松田翔太
美作あきら … 阿部 力

松岡優紀 … 西原亜希
大河原滋 … 加藤夏希
浅井百合子 … 瀬戸早妃
鮎原えりか … 深田あき
山野美奈子 … 松岡恵望子
三条桜子 … 佐藤めぐみ (友情出演)

藤堂 静 … 佐田真由美
西 田 … デビット伊東
織部順平 … 生田斗真 (1話ゲスト)
千石幸代 … 加藤たか子
牧野 進 … 冨浦智嗣
牧野晴男 … 小林すすむ
牧野千恵子 … 石野真子

道明寺 椿 … 松嶋菜々子 (特別出演)
道明寺 楓 … 加賀まりこ





posted by まりこ(^▽^) at 12:56 | Comment(2) | TrackBack(5) | 花より男子2 | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
原作、一生懸命集めたんですけど、
最後まで読んでガッカリっすよぉ〜!
最後の最後まで、くっついたかと思ったら離れるの
繰り返しじゃ〜ん!って(笑)。
なので、今回もあえて原作を読み返そうとは
思わなかったんですが、やはり自殺したおっさんの
話はドラマオリジナルなのですね〜ふむふむ。
類と静の会話も、何だか意味不明・・・
類がつくしに本気だとは到底思えないんですが、
どうなんでしょ???
ここはひとつ、司に頑張って頂かないとっ!!!
Posted by まこ at 2007年01月29日 20:10
まこさんへ
原作読んだんですねー!!
私も・・がっかりでした。
でも、ドラマは、あえてNYから司を呼び戻してるし、ちょっと違う展開になるんじゃないかな?と
期待してるんです。
類はね、思った以上につくしにマジなんですよ(笑)
でも、類らしい愛仕方でつくしを見守っていきます。
そのためにも、やっぱり司はもちろん
つくしもいい加減目を覚ましてほしい!!!
Posted by まりこ(^▽^) at 2007年02月05日 23:51
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


花より男子2 リターンズ 第4回 感想
Excerpt: 『命がけの修羅場』
Weblog: ぐ〜たらにっき
Tracked: 2007-01-27 18:28

花より男子2 第4話
Excerpt:  「花より男子2」第4話を見ました。  過労で倒れて、救急車で運ばれてしまったつくし。その知らせを受けた司は、結納の席を飛び出してつくしが入院した病院に向かいますが、そこには類が…。
Weblog: あいりぶろぐ
Tracked: 2007-01-28 00:36

花より男子2 第4話 「命がけの修羅場」
Excerpt: しばらく遠ざかってたので、ちぃとも話が分かりません。滋(加藤夏希)との結納をやめて倒れたつくし(井上真央)の病院に行く道明寺(松本潤)。しかし先に花沢(小栗旬)が来ていて、がっかりして帰る道明寺・・・..
Weblog: テレビお気楽日記
Tracked: 2007-01-28 01:38

花より男子2( リターンズ) 第4話:命がけの修羅場
Excerpt: 黒王子:司、大逆転なるかっ!?("▽"*)アヒョ 「行くな!」ですってよ、キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー 今回は、初っ端から白王子:類が優性{/heart_pink/} 病院にもいの1番に..
Weblog: あるがまま・・・
Tracked: 2007-01-29 20:04

《花より男子2》◇#04
Excerpt: 西田のメモを見て、道明寺家と大河原家の結納の席から飛び出した司は、病院で、つくしの部屋へ急いだ。と、目の前を花沢類が歩いていた。いつも楽しげに話していると、両親に言われ、さらに疲れてい
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2007-02-12 04:04
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。