Top 下北サンデーズ >下北サンデーズ 第三話「仁義なき戦い〜下北女優戦争」
2006年07月30日

下北サンデーズ 第三話「仁義なき戦い〜下北女優戦争」

下北沢のボロアパートに越してきたゆいかは、ビンボー暮らしに戸惑いながらも、徐々にその空気に馴染み始める。
そんな中、サンデーズの舞台は盛況の内に千秋楽を迎え、初舞台となったゆいか(上戸彩)も「黒子役」として評判を呼んでいた。
ただ、看板女優を自負する千恵美(佐田真由美)だけは、そんなゆいかの人気に複雑な感情を抱いていた。

公演を終えた夜、あくたがわ(佐々木蔵之介)から次回公演が急遽3週間後に決まったと発表される。初めて駅前劇場で公演を打てることになり、団員たちは大喜び。新作の成功に向けて士気を高める。

身も心も下北演劇界にどっぷり浸かり、一刻も早く一人前になりたいと決心したゆいかは、実家からの仕送りをストップさせ、眠眠亭でアルバイトを開始。
いっぽう、あくたがわは、駅前劇場での新作公演で、人気と才能を開花させつつあるゆいかを、主役級の役どころで起用することを考えていた。
そして、一人の女性の現在と過去を対比させることで時間の残酷さを描く新作「サマータイム・ストレンジャー」を完成。
それは、千恵美の今の状況にも通じる設定で、現在の主人公を千恵美が、少女時代の主人公をゆいかが演じるというものだった。
まだ研究生のゆいかには荷が重い役であることは明白だが、あくたがわの強い後押しを受け、ゆいかは体当たりで演じることを決意する。

大役を引き受け、役を持つと課されるチケットノルマも
大学の友人?たちに声をかけクリアしたゆいかだったが、予想以上の難役に四苦八苦。
千恵美から厳しい言葉を浴びせられて落ち込むが、八神(石垣佑磨)の野球のキャッチボールから的確なアドバイス(言葉のキャッチボールや、会話の間)に光明を見い出し、翌日の稽古で早速心機一転の演技を披露。
再び団員たちの信頼を取り戻すのだった。

その後、千恵美が昔アイドルをしていたことを知ったゆいかは、純粋な気持ちからそのことを本人に話す。
しかし、千恵美にとってその過去はパンドラの箱で、むしろ鳴かず飛ばずのアイドル時代を経て、今の自分には小劇団の舞台しか残されていないという事実は、トラウマでしかなかった。

そんな心の傷に触れられた千恵美は、「今の私の本当の姿を見せてあげる」とゆいかをアルバイト先のキャバクラに連れて行き、「芝居が好きで、どんなに惨めでもやめられない」という本音を吐露。
それを聞いたゆいかもまた、千恵美が憧れの存在であること、自分も芝居が好きで千恵美と同じ舞台に立てるのがうれしいことなどを、真っ直ぐ言葉でぶつける。
そうして互いの気持ちを理解し合った2人は、かつてない強い絆で結ばれ、新作公演の開幕に向け稽古に打ち込むのだった。

ゆいかが成長していく様子がよかったです。
言葉のキャッチボール、間とかを
学ぶことができたんですよね。
一生懸命悩み学ぶところもよかった。

そして、千恵美との関係。
千恵美の過去を蒸し返してしまい
逆鱗にふれたゆいかですが
輝いている千恵美を認識させることもできました。
自分のあこがれの存在であったと強く訴えるゆいか。
その思いが通じて
千恵美は
「もう同じ舞台に立ってるじゃない」とゆいかを招き入れる。
二人が同じ空間にたった瞬間ですね。
敵対するのではなく、こうやってお互い高めあっていける関係っていいなと思いました。
ゆいかがどんどんビックになっていきそうで楽しみです。
でも・・視聴率は、振るわないですね・・(^_^;)

私信
家が工事中でネットもそうですが
キッチンもトイレも壊されてしまい生活もままならない
状態です(汗)
旦那の実家にお世話になってますが
ビデオも接続できなくてなかなか更新がままならず
申し訳ありませんm(__)m
ちなみに詳細はコチラです。


ありがとうございます。これからも頑張ります!励みになりますm(__)m
TV DramaRanking

引用元…公式HP

視聴率
11.4→8.1→6.3

関連記事
下北サンデーズ 第一話
下北サンデーズ 第二話

キャスト
里中ゆいか(上戸彩)
里中富美男(北村総一郎)…ゆいかの祖父

《下北サンデーズ》
サンデーズの座長・あくたがわ翼(佐々木蔵之介)
伊達千恵美(佐田真由美)
八神誠一(石垣佑磨)
サンボ現(竹山隆範)
キャンディ吉田(大島美幸)
ジョー大杉(金児憲史)
寺島玲子(松永京子)
佐藤新(藤ヶ谷太輔)
田所双葉(高部あい)
劇団の制作担当・江本亜希子(山口紗弥加)

サンデーズにスタジオを貸しているオーナー
下馬伸朗(古田新太)
下北沢の牛乳販売店・下北ミルクの二代目店主。根っからの演劇好き
代沢二朗(藤井フミヤ)

主題歌です。
B000FJGW1W下北以上 原宿未満
藤井フミヤ 佐橋佳幸
ソニーミュージックエンタテインメント 2006-07-12

by G-Tools


原作
4344012062下北サンデーズ
石田 衣良
幻冬舎 2006-07

by G-Tools

原作小説ならではの独自のストーリー展開
緻密に積み重ねられた細かなエピソードも満載だそうです!





posted by まりこ(^▽^) at 23:35 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(3) | 下北サンデーズ | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


下北サンデーズ 第3話
Excerpt:  「下北サンデーズ」第3話を見ました。  住む場所も自由が丘のマンションから、下北沢のボロアパートに移し、ますます演劇人らしくなっていくゆいか。  親の仕送りも止めてアルバイトを始めました。 ..
Weblog: あいりぶろぐ
Tracked: 2006-07-31 19:33

下北サンデーズ 第3回 感想
Excerpt: 『仁義なき戦い〜下北女優戦争』
Weblog: ぐ〜たらにっき
Tracked: 2006-08-01 09:20

《下北サンデーズ》第三回公演
Excerpt: 黒子と書いて、”ほくろ”と読みます。ゆいかが生まれて初めてカーテンコールに出たときの言葉。受けていました。2チャンネルの書き込みも、黒子ちゃんだけで、2000通をこした。
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2006-08-04 03:15
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。