Top 2005年(1月〜3月) >「H2」第3回
2005年01月28日

「H2」第3回

千川高校に、野球部ができる。
春華も、大張りきり。
比呂は、前回明和一高との試合で
足を痛めてしまったため、春華が運転手付きの
高級車で病院に連れていく。
野球部の監督が発表されたが、なんと
病院に運ぶ時に乗っていた運転手、
しかも春華の兄、富士夫(的場浩司)だった。

春華って、すごくお金持ちの女の子みたいですね。
全然そんなそぶりは見せないんですが。

二学期が始まったある日、ひかり(市川由衣)は、
英雄(田中幸太郎)が、佐川周二(北条隆博)に
お金を渡しているところを見てしまう。
英雄は、6年ぶりに会ってお金を貸しただけだというが
ひかりは、不安を覚える。
数日後、ひかりが、英雄のところに行くと
佐川が来ていて
「あいつは、なんでも聞いてくれるんだよな」
と、なにやら過去に会った様子。
怖くなったひかりは、部屋を出ようとするが
佐川は、それを制して・・

ちょうどその時、比呂と敦(中尾明廣)が来て
佐川、比呂、敦は、火花を散らしたのだった。

比呂は、英雄に佐川との過去にあった出来事を聞く。
佐川も野球をしていて、佐川の兄は、野球選手として
2人の憧れだった。
ある日、英雄が信号を渡るときに帽子が飛ばされ
それを拾おうとした時に車が。
佐川兄がかばって、肩を痛める。
そのせいで、野球は、できなくなり、学校も中退。
家も引っ越したそうだ。
英雄は、そのことをずっと引きずっていた。

比呂は、佐川にある条件をつけて勝負することに。
負けたら、英雄から手を引くこと。
勝負は、比呂が1球でも、打たれたら負けである。

足がまだ完全に治癒してない比呂。
春華は、病院に行く約束をしてたのに
行方不明な比呂を探していた。
敦からの連絡を受けて、見守る春華、敦、ひかり。
勝負は、危ないところもあったが
一球も打たせずに比呂は勝つことができた。

「おまえ、そうとう野球好きだろ」

比呂が、佐川に言った言葉。
野球好きなら、通じるものがあったんだろうね。

その後、比呂は、絶対安静のため秋の大会には出られず。
秋の大会は、明和一高が、優勝。
そして、16歳の春。
2度目の夏を迎える。
野球部には、率先力になりそうな1年生も
入ってきていた・・・。

これ、原作知ってる人は、2度楽しめていいですよね。
所々、飼っている犬の名前が「パンチ」だったり
本棚に並んでいるマンガが「タッチ」だったり
随所にツボ?が隠されてましたが
原作者ファンの方なら、もっと見つけられたかも?

よかったらプチっとお願いします☆







posted by まりこ(^▽^) at 14:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2005年(1月〜3月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。