Top おいしいプロポーズ >おいしいプロポーズ 第五話 「あなた、彼女のことが好きになる」
2006年05月23日

おいしいプロポーズ 第五話 「あなた、彼女のことが好きになる」

春樹(小出恵介)は沙織(小林麻央)に結婚を断られたショックを鈴子(長谷川京子)に慰められ、鈴子に亡き兄や沙織への想いを話す。
母は、冷たかったが、兄は、母親が違うなんてことは関係なしに
かわいがってくれ、春樹もそんな兄が大好きだった。
しかし、出張先の香港でヘリコプターの事故で亡くなってしまう。


これからは、兄のために自分のできることをしていこう。
兄の代わりに彼女を幸せにしたいと思うようになった
そう思って頑張ってきたんですと話す春樹だった。

春樹は、鈴子を送り届け、一度別れるが
また春樹は、戻ってくる。
「忘れもの。スープのお礼です。
おいしかった。片思いのス−プ。
あなたに言われたことを思いました。
料理人の心で作るものだと
その通りの味だった
ありがとう」と春樹は笑顔で鈴子に話しかける。
鈴子も微笑み返す。

このシーンには、春樹への好感度アップでしたね^^
わざわざお礼をいいに戻ってくるなんて
いいヤツじゃないですか。
きちんと“ありがとう”と言えることは大事だし
春樹は、ちゃんとこういうことができる人なんですね。


部屋には、徹が来ていた。
マキは、同じ部屋に暮らすのは嫌だという。
ちはるたちも、他を探したほうがいいと話す

バンビーナには、ミチルがやってきて
沙織があさっての日曜日アメリカに行くことになったと
わざわざ知らせにくる。
ミチルは、沙織がいなくなるので、自分が春樹の相手だと
宣誓布告にきていたのだった。

ミチルのせいで、小林麻央さんの
声もあまり気にならなくなったのかも(^_^;)
でも、慣れたころに、また麻央さんは、行ってしまうのね・・(笑)


その頃、春樹の元にも沙織から着信が。
日曜にアメリカにいくという知らせだった。
店を閉じ、向こうでジュエリーデザイナーとして仕事をするつもりだという。
春樹には、寂しくなるから、見送りにこないでという沙織だった。

沙織が日野原(平岳大)と共にアメリカへ旅立つ日を迎え、鈴子
は沙織を見送りに空港へと向かう。
鈴子は、約束していた、沙織が好きなナポリタンのレシピを持ってきていた。
鈴子は、「春樹さんは?」とたずねる。
沙織は、来ないでと頼んだと話す。
「笑顔で別れる自身ないから
彼は私を愛していたわけじゃないの。
お兄さんの婚約者だから私を大切に思っていただけ。
もし、彼が私を一人の女性として愛していてくれたなら
そしたら私も・・・」

そこに春樹がやってくる。
鈴子は、そっとその場を離れる。
「やっぱり最後に一言言いたくて。幸せに。」
「あなたも。笑顔で見送ってくれてありがとう。
彼女と仲良くね。」と彼女は、鈴子のことだという。
「あなたをムキにさせる女ってそうはいないわよ
あなたは、きっと彼女のこと好きになる」と沙織
「ないね。ありえない」
「そのうちわかるわ
じゃ。ほんとにさよなら」
2人は、笑顔で立ち去る
鈴子は、その2人を見守る。
春樹は、ずっと沙織の後姿を見送っていた。

笑顔で見送れた春樹。よかったです。
それより、ほんとに春樹を好きだったのは、沙織のほう??
また、舞い戻ってきたりしないといいですが(汗)
沙織は、春樹が、鈴子のことを好きになると予言をしていきました。
やっぱり見てるとわかるのかな(笑)


「沙織さんいっちゃったね」
「うん・・」
「ね、これからなんか予定ある?
ちょっとつきあわない?」
と笑顔で見送りつつも、どこか寂しそうな表情に見える春樹の姿に、鈴子は春樹の気分転換にと姪のちはる(黒田凛)の音楽発表会へと強引に連れて行く。

発表会の会場では、すっかり鈴子と春樹が
ちひろの父親と母親とうわさされていた。
春樹は、父親は来ないの?と鈴子に聞く。
徹は、職探しでそれどころではなかった。
離婚したの?と春樹。
鈴子は、話したっけ?と不思議がる。
演奏が始まる。
2人は、ダンスしたことを思い出し、お互いを意識しあうように
見つめ合う・・。

演奏会が終わり二人が帰ろうとすると、春樹の車のカギが紛失し
ていることが発覚する。
鈴子は春樹がカギを紛失した原因は自分にもあると感じ、春樹に
お詫びとして昼食をご馳走すると自分のアパートへ連れて行く。

部屋にいたマキは、春樹がやってくるとびっくり。
「あたしのこと覚えてますか?」と聞くが
春樹は、まったく覚えてなかった。

鈴子は、お昼にパスタを振舞う。
「これだけ?」と驚く春樹だが
「下手なカルボナーラよりおいしいんだから!」と鈴子。
その味に、春樹も舌鼓を打つ。

貧乏人のスパゲッティ

「2人はどんな関係なの?」と聞くちひろ
思わず吹いてしまう春樹。
春樹は、ずっと鈴子が、ちひろの母親だと誤解していたが
そこでようやくちひろが鈴子の姪であることが
確認される。
しかし、以前徹と話していたのを聞かれていたと知ると
鈴子と春樹は、また大喧嘩。
マキとちひろは、「なんだろうね。これ・・」と
あきれて2人を見つめる・・。

2人は、昼食のあとも以前険悪な雰囲気だが、
途中通りかかった公園で学生たちがバスケをしているのを見て
なつかしそうに春樹がながめる。
実はバスケ部だったという春樹。
公園では、スリーオンスリーをしていたが一人怪我をしてしまい
春樹がピンチヒッターで入る。
鈴子は、春樹の上着を預かり、応援。
しかし、上着をうっかりベンチにかけたままにしておいたため、
財布をすられてしまう。

その頃、鈴子のアパートで留守番をしているマキとちはるのところへ鈴子の元恋人・藤森(小澤征悦)が突然、鈴子を訪ねて来る。
しかし、鈴子がいないと知ると
藤森は、メモを預けそのまま帰っていく。

鈴子たちは、警察へ。
慌てて説明する鈴子を尻目に
春樹は、冷静に「盗難届けの紙をください」とひとこと。
秘書に電話をし、カードもすべてクローズしてもらったという。
「また私のせいでごめんなさい」と謝る鈴子。
春樹は、
「あんたといるとまったくろくなことはない。
でも、一つだけいいこともある。
彼女のことを忘れてた。
今日は、落ち込むだろうと思ったけど
ほんとたいくつしないよ」という春樹
鈴子は、財布の中身を弁償すると言うが
露天で売っていたストラップを見せ
これ買ってくれたらチャラにする」と言う。

春樹は、タクシーで帰っていくが
小銭を確認すると
1000円超えそうになったらとめてくださいと言い
途中から歩いて帰った。

鈴子が、部屋に帰る。
マキたちは、鈴子がいなかったときに男の人が尋ねてきたと
話し、預かったメモを見せる。
『駅前のカフェ・ラトゥールで待っている 拓海』と書かれていた。

マキは、行かなくていいの?と鈴子を促すが
「彼とは1年前に終わってるの
いまさら思い出すこともないし」と鈴子は行かなかった。

藤森は、2004年3月29日の
鈴子から送られた
『頭ではわかっていても、 
私は、あなたのしたことを許すことができません。
だから、福岡へはついて行けません。鈴子』
というメールを消さずにもっていた。

春樹は、ようやく帰る。
家では、ミチルが料理をしていた。
春樹は、「何度も言ってるだろ!勝手に入るなって!」と
ミチルを追い出そうとするが
「これからは私が春樹さんのそばにいるからね」と
帰ろうとしないミチル。
しまいには、お泊りの準備もしてきたという。
出ていこうとする春樹に
「こんなに好きなのにどうしてわかってくれないの?」と
ミチルは、泣きつく。
「おまえのことは妹としてしか思えない」という春樹だが
「それでもいい。
最初は、それでもかまわない」と抱きつく。
「わかった。一緒にすき焼き食べよう
そのあとちゃんと送っていくから
帰るんだぞ」
「うん。ちょっとまってて。すぐ作るから」と
ミチルは、たちまち笑顔になった。

甘いですね・・(笑)
こんなだから、ミチルが毎回あがりこんでいるのだと思うのですが、家の関係もあって強くも言えないのかな?
それとも、熱心なミチルのアプローチは、自分が沙織に思いを寄せていたころを思い出すからなのかな・・


春樹の秘書・大河内には、銀行員の
藤森が来ていた。
話題にトラットリアバンビーナが出てくる。
しかし、藤森は、「あそこの作るシェフはおいしいんですがね
でもつぶれるんですよ」と聞く。

春樹は、道造の秘書に鈴子に買ってもらったストラップが
チープかと言われるが
「いいんだよ」とそのままつけ続ける。
道造には、イタリアンレストランのチェーン化がうまく進んでお

らず、叱られる。
春樹は、「バンビーナの収益は、上がっていないが
シェフの腕はいい。
あの店は、そのまま残しておいてもいいのでは」と
提案するが
道造は、「私情を挟んで仕事ができないのなら
他に任せる。
おまえは、私の跡継ぎとして見込みがない」
ときっぱり春樹を切り捨てようとする。

春樹は、バンビーノのに向かい、従業員を集めさせる。
今週一杯で閉店してもらう。
従業員の方たちは、マネージャーをはじめ全員辞めていただきますと告げた。

反発する従業員たち。
しかし、店は、葛城グループのものになっており
どうすることもできなかった。

鈴子は、春樹を追いかける。
「ほんとにつぶすつもりなの?わかってくれたと思ったのに」
「なにをわかれっていうの」
「だから料理はお金で作るものじゃない
心で作るものだってことが」
しかし、春樹は、
「これは、経営の問題だ。
シェフが口を出す問題じゃない。
あんたに気を許したと思ってるんですか?」

「どうして?どうしてなの?
それがあなたのほんとの気持ちなの?」
春樹は、答えられない・・

そこに、藤森がやってくる
顔をそむける鈴子。
春樹は、藤森にそっと会釈した。

いつかは出てくると思った元彼・藤森。
彼は、銀行員だったんですね。
今は、春樹が出す店の融資担当のようですが
鈴子が藤森に対して複雑な気持ちを抱いているのは
以前兄の借金の整理のため、恋人でありながら
担当の銀行員だった藤森に父の大事な洋食店を取り上げられたという
辛い過去があったからだそうです。
これは複雑ですよね・・
でも、藤森は、鈴子からのメールを消さずに持っているあたり
まだ鈴子に気持ちがありそうですね。
そして、今度は、鈴子の味方になってくれそうです。

春樹と鈴子は、このまま平行線なのか。
またまた、ミチルの出方も二人に影響をあたえてきそうです。


ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

視聴率
14.1→12.6→12.4→11.4

関連記事
第一話|第二話|第三話|第四話

引用元…公式HP

『trattaria bambina』(トラットリア バンビーナ)
鈴子の働く店です。

ドラマで使用されました!
【ドラマ「おいしいプロポーズ」衣装提供記念70%OFFセール】スカーフ 【KRIZIA】018ヒョウ0427...

セレクト[ナチュラル](ダブル)【ボンネル・マットレス付】



キャスト
白石鈴子(28)長谷川京子 …「トラットリア・バンビーナ」シェフ
葛城春樹(24)小出恵介…葛城グループ御曹司
大河内(おおこうち)民雄(43) 西村雅彦 …ホームマネージャー
島崎沙織(26) 小林麻央 …春樹の亡くなった兄のフィアンセ・ジュエリーデザイナー
浅倉ミチル(19)サエコ …浅倉家の一人娘
柏木マキ(28)小池栄子 …鈴子の高校時代からの友人・同居人
大河内(おおかわち)孝信(33)石井正則 …春樹の秘書

桑原裕介(27)天野浩成 …副料理長
藤田翔(20)大東俊介…若手コック
メアリー富田(18)石田未来 …ウエイトレス
片瀬未来(20)清水由紀…ウエイトレス
社長秘書(27)大門真紀…葛城コンツェルン秘書
白石ちはる(9)黒田凜…徹の娘

白石徹(34)天野ひろゆき …鈴子の兄
藤森拓海(31)小澤征悦…鈴子の元彼
葛城道造(62)橋爪功 …春樹の父・葛城グループの会長

主題歌です。
B000FBG2I8Flower (DVD付)
伴都美子
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2006-06-07

by G-Tools


「おいしいプロポーズ」オリジナル・サウンドトラック
「おいしいプロポーズ」オリジナル・サウンドトラックTVサントラ

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2006-06-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools








posted by まりこ(^▽^) at 16:12 | 東京 ☁ | Comment(6) | TrackBack(7) | おいしいプロポーズ | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
藤森との過去にそんな事がっ!
もし今回春樹が仕事とは言え、バンビーナをつぶすような事があれば、やはり鈴子は許せないんでしょうかねぇ???
藤森 鈴子 春樹 この三角関係がどうなるのか楽しみ〜♪ミチルは論外!(笑)
Posted by まこ at 2006年05月24日 16:33
まこさんへ
藤森とは、恋人でありながら辛い別れだったんでしょうね。
店を奪おうとする春樹、助けようとする藤森。
でも、春樹が折れてくれそうな気もするんですけどね(希望(笑))
ミチルも海外あたりに飛んでいってくれないでしよーか(呆)
Posted by まりこ(^▽^) at 2006年05月25日 10:32
せっかく心を許したように見えた春樹が、また
かたくなになってしまったラストは寂しかったですね。
でも、予告ではまた仲良くなってたみたいだけど〜(^^;)
Posted by くう at 2006年05月25日 21:43
まりこさん、こんばんは。
春樹が、だんだん、いい男になっていきます。自信を持って演じてほしいですね。

イラつくのがミチルです。ギャフンと言わせたいです。「ネンネは、引っ込んでろ!」とね。
Posted by mari at 2006年05月26日 00:35
くうさんへ
鈴子と春樹は、今は、近づいたり離れたりの最中なんですね(笑)
ケンカするより仲のいい2人が見たいです。
Posted by まりこ(^▽^) at 2006年05月31日 13:14
mariさんへ
春樹がほんとに役が身についてきたというか
少しセレブっぽく見えるようになりました(笑)
ミチルは、見ていてイライラしますよね。
いつかギャフンと言わされる日がきっと来るはず!
Posted by まりこ(^▽^) at 2006年05月31日 13:17
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


「おいしいプロポーズ」E〜あなた、彼女のことが好きになる〜
Excerpt: ミチルにムカツク。ドラマだとわかっていても、ムカツク〜〜〜!銀行員の藤森って鈴子の元カレだったんだ。元カレの出現で、また色々ありそうです・・・まっ、でも恋愛ドラマにはよくあるパターンですけどね。気楽に..
Weblog: アンナdiary
Tracked: 2006-05-23 20:32

『おいしいプロポーズ』第5回 感想?
Excerpt: ふつうに見てるんだろうけど、特にどうしたの?って感じが。 チャチャは入れやすいとは思ったけど。
Weblog: つれづれなる・・・日記?
Tracked: 2006-05-23 23:52

おいしいプロポーズ Vol.5
Excerpt: 『あなた、彼女のことが好きになる』 春樹(小出恵介)バンビーノのトイレで顔を洗い、戻ってきた。 テーブルの上の食器を片付けに来た鈴子(長谷川京子)は、 そっと厨房に戻ろうとする。 「情けないところを..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2006-05-25 12:27

「おいしいプロポーズ」の話5
Excerpt: 「おいしいプロポーズ」 『公式サイト』 vol.5「あなた、彼女のことが好きになる」(視聴率11.2%、平均視聴率12.3%)葛城春樹(小出恵介)は、今の母親とは血の繋がりはなかったが、白石鈴子(長谷..
Weblog: のらさんのうだうだ日和
Tracked: 2006-05-25 13:11

おいしいプロポーズ 第5話
Excerpt: ケンカするほど仲がいいという雰囲気の鈴子と春樹でした。 ちはるの授業参観に行く二人も、マキやちはるのまえで口げんかする二人も。 それにバスケの小出君、かっこい〜〜〜い なぜか、鈴子と一緒だと鍵を..
Weblog: くつろぎ日記
Tracked: 2006-05-25 14:10

【おいしいプロポーズ】第5話
Excerpt: すごいドラマだ。。。私が第1話目を見て、今後こうなるだろう、こういう事が起こるだろう、と思った通りに話が進んで行きます。予言者になった気分です。でも、今回、あの沙織も予言してました。あなた、きっと彼女..
Weblog: 見取り八段・実0段
Tracked: 2006-05-25 21:39

「おいしいプロポーズ」第5回
Excerpt: 『あなた、彼女のことが好きになる』
Weblog: 気ままにいきましょう!
Tracked: 2006-06-01 10:20
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。