Top 花嫁は厄年ッ! >花嫁は厄年ッ! 第四話 「田舎にサイナラ!」
2006年07月31日

花嫁は厄年ッ! 第四話 「田舎にサイナラ!」

父親の13回忌に一郎(矢部浩之)を連れてくると、幸恵(岩下志
麻)に約束した明子(篠原涼子)は、一郎を連れてはこれず一人
で安土家へと戻ったが、法事が始まるそのときに一郎が現れた。
「父に線香をあげられてよかった」と、会の最後に安土家を代表
してあいさつをする一郎だった。

一朗が終電で帰れなくなり明子と同じ部屋に布団を敷かれてしま
う。
とまどう2人だが、「昔さ一回だけこうやって寝たことあったよね」
と明子が思い出話を始める。
一朗の部屋の天井が水浸しで
着替えがなくてパンツ一枚で寝ようとしていたと
話していると
一郎は眠ってしまった。
そんな一朗の寝顔に
「今日は、きてくれてありがとね」という明子だった。

こういうシーンは、なんとなくほっとしますね。
明子と一朗は、やっぱりいい感じです。


だが、一郎は実家へのわだかまりが収まったわけではない。
その翌日、12年ぶりに安土家で朝食を取る一郎だが、幸恵からいちば
ん離れたところに座り、憮然と食事をするのみ。

その様子を見た明子は、なんとか雰囲気を良くしようと取りとめ
もない世間話を続けるが、食事を済ませた一郎は「じゃ、ごちそ
うさん」と素っ気ない。
そんな一郎をタクシーが待つ門まで見送る幸恵。

二人が安土家を出てほどなく、農作業に出かけようとする桃子
(佐藤仁美)や次郎(小山慶一郎)、香里(小沢真珠)たちの前に
一人の女性が現れた。

その女性はヨシノといい
「一浪さんの子供を妊娠してるんです」と爆弾発言をし
安土家は大パニック。
そのことは、東京に帰る明子と一朗にも届く。
明子は、一朗に問いただすが、一緒に飲んだことはあっても
その後のことは覚えてないという。

明子は、再び安土家へ。
幸恵の提案により、病院に付き添っていくが
ヨシノは、本当に妊娠していた。

そのことを一朗に知らせる明子。
明子は、ヨシノのおなかの中の赤ちゃんの動いている
心臓をみて決心していた。
大人の都合で決めちゃいけない。
アナウンサーをやめてまた這い上がってみせるという。
そんな明子の決心に、一朗も父親になると
心を決めて安土家に向かう。

一朗がこんなに簡単に父親になるだなんて・・
このあたりは、かなり説得力なかったですねぇ・・
コトがあったかどうかも覚えてなかったのに。


一朗は、彼女を向かえにきただけだからと
門のところにいた。
幸恵は
「食後に出してください」と
籠に入った桃を明子に手渡す。
「みなさんにお出しするまでふきんをかけておいてください」と
言付けて桃園に向かっていった。

明子は、婚約を解消するとヨシノやみんなの前で
宣言する。
一朗も「父親になる」と言うのを聞くと
ヨシノは、
「あたし結婚してます」と正直に告白する。

実は、ヨシノの夫は、仕事第一で
妊娠したというと堕ろせと20万渡され飛び出したのだという。
そこに優しくしてくれたのが一朗だった。

「おまえふざけんな!
明子がどんな気持ちで倉庫係に・・」と
激怒して思わず言いそうになる一朗だが
明子は、「食後にどうぞとお母さんから」と
幸恵から預かった桃を出そうとふきんをとると
そのざるに乗った桃は、傷だらけのものばかりだった。

「今のわたしと同じ傷だらけでぼろぼろで
現実とちゃんとむきあいなさいっていう
メッセージかな」とヨシノは、桃をたべる
「おいしい・・・」

明子も口に含み「おいしい!」と舌鼓を打つ。
泣きながら食べるヨシノと明子
「かっこわるくていいんだ」と気づくヨシノ

『あなたにおまかせしますからね』と幸恵が言ったことより
「わかってたんだ、ほんとのこと・・」と明子は納得する。
そのころ幸恵は、一朗に切られた桃の木のそばにいた

ヨシノは、「もう一度きちんと話してみます」といって
帰っていった。

明子は安土家で嫁修行を続ける。
そして一郎も職場に戻る。

渡辺に報告する明子
「擬似嫁もばれないように引き続き頑張ります」
という会話を香里に聞かれてしまう。


ヨシノの妊娠騒ぎは、なんとなく先が読めましたね(^_^;)
でも、幸恵が、さりげなく傷だらけの桃から教えた
メッセージはなかなか生きてたように思います。
幸恵ってやっぱりすごい人なのかも・・。
明子は、嫁修行も頑張ってるみたいですね。
でも、香里にやばいところを聞かれたようで・・。
しばらくはこんなハラハラが続きそうかな?
一朗と明子の距離感がこれからを期待させそうで
いい感じです。


ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

引用元…公式HP

視聴率
13.2→12.8→12.3→11.3
『不信のとき』
14.0→13.5→12.5→12.5

関連記事
花嫁は厄年ッ!第一話
花嫁は厄年ッ!第ニ話 
花嫁は厄年ッ!第三話

キャスト
《首都テレビ》
竹富明子(32)篠原涼子 …人気キャスターだったが、32歳の本
厄の歳にレギュラー番組を若いアナウンサーに奪われてしまい、
バラエティ番組で農家の花嫁修業の潜入取材を担当することに。

高橋 浩(46)宇梶剛士…バラエティ番組のプロデューサー。
明子に農家の花嫁修業潜入取材を命じる。

唐木奈々(23)工藤里紗…明子の後輩アナウンサー。
明子に代わってニュースキャスターに大抜擢される。

佐久間富吉(25)澤田俊輔…高橋が担当するバラエティ番組のアシスタン
トディレクター。

《ホワイトランジェリー》
安土一郎(32)矢部浩之 …明子の元カレで安土家の長男。
母親の幸恵への気持ちの行き違いから実家とは絶縁状態だったが、明
子の頼みを受け協力することに。
3年間の関西出張から、関西弁になってしまっている。

東海林 潤(27)平山広行 …一郎の後輩社員。
明子と一郎が再会するきっかけとなった合コンを企画。

若井玲奈(27)黒瀬友美…一朗の後輩OL
鈴木さやか(23)藤岡麻美…一朗の後輩OL
田山千佳(22)はるの…一朗の後輩OL

《香里の彼》
大石直樹(29)川端竜太
香里(小沢真珠)が付き合っている年下のイケメン彼氏。
香里と一緒に桃農園を手伝っている。

《明子の親友》
本村希美(32)松嶋尚美…明子の親友。
明子と同じマンションの隣の部屋に住んでいて、いつもベランダ
から明子の部屋へやってくる。

《安土家》
安土幸恵(59)岩下志麻 …福島県にある桃農園「安土農園」の
家長で一郎の母親。
とにかく正直な人で、歯に衣着せぬ言動により周囲を緊張させてしまうが、本人はまったく意に介せずマイペース。

安土香里(32)小沢真珠…孝二と文代の娘で、密かに安土農園
の乗っ取りを狙っている。
一郎曰く、別名“歩く火曜サスペンス”。

安土次郎(22)小山慶一郎 …一郎の弟。
桃農園の息子なのに桃アレルギー。東京への憧れが強く、子ども
の頃から東京へ出るための貯金をしている。

片桐桃子(28)佐藤仁美 …一郎の妹。
小さい頃から作り話が大好き。
結婚しているが現在、夫とは別居中。

安土文代(57) 銀粉蝶…孝二の妻。
おせっかいなところがあり、火のない所に煙を立てるのも大好き。

安土孝二(62) 笹野高史…幸恵の義弟。
口下手で、なにか不満があっても口で言えないのでトランペットを吹く。

《スタッフ》
脚本 秦 建日子
秦建日子のブログ
脚本家の秦先生のブログです。
ドラマの裏話も聞けるかも?


主題歌です。
B000GI3PT4Astaire
SUEMITSU & THE SUEMITH
KRE 2006-08-23

by G-Tools


サントラです
B000GI3PTETBS系ドラマ「花嫁は厄年ッ!」Original Sound Tracks Presented by SUEMITSU & THE SUEMITH
TVサントラ
KRE 2006-08-23

by G-Tools


企画原案です。
4396612419奥さまは毒舌―農家の長男と結婚したら…すごいよ!
青月 ぱそる
祥伝社 2005-04

by G-Tools







posted by まりこ(^▽^) at 04:51 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 花嫁は厄年ッ! | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。