Top 2005年(1月〜3月) >「救命病棟24時」第7回
2005年02月23日

「救命病棟24時」第7回

楓は、加賀の実家に到着。
遺体を家族に引き渡す。
泣き崩れる加賀の身内だった。

一方病院では、あるそば屋の小木勝(山田辰夫)が妻静子(円城寺あや)に付き添わ
れ、骨折で運び込まれてきた。
以前骨折したところが、また無理をしてはがれてしまったらしい。
静子は、腹部を押さえるようにして主人の側についていた。
脱サラして1千万借金してそば屋を経営しているという。
夫を病院に預け、出口に向かおうとした静子が倒れた。胃潰瘍だった。
「なぜご主人がいた病院で診てもらわなかったんですか」という進藤に
店が全壊し、すべてなくなったと伝える。
今まで必死に頑張ってきたのに・・。
落ちこむ静子。まだその事実は、夫には知らされていなかった。

ボランティアリーダーの和也は、来てくれたボランティアに
赤い紙で、『危険」と書いてあるところは
絶対危険だから近寄らないようにと注意を促していた。
寺泉も引き続きボランィア活動をしていた。

加賀の葬儀が行われた。
楓は、じっと加賀の写真を見る。
お酌をしてまわると、そこで周りに加賀の婚約者だったことが知られてて
「裕樹さんの婚約者だったんだってな・・辛かったな・・」
「大変だったな・・」という言葉をかけられ
だんだん意識が遠のく。
そして、楓は、倒れてしまった。
地元の医者が診てくれて、過労だという。
「よく休むことだ」と言われた。

静子から、病院スタッフに、すべて全壊してしまったことを
伝えてもらえるよう頼まれる。
しかし患者のプライバシーに立ち入らないほうがいいという考えから
みんなも複雑だった。
進藤は、そんな事情も知りつつも
勝の隣のベッドが空いたので、静子を入れてしまう。
勝は、奥さんが胃潰瘍になったこともそこで改めて知り
「なんでだまってたんだ!」と怒鳴り散らす。
「自宅のことは、奥さんが伝えるべきだと思います」と進藤。
静子は、観念したように「つぶれちゃったの。地震で・・
全部、全壊・・・」
勝は、呆然とするのだった。

加賀の実家では、新聞や、TVで東京の地震の様子が報道されていた。
しかし、周りが気をつかい、すぐにTVを消してしまっていた。

「なんでわざわざ隣のベッドに寝かせたんでしょうね」と看護師長。
病院スタッフからは、「話し聞いてあげるだけでも・・」
「プライバシーに立ち入らないほうがいいんじゃ・・」
「時間が解決してくれるんじゃないのか?」(日比谷)
「患者、医者とかこだわらない方がいいんじゃないか?」(河野)
と意見が割れていた。

日比谷が外で電話で話しをしていた。
「・・まだ帰れない・・。
ケガしてる・・おふくろ・・・
うちのマンションもう何もないんだ。
・・アルバム?オレがあとで取りに行くって・・」
日比谷家の状態も、決しいいものじゃなかった。

黒木医局長は、病棟が雰囲気悪いな・・と師長にもらす。
こんな時に小島先生がいたら助かったのに・・
とつぶやいた。

そんな時、倒壊家屋に近寄らないように伝えたのに
ボランティアが負傷してしまう。
寺泉の元にまたマスコミが殺到してきた。
寺泉に「ボランティアに行動と責任を持つようにそのまま
伝えたらいいじゃないか」と進藤。
しかし、それを言うと、東京は、危険なところだということを
アピールしてしまう結果になり、ボランティアがこなくなったら困るという
難点もあった。

楓は、進藤に電話をして、加賀の葬式が済んだことを報告する。
「体調悪いのか?」と進藤。
「ずっと休ませてもらってます。でも、すぐに目が覚めちゃうんです。」と楓。
「たまには、外に出てみたらどうだ。せっかく東京を離れたんだ。
散歩してみるといい。」
「誰にも会いたくないんです。彼の側、離れられない・・
何もする気になれなくて・・・。
私どうしたらいいのかわからない・・」押し寄せる悲しみに飲みこまれそうな楓。

「オレも妻を亡くした時、立ち直るのにずいぶん時間がかかった。」と進藤。
「時間が解決してくれますか?」
「解決してくれるのは、時間じゃない。その時間に誰かと話して
何かを感じた。だからオレはここにいられる」と進藤は、話す。
「閉じこもらないで。外に出てみたらどうだ」
楓は、加賀からもらったリングを見つめていた。

病棟では、省吾が楓のことを待っていた。
「小島先生帰ってこないの?」
「小島先生心配なのか」と進藤。
「帰ってこなかったら、二人で会いにいけばいい。
早く元気になろう」と励ます進藤だった。

そば屋の小木夫妻は、隣のベッドに並んでいたながらも
何も話さない状態が続いていた。
見かねた佐倉が、身の上話をする。

「僕、こう見えても甲子園球児だったんですよ。
補欠で、1回戦で敗退だったけどユニフォームと甲子園の土は、
青春の思い出だった。
しかし、TVで燃えているアパートが映し出されて
うちだったんですよ。
ユニフォームも土も、みんな燃えちゃいました。
だからどうだってことないんですけど、
怪我人なかったようだし・・」と努めて明るく振舞う。
佐倉も被災者だった。

そして、日比谷も静かに話し出す。
「僕、地震のあと帰ったんですよ。うちが心配でね。
みごとにマンション倒れてましたよ。
ほんとは、全壊。
おふくろは命に別状はない怪我で済んだけど
余生をゆっくり過ごす家だった。
時間が解決してくれるといっても
なんて言ったらよいか・・・・」
日比谷も被災していた。

「なんなんだ!この連中は!」と勝が怒り出す。
「入れ替わり立ち変わり、不幸を自慢しやがって
資格あるんだから、どこでも仕事できるだろ」と勝。
「おじさんだって、そばを打てる腕があるじゃないですか」と進藤。
「簡単に言うな・・バカやろう・・・」
勝は、これからどうしていけばいいか、まだわからなかった。

楓は、海に来ていた。
しかし、はめていた指輪がない。
慌てて探す楓。
そこに、楓を診てくれた地元の医者が通りかかり
一緒に探し始める。

勝は、「ほんとは、店つぶれてるんじゃないかって
ビクビクしていた。おまえが隠してるんじゃないかって
思っていた。
そばが打てるからってなんだっていうんだ。
何もかも無くなったんだ。ちきしょう・・・!」
それを聞いた静子は
「違う。あなた私が心配したのは、店じゃない。
あなたのことなの。
私が止めてもうるさい、だまってろ、と言い会社を辞めて
お客においしいといわれる店を作った。
店無くなったら、頼もしいあなたがいなくなるじゃないかって
それで胃潰瘍になったの!」と静子は、話す。
勝は、「ここに連れてきた医者を呼べ!」とまた
大声を出す。

進藤がやってきた。
「この年で、ゼロからやるのは、簡単じゃないんだぞ」と勝。
「・・でも人間は、倒れたままではいられないんです」と進藤は言った。

楓は指輪を探し続ける。
医者が見つけてくれた。
「ごめん・・ごめん・・裕樹・・・
ありがとうございます」と何度も頭を下げる。
「ここは、裕樹くんが小さい頃、いつも遊んだ砂浜だ。
あんたの大事なもん、とりあげるはずない。
その指輪は、あんたから離れることはないよ」というのだった。
往診の途中だった医師は、戻っていった。
「ゆっくり休むんだぞ」と言い残して。
楓は、何かがふっきれたような顔をしてた。

加賀の家で、TVのリモコンを手にする楓。
その映像には、寺泉が出ていてマスコミからの質問責めにあっていた。
「ボランディア2名負傷」と書いてあった。
「東京は、まだ危険なんです。」
「ボランティアいないかなったらどうするんですか?」と記者
「そうなったら、われわれで、やるしかないです。
われわれの街です。われわれは、危険だからって
出ていくわけには、いかないんです!」
そう、強く寺泉は、言うのだった。

加賀の実家で、楓は、ある決意を固めていた。
「ここは、いいところですね・・
静かで、平和で・・人の住む場所は、こういうところじゃないといけない。
私、東京に戻ろうと思います。
何か私にもできることがあるんじゃないかって」

裕樹の最後聞いた夢の話しをする。
結婚式で、楓の携帯が鳴って、楓は、すぐに病院に戻ると行ってしまうが
夢の中で、加賀が牧師に、「いいんです。僕の妻は、救命医ですから」と
答えた、という夢・・
「裕樹が、そげんことを・・・」
楓は、前をしっかり見据えていた。

「オレの一番嫌いな政治家は、どんなだと思う?
きれいごとばかりならべる政治家が嫌いだ」と寺泉は、秘書に話しをする。
「オレも同じようなことを言ってしまった」と反省している時
寺泉の携帯に電話が入り、「官房長から臨時に内閣に上げたい」という話しが
舞い込んできた。

そば屋の小木夫妻は、退院。
2人とも深ぶかと頭を下げる。
「屋台をやるから来い」という勝。
「そば嫌いなんだ」と相変わらずつれない日比谷だが
「いや、あんたのおふくろさんにだよ」と勝。
病院スタッフも食べにいくからねと励ますのだった。

「これからも同じような患者がやってくる」と進藤。
「まかせますよ」と日比谷。
黒木医局長は、「お茶飲んで話すのも大事なんだな。
同じ被災者なんだから」と話す。

そして、楓が戻ってきた。
リングは、首にかけて、
「帰ってきました」とほほえむ楓。
目で合図する進藤と見つめあっていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

楓の復帰は、思ったより早かったですね。
『解決するのは、時間じゃない。
その時間に、誰かと会って、何かを感じることが大事だ』と進藤。
なるほどなと思いましたね。
楓は、地元の医師とリングを探すことでふっきれた。
『そのリングは、あんたから離れることはない』と言った医者の言葉が
信じられたんですね。

家屋が全壊し、すべて失った時、人は、落ちこむ。
でも、人間は、倒れたままではいられないんです。という現実。
厳しいけど、本当のことなんですね。

佐倉も日比谷先生も被災していた事実、今回初めて知りました。
みんな辛い現実を背負っている。
被災した患者の心は、とても傷ついています。
その心のケアが、黒木先生の言っていた
「お茶飲んで話すのも大事」ということなのではないでしょうか。

寺泉が、いい感じでボランティアを続けてましたが
内閣に上がっていくようですね。
彼は、また戻ってしまうのでしょうか。
ちょっと心配です。

地震を経験してない私にとっては、想像もつかないことばかりの
救命病棟。
ほんとにいろんなことを考えさせられます。

よかったらプチっとお願いします☆











posted by まりこ(^▽^) at 07:27 | 東京 ☀ | Comment(10) | TrackBack(9) | 2005年(1月〜3月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
こんにちわ。まりこさん
はじめまして。救命病棟についてかkれていたので、TBさせていただきました。
今回は日比谷先生のクールだけどちょっと不器用っていうのが見られてとっても
面白かったです。
でも本当に家が全壊とかなってしまったら放心してしまうでしょうね。
そうならないように、・・・と思いますが・・地球全体がいまおかしくなってるようで怖いですね。
Posted by みのむし at 2005年02月23日 10:50
まりこさん、こんにちは。

まさに、黒木先生や進藤先生は、
心のケアのことを言っていたんですね。

寺泉の野心は気になりますが、現場を見てきた彼です。
野心の塊の政治家たちをやっつけるぐらい
して欲しいです。(笑)
Posted by ちーず at 2005年02月23日 12:55
今回はおいしいところを全部日比谷先生にもって行かれましたね。

次回からはトオルちゃんも内閣入りです。出番も増えるはず!!(今でも結構多いが)
Posted by ntom at 2005年02月23日 12:56
くぼっちです。こんにちわ。
今週は、なんと言っても日比谷先生でしたね。来週あたり、そろそろ寺泉が大活躍となるのでしょうか。楽しみです。
Posted by KUBOTCHI at 2005年02月23日 13:19
まりこさん、こんにちは!

今回、楓が立ち直れて良かったですね!確かにちょっと早い気もしましたが、どう受け入れ、消化するかが問題なんですね。
色々考えさせられました。
来週、寺泉が臨時内閣府に入りますが、どうなるのでしょうね。嫌な政治家に逆戻りしてしまうのでしょうか・・・。
Posted by 多紀 at 2005年02月23日 16:42
まりこさん、こんばんは!
コメントありがとうございました♪

 まずは楓の気持ちが少し落ち着いてくれたので、良かったですね!落ち込んでいた楓には、進藤先生の言葉が特効薬だったみたいですね♪
 今回は、ボランティアのこと、家を失ってしまった人のこと、それに日比谷先生のこと・・・いろいろあったけど、どれも大切なメッセージを感じました…ホントにいいドラマですよね!!来週が待ち遠しいです♪
Posted by ユウヤ at 2005年02月23日 20:03
コメントさせていただきます。

>彼は、また戻ってしまうのでしょうか。
>ちょっと心配です。
寺泉には、腐った(と思われる)内閣と徹底抗戦して欲しいですね。今回、TVカメラの前で言った寺泉の言葉は、彼の本音を語ってるように思います。
Posted by はさにん at 2005年02月24日 00:01
コメント&TBありがとうございます!

みのむしさんへ
日比谷先生の意外な一面が見られてよかったですね。
家が全壊なんて、私もきっと呆然としちゃうと思います。
地震がないのが一番いいんですけどね・・。

ちーずさんへ
お医者様は、体だけでなく、心のケアも大事なんですね。寺泉には、現場での気持ちを内閣でも生かして欲しいですね。

ntomさんへ
日比谷先生大活躍ですね(笑)
寺泉は、内閣に入って出番が増えるかな?
変わっていく彼に期待したいですね。

くぼっちさんへ
日比谷先生の意外な一面、よかったです。
内閣に入った寺泉は、大活躍しそうかな??

多紀さんへ
楓の復活、よかったです。
あとは、少しずつ自分の中で消化していくしか
ないんでしょうね・・。
寺泉の今後も気になりますね。

ユウヤさんへ
楓が復活してよかったです。
これも進藤先生のおかげですよね。
毎回いろんなメッセージを感じるドラマです。私も来週が楽しみです。

はさにんさんへ
寺泉には、ぜひ内閣で戦って欲しいですね。
現場で働いていた彼が生かされるといいなと思います。


Posted by まりこ at 2005年02月24日 09:54
まりこさん、こんにちは!
今回の話も、やはり良かったです。
佐倉看護師が元甲子園球児だったのは意外でしたね。
当時はあの自慢の髪型(?)では無かったと思うけど(笑)。
そうだ、「H2」も盛り上げなきゃね・・・。
Posted by ads(あず) at 2005年02月26日 00:16
あずさんへ
ほんと、佐倉看護師が甲子園球児って意外でしたよね。
当時は、やっぱり坊主??(笑)
「H2」も個人的にはおもしろいんですけど
原作知ってる方には、イマイチみたいですね・・(^-^;
Posted by まりこ at 2005年02月26日 09:00
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


救命病棟24時 第7回『朝はまた来る!』
Excerpt: 地震発生後8日目。 救命救急センターには足を骨折した小木勝(山田辰夫)が 妻・静子(円城寺あや)に付き添われ、運び込まれてきた。 「痛い痛い!」とわめく夫。 「年を考えなさいよ!」と妻。 「元気のい..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2005-02-23 09:05

救命病棟24時 第6話
Excerpt: を見た。 今回は2部構成のような感じで話が進んでいた。 ひとつは、楓の心境の変化 そしてもうひとつは、病院の人達の心境の変化 楓は婚約者をなくしたショックから立ち直れなくなり心労で ..
Weblog: Simple*Life
Tracked: 2005-02-23 10:48

救命病棟24時F
Excerpt: 寺泉氏 臨時内閣に入閣!! 【今日の寺泉先生】 というビッグニュースが飛び込んできたので、このコーナーからスタートです。 寺泉さんいつの間にか避難所の現場責任者になっています。おいおい。 ボランティ..
Weblog: 痩せたいんや!ネバサレ2005
Tracked: 2005-02-23 12:55

『救命病棟24時』 第7話
Excerpt: 泣きのピークは一旦過ぎ去った気がする。 今回のサブタイトルが、「朝はまた来る!」と、ドリカムの曲やん!と思いましたが。見ているうちに、「あ??、そう言うことね。」と思った。震災で、恋人を失った者..
Weblog: 今日のヒメゴト ??KUBOログ!??
Tracked: 2005-02-23 13:16

救命病棟24時 第7話
Excerpt: 第7話 朝はまた来る!(あらすじ)※投稿時点では公式HPに第7話あらすじUPされてません。今回はてっきりスポットは楓と和也に当たっているものかと思ってましたが、意外や意外!あらまぁという感じでしたね(..
Weblog: ::ハチミツ缶::
Tracked: 2005-02-23 16:42

救命病棟24時第3シリーズ#07
Excerpt: 「朝はまた来る!」 地震後8日目  足を骨折したそば屋の亭主。 入院した病院を抜け出して帰ろうとしてまた怪我をしたのだ。 無茶をする夫をなじる妻だが, 実は脱サラして1千万借金して造った自宅兼店舗..
Weblog: D.D.のたわごと
Tracked: 2005-02-23 18:09

救命病棟24時「朝はまた来る!」
Excerpt: *救命病棟24時 第7話 あらすじ&レビュー*  オギという男性が東都中央病院に
Weblog: Yuuya's Notelet
Tracked: 2005-02-23 20:03

救命病棟24時の第7回を見た!
Excerpt: 今回は、いつもと違った感想の書き方でいきます。地震発生後8日目、楓が東京を離れた次の日からのスタートでした。ほんのちょっとの胃を押さえてる場面を見て、異変に気付く進藤先生はやはりゴッドハンドなんでしょ..
Weblog: 『日々見聞きしたもの…。』
Tracked: 2005-02-23 22:11

救命病棟24時・第7話
Excerpt: ○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから! ○フジテレビ系「救命病棟24時」 第7話「朝はまた来る!」 東都中央病院にそば店主の小木(山田辰夫)が搬送されてくる。小木の治療を担当した進藤(江口洋介..
Weblog: あずスタ
Tracked: 2005-02-26 00:36
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。