Top 14才の母 >14才の母 第八話 「二つの命…どちらを選ぶ?」
2006年12月05日

14才の母 第八話 「二つの命…どちらを選ぶ?」

突然の腹痛に見舞われた未希(志田未来)は的場クリニックに搬送され
血圧が高いことを春子(高畑淳子)に知らされ、大事をとって
入院することになる。





病室にはマコトとひな子がお見舞いにきてくれた。
2人は、望んでいてもなかなか子供に恵まれず
赤ちゃんができることは奇跡に近いことなんだと話す。
マコトたちは、桐野のことも心配だしねと口を滑らせてしまうが
加奈子の機転でしゃべることはなかった。

マコトとひな子のところは、子供がほしくても
なかなか授からない夫婦だったんですね。
ひな子や、マコトは、未希に子供ができてどんな気持ちだったでしょうね。


静香(室井滋)の会社が倒産すると書かれた新聞記事を見て、加奈子(田中美佐子)と忠彦(生瀬勝久)は愕然とする。

未希が知れば体に障るだろうと不安になるが、何か詳しいことを知っているのではないか、と波多野(北村一輝)を訪ねることにする。

一方、債権者から身を隠すため夜逃げをした静香は必死になって会社を盛り返そうとしていたが、智志(三浦春馬)はメモを残して姿を消してしまう。

そんな中、相部屋の妊婦・あゆみ(戸田菜穂)が、夫や子供たちと幸せそうにしているのを目の当たりにした未希は、屋上に上がってしまう。

その様子を見た加奈子。
未希に本音を吐き出したほうがいいとつげ
未希は、「私もあんなふうに
桐ちゃんに喜んでもらいたーい!」と
本音を吐き出す。

波多野は、なんとかして静香たちの居所をさがしていると
智志から連絡が入る。
智志は、土下座までして金策をしている静香をみてたまらなくなり
自分たちがここにいることを記事に書いて公表してほしいと頼む。
しかし、波多野は、それを断り、今未希が入院していることを話す。

智志は、心配になり未希に電話をする。
智志たちが追われていることを知った未希は
智志からの電話でほっとする。
お互い大丈夫と近況を話す2人。
智志は「私は一人で大丈夫だから桐ちゃんはやりたいことやって」という未希の声を聞き涙を流していた。

相部屋のあゆみは、未希にいくつ?と話しかける。
14だというと「若ーい。いいなー」と言われ
未希は驚く。
あゆみは3人目の出産で、もっと仕事やおしゃれを
したかったと本音を漏らす。
すると急に産気付いてしまう。
春子は、未希に「昔から出産は女の出陣っていうんだからという
よくみてるように」という。

そのころ、静香は、今金策のために名古屋に行こうとしていた。
しかし、智志は、止めようとする。
「ママを助けたいと思っている」といっても
「あんたは私についてこないとだめなのよ!」と怒り出す。

静香は、一人で智志を育て確かに頑張ってますよね。
息子を溺愛しすぎなような気もしますが。
ただ、やっぱりもう限界なように思います。


陣痛に苦しむあゆみ。
その中で
「年いってる人にも若い人も結婚してる人もしてない人も
お金ある人もない人もみんな平等。
一人ぼっちでこうやって痛みに耐えながら産むの。
そう思えば怖くないよ」と未希にアドバイスする。
池山は、陣痛の感覚が3分になり、分娩室に入っていった。

このアドバイスは、まさに!と思うものでした(笑)
今は、無痛分娩もありますが、やっぱり痛くならないと
産まれてこないんですよね。


一人病室で待つ未希のお腹の中では、赤ちゃんが動き
未希は胎動を感じる。
しばらくするとあゆみの赤ちゃんの産声が聞こえてきた。

未希は、診察を受けると、春子は性別がわかったという。
しかし、未希は、生まれるまでのお楽しみにしておくと話す。

未希は、退院し、加奈子に髪を切ってもらう。
未希なりの覚悟の決め方だった。

未希は、加奈子に「お母さんも怖かった?」と聞く。
加奈子は、怖く無い人はいないと
未希が難産だったことを話す。
そして、「もし、未希かお腹の赤ちゃんの命かどっちかを選ばなきゃいけなくなったら未希の命選ぶからね。
それは先生にもいったからねという加奈子。
しかし、未希は「誰が親とかなんとかじゃなくて
一人の人だもんね。勝手に選べないよね・・」ともらす。

そこに遠藤と恵がお見舞いにきてくれた。
真由那も近くまで来ていたが、様子を見ているだけだった。
2人は大きくなった未希のお腹を触り、出産のときは教えてねと話す。

忠彦は、写真を撮ろうと思いつく。
家族4人の写真。
忠彦の目は、涙でカメラのレンズがぼやけた。

加奈子は、未希の出産に備え、パートを退職する。

未希は、一人ベビー服を見ていた。
その様子を見つけた波多野は、未希のあとをつける。
未希は、バス停のベンチに座りでバスを待っていたが
急に腹痛に襲われる。
波多野が異変に気づき、未希に声をかけるが
未希は、「大丈夫です」と自分の携帯で加奈子に連絡をする。
「ちょっと早いんだけど・・なんか産まれるみたい・・」

次回は、出産を迎えることになりそうですね。
ただ、わりとここまでは 入院はしたものの
無事に過ごせてますよね。
週刊誌の記事も落ち着いたし、きっと予想以上に周りの目は冷たいのでしょうけど、そんなことを気にせず未希は頑張っているんだなというのを感じます。
智志の家は大変なことになってますが、智志とは連絡が取れたりして
そういうところがちょっと甘いかな?とも感じています。
やっぱり未希は守られているんですよね。

出産は、人によっても、また2度目3度目であっても、
まったく同じということはありません。
そのくらいドラマチックなもの。
果たして未希の出産はどんなものになるのでしょうか。
加奈子が、未希か赤ちゃんの命を選ぶとしたら未希の命を守りたいと
話していましたが、そんな伏線が次週にかかってきそうです。


ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

引用元…「14才の母」公式HPより

視聴率
19.7→16.8→18.3→19.4→17.3→16.7→18.4→17.3
出産に向けて盛り上がるかな?

関連記事
14才の母 第一話
14才の母 第ニ話
14才の母 第三話
14才の母 第四話
14才の母 第五話
14才の母 第六話
14才の母 第七話(公式HP)

人気番組グッズがそろってます!


主題歌です。
ミスチルらしいいい曲ですね。
B000JGWB3Eしるし
ミスター・チルドレン
トイズファクトリー 2006-11-15

by G-Tools


B000J10DHA「14才の母」o.s.t
TVサントラ
バップ 2006-11-29

by G-Tools


志田未来さんの作品

脚本家 井上由美子さんの作品

キャスト
一ノ瀬未希: 志田未来 …中学2年
一ノ瀬加奈子: 田中美佐子…未希の母親
一ノ瀬忠彦: 生瀬勝久 …未希の父親
一ノ瀬健太: 小清水一輝…未希の弟。小学生

三井マコト: 河本準一…未希の叔父。加奈子の弟
三井ひな子:金子さやか…マコトの妻

桐野智志: 三浦春馬 …未希の彼。中学3年
桐野静香: 室井滋…智志の母親。カリスマシングルマザー

遠藤香子: 山口紗弥加 …未希の担任
柳沢真由那:谷村美月…1年留年した未希のクラスメート
久保田恵:北乃きい…未希の親友
原口和明:井坂俊哉…香子の彼。香子の同僚でもある。
中谷栄三:小野寺昭…未希の学校の校長

山崎光陽:海東健…静香の秘書
波多野卓: 北村一輝 …雑誌記者
的場春子:高畑淳子 …産婦人科医










posted by まりこ(^▽^) at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(2) | 14才の母 | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


・日テレ「14才の母」第8話感想
Excerpt: 2006年11月29日(水)、日本テレビで「14才の母 」第8話「二つの命…どちらを選ぶ?」が放送されました。第8話も、簡単感想をアップします!うーん、私の場合は、ぶっちゃけ、感情移入も出来..
Weblog: たまちゃんのドラマページ
Tracked: 2006-12-06 18:44

14才の母 第8回 感想
Excerpt: 『二つの命…どちらを選ぶ?』
Weblog: ぐ〜たらにっき
Tracked: 2006-12-07 00:52
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。