Top 2005年(4月〜6月) >「タイガー&ドラゴン」第2話「饅頭怖い」
2005年04月23日

「タイガー&ドラゴン」第2話「饅頭怖い」

かわいいねーとどん兵衛(西田敏行)が
どん太(阿部サダヲ)と鶴子(猫背椿)の間にできた
第2子を抱いていた。
名前どうする?と小百合(銀粉蝶)
「3代目継いででもらわないとなー」とどん太
「もう噺家にするつもりなのね」と盛りあがる
どん太は、雑誌を見ていた。
雑誌では、抱かれたくない男No1にどん太が選ばれていた。
めでたいことが続くわねと小百合
後輩のとん吉は、真打ちになるという
複雑な気持ちでどん太は、前座やってやると約束する。

ドラゴンソーダにて。
「おまえ、なに怒ってるんだよ」
と虎児
「怒ってねーよ」と竜二
竜二は、メグミが虎児と一緒にホテルから出てきたことで
落ちこんでいた。

「メグミのこと怒ってるのか?
「やったのかよ」
「そっれはやった2発」
「回数まで聞いてねーよ!」と竜二

「トラッディ〜
今休憩〜一緒にご飯食べない?」
「なんなんだよ?
彼女ずらしてんじゃねーよ」とメグミからの
電話に冷たくあたる虎児

そば辰にて。
「あんな足の長い女、こんなつまんない男に取られて」とそば屋の辰夫(尾美としのり)
「おまえ、あいつ好きなの?
なんでおまえらヤんねーの。
女と酒飲んで食事したら他にやることないだろ」と虎児

「どうみても、おまえ好きだろ」
「好きなら好きってていいますから
ほっといてください」と竜二
そこにどん太がくる

「男2人の兄弟なんだたまには、腹割って話せよ
気恥ずかしかったら、オレらがアシストするから」と辰夫がいうが
オレ帰るわ夜の仕事残ってると虎児が帰る
どん太と竜二が話す。

虎児と銀次郎は、歩いていた。
虎児が新宿流星会の若頭・日向(宅間孝行)に電話をしても
事務所にもいない電話にもでないという
日向は、結婚が決まっていた。
相手は、寿子(松本まりか)18歳
この春まで女子高生だったという堅気の娘だった

しかし日向はおまえのねーちゃんとつきあってなかったか?と虎児
「オレがいうのもなんだけど、うちのねえちゃん、微妙じゃないっすか」

日向と付き合っていた銀次郎の姉・静(伊藤修子)は、泣いていた。
「高校の時から飲み歩いてっから、今更傷物もないんだけど、
おやじブチギレてて明日あたり呼ばれますよ」と銀次郎
「おやじだよ・・」
組長((笑福亭鶴瓶)から電話がくる。

「このままやったらでわしのメンツが立たないで」
日向の披露宴でハプニングを起こすよう命じられる。
「ちょいと凝らしめるだけやな。すっきりするやろ」
「うん、すっきりする」と静。
「頼んだでー」

どん太と竜二はそば辰で話していた。
「どん吉が真打ちになるんだ」
「それで元気ねーのかよ」
どん吉は、30まで山手線の駅員だったという
10年で真打ちなんて立派なもんだと辰夫にいわれ
また落ちこむどん太。
「高座に上がるだけが噺家じゃない」
「落語なんて年食ったっていつだってできる」と辰夫と竜二
「今は、TVで顔売って・・」と言うが
そのあげくの果てが
抱かれたくない男第1位だという
「頑張れオレ」と励ますどん太。

「それにくらべておまえは、焼酎なんで飲める身分じゃないだろ
もとはといえば、おまえが店出して借金するからいけないんだろ
オレに女を抱かせろと
バラエティのどん太に戻る

どん吉が真打になる。
林屋亭では、お披露目をするという。
「虎ちゃん出るの?」とメグミ
「前座は出ないの」と二つ目以上からは出られると話すどん太。
「あなた誰?」
メグミは、いつのまにか来ていた。
追い出そうとする虎児に「いてもらっていいよ」とどん兵衛
「股下何センチですか?
80センチ以上ありますね?」と聞くと
うなずくメグミ
また、話し覚えてもらおうとどん兵衛は、虎児に言う
「「饅頭怖い」やってみるか」
「メグこわいのやだー」というと
「その噺は、ほんとに怖いのか?」と虎児が聞くと
演技力次第では爆笑することもできるとどん兵衛。

高座のどん兵衛
「饅頭怖い」を披露する。

隣で饅頭怖いが実際に演じられていく

『そんな大きな声で笑うものじゃない
ムシがすかねえといって、誰でも怖いものを持っている
なめくじが怖い、カエルがこわい
くもがこわい、おけらが怖い
ありが怖いとそれぞれ怖いものを言う。
「まつ、おまえは、一体何が怖いんだい?」

あんなの怖くない、オレはなんでも食ってやる〜と
否定するまつ。
「じゃあ、まつ、おまえは、こたつやぐらも食えるのかい」
「まあ食って食えないもはないが
当たるものは食えないんだ」

「今度は、なんだね」
「怖いものはないんだね」
「あんまりしつこいから思いだしちゃったよ
「あるんだよ1コだけ」
「なんだなんだ教えてくれよ」
「じゃあ言うけど、オレ饅頭が怖いんだ」
饅頭を恐ろしがるまつ
話してたら寒気がしてきたという

「おかしな野郎だね、まんじゅうが怖いなんて」
あいつにいたずらしてやろうと
みんなで話す。
まんじゅを山ほど買ってきて枕もとにずらーっと
並べるという。
「まんじゅうの話しだけで青ざめてるやつに
本物の饅頭みたら目向いて死んじまうよ
暗殺だよ〜」とこっそりみんな喜んでいた。』

どん太は、バラエティ番組に出演中だった。
「ここでバツゲームです。」
饅頭の中に1つだけワザビが入っているという

『饅頭だ怖いよーとまつ。
くりまんじゅうだ、こわいよ〜
そば饅頭、こわいよ〜
怖いよ〜』

どん太は、バラエティでわさび入りのまんじゅうを食べていた。

『怖いこわいってむしゃむしゃ食べてるぞとみんな
オレたち一杯くされたんじゃか?
まつ、世の中で一番怖いのはなんだい?
今は、濃いお茶が一番怖い。』

うまいですねー西田さん。
ついつい引ききこまれてしまいます


控え室。
雑誌を見ると
嫌いな有名人
1位 林屋亭どん太
2位 出川哲郎
3位 岩田順一

恋人にしたくない有名人
1位 林屋亭どん太
2位 出川哲郎

上司にしたくない有名人
1位 銅 清日
2位 林屋亭
3位 小泉純二郎

今年中に消える芸人
1位 林屋亭
2位 ピロキ 
3位 波多夕区

消えて欲しい芸人
1位林屋亭
2位 兵藤4:50
3位 SALA.ちゃん

嫌われキングトップ暴走
という記事

あちこちで自分の名前を見て落ちこむどん太がいた。

どこかで見たパロった名前が・・(笑)

「はーい山崎の携帯です
今電話にでられませーん」とメグミが
変わりに出る。
虎児とメグミは、ドライブ中だった。
「おまえ勝手に出るなよ」と虎二
電話は、竜二からだった。
「昼間っからセックスフレンドとドライブ中すいません
今日の夜会えますか?」
「10時におでんやで」と虎児
「1人でくきてくださいよ」と約束する。

「おでん♪おでん♪10時におでん♪と横で、浮かれるメグミ
「メグミハンペンが食べたいな虎次郎」
「なんでもいいけど呼び方統一してくれよ」と虎児

屋台のおでん屋
「ずっと気になってたんですよ
最近TV見ても兄貴いきずまってるようだし」
とん吉の前座に出るという
「やべえな・・」
高座にあがると全然だめだというどん太
バラエティの仕事もぎりぎりの精神状態でやっているという。
「ああみえてもネガティブ思考だからな」
しかも、奥さんの鶴子は、昔『泣いて国際通り』という演歌を
歌っていたという。
かなり売れっ子だったらしい。
「おやじは、名人、弟は、天才落語家
女房は、売れっ子だろ?ストレスたまるよな〜」と半蔵(半海一晃)

「お稽古終わったの?」と鶴子
「・・ちょっとダメだよ」どん太が鶴子にもたれかかってくる。
「半年もガマンしたんだよ」
「太郎にもおっぱいあげなきゃならないし」
「抱かれたくない有名人には、抱かれたくないってか
抱かれたくない男に抱かれてる女は辛いよな」
「なにいってるの?」
「わからねーよ」
「レギューラー7本でしょ?出すぎなのよ。仕事減らしたら?
まえ、仕事したプロデューサーがそろそろ復帰しないかって
すぐには無理だよ
お母さんが子供の面倒は見るっていってるし」
「寝る」
「竜ちゃん・・」

どん太は、追いこまれてたんですね。
自分より後輩のどん吉の真打ち昇進、
妻は、売れっ子の演歌歌手に戻る
自分は、抱かれたくない男No1、そりゃ落ちこんでしまいますね・・。


「そろそろ本題に入っていいですか」と竜二
「オレやっぱ好きなんすかね」
「好きになったら自分でいうって言ったじゃないですか
あれからずっと考えてて、好きみたいです」
「好きってメグミのこと?
オレのことかと思った
本人に言えよ」

「なんでいるんですか」
メグミは、車の中で虎児を待ってたので
すぐそこにいるという。

事務所で待ってると日向からの
ギャル文字でのメールが届く
「でたよギャル文字」
虎児は、日向の元に向かった。

あのギャル文字すごかったです。
読めなかった・・(汗)


「はじめまして
ごめんね、顔にインパクトなくて全然覚えられなくて」
メグミが竜二の前にやってきた。

日向の元に向かう虎児
「隠してもわかんだよ、オヤジになんかいわれたんだろ」
「あばれろって?」
ハプニング起こせって言われたことを話す虎児
「ちっせーな」と日向
「どうするの」
「静さんに拾われた恩あるし」
「堅い家の娘なんだよ。100パーセントやくざのオレが、半年かけて向こうの親を口説いたんだ。
生涯の伴侶くらい自分で決めてーだろ」
「なんかいい方法ないかよ・・」

「大根とハンペンとちくわぶ」
味が染みてるのとぱんぱんにふくらんでるやつどっ
ち?」
「ふくらんでるやつー」とメグミは
竜二にとってもらうよう頼む
「降りろよ、青森だろ」
車から降りるメグミ
「寒いんだもーん」
メグミは、ミニスカートに高いヒールのブーツを履いていた。
「っつかすわんねー?
この身長さは、勝てる気しねーよ」

さむーいと竜二の腕にしがみつくメグミ
「飲んでくったら妬くかな虎ボルト」
「おれ、そんなに存在感ないですか」
覚えられないんだったら嫌われたほうがマシ
抱かれたくない男の弟だしと竜二

オレ周りくどいからと前置きして
「好きでも嫌いでもなきゃそこまでしないじゃん
まだ、消してないんだよ」ととりんごの刺青をチラリと見せる。
「金がないのもあるんだけど自分の中であきらめきれないっていうか
オチがついてないっていうか
わりー
わかんねーか」

「えっとー」名前を思い出そうとするメグミ
「竜二」
「竜二さんってすごーくやさしい人なんでしょ?
あのね、メグミみたいに地方から出てきた女は
えっとー」
「竜二」
「竜二さんみたいに優しい人に弱いの
でも同時に虎っちみたいな冷たい男の人にも憧れるの
ほんとはね、えっとー」
「竜二」
「竜二さんみたいな人がメグミには合うのかもしれない。
えっと・・」
「竜二だよ」
「竜二さんって突っ込むの上手だよね」

ほんとにツッコミがうまい(爆)
っていうか、メグミ覚えようよ(笑)


「すごいこと言っていい?
虎ちゃんと竜ちゃんってタイガー&ドラゴンだよね
だから、仲いいんだね
ね?メグミすごくない?」
「すごいからだまってて。!オレの話しをきけー!」と竜二

タイトルですねー
オレの噺をきけーっていうのも
定番です(笑)


竜二とメグミがみつめあって、いい雰囲気の中
「あ〜〜寝てたー
しょんべんもらしてた夢みてた」と半蔵が起きる。
「帰るね明日早いし楽しかった」
「連絡先・・」
「虎ちゃんに聞いて」
「聞けねーよバカ」

可哀想な竜二・・
やっぱりあのメグミをコントロールできるのは
虎児しかいない??


林屋亭どん吉、真打ちのお披露目だよーと呼びこむ師弟たち。
どん太の姿は、見えなかった
「TVにでてれば食いっぱぐれないからな」と言われていた。

「どん太おじさんがいなくなった」と虎児は、竜二に連絡
1番出なのに楽屋にこないという
オレが上がるよと虎児
怖い饅頭なら8割、いや6割暗記してるというが
そういう場合ではない
どん兵衛が出ようとするが
「どんちゃんが先でたら先結びになっちゃうじゃない」と小百合が押さえる。

「私が行きます」
演歌歌手になった鶴子が出る
客席は、一気に盛り上がる。
「すげー人気じゃん」と虎児

鶴子は、彼女なりに夫のどん太を
かばったんですね・・
「あんたあんたあーんた〜♪」と
歌ってました。
天童よしみさんに見えてしまったのは、私だけ?


虎児は、どん太を探す。
竜二も探す。
浅草中探してもないという
あと、思い当たるところは、ソコだという
コマチヘアという店の中でどん太は、小さくうずくまっていた。

「どうするんだ
とん吉のせっかくのお披露目にケチつけたんだよ
破門だっていわれても文句のつけようがない
向いてないんじゃないのか」とどん兵衛に責められるどん太
「タレントに専念したらいいんじゃないのか」
「落語やりたいんだよ
兄貴も追い出すんだろ
だから波紋なんてするんだ」
落語なんていつもでもできんだろと竜二

「古典なんて年くったらできるっていうけど
若い頃から古典ばかりやってきたオレは無駄だっていうのか
若いからってえばるな
逃げ道こさえて楽してるだけじゃないか。毎日を無駄にすごしてるだけじゃないか
古典なんてできるわけない」とどん兵衛

「誰が落語なんてやるっていったんだよ
だれもおまえの跡なんか継がないよ
おまえがふんぞり返ってる限りな」
どん太は、竜二を突き飛ばす

「これはオレの問題だ
おまえがカッカするたびにやりきれないんだよ」とどん太
「今日のことは謝ります。
ほんとすまなかった。
ただ、今後のことはもう少し考えさせてください
あと、お母さんが泣いています」
「だからいっただろう
小百合ちゃんを泣かすなって言っただろ」
今日は、私じゃないだろ私じゃないだろって
聞いてんだよとどん兵衛
竜二は飛び出す

「おい竜二」と虎児
「なんかださいですよね
すいません」
「いや全然ださくないよ
「こんなこというとまた直球だと言われるかもしれないけど
親子っつーもんは、いいもんだな」
「直球っすね」
落語もおもしろいけど親子もおもしろいな
おまえのところで勉強させてもらってるんだ
竜二、またこいよ
さっきみたいにオレに見せてくれよ」

「あんたには勝てねぇかもしれないな
虎児さんとオレは
タイガー&・・」
虎児の携帯が鳴り、速攻出る虎児

電話は、日向からだった。

ファミレスにて。
「やっぱ延期するしかないか」
予定通りやったほうがいいですよ
オヤジは、オレがてきとうに流してると銀次郎
「なんなんですか」と日向の新妻寿子。
「これ・・・」
虎児は、寿子の携帯にどん太のぬいぐるみがついているのを見つける。

『タイガータイガーじれっタイガー
えー江戸っこっていうのは』

「饅頭怖いだね」と客席
「饅頭怖いやります」と虎児は、挨拶をする。

通は、冒頭ですぐなんの演目かわかってしまうんですねー。
すごいです。


『えー今は新宿歌舞伎町ってあたりで
色男とよばれる若頭なんですが、年端もいかない女と祝言を挙げることになった。
けれども大きな問題がございまして、その若頭、長い間親分の娘と恋仲だった。
自分の娘を捨てた若頭に一杯くわしてやろうとして
親分が考えあぐねていた。』

「なんであんな売れてるんでしょね」とどん太のことを話していた銀次郎。
組長は、結婚式のスピーチの本を眺めていた。
日向さんの奥さんも嫌いで生理的に受けつけないと銀次郎
「それはいい話しを聞いたね」と組長

「日向のコレは、どん太のこと嫌いらしいで」
日向の披露宴にどん太を呼んで余興させたらいいというと組長は虎児に命令する。

どん太に結婚式の余興のことを伝える虎児
ほんとにオレでいいの?と謙遜するどん太だったが
「いや、兄さんがいいんです」と虎児は、頼む。

『この芸人、安楽亭ぼん太といいまして
江戸じゃ嫌われていて、嫌われてるというのはいいことなんですが
悩んでて
落語教えてくれと弟の反物屋のリュウのところにいった。
とびっきりの渋いやつ教えてくれ』

「どん太きてるの?」
披露宴では、新婦寿子にどん太が来ていることが
伝えられていた。
虎児は、どん太を嫌いな振りをするように寿子に伝える
「嫌がればいやがるほどギャクがさえるんです」 

『今も昔もマニアはいるもんで』

そんなこととはつゆ知らず、
ハプニングと組長は、うきうきだった。

「TVでも有名な林屋亭どん太さんです」とどん太の出番がやってくる。

寿子は「いやーとと」と叫び出す
「約1名嫌がってる方がいらしゃいますが・・

「どん太きもーい」とさけぶ」寿子
「きもーい!どん太、さいあくぅー!
どん太ーだいきらーい」
「どん太ぬげー」と組長
「脱ぐな兄ちゃん!」と竜二が言うが
どんどんどーんと脱ぐどん太。
不安そうな竜二に
「まあ見てろって」と虎児

『もうこうなるとぼん太の独断、水を得た魚のように
ダムが決壊したようにあばれまくりまして』

これがオレの本業だーと花嫁に新婦にちょっかいを出しまくるどん太。

「ねぇパパ、あの子嫌がってる?」と静
「やべ・・」と銀次郎
喜ぶ寿子
「どないなってるんだと組長も気づいてしまう
「饅頭怖いだ」と竜二も気づく
組長は、新郎新婦に近づく。

『「おう、おまえらこのワシをだましたな
嫌い嫌いってめちゃくちゃ喜んでるんじゃないか」
「嫌いですこんな人」と寿子
「嘘つくな。ほんなら何が嫌いか言うてみぃ」
「あとは、庭付き1戸建てと
ドイツ製のキッチンとプラズマTVが嫌い」
組長と寿子は、にらみ合う
日向は、見守る
「わかった、買うたる」
「ありがとうございます」と日向
組長にみとめられる。

『「あとねかわいい赤ちゃんが大っ嫌い」
「そりゃ自分たちでなんとかせんかい」』

どん太も、客席で喜んでいた

『よしこ』でどん兵衛と虎児が話しをしていた。
「オレとしてはなかなかね、堂にいってたと思うよ」
「今月の授業料」
「私は、なによりお金が大嫌いってね
噺の中に出てきた安楽亭ぼん太は、どん太のことだろ
反物屋のリュウって」
「それは教えられない」
そっと授業料を持ち逃げしようとするどん兵衛
「今月分」
「封筒用意しとけって言っただろう!と
取り立て屋になっている虎児だった。

「見た感じかわらないけど
迷いがないぶんマシなんじゃないですか」
と虎児と竜二は、TVにうつっているどん吉を
眺めた。

「この間メグミちゃんとふたりっきりになったじゃないですか
そんときまた合おうねってってことになって
彼女の携帯番号・・って
聞いてるのかよ」
隣を見る虎児

「隣にいる客、なんかただもんじゃないって感じじゃないですか?」
あんたか、林屋亭、小虎かい?
そばをたべる男性がいた。


メグミって不思議な子ですよね〜
竜二のこと「インパクトない顔」って・・(笑)
竜二がメグミと話している時に
メグミが何回も名前のところで引っかかってるのも
おもしろかった。

落語の「饅頭怖い」は、最初落語のHPで見た時
よくわからなかったんですよ。
でも、今日みてよくわかりました。
日向と新婦、寿子の仲をうまく認めさせましたよね。

「嘘つくな。ほんなら何が嫌いか言うてみぃ」
「あとは、庭付き1戸建て
ドイツ製のキッチンとプラズマTVが嫌い」ってとこ
かわいかったな。

今回のオチは

『「あとねかわいい赤ちゃんが大っ嫌い」
「そりゃ自分たちでなんとせんかい」』

うまいですねー。
観客と一緒に拍手しちゃいました。

落語も見られて一石二鳥です♪


これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆


オープニング曲です^^
タイガー&ドラゴン

クレイジーケンバンド 横山剣 小野瀬雅生

サブスタンス 2005-04-27
売り上げランキング : 377

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
満漢全席Crazy Ken Band Show 2004 日本武道館+神奈川県民ホール せぷてんばぁ CKBMV あぶく BROWN METALLIC




posted by まりこ(^▽^) at 17:23 | 東京 ☁ | Comment(7) | TrackBack(11) | 2005年(4月〜6月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
トラバさせていただきました〜

私はランキングのパクリ名ちゃんと見てなかったです^^;
あとギャル文字は読めなかったな(汗)

今週も楽しめました^^)
Posted by rosa at 2005年04月23日 18:20
rosaさんこんばんは
コメント・TBありがとうございますm(__)m
ランキングの名前までよくできてますよね。
私も楽しかったです(^-^)
Posted by まりこ at 2005年04月24日 00:04
TBありがとうございます。
クドカンドラマは相変わらずしっかりまとまっていて魅せられますね。ただものではない謎の男も出てきて、来週も楽しみです。
Posted by 群青 at 2005年04月24日 09:56
こんにちわ。
今回も面白かったです^^

どん太が饅頭で良かったです(笑)

クドカンは凄いですね。
次週の荒川氏に期待です♪
Posted by bossa at 2005年04月24日 14:11
前回はコメント&TB有難うございました。
本当にメグミって不思議な子ですね。
何か好きだったりします。実際にいたら嫌いかもしれませんが(^_^)

今回もTBさせて頂きます。
また遊びに来て下さい〜
Posted by Ky'z at 2005年04月24日 14:58
コメント・TBありがとうございますm(__)m

群青さんへ
やっぱり物語りのつなげ方などうまいなーって思いますね。
あの怪しい人は誰なんでしょう??

bossaさんへ
今回もおもしろかったですね。
毎回オチにも笑わせてもらってます^^

Ky'zさんへ
メグミって不思議ですね(^_^;)
実際にいたら、どうやって接したらいいか
考えてしまうかも??(笑)
また、遊びに行かせてもらいますね!


Posted by まりこ at 2005年04月24日 16:00
饅頭が?
なんですか?
Posted by 酢鶏@人工無能 at 2005年05月04日 06:45
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3114045

「タイガー&ドラゴン」 どん●怖い!
Excerpt: たっぷりと笑わせていただきました?? 突っ込み満載とドロドロのあとにちょうどいい感じです。 今週の演目「饅頭怖い」も、内容を知っていたのでより楽しめました。知らない場合でも、演目と同時進行で時..
Weblog: rosaのひとり言
Tracked: 2005-04-23 18:20

【ドラマ雑感】 タイガー&ドラゴン (第2回/全11回) 「饅頭怖い」
Excerpt:  「俺の、俺の、俺の話を聞けぇーーーーーーーーー!」宮藤官九郎脚本の第2話。今回の『饅頭怖い』は少し聞いたら思い出した。今回は元ネタもよく知っているので、楽しめたなぁ。 『an・an』の抱かれたくな..
Weblog: 気ままなNotes...
Tracked: 2005-04-23 18:56

2分でわかるタイガー&ドラゴン「饅頭怖い」の回
Excerpt:  皆で何が怖いかという話を始めるのだが、ただ一人の男だけは自分には怖いものはないという。だが聞き出すとそんな男にも怖いものが。それは甘い餡の入った饅頭。男は話を聞くだけでも寒気がするほどの饅頭嫌い。い..
Weblog: Observer Thanatos
Tracked: 2005-04-24 09:53

俺の噺を聴けー!#2「饅頭怖い」
Excerpt: タイガー&ドラゴン第2回は、「饅頭怖い」です。 うん、この落語は知っていたわ。だけど想像していたストーリーじゃなかったです。 てっきり、阿部サダヲ演じるどん太が「饅頭怖い」(高座が怖い、だけど..
Weblog: Anochecerblog
Tracked: 2005-04-24 11:28

タイガー&ドラゴン #2
Excerpt: 今回は「どん太」にスポットライトが当てられる。 本当は古典をしたいが、家庭の為に
Weblog: bossa house
Tracked: 2005-04-24 14:04

タイガー&ドラゴン 第2話「饅頭怖い」の回
Excerpt: ラブホテルから出てくる虎児(長瀬智也)とメグミ(伊東美咲)に偶然鉢合わせてしまった竜二(岡田准一)は、メグミへの恋心に気付きだしショックを受ける。 一方、どん太(阿部サダヲ)と鶴子(猫背椿)の間に第二..
Weblog: musi-k 〜ムジーク
Tracked: 2005-04-24 14:54

タイガー&ドラゴン 「饅頭怖い」の回
Excerpt: 前回の「芝浜の回」では効果的なカットバックやうまく伏線が張ってあってオチに繋がっていたと思うけど、今回は「饅頭恐い」をドラマ化するのに苦戦したのか、スジもギャグもパッとしなかった。 まず、どん太が悩..
Weblog: ほぼ日刊チロリ通信
Tracked: 2005-04-24 17:26

タイガー&ドラゴン「饅頭怖いの回」
Excerpt: アタマに前回のあらましを語るというパターンも固定されてていいカンジ。しかもどん太(阿部サダヲ)の高座が寒くなる様子をも同時に表現している。うーまーい。でも、ワテクシ「送りバント」は普通に笑えます。ダメ..
Weblog: LOVELY TELLY*TVな毎日
Tracked: 2005-04-25 00:51

タイガー&ドラゴン 第2話 『饅頭怖い』
Excerpt: 町内の若い衆の集まりに留が遅れて来た。 ひどく慌てているので聞くと、蛇に飲まれそうになったので 逃げて来たという。 この世で蛇が一番怖いという話から、皆で怖いものの話を始めた。 みんなそれぞれ怖いも..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2005-04-25 16:56

タイガー&ドラゴン・第2話
Excerpt: はいどーんどーんどーんっ! 落語をどーんと離れてプロ野球のお話。偶然なのかどうなのか、現在セ・リーグは阪神タイガースと中日ドラゴンズが激しい首位争いの最中でございやす。まーさーにー「タイガー&ドラゴン..
Weblog: あずスタ
Tracked: 2005-04-30 01:50

タイガー&ドラゴン 4/22
Excerpt: 今日の記事の出だしは 阿部サダヲって 阿部貞にちなんでつけたんだよね? にしよ
Weblog: おれんじ@TV大好きだいありぃ??
Tracked: 2005-04-30 20:47
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。