Top 富豪刑事デラックス >富豪刑事デラックス 第六話 「イケメン社長の華麗なる犯罪!謎の遺言と衝撃の密室」
2006年05月30日

富豪刑事デラックス 第六話 「イケメン社長の華麗なる犯罪!謎の遺言と衝撃の密室」

日本最高級といわれるレストランチェーンのオーナー・宮原由美子が、登山中に崖から転落して死亡した。
彼女の残した手紙によって、その後継者は黒崎という従業員上がりの男になったのだが、この男には不審な点が多々見られる。
というのも数年前、当時小さなレストランに勤めていた黒崎が、
オーナーの事故死によって自分がその後釜に座っていたのだ。

その件を考えると、味をしめた黒崎が、今回もレストラン乗っ取りのために宮原氏殺害を企てた可能性が高い。
実際黒崎は、レストランのことはよくわからず
シェフの味に難癖をつけ
従業員の手を足で踏むなど最低のやつだった。
しかし、宮原の手紙は、筆跡鑑定で確かなものだった

その事実を黒崎に突きつけると、黒崎は、逆に我々の強引な捜査で営業妨害を受けたと訴えてきた。

美和子は、黒崎は、地獄の底からでも這い上がるといっていたのを聞き、黒崎がどうやって這い上がってくるのか
新しい会社を作り、黒崎の会社を乗っ取って、地の底まで落としたらどうかと案を出す。

またもや、美和子の案が通り、美和子は、喜久右衛門や、松江に相談し、ウエディングプランナーの会社を立ち上げる。

今回は、庭園に食卓をご用意して、スイスから世界的なホルン奏者と楽団の生演奏に耳を傾けながら朝食を食べてました。
世界各国から取り寄せたチーズ、特製チーズフォンデュ、焼きたてブレッドだそうです。
神戸家の晩餐より。


美和子は、黒崎に接し、黒崎の会社を買収。
今まで黒崎の尻拭いをしてきた臼井を副社長にし
黒崎は、平社員に成り下がった。
今まで高飛車な態度をしてきた黒崎に
従業員たちは、仕返しをしてくる。

美和子の会社には、佐々木真一というミュージカルシアターの
俳優が結婚式のプランニングにやってくる。
しかし、彼は、美和子に惚れてしまう。

黒崎は、ついに我慢が切れ、弁護士の北田とある作戦を組む。
北田は、美和子に何か起こった時のためにと文書を残すように言われ、
3枚書かされる。
しかし、それは、自分のもしものことがあったら信頼する人物、臼井に譲るという内容のものだった。

その頃、婦警の樋口と菊池2人は、駐禁を取っていると
何ものかに連れ去られてしまう。
その男は、弁護士の北田だった。
北田の頭上には、カンが落ち、頭に激突してしまう。

部屋は、暖房がたかれ、熱かった。
ドア越しには、黒崎の姿が映る
「なんでわたしたちがとばっちりをうけなきゃいけないの」と
怒っていると
2人は、用意されていた冷たい水を見つけ、飲んでしまう。
しかし、その水の中には、睡眠薬が仕込んであった。

美和子は、自分の書いた文書が、臼井に会社を譲るという内容だったと電話で鎌倉に知らせる。
美和子が帰るところで仮面をつけた犯人に襲われるが、運転手の伊東が助ける。
そこに猿渡もやってきて、犯人を追いかけるが
犯人は、メガネの女性とぶつかりそのまま逃走してしまう。
メガネの女性は近眼でメガネをかけないと見えないので
犯人の顔は見ていなかった。

美和子と猿渡は、犯人を逃がしたことを責められていたが
美和子は、書かされた3枚の文書から
遺言状の秘密を暴き出す。
3枚を通して読むと会社を譲るように読めるが
真ん中の2枚目を捨て、1枚目と3枚目をつなげると会社の経営をすべて黒崎に任せることにいたしますと読めてしまうのである。
宮原由美子の文書もそうだった。

けれども、婦警たちが、とらわれたのは。7時50分
そこで、婦警たちは、黒崎を見ていた。
美和子が襲われたのは20時過ぎ。
それぞれの位置が離れており、黒崎の犯行とはいえなかった。

婦警たちは、現場へ、
しかし、棚から落ちてきたカンはあったものの
棚の上には、誇りが一面につもっていた。
カンが置かれたままならその部分には、誇りはついていないはず。
美和子は、黒崎のトリックを見破る。

黒崎と北田は、まず婦警たちに黒崎の姿をわざと見せ
睡眠薬を飲ませ寝かせる。
その隙に美和子を襲う。
北田は、婦警たちが眠っている間に、焼畑署近くの
同じ部屋の作りの場所につれていく。
目を覚ました婦警たちは、連れられたところは焼畑署近くの
場所だと勘違いしていた。
黒崎は、意図的にアリバイを作っていたのだ。

美和子は、そのアリバイを崩すために
黒崎とぶつかった近眼の女性を使って
ある作戦を思いつく。

美和子は、黒崎に社長をやっていく自身がなくなったと話し、
模擬結婚式を頼む。
美和子は、花嫁役に犯人とぶつかった女性を用意し
花婿役に、黒崎に頼んでいた。

2人は、バージンロードを歩くが、黒崎は、
女性を見てびっくり。
突然逃げ出してしまう。
その様子に、
「どうして逃げたんですか?
千賀子さんには、あなたの顔は見えてなかったんです。
あなたは、犯人であることを自分で告白してしまったのです。」と
美和子は、告げる。

「出世なんてどうでもいいことじゃないですか
働いてこそほんとうの幸せをつかむことができるんですよ」
「おまえにいわれたくない!」と黒崎
そこに美和子のお迎えがくる

「こら、神戸勝手に帰るな!」と今日のお決まりのセリフは、鎌倉に。

佐々木は、「結婚してくれる約束はどうなったんですかー!」と美和子の車をおいかけていた。

今回は、美和子が、ウエディングプランナーの会社を立ち上げ
黒崎の会社を買収するという手立てでした。
まぁ、美和子くらいの財力だったら問題ないですね(笑)
遺言所のトリックは、3枚書かせて間の2枚目を抜いて
まったく別の遺言状にしてしまうものでした。
なるほどですね。
今回のお決まりのセリフは、狐塚じゃなく、鎌倉でした。
毎回違ってもおもしろいかも?(笑)


※ドラマは、見れているのですが、記事にする時間が
なかなか追いつきませんm(__)m(いつも遅いですが・・汗)
なんとか少しでも追いつけるよう頑張ります。


ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

視聴率
15.3→11.4→12.8←10.3

関連記事
第一話|第二話|第三話|第四話|第五話

富豪刑事 Wikipedia
以前のシリーズも詳しくまとまっています。

富豪刑事
2005年1月から3月に放送されたものです。

スペシャルコンテンツ
美和子の日記や、神戸家の晩餐などが紹介されてます。

キャスト
神戸美和子…深田恭子
神戸喜久右衛門…夏八木勲
鈴木松江…市毛良枝
伊東隆行…虎牙光揮

第六話キャスト
黒崎明彦…西村和彦
北田弁護士…入江雅人
臼井久夫…おかやまはじめ

焼畑署メンバー
鎌倉熊成:山下真司
布引幸四郎:寺島進
鶴岡慶一:升毅
猿渡哲也:鈴木一真
狐塚虎彦:相島一之
西島誠一:載寧龍二
樋口純子:野波麻帆
菊池裕美:中山恵
焼畑署交通課婦警。
神山郁三:西岡徳馬

以前のシリーズで美和子が身に着けていたものです。
さすが美和子ですね^^

深田恭子さん着用:K18ホワイトゴールド ダイヤモンドリング

深田恭子さん、木村郁美アナ着用モデル!クロスモチーフ K18ホワイトゴールド ダイヤペンダント...

主題歌です。
B000F7NTF6トライアングルライフ
オオゼキタク
ビクターエンタテインメント 2006-05-24

by G-Tools


原作です。
連作短編小説で、1978年に発表されました。
主人公は神戸大助。男性です。
現役時代は強欲で鳴らした実業家で大富豪の父を持つ刑事・神戸が、引退して悔い改めた父から提供された巨万の資産を、難事件の解決に惜しみなく消費する。という話になってます。

4101171165富豪刑事
筒井 康隆
新潮社 1983-01

by G-Tools


B0009J96B6富豪刑事 DVD-BOX
深田恭子 筒井康隆 山下真司
ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-08-05

by G-Tools














posted by まりこ(^▽^) at 16:18 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(4) | 富豪刑事デラックス | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
聞いたら「なぁ〜んだ!」という感じのトリックでしたが、なかなか面白い展開でした♪
んが、このドラマのお楽しみは決まった人が決まったセリフを言ってくれるかどうかなのに、今回は予想外のセリフの奪い合い(?)!
この遊び心、ええわぁ〜v(o ̄∇ ̄o)♪
Posted by まこ at 2006年05月31日 16:12
まこさんへ
このドラマってトリック云々じゃなくて
お決まりのセリフとかお決まりのパターンを
楽しむものですね♪
毎回セリフの奪い合い、楽しみです^^
Posted by まりこ(^▽^) at 2006年06月01日 09:11
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


・「富豪刑事デラックス」第6話
Excerpt: テレビ朝日系列での、ドラマ「富豪刑事デラックス」。昨夜2006年5月26日(金)は、第6話「ウェディングプランナーの富豪刑事」(イケメン社長の華麗なる犯罪!謎の遺言と衝撃の密室)でした。 さて、一番..
Weblog: たまちゃんのてーげー日記
Tracked: 2006-05-30 21:46

富豪刑事デラックス 第6話
Excerpt: 『イケメン社長の華麗なる犯罪!謎の遺言と衝撃の密室』 日本最高級レストランチェーンのオーナー、由美子(南風佳子)が 登山中に転落し死亡する。 新オーナーには、由美子が生前に書き残した手紙で次期オー..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2006-06-01 17:36

富豪刑事デラックス・第6話
Excerpt: 美和子が襲われた時に、運転手が登場。すごくかっこよかった! 拳法のかまえで、さぁ華麗な戦闘シーンが始まるなと思ったら、 刑事の発砲で邪魔をされてしまったのが、ちと残念だっ??
Weblog: かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき)
Tracked: 2006-06-02 01:39

富豪刑事デラックス 第6話
Excerpt:  「富豪刑事デラックス」第6話を見ました。  最初、今回の事件の様子がニュースで報道されている場面から始まるんですが、一瞬、本当にニュースかワイドショーでも見てるような錯覚に陥ります^^;  ..
Weblog: あいりぶろぐ
Tracked: 2006-06-02 19:02
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。