Top 誰よりもママを愛す >誰よりもママを愛す 第十話 「ママがいなくなる日」
2006年09月05日

誰よりもママを愛す 第十話 「ママがいなくなる日」

一豊(田村正和)の目の前で千代(伊藤蘭)が倒れた。
病院に連れて行ったパパはこずえ(小林聡美)からママが乳がんで
あることを聞かされる。
そのことを知ったママは、子供たちにはもう少し
秘密にしておいてと頼む。

家に帰ったパパは、子供たちから矢継ぎ早の質問を浴びせられる。
過労で2〜3日入院すると説明するパパだった。

雪は、山下とうまくいき
明は、ピンコさんが進めてくれたからと
薫の担任の佐藤先生とデートまでする仲に。
薫は、今度の日曜どっか行こうかと知を誘うが
知は、両親が離婚することにより
北海道に転校することになった聞き
薫は、落ち込む。

一豊は、千代のお見舞いにきていた。
変わらず優しくふるまう一豊に
千代は、たまらなくなり帰ってといってしまう。

雪は、スーパーのタイムサービスに見せかけ
山下に芸をさせていた。
しかし、客の反応はさっぱり。
雪が山下に突っ込みを入れると
逆に夫婦漫才のようにウケてしまう。

山下の芸はさっぱりなので、
雪も一緒にボケと突っ込みの夫婦漫才をすれば
いいのになーって思いますね。


明は、薫の担任、佐藤先生とデートをしていたが
イマイチしっくりこない
そこに同じ店にいたピンコと会う。
明は、親友のピンコだと紹介するが
ピンコは、泣きながら「応援するから」と店を出る。

未練たらたらでしょうか・・。

そこで大変な事件が起こる。
こずえから、「ママが病院からいなくなった」と連絡が入ったのだ。
すぐに千代の携帯に電話をするが留守電で連絡が取れない。
ついに、一豊は子供たちにママの病気のことを話す。
いくらママから頼まれたからといって、何で秘密にしたのかとパパ
を責める子供たち。
そこへ、雪(内田有紀)の電話が鳴る。
相手は山下(劇団ひとり)からだった。
こんな時に、と怒りながら電話に出た雪に、
山下は「先程ママを見かけた」というのだ。
みんなは手分けして探す。

病院に残ったパパにこずえは、乳がんとは女性にとって
強烈な病気であることを話し
まして、ママは弱いところを見られたくない人。
こんなときだからこそ、家族の支え、パパの愛が必要なんだと
励ます。
夜が明けるが、ママの行方は見つからず。
ふとパパは、ママの手帳を開く。
びっしりとうまったスケジュール・・
一豊は、今までママのこと全然わかってなかったんだなと
落ちこむが、手帳を再確認し、もしかして・・とある場所に向かう。

場所は、法廷。
千代はしっかり仕事をしていたのだ。
熱弁を振るう千代だが、いつのまにか夫の話になってしまい
注意を受ける。
みんなは、そんな千代の様子を見つめる・・。

一豊もよく千代の話をして話がそれますが
千代も一豊の話をしてるのかもしれませんね(笑)


千代は家へ戻る。
「病院を抜け出したのはね、本当は病気が怖かった。
手術が怖かった。
パパに嫌われたらどうしようって不安で不安でたまらなかった。
どっかに消えちゃいたいって思った。
パパに無理に優しくされるのなら別れたほうがマシだって」と
不安だった胸中を話す。
「この前ね、夢を見たの。
夢の中であたしが主婦やってて
パパが働いているの
すごく幸せそうだった。
パパに甘えて私は何もしてなかった」という千代に
「そんなこといって誰がハッピーになるわけ?」みんなはと口を合わ
せる。
「25年前どんなつらいことがあっても二人で乗り越えるって約束し
たよね?いなくなったりしないで
オレのそばを離れないで
大好きな仕事を続けてその姿を見せてくれればいい
ママ、こっちを見て
余計なこと考えないで
一人で悩むのはやめて」といい聞かせる。
明は「なんでいってくれなかったの?
そんなに頼りない?」というと
千代は、一豊に泣き崩れる。

雪は、「ちょっといきたいところがあるの
お隣さんも誘っていかない?」と
ある場所に向かう。

千代は、不安だったんですね。
みんなで「そんなこといって誰がハッピーになるわけ?」と
口を合わせて言ってるのがさすが親子だと思いましたね(笑)
愛するパパや子供たちに囲まれて
千代は、幸せものだなぁと思いました。


そこでは、山下が舞台に立って芸をしていた。
しかし、緊張のあまり、よけいに芸が滑ってしまう。
舞台から退場しようとしたところで
「そっから動いたら二度と会わないからな!」と
雪はハッパをかけ、山下に芸をさせる。
控え室でも、山下の頭をぼこぼこなぐる雪
面白くなかったけど、元気が出たという一豊たちだった。

千代はこっそりこずえに謝る。
「ほんとにすいませんでした。
子供たちに散々怒られちゃって」と千代
こずえは、「ほんとは自分の生き方に自身なんかないんじゃないか
な。
つらいことから逃げだしたくなる。
でも私なんかとちがって
パパがいるじゃないですか
あんな素敵な子供たちも」
「そうですね津波さんに比べたら私はまだまだ甘いですね
手術受けます」という千代だった。

薫は、知を呼び出す
「オレおまえのことおまえのこと・・
といおうとするとボールが頭に直撃してしまう。
そこに友達が茶化しにくる
薫は、うるさいなと友達につかみかかる
やめなさいよと知も揉めあう。
「なにやってるの!」と佐藤先生が間に入る・・。

知に告白しようとしてたのに
また邪魔が・・。
薫は強くなってきたかな?


ピンコは、明に呼び出されていた。
「一緒にいかないかなって」と
コンサートに誘うが
「彼女といけば?」とピンコ
「オレたち親友だし趣味があうほうがいい」というと
ピンコは会えないという。
あれから母親が具合悪く
土地も家も全部売ろうかと話していたが
ピンコが家を継ぐといったので田舎に帰ることにしたというのだ。

ピンコは、田舎に帰ってしまうんですね。
明は・・?


山下は、雪の働くスーパーに向かい
プロポーズをしようとしていた。
「自分、この前逃げ出さずに頑張ることができました。
これからもずっとそばにいてください。
雪さんのそばにいればめげないし」
「要するに結婚したいんでしょ」とパートのおばさんも
間に入ってくる。
「お願いします」と山下
雪は「ごめん、無理
あんたとは結婚できない」という。

うーん・・雪は断ってしまいました。
話の流れからするとそろそろOKしてもいいと
思ったんですけどね。
まだ、何かあるかな?


千代は、一豊はに同意書を見せる。
「よろしくお願いしますパパ。
一つお願いがあるんだけど
読んでくれない?『しあわせな食卓』」
その本には
『君が愛してくれてるなら人生になんの不満はない』と
書かれており、二人は、その言葉を胸に刻む。

この『しあわせな食卓』の本は、実在しないようですね。
でも、夫婦愛が書かれていて、素敵な本です。


一豊は、こずえによろしくお願いしますと手術を頼む。
「パパがいれば大丈夫でしょ」
「ほんとはママより私のほうが怖い。
ママがいなくなることを思うとどうしていいかわからない。
津波さんママを助けてください」
と頭を下げる。

千代は、手術をすることになりそうですね。
不安でたまらない一豊。
明はピンコと離れ離れに?
雪は、山下とこのまま?
薫は、知に思いを伝えることができるでしょうか。
みんなそれぞれ悩みがあって大変ですね。
とりあえず手術の成功を祈りたいと思います。


ありがとうございます。これからも頑張ります!励みになりますm(__)m
TV DramaRanking

視聴率
13.4→10.9→10.2→12.8→11.3→10.4→8.0→9.2→9.0→8.5
あんまり上がりません・・(^_^;)

引用元…公式HPより

関連記事
誰よりもママを愛す 第一話
誰よりもママを愛す 第二話
誰よりもママを愛す 第三話
誰よりもママを愛す 第四話
誰よりもママを愛す 第五話
誰よりもママを愛す 第六話
誰よりもママを愛す 第七話
誰よりもママを愛す 第八話
誰よりもママを愛す 第九話(公式HP)

キャスト
パパ(嘉門一豊) : 田村正和

おねえちゃん(嘉門 雪) : 内田有紀
おにいちゃん(嘉門 明) : 玉山鉄二

ボク(嘉門 薫) : 長島弘宜
ピンコ : 阿部サダヲ
山下 : 劇団ひとり
佐藤先生 : 桜田聖子
真田 知 : 川島海荷
香奈 : 藤井玲奈

ママ(嘉門千代) : 伊藤 蘭

隣人(津波こずえ) : 小林聡美

主題歌です。
B000FEBQPY 惑星タイマー (初回限定盤)(DVD付)
福耳
BMG JAPAN 2006-07-12

by G-Tools










posted by まりこ(^▽^) at 18:18 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 誰よりもママを愛す | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


《誰よりもママを愛す》 #10
Excerpt: ママは弱い所を見せたくないから、一人で病気をしょっていた。病室からママが消えたとこずえから連絡が入った。
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2006-09-07 04:20
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。