Top 2005年(1月〜3月) >「H2」第7回
2005年02月25日

「H2」第7回

春華は、比呂とひかりを避けていた。
木根の「2人が陰で付き合っていると」いうのを
聞いていたからだ。
春華が、洗濯物を干していると、心配したひかりが、春華の元にやってくる。

春華は、ひかりのトランクを開けてしまったことを正直に話す。
「古賀さんも116?!」
そういうことか・・とひかりは、なにやら思い当たる風な様子で
比呂の名前の由来を話し始める。

比呂の誕生日は、1月16日。
ひとつのひで ひ・ろ。
英ちゃんも同じで、11月6日。
ヒーローを日本語にして英雄。

「私は、英ちゃんの誕生日を番号にしてるの」とひかり。
「ほんとに橘さんのなんですか?」と春華
「この際だからはっきり聞いちゃいます」と春華は、
ずっと心にモヤモヤしていたことを、ひかりに尋ねる。

いろんなBlogがいっぱいです☆
夕食の時間、慶子先生は、すっかり富士夫に気に入られようと
浴衣を着崩した形で現れた。
野田は、いいな〜慶子先生・・とうれしそう。
比呂は、春華と目が合う。
「あいつ笑ってるよ・・」と比呂がいうと
「なにかいいことでもあったんじゃないの?」と
野田は、英雄と春華が楽しそうに写っている週刊誌の写真を見せた。

英雄と比呂は、ティーバッティングをする。
「おまえちゃんと見たのか?伊羽商」と英雄。
「春華ちゃんにラブってる場合じゃないぞ」と言うが
「そっちだって、楽しそうだったじゃないか」と比呂。
英雄は、週刊誌に撮られた春華との写真を
「オレは、ほんと楽しかった」と答えた。

「春華ちゃん、いい子だよなぁ・・
ちったぁ、頭にきただろ。」
「ちったぁね・・・」と比呂。
「やきもちだよ」と英雄。
比呂は、英雄とひかりのことを思い出していた。
「春華ちゃん、おまえとひかりのこと聞いてたぞ。
地区予選の日、おまえひかりの家泊まっただろ。
ひかりに聞いてたぞ」と英雄。

まずは、2回戦。
その次には、英雄と戦える。
英雄のバッティングにボールを渡しつつ
「オレは、練習にならないんだけどな」
「あとで変わってやるって」と
試合前の一時を楽しんでいた2人だった。

新幹線で流しそうめんをする3家族。
甲子園の試合のために、橘家、雨宮家。国見家が集まっていた。
3家族で集まるのは、最後かもね。
次勝つと千川と明和が当たるし・・とひかりの母。
一瞬気まずくなる3家族。
車掌が、「新幹線の中で流しそうめんは・・と注意に来ると
「ごめんちゃい♪」とお茶目に返す親たちだった。

春華は、ベンチで、
「ひかりさんの誕生日8月16日だったよね。
ものすごい誕生日プレゼントになるね」と比呂に言う。
今日、8月16日は、英雄の方でも試合があるからだ。
「でも、またすぐにつぶしあうんだから」と比呂は、言った。

比呂は、春華にグローブとボールを渡して
キャッチボールをする。
「3月3日だからね」
「耳の日?」
「私の誕生日だから」と春華。
甲子園の勝利でなくたっていいんです。
1輪の花でも、ヴィトンのバックでもいいんです。という春華に
「何か違うもの交じってないか?」と比呂は、笑って返す。

木根は、すっかり明和のマネージャーの小山内美歩と
息投合したが、逆に美歩と顔が近づいた瞬間を
カメラに撮られて、キスシーン直前?!のような写真が
できあがってしまう。

ひかりの父は、試合前にひかりに会いにきた。
父は、記事に書きたいなら、比呂か?英雄か?と
聞いてきた。
「比呂は、プロに行くかどうかわからないからな・・」とひかり。
「比呂は、草野球でもいい記事になりそうだ」と父。
2人は、微笑んでいた。

一方比呂には、ひかりの母が会いにきた。
例のひかりの家に泊まった一件で
「古賀さんには、心配かけちゃったわね」とひかり母。
「比呂ちゃんにそういう娘ができて、比呂ちゃんとひかり
どうなるのかな・・」
「どうもしねーよ」と比呂。
「明日かっこいいところ見せてね」とひかり母は応援した。

比呂とひかり。
おばさんが来たとひかりに報告する。
「誕生日プレゼント何がいい?」
毎年ひかりの誕生日には、比呂は、ウイニングボールを
贈っていたのだ。

「「明日は、オレと英雄で派手な誕生日にしてやる」
「期待してるわよ。いつものヤツ」
ひかりは、ボールを投げるジェスチャーをして見せた。

伊羽商の試合。
投手戦から始まり、延長にまで持ち越された。
試合を見ている英雄とひかり。
「勝つのは、千川だ。あいつは、夏男なんです。
「忘れてないな。おまえの誕生日。決まってベストピッチャーだった」と英雄。

「絶対勝つんですよね」と春華は、ベンチで比呂に声をかける。
「ひかりさんの誕生日だから?」
「オレは、ひかりの誕生日に負けたことがないんだ」
「よし、いいことを聞いた。絶対負けるな」春華からのエールだった。

千川の攻撃も順調に進んだ。
しかし、ホームを回るときに比呂は、足をねじってしまった。
その足は、痛みだし、ピッチングにも影響が出始めていた。
伊羽商もそれに気がつき、すべてボールをバントで返し
比呂の前に転がす。
比呂は、ボールを返すが、コントロールが狂い
メンバーもボールが取れず
試合は、敗退。
千川は、負けてしまった。

次の日の朝4時。
眠れないひかりが目を覚まし、起き出すと
比呂も外にいた。
「何もらおうかな。誕生日プレゼント」
試合に負けてウイニングボールがもらえなかった替わりのもの。
でも、今までは、そんなこと1度もなかった。

ひかりは、比呂の足を見る。
ぐるぐるに巻かれた包帯で、松葉杖まである。
「そんな足で出歩いちゃだめじゃない。」とひかり。
「まだ夢の中なんだ、目が覚めたら伊羽商の試合・・」

「英雄とは、中学の時戦えなかったからな」
「同じチームだからでしょ?」
「いや、初恋だよ」
「中1の時に英ちゃん紹介したの比呂でしょ?」
「オレの初恋は、中2の終わり・・。
もし中1に戻れたとしても、オレは、きっと英雄におまえを紹介するよ。
そして、また中2の終わりに気づくんだ。
ひかりって、結構いい女じゃないかって・・。」

ひろの告白は、続く・・
「無理したわけでも、勝負に逃げたわけでもない。
ただ、オレの思春期が1年半遅すぎた。
それでも、たまに思ってしまう。あいつさえいなければって・・
大好きな親友のことを一瞬でもそう思ってしまう
自分が嫌だ。悲しかった。
甲子園で、せめて大好きな野球で、戦うことであいつの存在を・・・」

比呂は、塀を飛び降りた。
激痛が走る足。
「やっぱ夢じゃないんだな・・・
そうか・・負けたのか・・オレ・・・。
調子良かったのに・・ひかりの誕生日だったのに・・
英雄が待ってたのに・・負けたのか・・オレ・・」
比呂の目から涙が・・
ひかりも泣いていた。

千川のコーチの富士夫が「春華見なかったか?」と探していた。
野田は「比呂が行方不明で、比呂を探しに行きましたよ」と
伝える。
「あいつ立ち直り早いほうだよな」と富士夫。
「初めてですからね・・甲子園で負けたの・・」と野田。
2人とも比呂の心配をしていた。

そして、その頃、春華は、
ひかりに抱きしめられている比呂を目撃していた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

千川負けちゃったんですね・・
てっきり英雄と戦うまで行くのかと思ってました。
負けたことのない、ひかりの誕生日に負けてしまった比呂。
そして、比呂のひかりへの告白。
比呂は、大事なもの二つの間で辛かったでしょうね。
大好きな親友でありながら、あいつさえいなければと思ってしまう自分。
でも、きっとまた中1に戻ったら、ひかりを紹介するだろうという自分
大好きな野球で、正々堂々英雄と戦いたかったんでしょうね。
なんだか、とてもせつなくて、こちらも泣いてしまいそうでした。
そして、そのひかりと比呂を目撃した春華。
ただ、何も知らない英雄。
ますます目が話せません。

野球の試合は、また月日が流れていくようですね。
これから先の展開は、どうなっていくんでしょうか?!!

よかったらプチっとお願いします☆






posted by まりこ(^▽^) at 10:59 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(3) | 2005年(1月〜3月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
まさか、千川高校が負けてしまうとは!
カギ番号の秘密は知っていたけど、
試合の結末は知らなかった私でした。
いや〜、驚きましたね!

比呂とひかりの展開も、見逃せないところなんですよ。
この先何が起こるか分かりませんからね!
・・・って、また知ったかぶりをする(笑)。
Posted by ads(あず) at 2005年03月02日 00:04
あずさんへ
TB&コメントありがとうございます!
私もまさかこんなところで負けるとは思ってませんでしたよ・・。
比呂とひかりの関係もまだいろいろありそうなんですね。
春華ってばかわいそう・・(泣)

Posted by まりこ at 2005年03月02日 14:21
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


H2〜君といた日々 第7話
Excerpt: 何事Σ(・ω・ノ)ノ! 今日は これだけを楽しみに帰ってきたのに 終了間際になって 画面がとまるなんて・・・ありえねー ((((ノ`皿´)ノ ⌒┫:・┫┻┠'. ザケンナァアアア!! 。・..
Weblog: hekky's goo blog
Tracked: 2005-02-25 11:28

H2 #7「…夢じゃねぇんだな」
Excerpt: 2月24日放送 楽しそうに話すひかりと比呂を見て 表情が曇る春華。 でも、鍵の暗証番号の一件は解決しました。 ひかりは英雄の誕生日の「11月6日」を暗証番号にしてるんだって。 だから比呂..
Weblog: ■週刊TVレビュー■
Tracked: 2005-02-28 00:13

H2??君といた日々・第7話
Excerpt: ○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから! ○TBS系「H2??君といた日々」 第7話「…夢じゃねぇんだな」 甲子園初戦をノーヒットノーランで勝利し、鮮烈デビューを果たした比呂(山田孝之)ら。千川..
Weblog: あずスタ
Tracked: 2005-03-02 00:14
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。