Top のだめカンタービレ >のだめカンタービレ 第五話 「さよなら巨匠!恋の学園祭オケ対決!!」
2006年11月16日

のだめカンタービレ 第五話 「さよなら巨匠!恋の学園祭オケ対決!!」

千秋(玉木宏)の指揮者デビューとなったSオケの初舞台から1週間が経った。
のだめ(上野樹里)は、相変わらず千秋に付きまとい、
電話が止まっているからと彼の部屋に入り浸っては、パソコンを勝手にいじるなど勝手気ままな生活を送っていた。


雨の中学校にいこうとするとのだめの傘は、ひからびてボロボロ。
→外に置きっぱなしだったらしい
千秋と相合傘を求めるが拒否されて・・(笑)


同じころ、桃ヶ丘音楽大学では、まもなく開かれる学園祭の準備が進められていた。
定期演奏会の成功に気を良くしたSオケのコンマス・龍太郎(瑛太)は、Sオケのメンバーに呼びかけ、学園祭で仮装オーケストラをやろう、と提案する。そのアイデアに即座に賛成したのはのだめと真澄(小出恵介)だ。のだめは着ぐるみ、真澄はドレスが着たい、と大はしゃぎだった。

ある夜、千秋は、来日中のシュトレーゼマン(竹中直人)のことが海外でどのように伝えられているのか気になり、ネットで検索する。
なんと、千秋のパソコンは、のだめにいじられ、
画面を空けるとのだめがたくさん出てくる仕掛けに!
「戻せー!」と千秋激怒。

っていうか、なんで“みそ字”じゃないんですか??
ちなみにこのシーンは、原作だとのだめが考えた“みそ字”っていう
フォントに変えられていて、千秋は「これじゃ読めねぇって!」
怒るんですけどね。


すると、シュトレーゼマンが先月のロンドン公演直後に突然行方をくらましたため、関係者から捜索願が出ている、というニュースが出ていた。それを読んだ千秋は言葉を失う。

あくる日、千秋は、シュトレーゼマンから直接真相を確かめようとした。
するとそこに、シュトレーゼマンの秘書兼マネージャーだという女性・エリーゼ(吉瀬美智子)が現れ、シュトレーゼマンを捕まえると無理矢理車に押し込んだ。
エリーゼは、シュトレーゼマンが桃ヶ丘音楽大学理事長・美奈子(秋吉久美子)の若いころの写真を大事そうに持っていたことを手がかりに、日本まで捜しにきたのだった。
シュトレーゼマンは、エリーゼに捕獲され、強制送還される。

このエリーゼ役の古瀬さん。日本人でしたね(笑)
吉瀬美智子さんHP

ブログでは、撮影の様子なども見られます。


その夜、のだめや龍太郎たちは、またもや師匠を失ってしまい、落ち込んでいる千秋を励まそうとしていた。
するとそこに、ドイツに強制送還されたはずのシュトレーゼマンが突然現れ、千秋に楽譜を差し出す。それは、ラフマニノフの『ピアノ協奏曲第2番』の楽譜だった。シュトレーゼマンは、学園祭で自分が指揮するAオケとピアノで競演してもらう、と千秋に命じる。

翌日、練習のために集まったSオケのメンバーは、千秋とAオケの競演話で盛り上がる。龍太郎は、千秋に裏切られたような気分を味わっていた。
千秋の代わりを指揮科の大河内(遠藤雄弥)が務めることになったSオケは、打倒Aオケを合言葉に、仮装の準備に取り組む。ピアノ科ののだめや怜奈(岩佐真悠子)、真紀子(高瀬友規奈)も、ピアニカで参加することになっていた。

そんな折、千秋は、シュトレーゼマンと美奈子が会っているのを見て、
ラフマニノフの『ピアノ協奏曲第2番』が、美奈子の大好きな曲だと知る。シュトレーゼマンが、美奈子にいいところを見せたいためにこの曲を選んだと思い、憤慨する千秋。するとそこにエリーゼが現れ、シュトレーゼマンと美奈子の過去を千秋に話し始める。

学生時代、ピアノを学んでいたシュトレーゼマンは、決して熱心な学生ではなかったという。
そんな彼に、当時大学のマドンナだった美奈子が、指揮者になることを進めたのだ。電撃的に美奈子に恋をしたシュトレーゼマンは、雲の上の存在だった美奈子を追って必死に指揮の勉強を始めた。ところが、美奈子は指の病気にかかり、ピアノを止めて帰国してしまったのだという。とはいえ、エリーゼによれば、ふたりはいまも昔もただの友達らしい。
実は、美奈子よりもエリーゼが問題にしていたのは千秋のことだった。
シュトレーゼマンは、これまでどんなに頼まれても弟子をとったことがなかったのだ。エリーゼは、本気じゃないのならシュトレーゼマンを返してほしい、と千秋に訴えた。

シュトレーゼマンの本当の“ねらい”がわかった瞬間です。
彼もただ“遊んで”たわけじゃなかったんですね。


同じころ、シュトレーゼマンは美奈子と一緒にいた。
美奈子は、日本を出られない(飛行機に乗れない)千秋の才能を埋もれさせないためにシュトレーゼマンを呼んだのだ。
そんな美奈子に、シュトレーゼマンは、昔の自分を見ているような切ない気持ちにさせてくれるもうひとりの子もどうにかしなければいけない、と話す。

そのもう一人の人物とは・・。

別の日、千秋は、清良(水川あさみ)たちAオケとともにリハーサルに臨んだ。
そこでシュトレーゼマンは、千秋のピアノを厳しく指導した。
観客に対する見せ方も大事なのだから「もっともだえるように」と気持ちを体で表現しろ、というシュトレーゼマンの言葉が、どうしても理解できない千秋。
それでも千秋は、この貴重な経験を大事にしようと、必死に練習に取り組み始める。

のだめたちが仮装とステージ飾りの準備を進めていたころ、桃ヶ丘音大には、学園祭に関する問い合わせの電話が殺到していた。
その電話は、千秋が出るのかどうか、というものだった。クラッシック専門誌「クラシック・ライフ」の記者・けえ子(畑野ひろ子)が、雑誌でSオケの定期公演のことを取り上げたためだった。
ライバルの沙也(井上佳子)にその記事を見せられ、「惜しいことしたんじゃない?」などと言われた彩子(上原美佐)は、動揺を隠せなかった。

学園祭当日、龍太郎たちSオケの面々は、紋付袴&着物姿でキャンパスに登場する。
龍太郎は、マキが自分のためにデザインしてくれた仮装のアイデアが気に入らず、強引に仮装オケを止めてしまったのだ。

ちなみにマキちゃんが龍太郎に考えた衣装は
ニコレットの仮装(笑)
人間でなかったことに龍太郎は、ショックを受けてたんですね(笑)
しかし、真澄は、そのままドレス、のだめは、手作りのマングースの
着ぐるみで出てました。
ちなみにマングースは、沖縄の人がハブに困って放ったのに
マングースは、アマミノクロウサギを食べてしまったのだとか。
そのため、爆発的に繁殖し、今では沖縄にマングースを持っていくと
役所で2000円もらえるそうです。(というヲチ。5巻参照)
マングースなんてのだめ読んで初めて知りましたよ(笑)


桃ヶ丘音大の大ホールには、Sオケを見ようと大勢の観客が詰めかけていた。のだめからチケットをもらった千秋が席につくと、場内の照明が消え、ピアニカによるチューニングが始まった。
と、突然舞台中央を照らしたスポットライトに、ピアニカを手にしたマングースが浮かび上がる。のだめだった。
Sオケによる、和製ビッグバンドの『ラプソディ・イン・ブルー』が始まった。
凝ったアレンジ、得意のアクション…その演奏は、Sオケの本領発揮ともいえるパフォーマンス満載だった。

お得意の楽器を上に上げて弾く、ポージング!(笑)
これみんなでやると楽しそうですよね。
見てるほうもすごく楽しい!
千秋も絶賛してました。


千秋とAオケの出演まであとわずかに迫っていた。
桃ヶ丘音大には、けえ子に誘われてやってきた音楽評論家・佐久間(及川光博)の姿もあった。

演奏を終えたのだめは、着ぐるみ姿のままベンチで休憩していた。
そこにやってきたシュトレーゼマンは、ふいに「将来何をしたいの?」とのだめに問いかけた。
「千秋先輩のお嫁さんをしながら幼稚園の先生をするのが一番の夢デス」と恥ずかしそうに答えるのだめ。
するとシュトレーゼマンは、いまのままでは千秋と一緒にいられない、とのだめに告げ、持っていた古い懐中時計をのだめにプレゼントした。それは、シュトレーゼマンが美奈子からもらったものだった。

この懐中時計、のちに大活躍する大事なアイテムです。
使う時が来るかな?


本番直前、千秋は、ひとり鏡の前に立ち、髪型などをチェックしていた。
シュトレーゼマンは、そんな千秋に、なかなかいい傾向だ、と声をかけた。そして、しばらく日本ともお別れだから美奈子にいいところを見せなければ、とつぶやいた。
「さあ行きますか…楽しい音楽の時間です」。

千秋のピアノで、ラフマニノフの『ピアノ協奏曲第2番』が始まった。観客たちは、一瞬にしてその世界に引き込まれていた。

まだベンチに座っていたのだめは、探しにきた真澄に急かされてホールへと急いだ。
ホールの扉を開けたのだめは、目の前まで迫ってくるようなその演奏に息を呑んだ。

千秋は、もうすぐ曲が終わってしまうことを惜しみながらピアノを弾いていた。
「もっと教えてほしいことがあった。もっと聴いて、もっともっと感じていたかった」。
千秋は、情熱的な指揮をするシュトレーゼマンを見上げながら、そんなことを考えていた。

美しいラフマニノフの幕が閉じた。のだめの手から、持っていたマングースの頭が落ちた。
龍太郎が千秋の名前を叫んだのをきっかけに、観客たちは一斉に大きな歓声を上げた。

いい演奏でした!
このシーンもすごく見たかったんですよね!
千秋のピアノのシーンは、おそらくほぼ吹き替えだったと思いますが
それでも、曲と腕の動きも細かくあわせていて、かなり
大変だったんじゃないかなと思いました。


控え室に戻った千秋とシュトレーゼマンは、燃え尽きてソファーに倒れこんでいた。
千秋は、表情を隠しながら、「もういい年なんだから酒とかタバコとか女とかほどほどにして長生きしてください」、とシュトレーゼマンに告げた。

シュトレーゼマンには、散々振り回された千秋ですが、
愛情こもったセリフです。


観客たちが去った後も、佐久間は椅子の上から動けないでいた。
佐久間は、「クラシック・ライフ」の連載コラムをいまから差し替えられるか、とけえ子に問いかけた。

同じころ、のだめは、「いますぐピアノを弾かなきゃ・・」という衝動に突き動かされ、レッスン室に向かって走っていた…。

和制ビックバンドと、マングースとシュトレーゼマンと千秋の共演、
もう大好きなシーンてんこもりの第五話でした。
特にSオケの紋付袴のオケ、見たかったんですよね。
演奏もさながら、すごくかっこよかった!
ピアニカも、いいアクセントになってましたよね。

千秋とシュトレーゼマンのラフマニノフピアノコンチェルトも
すごく素敵でした。
ピアノ科でもある千秋にピアノを弾かせ、自分がオケを振る。
こんなすばらしい共演ないですよね。
シュトレーゼマンの本物疑惑?はしばらく続いてましたが
(エロすぎだし(笑))
やっぱり巨匠なんですよね。

この千秋の演奏を聞いて、影響を受けたのだめ。
彼女は、どんな風に変わっていくのか・・・・。


ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

引用元…のだめカンタービレ 公式HP

視聴率
18.2→16.1→18.4→18.3→19.9

のだめで使われた曲を全部解説するスレ
ドラマのあのシーンで流れた曲がわかります!

のだめオーケストラ公式ブログ
のだめオーケストラで演奏してる方が書いていらっしゃいます。

のだめカンタービレ特集
キャラクター紹介から作者のニノ宮先生のインタビューほか
のだめの原作をちら読みしながら曲が聴けるという
コンテンツです。((注)ネタバレになってしまうかも!)


のだめオーケストラ
ドラマ中で流れた音楽が
着うた、パソコン配信で始まってます!


視聴サイト(曲も買えます)
MORA

bitmusic

原作者 二ノ宮知子先生のサイト
先生のお仕事状況などよくわかります^^

オープニング曲 ベートーベン 交響曲第7番 第一楽章 
視聴
エンディング曲 ガーシュインラプソディ・イン・ブルー
視聴

のだめが千秋の写真を入れて持ち歩いている
ロケットペンダントです。
さりげなくダイヤがついてます☆





のだめの持つバックです。
楽譜も入るように大判ですね。

のだめカンタービレフェルトケンバンバッグ

卓上譜面台です。
ポータブック・モーツァルト

楽譜ファイルです。
楽譜ファイル/ケンバン・アイボリー

コミック大人買いしました(笑)
読み出すと止まりません!

のだめカンタービレ(1)
のだめカンタービレ(1)二ノ宮 知子

講談社 2002-01
売り上げランキング : 3

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
のだめカンタービレ (2) のだめカンタービレ (3) のだめカンタービレ (4) のだめカンタービレ (5) のだめカンタービレ (6)


ちなみに16巻の限定版についてるシャープペンシルはこんな感じ。
のだめ16巻.jpg
のだめカンタービレ 16巻 限定版
二ノ宮 知子
4063620670


「のだめオーケストラ」LIVE! のだめオーケストラ「のだめオーケストラ」LIVE!
のだめオーケストラ
ERJ 2006/11/15
近日発売 予約可

アマゾンで詳細を見る
powered by アフィリエイトの達人


CDブックでは、『のだめカンタービレ』の中に登場するクラシック名作10曲を収録した
セレクションCDとコミックス未収録イラストを含むミニイラスト集
描きおろしイラストの美麗ピンナップカードもついてます。
聴きながら読むとおもしろさ倍増!!
クラッシックの曲も覚えられます。

4063646467のだめカンタービレSelection CD Book
二ノ宮 知子
講談社 2005-08-10

by G-Tools


4063646661のだめカンタービレ Selection CD Book〈vol.2〉
二ノ宮 知子
講談社 2006-08

by G-Tools


キャラクターブックでは、一コマしか出てない人物まで網羅!(笑)
書き下ろしも結構あってこれはお得です!!

4063720799のだめカンタービレ#0キャラクターBOOK
二ノ宮 知子
講談社 2005-10-28

by G-Tools


千秋が指揮を振った曲が入ってます。
間違い探しなどもあって楽しめます(笑)



カレンダーも欲しい!
4063579689のだめカンタービレ 2007年カレンダー
二ノ宮 知子
講談社 2006-11-15

by G-Tools


のだめカンタービレ特集

B000I5YADA「のだめカンタービレ」オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ
ERJ 2006-12-06

by G-Tools


関連記事
のだめカンタービレ 第一話
のだめカンタービレ 第ニ話
のだめカンタービレ 第三話
のだめカンタービレ 第四話

キャスト
野田 恵 …上野樹里
千秋真一 … 玉木 宏
峰龍太郎 … 瑛太
三木清良 … 水川あさみ
奥山真澄 … 小出恵介
多賀谷彩子 … 上原美佐
大河内守 … 遠藤雄弥
佐久 桜 … サエコ
峰 龍見 … 伊武雅刀
河野けえ子 … 畑野ひろ子
江藤耕造 … 豊原功補
谷岡 肇 … 西村雅彦
フランツ・シュトレーゼマン(ミルヒー) … 竹中直人



posted by まりこ(^▽^) at 04:04 | Comment(2) | TrackBack(5) | のだめカンタービレ | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
初コメントです。
以前はミクシに招待してもらったのに
お礼ができないままでした;ごめんなさい。
改めてアリガトウございました^^

いつも「どらまにあ」楽しんでみてます!!

今週ののだめは演奏シーンで感動して
2回も見てしまいました。

これからも更新楽しみにしてます。
Posted by グミ at 2006年11月16日 08:51
グミさんへ
わざわざありがとうございます!
今週の演奏シーンよかったですね。
私も感動してしまいました。
また遊びにきてくださいね!
Posted by まりこ(^-^)ノ at 2006年11月16日 11:26
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


のだめカンタービレ第五話
Excerpt: Lesson5「さよなら巨匠!恋の学園祭オケ対決!!」 どうも弾けた面白さを求めるようになってしまい、ちょっとシリアスだとあれれ?とつい思ってしまう。今回もちゃんとギャグはあったんだけど、微妙..
Weblog: LOVELY TELLY*TVな毎日
Tracked: 2006-11-16 11:01

フジテレビ「のだめカンタービレ」第5話:さよなら巨匠! 恋の学園祭オケ対決!!
Excerpt: 原作を読んで一番演奏を聴いてみたいと思っていた、ピアニカ版「ラプソディ・イン・ブルー」が聴けて大満足です(マングースの着ぐるみと、紋付袴でのSオケもよかった!)
Weblog: 伊達でございます!
Tracked: 2006-11-16 17:11

のだめカンタービレ 第5回 感想
Excerpt: 『さよなら巨匠!恋の学園祭オケ対決!!』
Weblog: ぐ〜たらにっき
Tracked: 2006-11-16 21:18

・フジ「のだめカンタービレ」第5話感想
Excerpt: 2006年11月13日(月)のお話です。夜21時から、フジテレビで「のだめカンタービレ」が放送されました。(関東ローカルの場合)第5話「さよなら巨匠!恋の学園祭オケ対決!!」 Sオケメンバーの相変わ..
Weblog: たまちゃんのドラマページ
Tracked: 2006-11-18 08:43

《のだめカンタービレ》◇#5
Excerpt: ミルヒーが本物かどうか、千秋は龍太郎には、Aオケの練習で振ったタクトで、あれは本物だと信じていると言った。そんな折、サイレンを鳴らしてパトカーが数台構内に入ってきた。ここで判るエリーゼの正体。ストレー..
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2006-11-19 04:37
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。