Top スペシャルドラマ・映画 >僕たちの戦争
2006年09月18日

僕たちの戦争

2005年夏。
台風が通過したばかりの海にサーフィンをしにやってきた男がいた。
彼は、尾島健太(森山未來)。
波は大荒れにもかかわらず、健太は海に向かってパドリングを始めた。

今、まさに健太が沖に向かってサーフボードに体を預けているその
海の上空を、昭和19年夏、九十三式陸上中間練習機が飛んでいた。
操縦するのは石庭吾一(森山未來・二役)。年の頃は健太と同じぐ
らい。
今しっかりと操縦桿を握っている吾一の遠くで稲妻が走る。
と同時に彼には飛行機のエンジン音が聞こえなくなり、
前方の視界が歪み意識が遠のいていく。

一方、現代の健太にも、大きな波を捉えようとした矢先、目の前の
大きな半透明の壁が立ちはだかり気が遠くなっていく。
そして、お互い目を覚ました所は、今まで見た事のない風景が広が
る場所。
どうやら2人は、何の偶然からか入れ替わってしまったようだった・・・。

60年前に飛ばされたちゃらんぽらんの健太
60年後に飛ばされたまじめで純朴な吾一。
まだ健太のほうは、歴史を知っていただけマシだったが
助かったのもつかの間すぐに徴兵制度でつれていかれてしまう。
そのとき健太がお世話になったのが
ミナミの曾祖母であるキヨと祖母の文子。
戦争中の健太は、誰も反発せず御国のために命をささげていく隊員
たちをただ「生きろ!」と見送るしかできなかった。

健太は、特攻隊に選ばれてしまうが8月15日に戦争が終わることを
知りつつなんとかうまく避けてきた。
しかし、戦争が終了、ラジオから流れる玉音放送を聞きつつも
納得しない隊長たちは、沖縄を直撃すると言い出す。
そして、健太は、ミナミの祖父である、鴨志田祐司(玉山鉄二)と出会う。
佑司が生き延びなければミナミと会うことはできない。
鴨志田が特攻機に乗り込もうとするところを
健太は、鴨志田を気絶させて自分が乗り込む。

一方未来にいる吾一。
戦後に飛ばされた吾一は、ただ見るものすべてが新しく
目が丸くなるばかり。
事実を説明しても誰も信じてもらえず、
次第に自分を愛してくれるミナミのためにも
“健太”として生きることを考え始めていた。
ミナミと接するうちに惹かれていく吾一。
また、ミナミには、子供も宿っていた。
ただ、最後に一つわがままを聞いてほしいと沖縄に行きたいと
申し出る。
なぜなら、自分が沖縄で戦没したということを
墓石で知ったからだった。

沖縄の海で泳ぐ吾一。
8月15日に何も起こらなかったらこの世界で
健太として生きようと心に誓っていた。
しかし、帰り間際、フェリーの時間にまだ間に合うからと
泳ぎにいき、そこで海水パンツの紐が岩に絡まりおぼれてしまう。

また、時同じくして、健太は、「戦争中の人間はな、オレたちと
何も変わらないんだ!
オレは、国のために死ぬんじゃない、ミナミに会うために死ぬんだ」と
アメリカ船体に突っ込んでいく。

そして・・

なかなか海に上がってこない健太(本当は吾一)を心配するミナミ
の前に現れたのは・・・。

どこで二人がつながるんだろうドキドキしましたが、接点は健太が拾われたのが、ミナミの祖母と曾祖母だったこと。
また、ミナミは、祖母のお葬式に向かい
整理をすると、健太が事故にあった当日着ていた海水パンツと
車のキーがポケットからでてきたところでした。
ミナミは、「おばあちゃんに会ったことがあるでしょう」と
問い詰め、吾一も説明しますが、信じてもらえず
もう離れたくないというミナミの言葉から
健太になろうと決意したようです。
昔より裕福な時代。
最初は、戻らなくてはいけないという思いが
少し弱くなったかな・・と思ったりもしました。
しかし、やはり過去に戻るために、“健太”になりきるために、
沖縄に向かうんですね。
しかも、ミナミと健太は、以前沖縄旅行にいくことを
計画していたそうなので、運命って不思議です。
(もちろんミナミは覚えててくれたのね!と
大喜びでしたが)

ラストは、どちらが戻ってきたかは明らかにされていませんでした。
特攻機に乗った健太は上半身裸だったし、もちろん
沖縄で海に潜った吾一も上半身裸。
みなさんはどちらが戻ってきたと思いますか?

私は、健太がもどってきたんじゃないかなと
思いました。
それは、健太のミナミに会いたいという強い思いが
引き寄せたのかなというのと
願いが叶うというミナミにつけてもらっていたミサンガが切れたこと
表情からして、“健太”にみえたので(笑)

お互いを違う時代に飛ばして、その視点から
戦争を体験させたのが
より、リアルに戦争を知らない世代にも
伝わったのではないでしょうか。
どっちらかというと
健太はどこへ?吾一は?と
二人の行方が気になってしまいがちですが
特攻機で突入していく健太の叫びが
すべてを物語っているのではないかなと
思います。
正しい戦争なんて絶対ありません。


※「タイヨウのうた」、「マイボスマイヒーロー」は、後日アップ予定です。
(すみません、こちらのほうが早く書きあがってしまったので・・)


公式HP

キャスト
尾島健太・石庭吾一(二役) … 森山未來
鴨志田ミナミ… 上野樹里
沢村文子 … 内山理名

鴨志田祐司 … 玉山鉄二
尾島勝利 … 古田新太
尾島紀子… 麻生祐未

片山分隊長… 篠井英介
兼子分隊士 … 石井正則
山口真造… 桐谷健太
小野寺順一 … 田中聡元
久保田勇 … 内田滋
古屋英二 … 浅利陽介

田淵中尉… 田中哲司
橋口幸郎 … 五十畑迅人
高橋医師 … 村上大樹
看護師 … 春木珠和

吾一の母 … 宮地雅子
吾一の妹 … 佐々木麻緒
沢村キヨ … 樹木希林

原作です。
4575510866僕たちの戦争
荻原 浩
双葉社 2006-08

by G-Tools




posted by まりこ(^▽^) at 00:59 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | スペシャルドラマ・映画 | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。