Top 2005年(1月〜3月) >「救命病棟24時」第3回
2005年01月26日

「救命病棟24時」第3回

震災後、混乱が続く東京。
商店街は、めちゃくちゃ、河野院長の妻敬子(山口美也子)は
まだ見つかってなかった。

寺泉議員(仲村トオル)の妻、香織(渡辺典子)は
助け出されたものの
長時間冷蔵庫で圧迫されたため
クラッシュ症候群の疑いが持たれる。

河野医院では、進藤先生、河野先生と共に
治療を進めていたが、すでに薬も縫う糸もなくなってしまっていた。
救いたい思い。
でも、何もできない不甲斐なさ。
その時、河野医院の医大生の息子、和也(小栗旬)が
母親敬子を背負って戻ってきた。
母は、瓦礫の下敷きになっているところを
助け出されたのだ。
進藤先生は、敬子の足を見て
クラッシュ症候群の疑いがあるので
大きな病院に移したほうがいいと伝える。

【クラッシュ症候群】
家屋の下敷きなどで長時間、太ももなどが圧迫され、血液の流れが阻害されて起こる。
救出時は外傷がないようにみえるが、圧迫で壊れた筋肉で有毒物質が発生。
救出後に血液循環が回復すると、全身に流れ急速に症状が悪化、心不全や急性じん不全などを招く。
参考資料 http://www.kitanet.com/weekly12.html

進藤先生も言ってましたが、
阪神淡路大震災でも、とても発症した人が多かったそうです。
助け出された当初は、意識もあり見た目は、とても元気そうなのですが・・。

寺泉は、娘千尋が無事なのを確認すると
官邸に向かう。
官僚の何人かが、亡くなって臨時閣議ができるからだ。

病院では、まだ一人トリアージに対応しきれずにいる
人物がいた。
研修医、河野純介(川岡大次郎)。
次々と息を引きとっていく患者を見て、混乱。

「助かる可能性がある人を助けなければならない。
でも、来た人が自分の大事な人だったら?」

究極の選択でしょうね・・。
でも、医師たちは、自分の家族の心配を置いて
病院に残り続けます。

東都中央病院。
寺泉の妻、香織の容態は、少しずつ悪化。
もし、カリウム濃度の数値が6を超えていると
1時間もたない。
検査結果は、数値の6を既に超えている。
搬送しなくてはいけない。
でも、この混乱した状況で車も出せるはずがない。
患者は、続々と送られてくる。
パニックになる楓。

「誰か来て・・!」

進藤先生が病院に入ってくるのが見えた。

ようやく進藤先生と楓が会うことに。
進藤先生は、同じクラッシュ症候群の
河野先生の妻、敬子を連れてきていた。

一刻も早く、人口透析をしなくてはいけない・・!

首相官邸。
誇らしげに歩く寺泉。
寺泉は、ポストが上がる。
そんな中、病院から電話が。
妻香織の容態が悪化。
緊急搬送の患者が2名。
進藤先生が、ヘリを出せないかと要請。
寺泉は、
「無理だ。自分たちでなんとかしてくれ
患者を助けるのが、あんたたちの仕事だろう」

しかし、その重症患者のうち1名が香織だと知ると
一変。

人工透析には、たくさんの水が必要。
しかし、病院の貯水タンクは、使えない。
ヘリポートは屋上にある。
みんなで、河野先生の妻、敬子と寺泉の妻、香織を
階段で屋上まで運ぶ。

寺泉は、とても困惑していた。

敬子は、屋上までついてくるという
息子の純平を断る。
お父さんも病院に残っている。
医者は、みんな現場へ残っていることを伝える。

香織は、ずっと引っかかっていることがあった。

「彼が、私と結婚したのは、私の父の地位が欲しかっただけ
ごめんね・・こんなパパとママで・・」

娘の千尋につぶやく香織。

ヘリは、果たして飛んでくるのだろうか。

寺泉は、なんとか自衛隊のヘリを動かせないかと要請。
でも、自分の妻が重症患者だと伝えても
「自分のことは自分でなさってください」の一点張り。

この辺は、みんな自分のことしか考えていないことがわかる。
きっとこの官僚も、もし自分の家族が重症患者だったら
きっと寺泉と同じことをしていただろうに・・。

屋上までの階段は、長い。
エレベーターが使えないので、数人で
患者を寝かせた状態で運んでいる。
後ろから付いてきている千尋。

「お父さんがお母さんを助けてくれるって信じているんです」
進藤先生が励ます。
そして、病院内に、ヘリのプロペラ音が響いた・・!!

ヘリは、到着。
再会に喜ぶ香織。
「オレは、政治家の娘じゃなくても、おまえと結婚した」
きっと、今までのわだかまりが溶けたに違いない
瞬間だった。

進藤先生には
「他にも搬送患者がいたら、ここにあげとけ」と投げセリフ。

ヘリは、患者を乗せて飛び立っていった。

地震3日後。
病院内は、落ちつきを取り戻しつつあった。
そんな中、家族のもとに帰っていた
看護師、大友(MEGUMI)が戻ってきた。

「すみませんでした。大事なときに逃げ出して」

楓は優しく迎える。
「家族は、無事だった?着替えてきて」

病院内では、地震直前に運ばれていた、ヤジさんが
意識を取り戻す。
明るい笑い声が響いた。

外では、医局長が家族に電話。
「・・パパは大変なことなんて全然ないよ。
・・まだ帰れないよ。・・ごめんな・・
・・パパお医者さんだから・・」

目には涙が光ってました。
黒木先生だって、帰りたかったに違いない。
不安に押しつぶされそうになりながら
家族の声を聞いて、安心したのも
あったかな。
医師だって、人間。
でも、こういうお医者様には、本当に頭が下がります。

進藤先生と楓。
患者の治療を行いながら

「こんな時、不謹慎なんですけど
先生とまだ仕事できると思いませんでした。
彼がどれだけ大切な人かわかりました。
やれること全部やったらシアトルにいきます」

進藤先生は、聞いているだけだった。

楓の携帯が鳴る。
留守番電話には、婚約者加賀の安否の知らせが入る。
入院は、したものの、すぐ来て欲しい
容態を知らせるところで
携帯は、切れた。

今回もハラハラでした。
患者が殺到するのは、最初の48時間と進藤先生が
話していたけど、少しずつ落ちついてくるのかな。
加賀の容態も心配。
でも、生きていることがわかっただけでもよかった。
予告の

「大切な人を守るためなら
ただの人になってもいいんじゃないか?」

楓の選択は?
加賀を救うことはできるんだろうか・・。

よかったらプチっとお願いします☆




posted by まりこ(^▽^) at 04:25 | 東京 ☁ | Comment(5) | TrackBack(7) | 2005年(1月〜3月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
こんにちわぁ。
gttですミャ〜★。
昨日は帰宅して「救命病棟」の最後の15分だけ見ましたけど、全く意味が分かりませんでしたミャ!
その後、「みんな昔は子供だった」を見ましたガー。
あんまり感動的ではないけど、なんか「優しい時間」テイストのドラマですミャ★
Posted by gtt at 2005年01月26日 14:18
gttさん こんにちは!
「みんな昔は子供だった」見てますよ。
どちらかというと「優しい時間」に
似てるかもしれないですね。
なんだかのんびりした気持ちになれるドラマだと思います♪
Posted by まりこ at 2005年01月26日 16:35
まりこさん、こんばんは。

進藤先生と寺泉が、思ったよりも早く
和解したようで意外でした。(笑)
これから良き協力者となっていくのかな。

こちらからもTBさせていただきますね!
Posted by ちーず at 2005年01月26日 19:11
まりこさん、こんばんわ。

加賀は生きていましたね!(^-^;
でも結構重症?みたいで・・・
今後、楓が自分の手で助けようとするのかな??
Posted by ミウミウ at 2005年01月26日 22:32
ちーずさんへ
そういえば、ほんとに寺泉と和解した
感じでしたね(笑)
これからは、政治側と医療側で協力しあえたら
いいな。

ミウミウさんへ
加賀は、かろうじて生きていたけど
助かってくれますよね?
でも、加賀が助かれば、楓は
シアトルか・・などと考えてしまう
不謹慎?な私です(^_^;)


Posted by まりこ at 2005年01月27日 13:35
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


救命病棟24時 第3話
Excerpt: 第3話 思ったより淡々と流れましたね。   でも東都中央病院に進藤先生が現れた時、   ウルウル きました。     クラッシュ症候群怖いですね。..
Weblog: maruのブログ
Tracked: 2005-01-26 07:48

救命病棟24時「ヘリが運んだ夫婦の愛!」
Excerpt:  救命病棟24時の第2話は、「クラッシュ(挫滅)症候群」がテーマでした。クラッシ
Weblog: Yuuya's Notelet
Tracked: 2005-01-26 08:38

救命病棟24時第3シリーズ#03
Excerpt: 第3話「ヘリが運んだ夫婦の愛!」 地震発生から一夜… 河野医院…医薬品が底を尽き患者を近所の救護所に向かわせることに。 東都中央病院…『災害時医療情報』サイトに  患者の受け入れを表明したところ..
Weblog: D.D.のたわごと
Tracked: 2005-01-26 17:43

救命病棟24時 第3話『ヘリが運んだ夫婦の愛!』
Excerpt: 地震発生後、2日目。 ようやく繋がったPCに、医局長・黒木(香川照之)は病院への 受け入れ人数を書き入れ、「心を鬼にする覚悟で。」と 婦長に話す。 自殺未遂で運ばれていた小久保紗英(井上真央)が意識..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2005-01-26 19:00

「救命病棟24時」第3回
Excerpt: 冒頭で、地震が起こった時の事を振り返るシーンがありました。これは何回見ても、すご
Weblog: 喫茶ミウミウ
Tracked: 2005-01-26 22:30

救命病棟24時の第3回を見た!
Excerpt: 救命病棟24時シリーズなんですが、私は第1シリーズを見てませんでした。第2シリーズはちょっと見た記憶があります。(松雪泰子と伊藤英明が出てた奴ですよね、あと雨上がりの宮迫) 第3シリーズがスタートし..
Weblog: 日々見聞きしたもの。
Tracked: 2005-01-27 20:08

救命病棟24時 第3話
Excerpt: ようやく昨日、ヤツと見ることができましたよ・・・ 今回の第3話は、全2話と違ってなんかちょっと穏やかな空気が流れてた 気がするなぁ・・・と思ってると、どうやら演出の人が違ったらしい。。。 ..
Weblog: okameの目
Tracked: 2005-01-28 13:38
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。