Top 華麗なる一族 >華麗なる一族 第二話
2007年01月22日

華麗なる一族 第二話

高炉建設へ向けて本格的に歩み始めた鉄平。
その知らせをとても喜んだのは、鉄平を慕っている四々彦だった。

四々彦と妹の二子は、付き合っており
鉄平は、その報告に喜ぶ。
二子が、万俵家の地位や名誉に関係なく
純粋に人を好きになったからだった。





メインバンクである阪神銀行の融資会議の結果は、いまだ届いてなかった。

一方、大介側の銀行も再編の波が押し寄せており、
急遽大蔵省主計局に勤務する娘婿の美馬を呼び出し、大同銀行など都市銀行預金順位5位から9位の、大蔵省門外不出の極秘文書を揃えて欲しいと頼んだ。

銀平の義父、大川は、料亭『つる乃』で鉄平の力になると話していると
鉄平は、芙佐子が帰ってきていることを知る。
芙佐子は、鉄平と以前付き合っていたが、
相子の差し金のせいで強引に別れさせられていたのだ。
再会し、その事情を知った銀平は、相子に激怒する。

大介は、美馬に調べさた極秘文書から
各銀行の不良債権を知る。

寧子は、相子と大介と3人で美馬からのワインを飲んでいた。
その日大介は、寝室で寧子を抱こうとしていたが
寝室には、相子も入ってくる。
逃げ出そうとする寧子・・
銀平は、その様子に気づいていた。

鉄平が帰ってくると
ちょうど寧子が寝室から逃げるところで
驚いていると、銀平が事情を説明する。

実は、鉄平の留学中にも同じようなことがあり
そのことで寧子は、自殺未遂をした経緯があったのだ。
そのこと聞き、余計に相子への怒りが募る鉄平だった。

翌朝、直接大介に相子を出て行かせるように言うものの
逆に高炉建設融資を逆手に挑発される始末。
鉄平は、大介に、高炉融資は親子の感情は抜きで頭取としてのご判断を
と頼むが・・。

高炉建設の件は、通産省から許可が下り、
社員たちは、高炉建設たのため、休日返上でスクラップを集めてくれるなど
銀平は、今の会社を引き継いでよかったと
思っていた。

大介の阪神銀行では、会議が行われており
高炉建設の融資の件も話題になるが大介の下した決断は、
満額希望通りの融資金額ではなく、50%融資のうち
10%減額するというものだった。

その知らせは、鉄平にも届く。
「親子の情を入れないといったのは
おまえだろ」と冷たく突き放す大介。

銀平は、急いで車を走らせる・・。

高炉融資の結果は、10パーセントの減額。
20億の融資のめどが立たないことになりました。
やっぱり大介は、鉄平にきついですね。

高須相子も嫌な女性です。
寧子の心労はいかほどかとも思うのですが
自分が大介に対して申し訳ない気持ちから相子の存在を許しているのか
大介に対する愛情ゆえの許し方なのか、正直わかりかねます。
鉄平の祖父・敬介と寧子との関係がどんなだったか
そのあたりがまだわからないので
なんともいえませんが・・。

銀平は、残り20億の金策をどうするのでしょうか。
木村さんは、こういう“まっすぐ”な役が多いですね。


引用元…華麗なる一族公式HP

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

視聴率
27.7→21.8
絶好調です!

原作
4101104123華麗なる一族〈上〉
山崎 豊子
新潮社 1970-05

by G-Tools

上中下巻があります。

B000M7FQMS華麗なる一族 オリジナル・サウンドトラック
服部隆之
ビクターエンタテインメント 2007-02-21

by G-Tools


キャスト
万俵 鉄平 (34) 木村 拓哉
高須 相子 (39) 鈴木 京香
万俵 早苗 (30) 長谷川 京子
万俵 銀平 (31) 山本 耕史
安田 万樹子(24) 山田 優
万俵 二子 (22) 相武 紗季

美馬 中 (44) 仲村 トオル
美馬 一子(29) 吹石 一恵
◇◇◇
鶴田 芙佐子(32) 稲森 いずみ
鶴田 志乃(59) 多岐川 裕美
◇◇◇
一之瀬 四々彦 (26) 成宮 寛貴
一之瀬 工場長 (58) 平泉 成
銭高 常務 (52) 西村 雅彦
◇◇◇
綿貫 千太郎 (58) 笑福亭 鶴瓶
芥川 常務 (54) 小林 隆
和島 所長 (51) 矢島 健一
◇◇◇
大川 一郎 (60) 西田 敏行

大亀 専務 (60) 武田 鉄矢

永田 大蔵大臣 (63) 津川 雅彦
◇◇◇
三雲 祥一 (50) 柳葉 敏郎
万俵 寧子 (54) 原田 美枝子
万俵 大介 (60) 北大路 欣也










posted by まりこ(^▽^) at 16:37 | Comment(2) | TrackBack(1) | 華麗なる一族 | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
お久しぶりです。こんばんわ。
山崎豊子原作ということで、やはりドロドロした人間関係が主題の話ですが・・・

>鉄平の祖父・敬介と寧子との関係がどんなだったか
>そのあたりがまだわからないので
>なんともいえませんが・・。
うーん、なにやら恐ろしい予感が。。。。
この家族、本当に家族なのか疑いたくなる程の関係がありそうですが
これからの動向が気になりますね。
Posted by demasse@宿無し at 2007年01月29日 00:47
demasseさんへ
なんだか万俵家って、まだ恐ろしい秘密とか
たくさんありそうな気がしますね。
ドロドロだけど、その中で、鉄平が頑張ってるのが唯一の救いです。
Posted by まりこ(^▽^) at 2007年01月29日 17:27
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


・TBSドラマ「華麗なる一族」第2話
Excerpt: 2007年1月21日(日)21時から、TBSテレビで、ドラマ「華麗なる一族」第2話(「過去の悲劇と真実」)が、放送されました。 阪神特殊製鋼専務の鉄平(木村拓哉)は従業員たちに、高炉建設の決定を発表..
Weblog: たまちゃんのドラマページ
Tracked: 2007-01-26 21:50
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。