Top タイヨウのうた >タイヨウのうた 第九話 「忍び寄る運命の影」
2006年09月10日

タイヨウのうた 第九話 「忍び寄る運命の影」

薫の部屋には美咲が来ていた。
美咲は窓を開けると
孝治が来ていた。
「大丈夫?」
「お父さんもお母さんも美咲もいてくれるし
そっちは?」
「居場所を知られてないみたいだから」
「よかった」
「薫、記事のことなんだけど・・」
「わかってる。わかってる。」
見つめ合う二人。
「孝治、ちゃんと見張っててね。
みんな練習さぼんないように」
すると記者たちがやってきてしまい孝治は逃げていく。


『みうら』
「どうだった薫ちゃん」
「薫はみんなにちゃんと練習しておけって」と孝治が伝える。
「でもさ、なとかできねーのかな
この雑誌の編集部に抗議するとか」と隆介
しかし、それは難しく
「よし、練習しよう」という晴男たちだった
薫は、曲作りをしようと楽譜を開く
「みんな練習してるんだから」と美咲にいう。

そこに工藤から電話がくる
「マスコミは?」
「ずっと家の前にいます」
「すべて無視するように」
「あの記事のことだけど
わたしと孝治と麻美さんは・・」
「それはどちらでもいいんだ。スキャンダルになったこと自体が
問題なんだ。
デビューしても反感を買うだけだろう。
デビューの話、白紙に戻させてほしい。」
「そんなの納得できません」
「こちらとしても苦渋の決断なんだ
契約問題など詳細はまたあとで」
工藤の電話は切れる。

「薫・・」と心配そうに見つめる父
「デビューの話白紙にしたいって」
「そんな!だって薫たち何にもわるくないじゃん!」と
怒る美咲だった。

練習を続けるみんな。
そこに結子がくる
薫からと電話を渡す。
薫は、工藤の話を伝える。
電話口で急に咳き込む
「大丈夫か?」
「くやしいよ!せっかくみんなと一緒に夢かなえられると思ったのにくやしい・・。」
「わかった。オレが工藤さんに話す」
「孝治・・」
「じゃあ」と電話を切る。

「孝治くんなんだって?」美咲
「工藤さんに話すって」と
薫は、お守りの5円玉をにぎる。

「なんだよ工藤さんの話って」と雄太
「デビューの話白紙に戻したいって」
するとみんな行くと言い出す。
「これはおれらバンドの問題だろ?」というみんなだった。

薫の家に電話がかかる
榎戸先生だった。
「薫さん大丈夫ですか?」
「強い子ですから・・」と父
「体のほうは」
「今のところ左手だけは」
「気をつけてください
いつ別の神経症状がでてもおかしくない状態ですから」という榎戸先生だった。

これからの伏線でしょうか。
薫の体は確実に病魔に蝕まれているんですね・・。


バンドのみんなは工藤のもとへ
「いきなりこんなところに押しかけるなんてマスコミにみつかったらどうするんだ
なぜだまっていた傷害事件のこと」と工藤は孝治を責める。
「関係ねーだろ」とみんな
「だが世間はイメージが先行する。
残酷なようだが
見切りをつけたほうがきみたちのためでもあるんだ」
「オレが抜ければいいですか
薫の夢かなえたいんだよ
オレ抜けます。」
「今更君が抜けても変わらない
ムーンチャイルド橘麻美も終わりだ
オレにだってどうにもならないことがあるんだ」
工藤も苦しそうだった
その様子をレイサがほくそえんでみていた。

帰り道、薫に連絡する。
「だめだった。工藤さんでも もうどにもできないみたいで
オレたちだけでなく麻美のことまで手を引こうとしてた」
「麻美さんまで?」
「なんもできなくてほんとごめん」
「ギターのコードってさ、覚えるの難しかったのね
でもあきらめなかったから弾けるようになったんだよね
あきらめないかぎり夢は消えたりしないの
誰にもとりあげられたりしないのよ
だから、次頑張ろう
たった1回チャンスがつぶされただけじゃん
それだけのことだよ」
「薫、どうせなら次はもっとでかい夢おっかけよう」
「うん。」
「孝治、帰って練習しようぜ」とみんなは戻っていく。

「あたしさ、めいイッパイ生きてやるから
あと1年かもしれないし半年かもしれない
でも誰にも負けないくらい精一杯」
「あたし、薫が親友だってすごい誇りだよ」
「ありがとう」
微笑む薫だった
「でも、さびしいね。孝治くんに会えないなんて
あ、でもあれか
またこの窓から会いにきてくれるか」
美咲は窓の外を見る。
「あれ?どっかいっちゃった・・」と美咲
記者たちが移動していく・・。

記者たちは『みうら』へ
結子やエミリーたちが記者に詰め寄られていた。
すると記者の黒岩(半海一晃)が孝治をみつける

「どっちが本命なの?」
「橘麻美はどうしてきみなんかに興味があるの?」
もみ合いの中で、孝治は黒岩を殴ったように見せかけられ
黒岩が額に怪我をしてしまう。
「オレはなにも・・」
「おい、警察呼んでくれよ!」と
孝治は記者に囲まれる。
黒岩は救急車へ乗り込み
孝治は、警察に連れて行かれてしまう。

美咲は、薫の部屋から帰ろうとしていた
「なんかあったら連絡してといってるところに
美咲に連絡が入る
「薫大変!警察につかまったって
記者の人けがさせたって連行させられたって
もしかして半年以上入ることになるかもって」
「いや、そんなのいや!」と
薫は、下に降りてしまう
「薫を止めて!!」という美咲の言葉も届かぬまま
薫は、ドアを開けて昼間の世界に飛び出していく。
外は太陽が出ていた。

薫は、孝治の元へ走り出す。
「孝治!」
孝治は、パトカーの中だった。
薫は、走り続ける
太陽の光の中薫は走っていた
孝治の乗ったパトカーをみつける。
「孝治!」と追いかける。
孝治は、後ろを振り返り、薫に気がついて驚く。
「止めてください!
止めろ!おい!」と孝治
薫は追いかけてくる。
孝治は、止めろと叫び続ける
そこに薫の父が力づくで薫を止める。
「薫!死にたいのか!」
急いで上着をかぶせる。

「もしももし榎戸先生ですか
薫がタイヨウの光をあびてしまって
県立総合病院ですねすぐに向かいます」と連絡する
孝治を乗せたパトカーは走っていく・・。

本日橘麻美さんと恋人とみられる男性が逮捕されましたと
ニュースを聞く麻美
「被害者はこの記事のライターだ
これで被害は大きくなる」と工藤
「バンドは?」
「売り出せるわけないだろ
元はといえば君が撒いた種だろ
君が会いにいかなければ・・」
工藤に連絡が入る
「入院したそうだ雨音薫
孝治を追いかけて飛びだしたそうだ」と伝える。

病院。
「いずれにしろ軽度ですけどね
UVクリームを塗っていたのでこの程度ですんだんでしょう」と
榎戸。
薫の意識が戻る。
頬や、腕など包帯だらけだった。
父が孝治が警察で取り調べをうけてるそうだと
教える。

「孝治はなにもわるくない!」
「今は安静にして体を治すこと
薫になにかあった孝治くんに申し訳ない
なにもしてなければ疑いはすぐにはれる」
と落ち着かせる父だった。

孝治は取り調べを受ける
しかし、被害届けが出ており
警察も信用してくれない。
「僕はなにもしてません」
「4年前みたいに素直にみとめたら?」
「何もしてません・・」
泣きそうな孝治だった。

薫は病室からギターが最初に置かれていたゴミ箱をみつめる
そこに美咲がやってくる。
ギターをもってきてくれたのだ。
孝治くんの代わりにはならないけど
少しはさびしくないかなって」
「もし、このまま会えなかったら・・」
「薫・・」

孝治は留置所の中で
追いかけてきた薫のことを思い出していた。
月を見あげ涙をためる孝治・・。

その頃、薫も同じ月をみつめていた。
病室に麻美がやってくる
「大丈夫?
あたしだったら飛び出せなかったかもしれない
でも、あなたは飛び出した。
何もためらわず孝治のために
あたしの負けね
もう私には孝治を思う資格なんてない」
「麻美さん・・」
「あなたは、孝治のために命を投げだそうとした。
私には何ができるか
二人を助けるために・・」
麻美は、まっすぐ薫をみつめる

病院を出た麻美は、黒岩と連絡を取る。
「・・交渉成立ってことで」
黒岩はニヤリと笑った。

翌朝、孝治は留置所から出される。
「釈放だ」
証拠不十分ということで出ることができた。
よかったとみんなが出迎える
孝治は、薫の父に
「薫は大丈夫ですか?」
「孝治くんのこと待ってるから」と
孝治は、薫の家の車に乗り込む。

車の中のテレビでは、ある番組に麻美が出演していた。
「麻美さんにご自分の過去についてお話してもらいます」
「子供のころに両親を亡くし同じ施設で育ちました。
彼は、わたしを守ろうとしただけなんです。
5年前彼は私を必死に守ろうとしてとして
そのとき襲われそうになって
たとえ未遂だっとしても変なうわさがたつかもしれない
だから襲われそうになったことはだまってろって
彼は、私の未来を守るために
一人で少年院に・・
私は彼を待たずに施設を離れました。
彼をうらぎったんです。
曲ができなくててつらくてくやしくて
彼にすがろうとして・・でも、
そこに救いはなかった。
彼は、彼の新しい未来を一生懸命に生きてた。
まっすぐ前を向いて生きている。
強くて素敵な女のこと一緒に
私が入りこむ隙なんてどこにもありませんでした。
今回のことはすべて私の身勝手さが原因です。
彼や彼の大切な人にも迷惑をかけました。
ほんとうに申し訳ありませんでした。
麻美は、頭を下げる。

その様子をスタジオで黒岩が
あとから来た工藤も見つめる。
薫も病室から、バンドのみんなも
『みうら』で見ていた。

孝治が病室にやってくる。
「孝治・・」
「飛び出すなんて」
「だって・・」
「大丈夫か?」
「ちょっと痛いけど でもどうして?」
「麻美が取引したんだ」と説明する孝治。
「麻美さんつらかっただろうな」
どうかな 麻美は、これでやっと楽になったかもしれない
あいつは、嘘の自分でいることにずっと苦しんでいたから」

「そっか・・
孝治、もう会えないかと思った
もう離れたくないよ」
泣き出す麻美を抱きしめる孝治だった。

麻美は、部屋に帰る
工藤がいた
「ごめんなさい勝手なことして
あれが、あたしの引退会見」
「きみはいつも誰かにおびえて
その姿を封印していた
今のきみはいい顔してるよ」
「少し遅かったのかも・・」
「見せたいものがある。
君のファンから殺到したメールだ」
ダンボールいっぱいの手紙やファックスだった。
頑張れ
もっと好きになったというものばかりだった。
「その潔さが共感を得たんだ
それからムーンチャイルド宛てにも
デビューを心待ちにしているというものばかりだ
この波に乗らないわけにはいかない」
「工藤さんらしい」
「君にも歌い続けてほしい。俺のそばで」
うなづく麻美だった。

麻美は、ようやく素の自分に戻れました。
薫と孝治のために自分と黒岩とで取引したんですね。
私も麻美が好きになりました。
彼女にも頑張ってほしいですよね。


薫と孝治は病室で手をつないでいた
孝治は、病室のギターに気づく
「美咲がもってきてくれたの」
孝治は、静かにギターを弾く。

『月があまりにきれいだから
あなたの音色があまりに優しく届くから
いつまでも聴いていたいって思ってしまう
いつまでも永遠にそばにいたいって
そう思ってしまうよ』

急に咳き込む薫
「大丈夫か?」
咳がとまらない薫・・

記事の一件が収まってよかったですね。
災い転じてじゃないですけど、ムーンチャイルドも
麻美も再び歌うことができることになりそうです。
しかし、ここで薫が悪化してしまうんですね・・
咳き込むってことは呼吸器とかそのあたりなんでしょうか
次週最終回。
前向きな薫を応援したいです。


ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

引用元…公式HP

視聴率
13.8→6.9→8.4→11.1→9.5→11.3→9.4→11.4
あまり数字が伸びませんね・・。

Yahooサウンドステーション
『タイヨウのうたコレクション』として
薫の歌う『タイヨウのうた』『Stay with mie』ドラマのサウンドト
ラックなどランダムですが聴くことができます。
ちなみに歌詞は、うたまっぷ様より
見ることができます.

タイヨウの歌 歌詞

Stay with me 歌詞

関連記事
タイヨウのうた 第一話
タイヨウのうた 第二話
タイヨウのうた 第三話
タイヨウのうた 第四話
タイヨウのうた 第五話
タイヨウのうた 第六話
タイヨウのうた 第七話
タイヨウのうた 第八話

映画版『タイヨウのうた』公式HP

キャスト
藤代孝治(19) …… 山田孝之
雨音 薫(18) …… 沢尻エリカ
橘 麻美(20) …… 松下奈緒
大西雄太(19) …… 田中 圭
松前美咲(19) …… 佐藤めぐみ
加藤晴男(19) …… 濱田 岳
立浪隆介(19) …… 川村陽介
レイサ(21) …… 原 史奈

三浦結子(22) …… 小林麻央
エミリー (22) …… ベッキー

工藤洋平(32) …… 要 潤

雨音由紀(40) …… 黒田知永子
榎戸真一(50) …… 山本 圭
雨音 謙(45) …… 勝村政信
三浦 修(50) …… 竹中直人

Kaoru Amane Official Website
雨音薫(沢尻エリカ)のサイトです。
着うたもダウンロードできますよ!

雨音薫モデルのギターです。
【予約受付中】Fender フェンダー アコースティックギター 雨音薫モデル

主人公の沢尻エリカさん演じる"雨音薫(アマネカオル)"が歌うあの楽曲が遂にリリース!
曲目は、タイヨウのうた. Stay with me . Wish が入ってます!

B000GH2RW6タイヨウのうた (初回限定盤)(DVD付)
Kaoru Amane
ソニーミュージックエンタテインメント 2006-08-30

by G-Tools


原作です。
タイヨウのうた
タイヨウのうた天川 彩

SDP 2006-05
売り上げランキング : 3300

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
タイヨウのうた―A Song to the Sun Invitation Book タイヨウのうた タイヨウのうた×YUIと薫のうた Good-bye days YUI in


主題歌です。
柴崎コウさんの声がドラマに合ってますね。
invitation
invitation柴咲コウ 市川淳 華原大輔

ユニバーサルJ 2006-08-09
売り上げランキング : 4326

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
4 hot wave(人魚姫/With your smile/I'll be there/JUICY)(DVD付) 影 Good-bye days タイヨウのうた (初回限定盤)(DVD付) スイミー


B000HBK200ドラマ「タイヨウのうた」オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ
ソニーミュージックエンタテインメント 2006-09-13

by G-Tools

















posted by まりこ(^▽^) at 10:28 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | タイヨウのうた | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


・TBS「タイヨウのうた」第9話
Excerpt: TBSのドラマ「タイヨウのうた」。2006年9月8日(金)は、第9話「忍び寄る運命の影」でした。(22:00〜22:54)。 美咲よぉ。。。 もう少し、気を利かせろよ!!毎度!! って、個人的に思っ..
Weblog: たまちゃんのてーげー日記
Tracked: 2006-09-11 09:28
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。