Top 2005年(1月〜3月) >「H2」第10回
2005年03月18日

「H2」第10回

いよいよ甲子園が近づいてきた。
宿舎の場所の案内を配る千川のマネージャーたち。

春華は、比呂に「明和と一緒じゃなくて寂しい?」と訊ねる。
「どーでもいいけど。甲子園で会うし」と比呂。
比呂は、『北の国見、南の橘、いよいよ対決か』という
新聞記事を見ていた。

ランキング頑張ってます!いろんなBlogがいっぱいです☆

明和では英雄がトレーニングをしていた。
「比呂のこと好きよ。」と言ったひかりの言葉を思い出していた。

「英ちゃんご飯だよ」と呼びにきたひかりに
英雄は、もし、甲子園で千川と対戦が決まったら
おまえに頼みがあるんだと話す。

比呂は、さくらの仏壇に報告に来ていた。
用意されたカレーを食べると「おばさんと同じ味だ」と比呂。
ひかりが作ったんだ。どうしてカレーの味まで似るかね・・と
太一。
太一は、さくらの写真を比呂に渡す。
「荷物になっちゃうけどしっかり見とけよ。さくら」と話しかける。
太一は、くるっと後ろを向いて
「比呂・・長生きする嫁さんもらえよ」
「後悔してるの?」
「全然・・」という太一だった。

実家でも、比呂は、タイのお頭つきの食事を食べる。
母信子は、おでかけ。かわりにひかりがやってくる。
ひかりは、比呂がネギが嫌いなのに
乾燥ネギが入っているふりかけ「ねばり一番」を見つける。
比呂は、夏ばて予防に食べているという・
「バカでも夏ばてするんだ」と冗談で返し
「早く出かけよ。支度して。今日1日付き合って」といわれる。

比呂とひかりは、2人であちこち出かけた。
あるカップルのがあーんと口に入れてもらっているのを見る比呂。
その比呂を見たひかりが
自分もあーんと比呂の口に入れてあげようとしたところで
くるっとユーターンして自分の口に入れてしまう。

「こういうのすっごく久しぶり
よく小学生の頃来たよね。
お母さんいつも2人分のお弁当作ってくれて
楽しかった。
あの頃、なんであんなに楽しかったのかな。
わかってるんだ。
きっと比呂がいたから。
比呂がいてくれたから」

比呂は、「英雄の調子どう?」と訊ねる。
「人のを聞くときは、まず自分から」とひかり。
「悪かねぇよ。
野球の神様もみたいだろうしな
オレと英雄の対戦」
ひかりは、比呂にキスする。
「比呂と幼馴染でよかった。
さよなら・・」
ひかりの後姿を見送る比呂だった。

合宿所では、足りなくなったものをマネージャーたちが
買出しに行っていた。
比呂は、「ねばり一番」という
粉末のネギが入っているふりかけを春華に頼んだ。

その頃、野田と比呂は、将来について話していた。
「おまえは、プロに行けよ。
才能があるヤツは、凡人を楽しませる義務がある」と野田。
比呂の携帯にタッチの着メロが流れる。
英雄からの電話だった。

「なんで敵に呼び出されるんだよ。」と不服そうな比呂。
「調子どうだ」と聞く英雄に対して
「人の調子を聞くときは、自分から」とどこかで聞いたセリフを唱えると
「良すぎてこえぇよ」と英雄。
「おまえは?」
「わるかねぇよ」と比呂は、答えた。

「この前、ひかりに聞いたんだ。
おまえのこと好きかって」
「バカじゃないの?」と比呂
「どんな答えを期待したんだよ」
「期待した通り」と英雄
「ひかりは、おまえと別れたりしねーよ。
別れてもその相手はオレじゃねぇ
あいつはオレのこと大好きだから。」
「・・・・」
「怒るところだろ?」
焦る比呂。
「みょーになっとくしたから(笑)」と英雄。
「最後のチャンスだからな。絶対負けるなよ。」
2人は、対決を約束するのだった。

春華は、比呂が頼んだ『ねばり一番』というふりかけを探していた。
するとばったりひかりと会う。
合宿所では、木根が比呂が探していた『ねばり一番』を持っていた。
「やらねーよ」という木根。
「買うよ」と比呂
「ばーか。これは関東限定なんだよ」と言われ
比呂は、初めて気がつく。

比呂は、春華に電話をしようとしていたが
春華が『ねばり一番』を持って帰ってきた。
比呂はジュースを二つ持って春華を誘って話をすることに。

「ねばり一番こっちに売ってねーんだけど」
「だから見つからなかったんだ」
「去年の方がよかったかな
ほんとは一緒にもできたんだ。
ひかりさんと国見くん離したかった。
ひかりさんと一緒だと負けちゃうから
今日も助けてもらっちゃった。
これなら持ってるよって。
離そうとしたのに、イジワルしようとしたのに
国見くんとひかりさんは離れないね。。」

比呂は、「全部おまえだよ。
今、オレがここにいるのも
甲子園立てるのも
英雄と1勝できるのも
千川に野球部ができたのも
今までのことは、元を正せばみんなおまえ。
おまえの分、感謝している。
おまえがいてくれたから
千川に入ったこと後悔しなかった。
古賀春華がいたから頑張れる」
というのだった。

「夏が終わったら受験生だね
国見君やりたいこと決まった?」
「まだ」
「おまえの夢、エフ・・エ・・」
「フライトアテンダント。それでその飛行機に
国見くんが乗るといいな。
メジャーリーグ行くために」
「夢は、そんくらいでっかくないとな・・」
空には、2人の頭上を飛行機が通りすぎて行った。

千川の試合は、6日目2回戦から、
明和は、4日目だった。
明和の試合は、明日。
「ひかりさんの誕生日だね。
橘くん元気いっぱい撃ってたよね・・・」と
去年のことを思い出す2人。

英雄は、ホームランボールをひかりに渡していた。
比呂は、まだ小さい頃、さくらに
「どうしてひかるの誕生日ケーキは大きいの?」と聞くと
「次の日、比呂ちゃんが遊びに来た時残ってなかったら寂しいでしょ?」
と言われていたのを思い出していた。

千川と明和の対決は、少しずつ近づいていった。

英雄は、ひかりを呼び出す。
「中1の時、もしオレと比呂の身長が同じだったら
おまえは、ここにいたかな?
あいつはいつもおまえと並んでいた。
やっと甲子園で比呂と勝負ができる。
おまえに頼んでたこと
オレたちの勝負、ちゃんと見届けること。
あさっての試合が終わったら・・・

野田と比呂は、お祭り前の気分と
花火をする。
「明日待ったかいがあったな」
「やっとな」
「サンキュ敦。」
「オレは、おまえのボールを取ってただけだ」
その様子に、他のメンバーも集まってくる。
「野球部作って、2年でここまで来て
ありえないこといっぱいやってきたしな」と野田。
すると「めっちゃいい話・・」と小宮先生(田丸麻紀)が感動してると
うっっと気分が悪くなり走り去ってしまう。慌てる富士夫。
「おにいちゃん・・・」と春華。
アウト・・・ゲームセット・・というメンバーたちだった。

明和では、比呂のピッチングを研究していた。
「無駄だ、ビデオなんかじゃわかんねぇよ
比呂のすごさは・・」と英雄。

春華が荷物を持ってコケているところに
比呂が拾ってやっていると
大竹(弓削智久)がどうしてもカッチャン(広田勝利・・青木崇高)が国見さんと話したいって
と携帯を持ってくる。
広田は「うぜーんだよ。おまえ消えてくれよ
勉強に集中できない。
肘壊す前にちゃんとやりあいたかった。
デキ悪い二人頼むわ」
春華は、「みんな応援してるね」とうれしそうだった。

比呂は、春華に
「ちょっと出かけてくる」といい外に出る。
野田は、春華に「比呂見なかった?」と訊ねる。
「たこ焼き食べに行ったんじゃないですか?」
野田は、さっき比呂にたこ焼きを食べに行こうと誘ったときに
腹いっぱいと言っていた。
野田は、明和にも比呂を探しに行った。
きっと見つけるよと野田は、言うのだった。

野田は、英雄がひかりに言ったある条件を聞いてしまう。
英雄は、ひかりに試合終わったら、もう一度ちゃんと選んで欲しいんだと
話していた。

「勝手に決めんなよ」と野田。
「オレたちの問題だ」
「比呂には絶対言うなよ」
「そんなヤツだから前に進めねーんだよあいつは」
と英雄はつぶやいた。

ひかりは、背後の気配で比呂が来たことに気がつく。
去年比呂が負けて泣いた場所だった。
「なんか用?」
「さっきも同じこと言われたな」
「いよいよ明日
英ちゃんとの対決だね」
「どっちが勝つんでしょうか」
「泣いている英ちゃん想像できない
比呂のは、何度も見てる。去年もここで・・」
「1年待たせたな。
でもさ、あとちょっとが燃えられないんだよな
なんか足りねーんだよ」
「比呂・・私・・・」
「わかってる。明日応援してくれなんて言わない。
今1つだけ
頑張れって言ってくれないかな
長い幼馴染、口先だけでいから一言だけ。」
「口先だけなんて意味ないよ」
「わかってる」
比呂目をつぶる
「頑張れ。負けるな」
「オッケ。」
「頑張れ負けるな。」
・・頑張れ負けるな。」
「もういいよ」
何度も繰り返していうひかり。
比呂は、涙ぐんでいた。
「ごめん。」
ひかりも、泣いていた。

合宿所で、春華は、スコアボードを書いていたところに
他のマネージャーたちが春華の元にやってくる。

野田は、比呂を待っていた。
「どこ行ってたんだ。ひかりに会ってたの?」
「だったらなんだよ」
「聞いた?」
「いや、べつに」
「聞いたよ」
「聞いたか・・英雄の話、
ひかりに試合が終わったら比呂と英雄をもう一度選んで欲しいって
聞いたんだろ?」
「・・聞いたよ。今。そんなこと言ったのか。英雄は」
野田は、焦る。
「忘れろ・・!」
「物忘れはいいほうだけど
明日には、無理だな」

春華もその頃、マネージャーたちから同じことを聞いていた。
「ごめん、春華。
うちら勝ったら国見くん雨宮さんと付き合っちゃうんじゃないかな」
「ありがと、言ってくれて。
応援がんばろ」
4人それぞれの胸の内は、いろいろな思いがいっぱいだった。

ベンチには、額に入れられたさくらの写真も置かれていた。
「行くぞ」と野田
春華は、「国見君、頑張って」と声をかける
千川の校長もラジオで応援していた。
コーチの富士夫は
「おまえら、遠慮無くがっちり楽しんでこい!」と送り出した。

比呂のピッチングは、絶好調だった。
明和コーチもこんなすごい国見見たことないという。
英雄の打席になった。
タイムを取る野田。
「英雄に打たせるような真似するなよ」と忠告する野田だが
「わかってねーな
オレはひかりのこと
大好きなんだよ」と答える比呂がいた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

個人的にすごくおもしろい展開になってきました!!
野球の方では、ようやく英雄と比呂の対決ですね。
この試合は、甲子園というだけでなく
比呂と英雄のひかりを賭けた試合でもあります。
試合の行方次第で、ひかりの答えは変わってしまうのでしょうか??

それにしても『好き』という言葉のキャパシティが大きいドラマですよね(笑)
私は、もうひかりの心は、決まってるんだと思います。
ひかりは、比呂のこと好きですよ。
でも、優しいからなのかな。
幼馴染という枠で収まろうと努力しちゃってる感じがするんですよね。
それを英雄もうすうす感じているんじゃないかな。
だから、試合でもう一度ちゃんとオレか比呂を選んでくれという
言い方をしたのだと思う。

英雄の出した試合後に比呂と英雄をひかりに選ばせるという条件を知って
比呂は、英雄に妥協してしまうのかと思えば
闘志が見えてきましたね。
いつも今一つのところで燃えることができなかったという比呂。
ひかりからも頑張れって言ってもらえてたし
(このシーンよかった!)
やっぱり比呂もひかりのこと好きなんですよね。
こういうムキだしの闘志大事にしてもらいたいです。

可哀想なのは、やっぱり春華かな。
彼女は、比呂とうまくいく可能性ってあるんでしょうか。
英雄の出した条件次第で、千川が勝つとすれば比呂がひかりと付き合ってしまう可能性は
とても大きい。
それを知って、応援する春華。
そう考えると春華の気持ちも複雑ですね。

どこかのサイトで、原作では、比呂か英雄かの決着(試合の?)は
明かにされてなかったと書いてあったんですけどどうなんでしょ?
先が気になって眠れません(笑)

これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆


「H2」を見て野球がしたくなった人は、どうぞ!
RAWLINGS/ローリングス 軟式グラブボルダーフィールド フラッシャー オールポジション用











posted by まりこ(^▽^) at 17:53 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(7) | 2005年(1月〜3月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
「気ままなNotes...」のpixy_japanです。
> 比呂か英雄かの決着は明かにされてなかった
 いえいえ原作では、「試合」も「恋愛」も決着はついてますよ、一応。
"一応"は「恋愛」の方で、試合は"きっちり"決着ついています。
 原作を読んだこと無い人は、テレビ最終回終了後、漫画喫茶などで読まれることをお勧めします。フネがいい!
Posted by pixy_japan@気ままなNotes... at 2005年03月18日 22:33
比呂のひかりへの感情はもう幼なじみに
もどってますよ。去年泣いた時から。
ひかりが大好きだから、大好きな野球で
英雄と真剣勝負をしてひかりを本当に必要としている場所=英雄のところへ行かせてやろうとしてるんです。
比呂はひかりが大好きだから自分からひかりを振るつもりなんです。
幼なじみのままなら一生つきあえるから。
恋人どうしになったら分かれてしまったら終わりだから。
最終回では原作後も書かれるようなので必見ですね。
Posted by のの at 2005年03月19日 01:36
コメント&TBありがとうございます!

pixy_japanさんへ
原作読みたくなりますね。
結果として、ひかりは、必ずしも試合の勝ったほうに行くとは限らない?ということでしょうか(苦笑)
原作後の世界も楽しみにしてます。

ののさんへ
もう比呂とひかりは幼馴染に戻っているんですね・・。ちょっとせつないです。
いつまでも大好きでいられるために幼馴染を選ぶんですね。やはり、ひかりは、英雄なのでしょうか。最終回のTVならではのアレンジ楽しみです。
Posted by まりこ at 2005年03月19日 02:39
まいどどうもです^^
いよいよですねぇヽ(´ー`)ノ
はてさて オリジナルの感動のラストやいかに!!
Posted by へっきー at 2005年03月20日 00:46
ヘッキーさんへ
コメント&TBありがとうございます^^
感動の最終回になるのかなぁ・・
オリジナルと聞いて、期待してます♪
Posted by まりこ at 2005年03月20日 19:34
2回インポートされたとか、そういうレポートでチェックすると思います
甲子園に 神様八木様登場・・・ サヨナラなるか〜
配ってみた。
Posted by 酢鶏@人工無能 at 2005年03月30日 06:33
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


H2 第10話
Excerpt: いよいよ最終回に向けて準備万端って感じですね。 恋愛の決着も野球の決着も盛り上がるだけ盛り上がっての最終回、期待は大きいです。 比呂(山田孝之)と英雄(田中幸太郎)とひかり(市川由衣)と春華(..
Weblog: 四助のささやき
Tracked: 2005-03-18 20:03

『H2』ラス前
Excerpt: 『H2-君といた日々』「もう一度選べ最後の甲子園準決勝」今日は、よかった。今日の『H2』でちょっとやめて。。って所は、田丸麻紀さんの先生と、突然の広田からの電話くらいだったな。あとは、割りとちゃんとし..
Weblog: strの気になるコト TVと歴史と音楽と。。-str-ブログ- 
Tracked: 2005-03-18 20:45

【ドラマ雑感】 H2〜君といた日々〜 (第10話/全11回)
Excerpt:  いよいよクライマックスの夏の甲子園大会が始まる。比呂と春華、英雄とひかりの関係も複雑に絡み合う終盤、長ーーーーーい原作のどのエピソードを実写化されるのかも注目だ。  まずは、重要なひかりと比呂の最..
Weblog: 気ままなNotes...
Tracked: 2005-03-18 22:29

H2 #10「もう一度選べ 最後の甲子園準決勝」
Excerpt: 3月17日放送 甲子園に出発する前日。 朝から尾頭付きの鯛(景気づけ?)を食べてる比呂のところへ ひかりが現われ、デートに誘い出しました。 ふりかけじゃなくて鯛につっこもうよ、ひかりさ..
Weblog: ■週刊TVレビュー■
Tracked: 2005-03-19 00:21

H2 君といた日々 〜第10回〜
Excerpt: 昨日もよかったですねぇ。原作でもそうなんですけど、ラストに近づくにつれてお笑い系からシリアス系に物語が変化していくんですよね。まさに「あだちワールド」の真骨頂とでも言ったらいいのでしょうか?英雄とひか..
Weblog: いわぴいのドラマ日記
Tracked: 2005-03-19 06:22

H2 第10回
Excerpt: 今回は 比呂とひかりのデートがみれましたねえ 一番 2人がふたりらしく いれる時間だったのではないでしょうか・・・ 春華には申し訳ないが^^; 英雄は まいっか・・・といいそう^^; しかし 木..
Weblog: hekky's goo blog
Tracked: 2005-03-19 23:41

H2??君といた日々・第10話
Excerpt: ○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから! ○TBS系「H2??君といた日々」 第10話「もう一度選べ最後の甲子園準決勝」
Weblog: あずスタ
Tracked: 2005-03-21 22:56
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。