Top 医龍 >医龍 第四話 「教授が患者を殺す」
2006年05月05日

医龍 第四話 「教授が患者を殺す」

加藤は、野口教授に、朝田が藤吉の娘を切らなかったこと、
先だっての弓部大動脈置換手術にライバル校・北日本大学助教授の霧島軍司が執刀し、短時間で成功させたことを野口教授(岸部一徳)に問いただされていた。
「きみには荷重かったかな・・」と野口は加藤につぶやく。
加藤は、「1ヶ月のうちにバチスタを切らせて見せます」と宣言する。

伊集院が歩いていると女の子が立ち止まっていた
その女の子は、額から出血をしており、気づいた伊集院は、
「僕は、この近くの医者です!僕が運びます!」と女の子を抱きかかえる。

女の子は、頭の傷で2針縫うケガだった。
伊集院が処置しようとすると、そこに朝田がやってくる。
朝田は、頭部の怪我を見ると
「すぐ治るからね」と頭皮にガーゼを当て、女の子の髪の毛で外科結びをした。
朝田は、女の子の母親に3日後にガーゼを取り替えるので
それまではシャンプーを控えるように注意する。

外科結び
結び方が書いてあります。

糸結び
いろんな結び方が紹介されてます。

朝田は、女の子の怪我は、圧迫すれば血が止まる程度で
傷が浅い。
頭皮に2針縫うだけで、子供には大きな負担がかかる。
傷口を見て判断しろとアドバイスする。

伊集院は、落ち込んでいた。
また、なぜ自分がバチスタチームに選ばれたのか
側にいたミキにたずねる。
ミキは、心臓外科医にとって一番大事なものはなんだと思う?と聞く。
それは、技術、経験、判断力でもなく
臆病さだという。
一流の心臓外科医は、不安でしょうがない。
いつ患者の状態が変わらないかびくびくしている
怖いから技術を磨く。
それが患者を救うという。

「僕は臆病だけど・・」
ミキは、「大切なのは、自分の臆病さに目を背けない強さよ」という。
「僕にそれが?」
「さあ?」とミキは、帰っていく・・。

伊集院は、ドラゴンのぬいぐるみについている星を見つめ、朝田の言葉を思い出していると
星が一つ落ちてしまう。

そこに木原がやってくる。
伊集院がバチスタチームに入るかどうか悩んでいるのを見て
おまえは、バチスタ手術は、難しいし、失敗したときの捨て駒だといわれる。
また、朝田は、バチスタに失敗しても、ERに行く道がある。
わざわざ手伝っているのは、そういうことだろ?と嫌味をぶつける。

朝田は、ERで荒瀬が、必ず7つ数えて患者を眠らせているのを見る。

鬼頭は、年俸2千万、講師待遇という条件を持って
朝田を本格的にスカウトしてくる。
仕事さえしてくれれば何をしてもよしという鬼頭。
朝田は、無言のままだった。

明真大学病院に一晩に3人のひどい不整脈の患者が運ばれてくる。
朝田は、不審に思いそれぞれの患者の様子を伊集院に聞く。

学生の稲垣は、連日遅くまでの中間テスト勉強のの気晴らしに、CDショップの出口の万引き防止ゲートを通過しようとしたところで、
石田は長時間の麻雀、そして野口は長期のイタリア旅行による疲労が原因と思われた。
3人とも心疾患があり、心臓にペースメーカーを入れていたが、いずれも明真大学付属病院及び、系列病院で使われている同じ会社の最新機種。機種の故障等の報告はなかった。
やがて、運ばれた患者のうち野口と石田は容態が安定し退院するが、はじめに運ばれた稲垣少年だけは脈が安定せず、入院することになる。
朝田は、過去のいくつかのカルテを見ているうち、多くの「心不全」「再入院」の文字を見つけ出す。
担当は、すべて沖という医師だった。

伊集院が稲垣を見守っていると
沖が伊集院に声をかけてくる。
医局は、一つのチームだ。コツコツやれば報われる。
困ったことがあれば相談に乗るからと伊集院を励ます。

医局で、朝田が、ある紙袋を受け取っていると
加藤が、やってくる。
「あなた本気でERにうつるとか考えてないでしょうね。
バチスタ手術1ヶ月後に切るから」と宣言する。
すべては、朝田が、弓部大動脈置換手術を切らなかったからと
責任を押し付けていると朝田は、裏で手を回されてかもしれない・・と話す。

加藤は、霧島と会っていた。
弓部大動脈置換手術の件で霧島に事情を聞く。
霧島は、患者の容態が急変したため北日本大学に運ばれ、やむを得ず自分が執刀した話す。
加藤は、そのせいで、自分は、教授になれない、失態だというと
霧島は、「君は、優秀な外科医だ。オレから離れるな。絶対な・・」と
加藤の肩を抱きしめる。

横浜みらい病院の医師は、
「これからもよろしくお願いしますよ霧島先生」と霧島に
電話をしていた
霧島の部屋の写真には、たくさんの賞状と共に、霧島がミキの肩に手をかけて一緒にうつていた写真が飾られていた。

霧島とミキの関係は?!

朝田は、受け取った紙袋の中の機材を使って、ペースメーカーの電波を調べる。
一つの機種に変化があった。
朝田は、退院した2人の状況を詳しく話してくれと
伊集院に聞く。
そのことから、朝田は、石田が、マージャンをしていた全自動の機械で
野口は、旅行から帰宅して料理を作った際のIHジャーに
稲垣は、CDショップの万引防止ゲートが原因だと見抜く。
すべて微小電磁波が原因だった。
心疾患の原因は、ペースメーカーで
すべて沖という医師によって心不全という言葉で片付けられていた。

伊集院は、その事実を聞き、もう辞めましょうと言い出す。
「朝田先生は、ERでもどこでもいける。
先生にふりまわされるのはまっぴらです。
ここだけの話にしてください」と出ていってしまう。
朝田は、違う機種のペースメーカーを入れ替えないと・・と
つぶやく。

朝田は横浜みらい病院に明真大学の医療工学士の入江を呼び出し
ペースメーカーについて確認する。
やはりかなりの欠陥のある商品だった。
3年以内に故障がないペースメーカーを頼む朝田。
そうでないと、また繰り返し同じ機種が埋め込まれる可能性があったからだった。

伊集院は、稲垣を見舞う。
稲垣は、子供の頃から心臓が悪かったから
急に止まっちゃうじゃじゃいかと
心臓に手を当てて確かめて寝ているという。
「先生、ちょっと側にいてもらっていいですか?」という稲垣
「いいよ」と伊集院は、側に付き添う。

朝田と沖が廊下ですれ違う。
朝田は、
「アンコントロールだ。SP200は、使用中止にしてくれ」と訴える。
沖は、「たった一つの不良品で」と取り合わない。
「不良品が1個じゃなかったら?」
朝田は、カルテをすべて心不全の一言で片付けたことを指摘し
あのペースメーカーは、部良品だとはっきり断言する。
しかし、沖は、あのペースメーカーの開発は野口教授で
自分が臨床レポートを取っている。
あれを否定することは、野口教授を否定すること
おまえにできるのかと問う。

野口にその事実が伝わる。
朝田は、系列の温泉病院に飛ばされてしまう。
ミキは、だまって見送っていた。
その様子を伊集院もみつめる。
ミキは、入江に頼んだ機種が届けば朝田先生が帰ってきたら稲垣くんに植え替えてくれるわと伊集院に話かける。

藤吉は、またひと悶着あったみたいだねと伊集院の元にくる。
自分も3ヶ月後に鹿児島の系列病院に移動させられるので
その前にバチスタ成功させたいと話す。

伊集院は、さっきまで朝田先生を非難していたが
自分は、なにもやらず人のせいにして
先生は、強い・・と自分をせめていた。
それを聞いた藤吉は、
「強くないさ。誰だって強くない
でも、誰かのためなら強くなれる
誰だって強くなれいけど、誰かのために強くなれる
自分を必要としてる人がいれば強くなれる
君も一人じゃない
君を必要としてくれる人はいるんだよ。必ず」

藤吉先生の言葉、いいですね!

伊集院は、悔しさに唇をかみ締める
そこに稲垣が急変。
沖がペースメーカーを入れ替えるという。

オペ室に入ると用意されたものは、ミラーク者のものだった。
持ってきた入江は、「野口教授に逆らうんだよ」と
新しい機種を用意してなかったのだ。
沖が、メスを取る。
看護師が、朝田先生が執刀するといっても
沖は、それをはねつける。

伊集院は、沖の手を止め
「ペースメーカーは渡せません!
これを入れたら患者の体が危ないんです!」と震えながら
止める。

「どきなさい」と沖
「どきません」
「どけ!」
「どきません!」
「なんだついに朝田に洗脳されたのか」

『この子には、僕しかいないんだ』と伊集院は、震えながら訴える

そこにオペ室のドアが開き朝田がやってくる。
「オレの患者に手を出すな。
植め替えはオレがする。ミラーク社は俺は使わない」

「ここをどこだと思っている。大学病院だぞ。日本最高峰の医療機関だぞ。
最高権利の教授に逆らえるのか?」

朝田は、ミラーク社のペースメーカーを落とし
足で踏みつける。

「何をしたかわかってるのか
おまえが踏みつぶしたのは教授そのものなんだぞ」
「それならオレの足の下だ」
「ペースメーカーは、これ一つしかないんだよ
この患者を苦しませておくのか?え?」

そこに藤吉が入ってくる。
藤吉は、メーカーチェックも終わっている
別の社のペースメーカーを手配していた。

「全責任は、オレが持つ。どけ!」と沖をどかす。
稲垣のペースメーカー植え替えは成功する。

その一件は、野口教授の耳へ
「切るしかないねぇ・・彼」をと野口

野口は、朝田らが用意した欠陥ペースメーカーの報告を聞いていた。
「温泉病院に行っている間に調べたの
僕が推薦したのは、不良品だったんだね?
うん。よく報告してくれた。ありがとう」と礼をいうと
矛先は、沖へ。
「沖くん、現場でレポートとってくれたのはよかったよ。
ねえ、沖君。このレポート、但し書きをつけるように言わなかったっけ?」
「は?いや・・」
「まれに微小電磁波による誤作動を起こすので注意されたし、言ったよね?僕は」
「は、はい」
「困るよ 君。メーカーにもっと入念にチェックさせないと。
今の所見を追加してペースメーカー回収させておいて。
・・きみ、きりたんぽすきだったよね?
秋田に一つ系列病院ががある
不良品はよくないね。ペースメーカーも医局医も。
そういうわけで人手も足らなくなるから
朝田先生もどってきて」という野口だった。

加藤は、データ自体の改ざんができないから、追記をさせ
ミラーク社には、初期不良として申請すると教授もメーカー側も傷を負わない。
しかし、教授の選定に忠実に従った沖は、代わりに責任をかぶされ飛ばされたと話す。
野口教授は、天秤をかけバチスタ手術を取った。
それは、近いうちに2人のバチスタ患者のカルテが送られる。
だから、朝田を取ったのだと話す。

伊集院は、朝田に声をかけようとすると
鬼頭が声をかける
「年俸2千万は不満?」

朝田は、「優秀な麻酔医を探している。
オレは、100パーセント手術に集中できる。
ERにいたときから見てた
あいつが欲しい」と荒瀬を欲しがる。

伊集院は、朝田が、屋上でオペをイメージしながら
手を動かすのを見る。

「イメージトレーニングよ」とミキが説明する。
「一流と呼ばれる外科医は脳内に極めてリアルな人体イメージがあって、それを切ることで訓練する。
よほどの集中力と人体に対する理解がないと出来ない業よ。彼は今、バチスタを切っている」

朝田は、伊集院に気づき
「3人だ。今のイメージじゃ、10人中、3人落とすかもしれない。
お前がチームにいれば、2人になるかもしれん。伊集院、このチームには、おまえが必要だ」

『君は一人じゃない
君を必要としてる人はいるんだよ』という藤吉の言葉を思い出す伊集院

伊集院は、取れていたドラゴンの星をにぎりしめ
「お願いします!」と頭を下げた。
ドラゴンのぬいぐるみには、星が3つ並ぶ。

「ついに決まったわ
バチスタ手術の患者が!」と喜ぶ加藤

しかし送られていたカルテを見た加藤の表情が変わる・・

ペースメーカーの話は、リアルでした。
それにしても、不良品だとわかりながら埋め込んでいたなんて
信じられません。
こういう話は、ドラマだけで十分ですね。
ミラーク社のペースメーカーを踏み潰した朝田、かっこよかったです。

ようやくバチスタチームに入ることを決意したした伊集院。
彼は、また一つ一つこなしながら大きくなっていくんでしょうね。

早くもバチスタ患者が運ばれてくるようです。
その患者は、加藤の知り合いのようですね・・。


ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

視聴率
14.1→14.1→14.1
「弁護士のくず」
14.1→11.9


バチスタ手術を説明したサイト様
拡張型心筋症の治療方法
バチスタ手術の体験記もあります。

関連記事
第一話|第二話|第三話

キャスト
朝田龍太郎 (33)坂口憲二…天才外科医
加藤  晶 (35)稲森いずみ…野心的な助教授
伊集院 登 (26)小池徹平…朝田の影響を受けていく実直な研修医
霧島 軍司 (39)北村一輝…朝田のライバル・胸部心臓外科助教授
荒瀬 門次 (34)阿部サダヲ…麻酔でラリっても腕は確かな麻酔医
里原 ミキ (25)水川あさみ…優れた医療知識と腕を持つ天才看護師
木原 毅彦 (35)池田鉄洋…バチスタチームを邪魔する助手
藤吉 圭介 (38)佐々木蔵之介…患者を思うあまりトラブル多い内科医
鬼頭 笙子 (45)夏木マリ…朝田を救急救命部に引き抜こうとする教授
野口 賢雄 (59)岸部一徳…大学総長の座を狙う胸部心臓外科教授

医龍-Team Medical Dragon-
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

原作のネタバレがちょっとあります。

医龍で使われているシューズです^^
TVドラマ「医龍」提供商品軽くてやわらかい! やわらかシューズ1

原作です。
医龍 11―Team Medical Dragon (11)
医龍 11―Team Medical Dragon (11)乃木坂 太郎 永井 明

小学館 2006-03-30
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
医龍 10―Team Medical Dragon (10) 医龍―Team Medical Dragon (9) 医龍―Team Medical Dragon (8) 医龍―Team Medical Dragon (7) PLUTO 3―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (3)


主題歌です。
B000EMS5GABelieve
AI Rain(ピ) Trey Songz
ユニバーサル・シグマ 2006-04-19

by G-Tools



         












posted by まりこ(^▽^) at 17:09 | 東京 ☁ | Comment(10) | TrackBack(18) | 医龍 | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
こんにちは!
おっしゃる通りで、不良品だと分かっていて
使い続けていたのが許せませんでした。
ほんと、ドラマだけで十分!

微小電磁波の影響源が多々存在するのも分かりました。
身近な物といえば、携帯電話やパソコンかな。
気を付けなければ・・・。
Posted by ads(あず) at 2006年05月05日 22:45
こんにちは!

ペースメーカーの不良品は
ホント、許せませんよね。
少年の苦しそうな姿を見たら、涙が出そうでしたから。。

伊集院の成長は応援したくなりますね!
今後もよろしくお願いします。
Posted by ルル at 2006年05月05日 22:50
まりこさん、こんにちは。
藤吉先生の言葉、伊集院に効いたみたいですね(^_^)
次のバチスタメンバーには麻酔科医の荒瀬が指名されたようですが、
すんなり加入してくれるんでしょうかね?
来週も楽しみです。
Posted by ミマム at 2006年05月06日 12:04
こんばんわ。
ホント、こういう話はドラマだけで充分ですね。
大学病院に行くのが恐くなります(^_^;)
バチスタ患者は加藤の母親。。。?
手術が失敗するとか予告で言っていたような。。。
気になりますね。
Posted by くう at 2006年05月06日 21:45
TBありがとうございました。
データの収集など、大事なことだと思います。
ただ、だからこそ謙虚に取り組んでほしいです。
…病院の医者だってまた人間。いつ何時、立場が逆転するとも限らないのだし。…某財前教授のように。
ドラマと原作で、設定の変更があるので、
大体の筋は知っていても、どう展開するのか、
気になります。
Posted by スイ at 2006年05月07日 22:11
あずさんへ
不良品だとわかっていながら使い続けるなんて許せませんね!
でも、身近に微小電磁波があることは事実で、気をつけなきゃいけないですね。
Posted by まりこ(^▽^) at 2006年05月08日 06:23
ルルさんへ
ペースメーカーの不良は、許せないですよね。
稲垣少年が、ほんとにつらそうでした。
伊集院の成長応援したいですね。
こちらこそよろしくお願いします!
Posted by まりこ(^▽^) at 2006年05月08日 06:47
ミマムさんへ
藤吉先生の言葉、伊集院に響いたみたいですね。
伊集院が、バチスタ入りを決意してくれてよかったです。
麻酔医の荒瀬をどうやってバチスタに入れるのか
今からワクワクしてます(笑)
Posted by まりこ(^▽^) at 2006年05月08日 06:54
くうさんへ
大学病院にいくのが怖くなりますね・・
バチスタ患者は、加藤に関係する人物なのは
確かみたいです。
成功率の低い手術なだけに、いくら朝田でも
心配ですね・・。
Posted by まりこ(^▽^) at 2006年05月08日 06:57
スイさんへ
こちらこそ、コメント・TBありがとうございます。
データーの収集も大切ですが、やはり悪魔に心を奪われてはいけないですね・・。
スイさんは原作を知っていらっしゃるんですね。
私も大体のあらすじ?と聞いてきたので、少し知ってるんですが、まだ連載中だけに
どう話が転ぶかわからない楽しみがありますね。
Posted by まりこ(^▽^) at 2006年05月08日 07:00
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


医龍 Team Medical Dragon・第4話
Excerpt: 初回話から14.1%続きの視聴率だけど、
Weblog: あずスタ
Tracked: 2006-05-05 22:41

医龍(4)
Excerpt: 今週は、野球延長で放送時間が遅れたので「弁護士のくず」を優先。医龍は、さっき録画で見てみました一晩に3人もの不整脈の患者が運ばれて来て不審に思った朝田は、原因をつき止めよ
Weblog: ドラ☆カフェ
Tracked: 2006-05-05 22:46

【ドラマ雑感】医龍-Team Medical Dragon- KARTE:04 「教授が患者を殺す」
Excerpt:  医龍 -Team Medical Dragon- (第4話/全11回)「教授が患者を殺す」◇当直中の龍太郎(坂口憲二)と伊集院(小池徹平)のもとに不整脈を起こして倒れた少年が運ばれてくる。処置は無事..
Weblog: 気ままなNotes...
Tracked: 2006-05-06 00:11

医龍 第4話
Excerpt: 野口教授こわーい ((( ;゚Д゚))) …見ようによっては、ラストの龍太郎も怖...
Weblog: まいにちおきらく!
Tracked: 2006-05-06 01:09

医龍 第4話
Excerpt: おっと、前回のことで追い詰められてますよ彼女。 一発逆転はあるのでしょうか、そんな4話をレビュー。 一応バチスタの勉強をはじめつつも、どうも自信のなさげな伊集院。 まぁ、..
Weblog: 吼えろ!医療特撮系ブログ!
Tracked: 2006-05-06 11:13

『医龍 Team Medical Dragon』第4回感想?
Excerpt: まったく予想してなかった、伊集院Part2でした。 感想という意味では一番書きにくいドラマなのかもしれん。
Weblog: つれづれなる・・・日記?
Tracked: 2006-05-06 11:24

医龍 4
Excerpt: 野口教授は、悪いねぇーーーー。 大学病院っつうのは実際にああいう教授がいるのだろうか? 久しぶりに袴田さん!と思ったらかわいそうに・・・。 でも今回のチームドラゴンはかっこよかった! 迷え..
Weblog: ひ と り ご と
Tracked: 2006-05-06 11:26

医龍 第4話
Excerpt: 今度は「きりたんぽで秋田へGO!」ですか、野口教授 「彼をきる」って教授が言った時には龍太郎がいよいよ…と思っちゃいましたが 教授に忠実だった沖先生@袴田くんのほうが飛ばされ
Weblog: 塩ひとつまみ
Tracked: 2006-05-06 11:59

医龍 第4話
Excerpt: 今回は荒瀬のことが中心かなと思ったら、全然でしたね。 ほとんどからみなし。 でも今回でチームドラゴンの一員ってことになるんですかね。 今回も、伊集院にはイラつきました。 いいかげんにしろ!って..
Weblog: こあくまパパの生活
Tracked: 2006-05-06 13:28

『医龍』 Team Medical Dragon 第4話
Excerpt: 龍ちゃん(朝田龍太郎:坂口憲二)は伊集院君(小池徹平)をほんと必要としているんですね (*^-^)ゞ 敬礼♪ 一人一人を必要としている事の大切さを改めて教えてもらった今回のエピソード! O..
Weblog: レジェンド オブ ウルトラマン(*^-^)ゞNプロジェクト(o`・ω・)ゞ
Tracked: 2006-05-06 13:35

「医龍」4
Excerpt: こんにちは。 「医龍」4話をみました。 今回も伊集院にいらいらさせられた。 じれったいのだ・・ もっとシャキッとしてくれ~~!!! あらすじと感想を書きました。
Weblog: 雅日記
Tracked: 2006-05-06 14:48

ドラマ「医龍‐Team Medical Dragon‐」第4話 感想。
Excerpt: 第4話「教授が患者を殺す」 ――なら教授は、俺の足の下でぺちゃんこだな。 野球の所為で、15分繰り下がりで始まりました、第4話。 今回はペースメーカーのお話。第2巻収録のエピソードになり..
Weblog: 夢の日々。
Tracked: 2006-05-06 16:28

医龍−教授が患者を殺す−(05/04)
Excerpt: 今回の,医龍−教授が患者を殺す−は,野口教授が顧問となって開発されたIRAHK社のペースメーカーの誤動作にからむ話。データをとった沖(袴田吉彦)がバチスタ手術に必要な朝田(坂口憲二)とはかりにかけられ..
Weblog: まあぼの交差点
Tracked: 2006-05-06 17:15

医龍 Karte04
Excerpt: 『教授が患者を殺す』 当直中の朝田龍太郎(坂口憲二)や伊集院登(小池徹平)のもとに、 不整脈を起こして倒れた少年が運ばれてくる。 処置は無事に済むが、さらにそこへ2人の患者が不整脈で 運ばれてきた。..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2006-05-06 18:02

ドラマ『医龍』第4話
Excerpt: 今朝、『とくだね』で小倉さんが猛プッシュしてましたが。。ドラマ 『医龍 TeamMedicalDragon』 第4話 「教授が患者を殺す」  ◆キャスト◆朝田龍太郎(33) … 坂口憲二加藤晶  (3..
Weblog: strの気になるドラマ気になるコト
Tracked: 2006-05-06 20:44

【医龍】第4話
Excerpt: バチスタチームのメンバーに選ばれた事に自信を持てない研修医・伊集院。バチスタメンバーにお前が選ばれたのは、失敗した時の捨て駒だな。と、先輩医師に言われ。朝田はERに移籍すると言われ。。。医局のしがらみ..
Weblog: 見取り八段・実0段
Tracked: 2006-05-06 21:30

『医龍』第4話
Excerpt: 今週の医龍は、野口教授の    怖さ倍増 彼は、人間的に恐ろしいお方でございます。 (って、何故に丁寧口調?)
Weblog: あれこれ日記
Tracked: 2006-05-07 01:12

医龍 チームメディカルドラゴン完成(・・?
Excerpt: 前回3人目の仲間藤吉が加わって ますます好調のチーム・メディカル・ドラゴン… しかしラスボスチックな霧島は 龍太郎以上の技術をもった 「ゴッドハンド」だった…( ̄▽ ̄;) はたし..
Weblog: zenの日記
Tracked: 2006-05-07 11:07
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。