Top マイ★ボス マイ★ヒーロー >マイ★ボスマイ★ヒーロー最終話「さよなら若頭! 舞い上がれ、俺たちの船」
2006年09月19日

マイ★ボスマイ★ヒーロー最終話「さよなら若頭! 舞い上がれ、俺たちの船」

関東鋭牙会と敵対する北極会と熊田一家が学校に殴りこんでくる。
「やつらのねらいはきみだ!
挑発に乗るんじゃない!今出ていったら二度と教室に
入ることはできない」と校長が止める。
真喜男は土下座をして手を出さないように
頭を下げるが、熊田たちは、真喜男が関東鋭牙会の
若頭だと話してしまう。
「やめろっていってるんだろ!」と真喜男の手が
相手を殴り、大乱闘になってしまう。


真喜男は男たちをぼこぼこに殴ってしまうい
その様子をみる3年A組たち
思わず百合子も目をそむける。

生徒たちは、真喜男に対し恐怖心を感じ始める。
そこに真喜男のブラウスがはだけ
シャツ一枚に。
それを脱ぎ捨てると背中には、1面の刺青が現れた。

真喜男をはじめ熊田たちも警察に連れて行かれる。
その様子をみつめるクラスメートたち。
涙を浮かべるひかりたちもいた。

真喜男が捕まったことは、
ニュースにも流れる。
幸いにも学校の生徒たちは、無事だった。

「兄貴はどうなるんですか?
卒業はどうなるんですか」と和弥
「若は体張って学校を守ったんだ」と黒井
「あと少しで学校を卒業だったのに・・」と和弥も悔しがる。

一方、学校では
「どうにか卒業させてやりたかった」と百合子が
願うものの、退学は、免れない状態だった。
校長の南は、
「みなさんだまっていてすみませんでした」と謝罪する。
「事実を知っていたのは、私だけです。
しかし、榊くんを入学させたことは後悔していない
誰でも学ぶ権利はある」というが
「ほんとは28だったなんて・・」
「やくざだったなんて・・」
「裏切られた気分です」という教師たち。

「いいですね、これは事故です。
ヤクザの組長がこの学校にいたなんて
あってはならないことです。
今回のことは忘れましょう。
なかったことにしましょう」という教頭。
南は、「私はこのことの責任をとって校長をやめさせてもらいます」というがそんな問題は、どうだっていい。
生徒の心のケアですという教頭だった。

百合子は、真喜男のことをクラスみんなに説明する。
「榊くんは、退学処分になりました。
残念なことですがくわしいことは明日教頭先生からお話があります。
受験のない人は出席してください」
生徒たちがバラバラと退出していく
残ったのは、ひかり、早紀、順 諏訪部だった。

百合子も最後に教室に残っていた。
真喜男との交換日記を開く。

留置所の真喜男の元に黒井がくる。
「やはり退学処分になりました。
組の援軍が間に合わずに申し訳ありませんでした。
跡目の件は若が戻られてから」
真喜男は
「せっかく猛勉強しなくていいのに全然眠くなくて」
「若、今までのことは何も考えずにお休みください」と黒井
しかし、「いつあんな事件がおこってもおかしくなかった。
オレが、平和ボケしてたせいで・・」
「若、もう終わったんです。自分を責めないでください。
どうか前向きでお考えを」
「前向き?前向きなんて無理だよ」
「大丈夫ですよ兄貴
毛布差し入れしておきました。
いい夢がみられますように」

真喜男は和弥から毛布を差し入れてもらったが
やっぱり眠れず。
監視からは、羊の数を数えるように言われるが
「そんなむなしいことできっかよ」と
無理やり前向きに考え始める。

「マッキーってやっぱりヤクザじゃないんだ」
「28だったんでしょ?
男って年上でもよくない?
たった13才なんて関係ないしね」
「マッキーは、このクラスの一員よね
みんな一緒に卒業!」と百合子
笑う3年A組のみんな。
しかし、想像は、ガラスのように砕ける。

「ありえないんだよ!」と怒鳴る真喜男
夢なんて余計にむなしかった。
「そうだ、現実は・・」
乱闘の時怖がる生徒たちの顔を思い浮かべる。
「ちきしょー!もう全部終わりだ!」

真喜男の元に百合子が面会にきた。
しかし、逃げようとする真喜男
「鉄火面がいる!」
「誰が鉄火面よ。
いいからすわりなさい。
確かによくみれば老けてるわね
私よりずっと」
「あ・・いや・すいません・・」
「すごい隈よ」
「や、全然眠れなくて羊を13985匹数えてたら朝がきてしまって」
「やっぱり寝れなかったですか?」と和弥
「怪我はたいしたことなさそうね。
よかった。みんな元気よ。
昨日の朝礼で事件について説明があって
みんなそれなりに受け止めて頑張ってるわ
だからあなたも頑張って」
百合子は、それだけいうと立ち上がる。

「あの先生、先生、ありがとうございました。
1年間、いろんなこと教えてくれて
オレ、昔からすげーばかで
小学校の時の先行も中学の先行もみんなあきらめてて
あいつはばかで不良でどうしようもないって
でも先生は、一度もあきらめなかった
そんな体ちっさいのによ
しつけっていうか
すげー手ごわい敵で
いつも本気でよ
こんな真正面からぶつかってきてくれるやついなかったぞ
オレすげーうれしくてさ
なのに、なのにもう・・ほんとにすみませんでした
最後まで迷惑かけて」
百合子は、再び座りなおす。
「ほんとよ・・ほんとに、迷惑かけられっぱなしだった。
初めての担任だっていうのに
ほんとすごく大変で
すごく楽しかった。
もう終わりなんてなんかさみしいわね」
泣く真喜男
百合子も目がうるむ

「泣かないでよ。しっかりしてよ。
年上でしょ?」
「すいません・・」
黒井も目をうるませる。
和弥も・・。
「みんなによろしくお伝えください。
何も言える言葉なんかないけど」
うなづく百合子
「わかったわ。つたえとく
さよなら」

「ありがとうございました。
どんなにはげみになったことか」と黒井が百合子に礼をいう。
「そんなお礼なんて」
「あ、先生は兄貴にほれてるんですか?」
「いいえ好きよ
最初知ったときは驚いたけど
怖いとも思った
でも、やっぱり私にとって学級委員の榊くんです
将来がなんであっても彼はわたしの生徒だったことはかわりありま
せん。今までもこれからも」

真喜男は、文化祭のバンドの写真をみつめ涙する
写真を胸に大泣きする真喜男・・
その日、真喜男はようやく眠れたのだった。

胸につかえていたものが取れたのでしょうか。
やっとふっきれたのかな・・。


真喜男は留置所を出る
「若、元気そうでよかったっす」と泣く舎弟たち
「当たり前じゃないか」と真喜男は留置所で
毎朝ラジオ体操をしていたが、
自分は知らず、アグネス体操を踊ってしまっていたと
話す。

真喜男は、喜一に「おやじ悪かったな」と謝る。
それを聞いた美喜男は
「昔の兄貴ならすぐ報復にいったのにな」と話す。
「やっぱオレは、根っからのヤクザだって思ったよ
おやじ、組は美喜男につがせるんだろ
オレは卒業証書を、持ってくるという親父の約束を果たせなかった。
これまでどおりお前の下で若頭やらせてくれ」と美喜男に頭を下げる。

真喜男の元に、熊田たちがやってくる。
「榊、跡目が継げなくて残念だったな」というが
「こいつのいうことは負け犬の遠吠えだ」と真喜男
意味のわからない熊田たちに
負け犬の遠吠えは、かっこ悪いことを言うんだという。
「次、でけー事件起こしたら
熊田一家も終わりだと笑う真喜男だった。

3年A組はいつも通りだったが
ひかりはどこか元気がなかった。
「これでみんな安心して卒業できるね」という早紀
元気のないひかりを見て「もうさ、忘れようよひかり
だいたい28なのに女子高生に手を出そうなんて」
「榊くん優しかったよ。
暴力ふるわないで守ってくれたし」
「優しいってなに?ヤクザだよ
家継ぐってヤクザの組長だよ
わたしたちずっとだましてたんだよ
じんじられないよ」と早紀

「あの人留置所でたらしい」とクラスメートが話す。
星野は、
「オレあいつ殴ったし、カツ上げしたし」とびびっていた
「ねえ本気で言ってるの?」と順
「マッキーがそんなことするわけないだろ
マッキーが今まで行動してきたこと考えてみろよ
球技大会も文化祭もクラスのために一生懸命だったでしょ
なにがあってもマッキーはマッキーじゃないの?」
「所詮やくざだよあいつは」
「だよねほんとうは王子さまならよかったのに
本性章組長だし・・」とクラスのみんなも冷めた目で話す。

放課後
「頭でわかってるけどヤクザの組長
なのにマッキーなんて呼んで
命知らずっていうか」と順
「私はもっとすごいよ」とひかりは笑う

「何もかも信じられないな」
「あたしはちょとだけ、ああなるほどって感じ。
ちょっとだけね
今までの榊君の不思議だったとこが
やっとわかったっていうか」
「ひかり、もう明日卒業だしデートでもしようか」
「なにそれ?」

榊家では、舎弟たちが、真喜男の今まで使っていた学用品を
ダンボールにしまっていた。
「これで学校の教材は全部です」
「待てぇ!オレが運ぼう。こいつらにはオレが一年世話になったか
らよ」と真喜男が運ぶ

「これは結構重いぞ」とダンボールを持ってふらふらしているとこ
ろに
「すいませーん」と女性の声が。
「今梅村さんの声?」

榊家に来たのは、順とひかりだった。
真喜男のオールバックの髪型を見て
「もしかしてマッキー?」と聞く二人に
真喜男は驚いてダンボールを足に落としてしまう

真喜男は足を冷やしていた
「気安く触ってるんじゃねーぞ」と和弥に怒鳴る姿を
順たちに見られる。
改めて、和弥が舎弟で、美喜男が弟だと話す。
美喜男は、偶然にも順の大学の先輩だった。
マッキーのお兄さんが先輩で
ミッキーで、というとカズがなれなれしいと怒鳴る。
それに反応する真喜男
ついいつもの癖で怒鳴りちらしてしまう。

順は、小指切ったり海に沈めたり、一般人なんで・・と
びびっていると
美喜男が「今はそんなことしないよ」と安心させる。

真喜男、順、ひかりと並んで歩く3人
「やっぱり大人なんだね」と順
「すいません・・」という真喜男
「嘘ついたことは怒ってるよ
でも、ぼくたちがすごしてきた時間がずべて嘘だったなんて
思えないから
どんな服を着ていてもマッキーはマッキーだからさ」
「そうか・・ありがとな」
うなづく順
「安原さん東大うかったんだよ」
「安原くんが?よかった・・」
「昨日中学生がたくさんきてた」と
学校の話を聞く。

「覚えてる?明日卒業式
一緒に卒業できないけど式だけでもこない?」とひかり
「いや・・それは無理です
ぼくたちはもう住む世界が違う
でも、おめでとうございます
梅村さんも桜なんとかも
いや、3年A組のみなさんぜひいい大人になってください
これでもうさよならです
きてくれてうれしかった」
真喜男は二人に頭を下げる。

そして卒業式。
3年A組27名
安原が代表で証書を受け取る。
クラスでは、百合子がみんなに最後の挨拶をする。
「みなさん卒業おめでとう
残念ですが今日一人だけ卒業できなかったクラスメートがいました。
その彼は、退学になる前の日に交換日記にこんなことを書いてました。
百合子は、読みますと椅子に座る。

南先生、久しぶりの日記です。
あと1週間で卒業なんて信じられません。
そういえば、入学した最初の時は、いつかみんなのことを
ぶっ殺してやりたいって思ってました。
星野くん、諏訪部くん、安原くんが許せない気分でした。

「やっぱり・・」と星野がつぶやく。

「でも安心してください
いまは、ぶっ殺す気はありません
先生はこの日記を心のキャッチボールといってましたか
1年間通ってみてクラスのみんなとキャッチボールをした気分です。
その中で覚えてるのは桜なんとかと空を飛べたことです。
他にもぼくの頭では数え切れないほどイッパイ思い出があって
球技大会
みんなでバスケで優勝したこと
一緒に追試の勉強をしたこと
夏休みの特別講習
肝試し
アグネスロードにアグネスプリン
そして、文化祭
誕生日に歌ってくれた歌
楽しいことも悲しいこともいっぱいあって
どれも忘れられない思い出です。
だから、先生に感謝しています。
先生のいうとおり毎日学校に来てほんとによかった。
3年A組、最高!みんなと一緒に卒業できることになって
うれしいです。
卒業式には、先生を驚かせるプレゼントを考えるつもりで
桜なんとかと星野と相談するつもりです。
先生も楽しみにしていてください。

「その驚かせるプレゼントがなにかわからないのが残念ね」と百合子
「今はいないけど、榊くんは確かにここにいました。
彼がわたしたちを変えたこと
私たちが彼を変えたこと
そうやって28人みんなと3年A組を作ったこと
すてきな思い出が、すてきなできごとがたくさんあったことを
みんな忘れないでください。なかったことなんかにしないで
みんながどんな道を歩いても一生私の自慢の生徒です。
それじゃ解散」

みんなは泣いていた。
「許せないけど、このままなんて嫌かもね」と早紀
「うん、いってやりたいことも山ほどあるしね」
「そうだ、榊に会いたいよ
でもどうすりゃいいんだよ
また、ぐれちゃって」

「きっとあそこだ」と
順が走り出す。
みんなは続く
順は、ゲームセンターを探す
星野は、順に今までカツ上げしたお金を
返す。

「借りてたお金だよ
友達だから返そうって」
お年玉出し合ったという
「これでほんとのダチだからな」という星野
すると真喜男がゲームセンターで遊んでるではないか。

「榊、学校行くぞ」
「いや・・いや・・でも・・」
「おまえはオレの舎弟だろ」と星野
「若、いってらっしゃい」と黒井
ほんとの舎弟たちが「いってらしゃいませ」と送り出す。

順と星野たちが真喜男をつれていく。
「確かここは、前に桜なんとかと歩いた道だ。
ここは確か星野さんたちときたコンビニ
ここは、おれが毎日歩いていた通学路・・」
立ち止まる真喜男
学校が見えた
「マッキー?」と順
真喜男はまっすぐに走り出す。

みんな真喜男を迎える。
校内のみんなが真喜男にエールを送る
「榊くんおかえりー」と水島も声をかける。
真喜男はアグネス学園に到着する。

「みなさん迷惑かけて
ほんとにすいませんでした」
「その服おじさんぽいよマッキー」と言われていると
和弥が制服を持ってきた。
順が卒業の花飾りを胸元につけてくれた。

「3年A組榊真喜男くん、あなたはこの学校を卒業できませんでした。
でも、あなたは、立派に3年A組の一員として学級委員として頑張り
ました。」
「お疲れ榊」
「バスケありがとう」
「球技大会さそってくれてありがとう」
「文化祭ありがとう」
「頼りない学級委員だったけどな
「声もでかいしね」
「お化け怖がってたし」
「リズム感もないしバカ力だし」
「頭は悪いし、ずうずうしいし」
「入ったのがうちのクラスでラッキーだったぞ榊」
「あたしもA組でよかった」
「楽しかった。」
「榊くんの後ろ楽しかった。
気になって気になって」
「忘れられない思い出になったよ」
「ね?星野くん
星野くんが泣いてるよ」
「泣いてねーよ」

「お帰り榊くん」とひかり
「お帰りマッキー」と順
「梅村さん、桜なんとか・・」

「ということで、あなたは今日この組を卒業します。
卒業おめでとう」と
百合子から卒業証書が手渡される。
その卒業証書には、みんなの署名が入っていた。
「先生、みなさん、ありがとうございます。
それから、卒業おめでとうございます。
みんなと一緒に卒業できなかったことは
すごくくやしいです。
でもやっぱりみんなに会えて
おれはスゲー幸せでした
だから、最後に学級委員として一言
3年A組最高!」

「でも、まだ心残りが1個あるんです。それは
ぼくたちが世話になった南先生に卒業のプレゼントとをしてなかっ
たことです。
桜なんとかせーの!」と
みんなで百合子を胴上げする。
そして、真喜男も胴上げされる。

「初めて会えたときからずっとマッキーはぼくのヒーローだ」と順
「兄貴はオレのボスだ
兄貴はぼくらのヒーローだ」と和弥も叫ぶ。

「榊くん、あの、いつかわたしがもっと大人になったら
またデートできるかな」
梅村さんが大人になったらいい女になって
ぼくと釣り合いそうにありません
でも、でもいつかきっと」
「うん。」とひかりは笑う
「それからそろそろ
桜小路の気持ちもわかってやってくれよ
な、桜ナントカ」
「マッキー今なんて?」と順

真喜男は、ちゃんと順の気持ち知ってたんですね(笑)
名前もわかってました。


『こうしてオレの高校生活は終わった』

そして襲名式
「おやじすまん。やっぱりオレは・・」

『みんなはそれぞれ大学生になっていた』
アグネス学園にも新しい生徒が入学し、
百合子が担任を受け持つ。
和弥は、英単語の勉強をしていた。

「兄貴今頃ついたころですかね」
「きっとな」と黒井
「なぜひとは学ぶんでしょうね」
「それはな、カズ」
そこに水島が自転車で現れる。
「それはね?それはね?それはね・・・?」

その答えは・・(笑)

真喜男は、「よーし次はぜってー卒業してやるぞこりゃぁ!」と
私立宙船高校の門をくぐっていた。

(終)

どことなく、「ごくせん」とかぶるところもあったけど
みんなと卒業できなくても、3年A組には、確かに真喜男が
存在したんですよね。
みんなからの卒業証書がうれしかったです。

でも、再びまた高校に入学するとは・・
これは、またアグネス学園の二の舞いにならないのでしょうか。
(また、他の組の連中が突撃してきたら
同じのような・・)
それとも続編??
でも、きっときっちり卒業したいと真喜男なりの
けじめなのでしょうね。
マッキー、かっこよかったです!


ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

引用元…公式HP

視聴率
19.0→16.7→18.1→17.4←14.6→20.6→17.5→20.7→21.3→23.3
ゆいつこのドラマだけは好調のようです。

関連記事
マイ★ボスマイ★ヒーロー 第一話
マイ★ボスマイ★ヒーロー 第ニ話
マイ★ボスマイ★ヒーロー 第三話
マイ★ボスマイ★ヒーロー 第四話
マイ★ボスマイ★ヒーロー 第五話
マイ★ボスマイ★ヒーロー 第六話
マイ★ボスマイ★ヒーロー 第七話
マイ★ボスマイ★ヒーロー 第八話
マイ★ボスマイ★ヒーロー 第九話

キャスト
榊真喜夫(27)…長瀬智也(TOKIO)★関東鋭牙会の若頭。 
桜小路順(17)…手越祐也(NEWS)★真喜男のクラスメート 
真鍋和弥(21)…田中聖(KAT-TUN)★若手舎弟 
梅村ひかり(17)…新垣結衣★真喜男のクラスメート 
萩原早紀(17)…村川絵梨★真喜男ノクラスメート 
南百合子(24)…香椎由宇★真喜男のクラスの担任  
榊美喜男…黄川田将也★真喜男の弟 
南孝之(50)…岩城滉一★セント・アグネス学園の校長。百合子の父 
水島椿(50)…もたいまさこ★養護教諭 
黒井照之(48)…大杉漣★真喜男の教育係にしてお目付け役。 
榊喜一(45)…市村正規★真喜男の父
峯村リエ
中村靖日
田中要次

クラス名簿

人気番組グッズがそろってます!


原案は韓国映画です。
B000B63GN6マイ・ボス マイ・ヒーロー
ユン・ジェギュン チョン・ジュノ チョン・ウンテク
ジェネオン エンタテインメント 2005-10-21

by G-Tools


主題歌です。
宙船/do!do!do!(初回限定盤A)(DVD付)
宙船/do!do!do!(初回限定盤A)(DVD付)TOKIO

ユニバーサルJ 2006-08-23
売り上げランキング : 57

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
do!do!do!/宙船(初回限定盤B)(DVD付) 宙船/do!do!do! 通常盤(初回プレス) Get Your Dream (初回限定盤A)(DVD付) Get Your Dream (初回限定盤B)(DVD付) Get Your Dream (通常盤)(初回プレス)


B000GG4EPK日本テレビ系土曜ドラマ「マイ★ボス マイ★ヒーロー」o.s.t
TVサントラ
バップ 2006-08-30

by G-Tools







































posted by まりこ(^▽^) at 20:37 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(6) | マイ★ボス マイ★ヒーロー | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
こんばんわ。
とうとう終わってしまいましたね。
このドラマは途中からおもろく感じましたが
終わってみれば、とても楽しいドラマでした。

>それとも続編??
これ、十分ありえそうですね!
Posted by demasse@宿無し at 2006年09月21日 00:11
demasseさんへ
真喜男には楽しませてもらいました。
視聴率もよかったので
続編?として真喜男が帰ってくることも
ありそうですよね(笑)
Posted by まりこ(^-^)ノ at 2006年09月29日 15:23
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


「マイ★ボス マイ★ヒーロー」(最終話:「さよなら若頭☆舞い上がれ、俺たちの船!」)
Excerpt: 今回の「マイ★ボス」は最終回で、北極会の連中がマッキーこと、真喜男の通うアグネス学院を襲撃する、というところから始まる。冒頭に出てきた、マッキーが北極会の連中と暴力沙汰を起こしてしまうシーンを見たとき..
Weblog: 鉄火丼のつれづれ日記
Tracked: 2006-09-20 00:26

Bitacle Blog Search Archive - マイ★ボスマイ★ヒーロー最終話「さよなら若頭!舞い上がれ、俺たちの船」
Excerpt: 関東鋭牙会と敵対する北極会と熊田一家が学校に殴りこんでくる。「やつらのねらいはきみだ!挑発に乗るんじゃない!今出ていったら二度と教室に入ることはできない」と校長が止める。真喜男は土下座をして手を出さ..
Weblog: bitacle.org
Tracked: 2006-09-20 01:05

『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』全10話 視聴完了
Excerpt: マイ☆ボス マイ☆ヒーロー (出演 長瀬智也、手越祐也) 大森美香の脚本も、長瀬智也の演技力も 毎度のことながら素晴らしかった。 <基本は学園モノ>という軸を一度も揺るがすことなく 学..
Weblog: Jump Over the Borderline
Tracked: 2006-09-20 02:31

マイ★ボス マイ★ヒーロー 最終回 感想
Excerpt: 『さよなら若頭☆舞い上がれ、俺たちの船』
Weblog: ぐ〜たらにっき
Tracked: 2006-09-20 07:50

・「マイボス・マイヒーロー」最終話
Excerpt: 日本テレビの土曜ドラマ「マイボス・マイヒーロー」。とりあえず、最終回だけを見て、レビュー(あらすじ)を書きました。このドラマは、最終話だけ、しっかり見たので、色々、間違い等もあるかも知れません。それで..
Weblog: たまちゃんのてーげー日記
Tracked: 2006-09-21 09:05

《マイ☆ボス マイ☆ヒーロー》 最終話
Excerpt: 熊田一家が、アグネス学園に殴りこみを掛け真喜男をいぶりだしにかかった。学校が壊滅するのを防いだために退学となった。喜一パパは、もう手遅れだがと、抗争に決着をつけに動いた。
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2006-09-24 20:36
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。