Top 下北サンデーズ >下北サンデーズ 第二話 「ビバリーシモキタ高校白書」
2006年07月21日

下北サンデーズ 第二話 「ビバリーシモキタ高校白書」

下北サンデーズと運命的な出会いを果たしたゆいか(上戸彩)は
張り切って初稽古に臨むが、劇団の状況は決して明るいもので
はないことを知る。
収支は万年大赤字の状態にあり、劇団創設から10年を経た今もス
タート地点であるOFFOFFシアター止まりだった。

また、「見込まれた劇団は、必ず1年以内に本多劇場まで駆け上る」
というジンクスを持つ演劇マニア、通称・牛乳おじさんの評価
もいまひとつというのが現状。
しかし、これまで相手にもされなかったサンデーズが、
牛乳おじさんの『フルーツ牛乳』の差し入れから前回の公演でよ
うやく評価の対象にはなったということで、あくたがわ(佐々木
蔵之介)は団員たちを鼓舞し、次回公演に並々ならぬ意欲を燃や
す。

この牛乳おじさんが代沢二郎役の藤井フミヤさん。
気に入った劇団には牛乳を差し入れがあり、「お子様向け」と思
えばフルーツ牛乳を、「まあまあ」ならコーヒー牛乳を、そして
最高に気に入ったら真っ白なプレーン牛乳を届けているそうです。


稽古で汗を流した後、サンデーズの面々はいつもの通り激安居酒
屋・ちくわ木産へ。
そこは、下北で活動中の小劇団のたまり場になっており、ゆいか
はそのディープな世界の一端を垣間見る。
中でも、劇団内の恋愛事情は複雑なものらしく、キャンディ(大島美幸)や玲子(松永京子)からは、特にあくたがわに気をつけるよう釘を刺される

下の名前で呼ばれたらかなり危険だそうな・・(笑)

そんな矢先、稽古で足を引っ張って自分の不甲斐なさに落胆中の
ゆいかは、サンボ(竹山隆範)に慰められるが、男の下心が見え
見え。
さらに、サトシン(藤ヶ谷太輔)やジョー(金児憲史)からも告
白を受け、そのことをキャンディや玲子に相談するが、「放って
おくのが一番」と諭される。
また、あくたがわと千恵美(佐田真由美)が同棲中ということや
亜希子(山口紗弥加)があくたがわの元彼女で、略奪愛の経緯
があったことを聞き、ゆいかは改めてすったもんだの劇団恋愛事
情に驚く。

“ビバリーヒルズ高校白書”のように複雑でめまぐるしい恋愛事
情だそうで・・(笑)
外人役になりきってるところもおもしろかった。


そんな中、あくたがわが自ら傑作と自負する新作が完成し、初日
を迎えるが、雑用係のゆいかが極度の緊張からミスを連発し、舞
台は滅茶苦茶に…。

ゆいかは、黒子だったのにもかかわらず
暗幕からでようとすると、千恵美にぶつかって舞台へ。
みんなはアドリブで「こんなとこにマネキンを出して〜」と
フォローするがと
これで気が動転したゆいかは、ミスのオンパレード。
刀を出すところでごぼうが出てしまい
雪を降らすシーンではバケツごと雪をひっくり返してしまう。
そのバケツをかぶる千恵美・・(笑)
芥川は、怒りで台本をぶんなげるが
牛乳おじさんをはじめ、観客が笑い始める。

舞台の袖で「そこじゃま!」とキャンディに飛ばされ
観客席に落ちるゆいか。
「大丈夫?鼻血出てる」と牛乳おじさんにいわれる。
ゆいかは、適当にごまかしながら舞台に戻るが
「なんてシュールな演出なんだ」と
牛乳おじさんは笑い出す
散々な初日になるが、それを勘違いした観客から拍手喝采を受け
る。

終演後、あくたがわに呼び出されたゆいかは、「お前には人を惹
きつけてやまない魅力がある」と才能を評価され、「公私共にパ
ートナーになろう」という趣旨の告白を受ける。
しかしゆいかは、「今は芝居の勉強に手一杯で恋をしている暇は
ないんです」と告げ、その真っ直ぐさにあくたがわも納得。
名前の呼び方も“里中”に戻る。

2人が団員たちの元に戻ると、牛乳おじさんの評価がワンランクア
ップした印に「コーヒー牛乳」が届けられていた。創立10年目の
快挙に沸き立つサンデーズ。
そんな中、ゆいかは決意も新たに玲子たちと同じ下北沢のボロア
パートへの引っ越しを決行し、心身共に下北演劇人の道を歩み始
める。

また一歩の小劇場にめりこんできたゆいか。
天真爛漫なのか天然なのか
ほんとにハマってしまったようですね。
ところどころの小技や、見せ方もおもしろかったです。
亜希子のキレっぷりや、あの千恵美役の佐田真由美さんが
あの「花より男子」の静役だったとは思えません(^_^;)


ありがとうございます。これからも頑張ります!励みになりますm(__)m
TV DramaRanking

引用元…公式HP

視聴率
11.4→8.1

関連記事
下北サンデーズ 第一話

キャスト
里中ゆいか(上戸彩)
里中富美男(北村総一郎)…ゆいかの祖父

《下北サンデーズ》
サンデーズの座長・あくたがわ翼(佐々木蔵之介)
伊達千恵美(佐田真由美)
八神誠一(石垣佑磨)
サンボ現(竹山隆範)
キャンディ吉田(大島美幸)
ジョー大杉(金児憲史)
寺島玲子(松永京子)
佐藤新(藤ヶ谷太輔)
田所双葉(高部あい)
劇団の制作担当・江本亜希子(山口紗弥加)

サンデーズにスタジオを貸しているオーナー
下馬伸朗(古田新太)
下北沢の牛乳販売店・下北ミルクの二代目店主。根っからの演劇好き
代沢二朗(藤井フミヤ)

主題歌です。
B000FJGW1W下北以上 原宿未満
藤井フミヤ 佐橋佳幸
ソニーミュージックエンタテインメント 2006-07-12

by G-Tools


原作
「下北サンデーズ」石田衣良(幻冬舎)
原作小説ならではの独自のストーリー展開
緻密に積み重ねられた細かなエピソードも満載だそうです!





posted by まりこ(^▽^) at 16:22 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(5) | 下北サンデーズ | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
こんにちは〜。
「面白い!」の声に超反応(笑)。
それほどに大好きなドラマです。
小ネタもたくさんありますし〜。

ところで、今クールもやっぱりTBが飛ばないようで(苦笑)。
規制かかってるのかな? でもコメントで参加します!
Posted by ads(あず) at 2006年07月21日 23:35
あずさんへ
小ネタたくさんありそうですね。
でも、自分なかなか見つけられず・・汗
堤ワールドになれていければいいなと
思ってます。

TBは調子悪いみたいですね。
いつもすみません・・m(__)m
Posted by まりこ(^▽^) at 2006年08月03日 13:30
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


下北サンデーズ 第2話
Excerpt:  「下北サンデーズ」第2話を見ました。  晴れて下北サンデーズの一員となったゆいか。 ジャージを買ったり、髪の毛を切ったりして早速気合が入ってます(笑)  今週もなかなか濃い内容でしたね..
Weblog: あいりぶろぐ
Tracked: 2006-07-21 19:04

《下北サンデーズ》第二回公演
Excerpt: 「梅が丘、豪徳寺、土曜の次は、サンデーズ!」ランニングで、劇団員が唱える呪文(?) 里中ゆいかはついに下北サンデーズの一員となった。
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2006-07-22 04:15

下北サンデーズ 第2回 感想
Excerpt: 『ビバリーシモキタ高校白書』
Weblog: ぐ〜たらにっき
Tracked: 2006-07-23 08:51

《下北サンデーズ》第二回公演
Excerpt: 「梅が丘、豪徳寺、土曜の次は、サンデーズ!」ランニングで、劇団員が唱える呪文(?) 里中ゆいかはついに下北サンデーズの一員となった。
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2006-07-24 23:44

《下北サンデーズ》第二回公演
Excerpt: 「梅が丘、豪徳寺、土曜の次は、サンデーズ!」ランニングで、劇団員が唱える呪文(?) 里中ゆいかはついに下北サンデーズの一員となった。
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2006-07-28 04:03
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。