Top トップキャスター >トップキャスター 最終話 「さよなら…伝説のオンナ」
2006年06月29日

トップキャスター 最終話 「さよなら…伝説のオンナ」

椿木春香(天海祐希)、飛鳥望美(矢田亜希子)ら
『ザ・ニュース』スタッフが報道したCNBテレビ会長、
結城英雄(伊武雅刀)が絡んだ政治家との闇献金問題は大きな波紋を呼んだ。
英雄は検察に事情聴取されたが全面否認。
『ザ・ニュース』も番組の打ち切りが決まり、当然のように、春
香は解雇されることになってしまう。

そんな中、英雄は息子の雅人(谷原章介)を裏切り者とののしり
すべての罪を雅人にかぶせようと動き出す。
検察に呼び出され 事情聴取後、帰宅を許された雅人は、迎えに来た春香に、罪を受け入れるつもりだと話す。
春香は大反対するが、雅人はそれですべてが丸く収まるなら、
オレが責任とれば誰も困らない
きみには関係ないだろ!ほっといてくれ!」という。
そんな雅人の言葉を聞いた春香は
「ほっとけないわよ!
なにがそれでいい。なにが責任とるよ
かっこつけてるんじゃないわよ!
誰も困るやつがいないって?
あなたにいなくなってほしくない人間がここにいるわよ
あたしにプロポーズしたの誰?結婚しようっていったの誰?
わたし誰に返事すればいいの?あなたしかいないでしょ?
今度は私の番だから
私があんたを助ける番だから
私が、あなたを守る!
それがあたしからの返事よ」と告げ、英雄の家に向かった。

私があなたを守る!ってかっこいいですね。春香にしか言えないセリフです。

門前払いを繰り返される春香の応援に望美が来た。
その矢先、雅人が再度、検察に呼ばれたとの知らせが。
春香は、その旨を訴え、ようやく結城家に入れてもらえた。
英雄は、頑なに雅人が自分を恨んでいると思い込んでいた。
しかし、春香は、雅人が幼い頃、父のおもかげを感じるため書斎
で遊んでいたことを告げる。

書斎の本をだし、「あなたのことを思ってこれらの本を目にして
ました。
どれも難しい本ばっかりです。
でも彼は言い続けてました。
お父さんの気持ちがわかるかもしれない。
お父さんのことがわかるかもしれない。
父の本を読んでいたら父と話しているような気がして。
父に抱きしめられているよう気がして・・
大好きなお父さんだったんです。
昔も今も変わりなく・・・」
本の間には、お菓子のかす、野球選手のカードが
あの当時のままはさまっていた。
英雄は、ふと我に考える。
英雄はようやく気持ちを切り替え、自らやみ献金に関する真実を
口にする。
春香たちの取材に応じ、その様子がニュースに流れ
1億円の賄賂を認めた。

書斎のエピソードもなんだか心温まりましたね。
すれ違いの父と息子でしたが
誤解もとけました。


検察から解放された雅人は、柴田局長に捕まえられる。
「彼女のおかげですね。
それより先にするべきことがあるんじゃないですか?
約束を果たしましょう」と
柴田は、スーツを用意し、結城を連れ出す。

みんなは、そろそろと報道局を抜ける。
「じゃ行くわ!」と健介が声を出してしまうが
スタッフたちはみんなで「しーっ!」と口止めする。
「じゃあそろそろ私たちもいきましょうか」と望美が
春香を連れ出す。

春香は、式場へ
なぜかウエディングドレス着せられ、
エスコートは、柴田キャスターが務める。
伊賀がビデオをまわす。
ブーケは、令子と角高がほしがる。
春香は、正装した雅人のもとへ
「なんでここにいるのよ。
何まんざらでもない顔してるのよ」
「自分こそ」と雅人
石場が牧師役を務め
指輪も用意してあった。
みんなは花びらを、舞散らす。
キスのコールが鳴り響く。
記念写真の瞬間に春香は、空高くブーケを投げた。

みんなの前ではキスは、しなかったのかな??
笑顔に包まれた式でした。


夏芽は、伊賀と。
豪華な挙式じゃないと満足しないという夏目に伊賀は、
「1億円の結婚式挙げるよりもっと幸せになれる方法を知ってい
ます。
この手を絶対に離さない」と夏芽の手を掴む。
夏芽は、照れてそのまま歩き出す。

令子は、石場と。
「椿木さん素敵でしたね。」
「おまえも綺麗だろうな。呼べよ」
「なんで不倫した相手呼ぶのよ」といつもの2人(笑)
角高だけ一人だったが、ブーケを手に入れたのは、
角高だった。

カップルがいっぱいです。
でも、令子と石場は最初から最後まで
変わらずでしたね。あまり不倫ぽくない?
カップルでした。


健介は、望美を連れ出しある木の元へ
そこで望美がスイッチを入れると木に電球がともる。
「もしも、望美に手の届かないものがあったら
オレがかわりにとってきてやる。
もしも、望美に見えないものがあったら
オレが明かりをつけてやる。
もしも、望美の空が暗くなったら
オレが太陽になってとりかえてやる
オレが、一生おまえ・・・」とそこで木から落ちる健介・・
「ただでさけ天然なのに記憶でも失ったらどうするの」と心配す
る望美。苦笑する健介に
「そのときは教えてあげるよ
あたしは、あなたの恋人よって」
健介は微笑んで
「ほら、すごくね?」
「きれ〜」と2人で木を見上げる。

それぞれのプロポーズの言葉よかったです。
健介みたいなことされたら弱いですね〜(笑)


その頃、都内では爆弾騒ぎが持ち上がっていた。
このニュースを報道する春香も、犯人の卑劣さに対して怒りの表
情を隠せない。
その犯人から、春香宛てに脅迫状が届く。
その日は『ザ・ニュース』の放送最終日。
犯人は、ぼくを卑劣だと罵ったと番組中に土下座を要求していた。

放送が始まる中、望美は報道センター内に花を持ってきた不審者
を見つける。
春香は、その花束から落ちたゆりの花の花粉を見つける。
犯人が持っていた爆弾の映像にも花粉が映っていたのだ。
すぐさま、望美や蟹原健介(玉木宏)らが、爆弾を持っていた不
審者を追い、最後の放送は犯人逮捕劇の中継番組に。
犯人も無事に捕まり『ザ・ニュース』は独自の放送を貫いた。

CNBを解雇された春香は、「まさか3ヶ月で番組が終わると
思ってなかった」と望美と話す。
望美は、買い物に行ってくるという。
春香のカバンの中からは、航空券が見えた。

買出しに行った望美に、石場から電話がかかる。
お天気キャスターの抜擢の知らせだった。
買い物を終え、そのことを報告しに戻ると
すでに春香はおらず、置手紙が残されていた。

『飛鳥さんへ
私またNYにいくことにしました。
引き出しにマンションの契約書がはいってます。
あなたの引越しが住み次第解約してください。
用件は以上です。よろしく。

便箋があまっちゃったのんで
ちょとだけ続けますね。
3ヶ月前、日本に戻ってきた時、私はもう一度キャスターをやれ
る喜びでいっぱいでした。
ニュースは1年、5年、10年、20年力の限り続けるつもりでした。
最高の仲間もできた。だからこんなことになってくやしい。
めちゃくちゃくやしい。
まだまだしたいことがたくさんあった。
だけどね わたいは今、それと同じだけうれしい気持ちでいっぱ
いです。
飛鳥さん、あなたに出会えたことや『ザ・ニュース』のみんなに
出会えたこと。
この世で一番の宝探しは人との出会いと思った。
あなたと過ごした3ヶ月を私は忘れない。
絶対に忘れない。
迷ったらやってみる。
不安だったら飛び込んでみる。
怖かったら走ってみる。
私たち走ったね。
ありがとう
元気で

椿木春香』

封筒の中からは春香のリングがでてきた
望美は、春香のリングを握り締める。
春香が歩いていると雅人がやってくる
「行こうか」と2人は歩き出す。
春香は、雅人の腕をてれくさそうにつかむ。

それから2年後。『ザ・ニュース』スタッフは、それぞれの現場に
配置換えされていた。
望美は、お天気キャスターで台風の風雨にさらされ
健介は、スポーツ局に移動。
夏芽は、一からはじめたいと警視庁クラブの新米記者。
伊賀は、ドラマ部で助監督。
角高は、子供番組のディレクターだが
子供には、好かれていなかった。
石場はバラエティのプロデユーサー
その司会を令子がやる。
たまちゃんに子供ができ
店の仕込みをやる望美と健介。
望美の左指には、カニのリングがつけられていた。

ところが、CNBテレビ社長に柴田勝俊(児玉清)が就任。
社長としての最初の仕事は『ザ・ニュース』を復活させること。
元のスタッフが呼び戻されて、メインキャスターには望美が選ば
れた。
そして『ザ・ニュース』復活、第一夜は、ボストンから大統領選
挙の中継レポートが入る。
望美には、サプライズの中継レポーターは、なんと春香だった。
驚く望美。
その隣には、雅人が顔を覗かせる。。
CM中の春香と望美は、以前のように
今、噛んだ、噛んでないと軽口を叩き合っていた。

(終)

なかなか粋なラストでした。
春香がNYに行ってしまうのは、仕方ないかなと思ってましたが
また柴田局長が社長就任とは!!
『ザ・ニュース』復活はうれしいですね。
そして、春香も海外からの中継担当ということなのでしょうか。
また、一緒に仕事ができそうですね。

時折、笑いの要素が多すぎ??と思う回もありましたが
天海さんのキャスターは、とても似合ってたし
望美の後輩育成もきちんと描けていたと思います。
カップルがたくさんできるのは、月9ならではでしょうか。
テンポはよかったですが、ニュース的な内容は、もっと渋くてもよかったんじゃないかなと思いました。



ありがとうございます。これからも頑張ります!はげみになりますm(__)m
TV DramaRanking

引用元…公式HP

視聴率
23.1→19.6→18.7→15.6→18.5→16.8→17.3→17.5→17.1→18.1→18.5

関連記事
第一話|第二話|第三話|第四話|第五話|第六話
第七話|第八話|第九話|第十話

オリジナルグッズが満載です^^

フジショッピングサイト

キャスト
椿木春香 (天海祐希)…ニュースキャスター
飛鳥望美 (矢田亜希子)…元お天気キャスター・春香のアシスタント
蟹原健介 (玉木宏)…ディレクター
結城雅人 (谷原章介)…報道担当取締役・春香のライバル
野原芽衣 (松下奈緒)…サブキャスター
伊賀俊平 (松田翔太)…AD
蟹原三郎 (ト字たかお)…焼き鳥屋『一石三鳥』の主人・健介の父
蟹原珠子 (田丸麻紀 )… 三郎の妻・後妻なので若い
紺野令子 (須藤理彩)…ディレクター
角高孝男 (矢島健一)…デスク
石場小吉 (生瀬勝久)…プロデューサー
柴田勝俊 (児玉清)…報道局長

矢田さんが持っていたフルッティのバッグ Antique Folletto(アンティックフォレット)
7/7完成・発送予定【Antique Folletto(アンティックフォレット)】18時開始分

第16回日本ジュエリーベストドレッサー賞 30代部門
天海祐希さんに贈られたダイヤモンドペンダントです!!
K18WGダイヤモンドペンダントネックレス

主題歌
B000EXZKNUDear friend
Sowelu Yoshihiko Nishio
DefSTAR RECORDS 2006-05-10

by G-Tools


「トップキャスター」オリジナル・サウンドトラック
「トップキャスター」オリジナル・サウンドトラックTVサントラ

DefSTAR RECORDS 2006-05-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『トップキャスター』をはじめいろいろなドラマ・番組に衣装提供しているショップです。











posted by まりこ(^▽^) at 17:16 | 東京 🌁 | Comment(1) | TrackBack(5) | トップキャスター | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
久しぶりに来ました☆更新楽しみにしてますねっ!
Posted by RICO☆ at 2006年06月30日 09:09
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


『トップキャスター』全11話 視聴完了
Excerpt: 特に可もなく、不可もなく。 最近の月9は、あまりにもその枠のブランド性にとらわれすぎて 身動きが出来なくなっているように思う。 守りに入ってしまっているような感じ。 何もコメントする気..
Weblog: Jump Over the Borderline
Tracked: 2006-06-30 22:33

トップキャスター最終話 さよなら・・伝説のオンナ
Excerpt: 最終話 さよなら・・伝説のオンナ
Weblog: Happy☆Lucky
Tracked: 2006-07-01 15:43

フジテレビ「アテンションプリーズ」第11話(最終回):大空へ!! 旅立ちの時
Excerpt: あまりに自覚と成長のない洋子のダメダメぶりに、途中リタイアも考えましたが、終わってみれば、爽やかな青春群像ドラマというところで、それなりにおもしろかったです。
Weblog: 伊達でございます!
Tracked: 2006-07-01 18:38

トップキャスター 最終話
Excerpt: 『さよなら・・・伝説のオンナ』 椿木春香(天海祐希)、飛鳥望美(矢田亜希子)ら『ザ・ニュース』が CNBテレビ会長、結城英雄(伊武雅刀)が絡んだ闇献金問題を 報道する。 身内のスキャンダルを告発した..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2006-07-02 09:30

「トップキャスター」の話11
Excerpt: 「トップキャスター」 【OFFICIAL SITE】 最終話・「さよなら…伝説のオンナ」(視聴率18.5%、平均視聴率18.25%)結城雅人(谷原章介)は贈収賄事件の責任を取ってCNBテレビ社長を辞任..
Weblog: のらさんのうだうだ日和
Tracked: 2006-07-03 08:56
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。