Top 2010年(4月〜6月) >絶対零度 第七話「光と闇〜IT社長殺人事」件」
2010年05月26日

絶対零度 第七話「光と闇〜IT社長殺人事」件」

4年前に起きた殺人事件の公判へ来ていた桜木泉(上戸彩)、倉田工(杉本哲太)、白石晋太郎(中原丈雄)は、被告の木戸聡史(野中隆光)が犯行を否定する発言に驚愕する。

2006年、会社社長・桝山一弘(松尾敏伸)が何者かに殺害される事件が起きた。
桝山は強引な買収を繰り返していたため怨恨の動機を持った容疑者は多数あがったものの、犯人逮捕に至らずに未解決事件になっていた。
そして2ヶ月前、事件の第一発見者で桝山の元秘書だった吉岡知加子(神農幸)から新たな情報提供があり、4係が再捜査をすることに。
容疑者で、当時被害者の会社で警備をしていた木戸聡史は、倉田の根強い取り調べにより犯行を自白。
しかし、木戸は公判で供述を一変。
証拠となった被害者の腕時計を持っていたのは知人だったからであり、弁護人の黒崎勝彦(小須田康人)も自白は不当な取り調べにより強要されたものだと訴える。

再々捜査が始まった。吉岡からの証言で、大人気キャラクター「ユメちゃん」の権利を持つ会社の買収が不自然に立ち消えになっていたことがわかった。
さらに、元会計主任で桝山の死後に社長に就任した横山茂人(三浦誠己)の証言では、桝山は急性骨髄性白血病を患っていて、骨髄バンク登録後わずか3ヶ月でドナーが現れたことで金で買ったのではないかと噂があったことも判明。
いずれにしても桝山には金にまつわる悪い話しか聞こえてこなかった。
泉は桝山が書きかけて保存していた自叙伝を読み、会社は友人・真野誠一と立ち上げたものだとわかった。

科捜研の調べで、凶器として使われた、桝山の趣味で集めていた古美術品のナイフが贋作であることがわかった。
桝山や横山が脱税のために贋作を買っていた可能性を調べ始める4係。
一方、泉は真野を訪ね、桝山が殺される2週間前に真野が営むパン屋に来ていたことを知る。
経営方針の違いから決別し、桝山の強引な手口に怒っていた真野は冷たくあしらい、そのまま別れたという。
さらに、泉は桝山が自分のドナーとなった人物の娘を知り、身元を隠して文通していたことを発見。
「ユメちゃん」買収の話は、その子と文通するために持っていた便箋を見られたことでとっさに言ったカムフラージュだった。
さらなる捜査で、桝山が懇意にしていた古美術商と木戸が努めていた警備会社は暴力団・大和会につながっていて、木戸はその準構成員であることが判明。

取調べのために横川が警察に呼ばれた。
本人や身内の安全を約束したうえで真実を話し始めた横川。
会社の資金繰りに困っていた桝山にたくみに近づき資金提供をした大和会は、その後も横川をも巻き込んで金を脅し続けていた。
文通により心を入れ替えようとしていた桝山だったが、その動きに気付いた木戸に殺されたのだった。
2度目の裁判では、裏で大和会とつながっている黒崎も木戸を見捨てたことで木戸が犯人であることが証明された。
裁判を見届けた泉は、真野のところへ行き、桝山が謝ろうとしていたことを告げた。
真野は、
「あの頃には戻れませんよ。
お互い別の人生を歩んだんです。
あの頃にはどうやったって戻れない。
それに今となっては戻りたくても戻れない
あいつはこの世にいない。
伝えてくれてありがとうございました
あのとき幸せかって笑った桝山の顔
一生忘れられそうもありませんよ」といい・・。

※※
見終わったあと、なんともせつなさが残りました。
お金に執着していた桝山ですが
ドナーの娘と文通することによって変わろうとしていましたが
殺害されてしまう事実。
室長の
『大事なものは失ってから見つかることが多い
変わろうと決心した瞬間になくなることもある』という
言葉が重かったです。

ドラマ内で、以前からちょこちょこ出ている杉並女子高生殺人事件のファイル。
室長や、高峰さんあたりがかかわってたのでしょうか。
気になります。


引用元…絶対零度〜未解決事件特命捜査〜 公式HP
絶対零度〜未解決事件特命捜査Wikipedia

視聴率
18.0→14.5→15.5→12.9→14.7→14.8→12.7

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

音楽
オープニングテーマ - LOVE PSYCHEDELICO 「Shadow behind」(Victor Entertainment Inc.)
メインテーマ - LOVE PSYCHEDELICO 「Dry Town 〜Theme of Zero〜」(Victor Entertainment Inc.)



関連記事
絶対零度 第一話
絶対零度 第ニ話
絶対零度 第三話
絶対零度 第四話
絶対零度 第五話
絶対零度 第六話

キャスト
レギュラー
警視庁捜査一課特命捜査対策室特命捜査第4係
桜木 泉(25) - 上戸彩
巡査部長。小さい頃に両親が離婚し、母親に育てられた。長嶋からは「カメ」と呼ばれている。
塚本 圭吾(38) - 宮迫博之(雨上がり決死隊)
巡査部長。元機動捜査隊。
高峰 涼子(35) - 山口紗弥加
警部補主任。元プロファイラーだが、ある事件を機に辞め、刑事に戻っている。
深沢 ユウキ(32) - 丸山智己
警部主任。
白石 晋太郎(58) - 中原丈雄
巡査部長。叩き上げの刑事。
倉田 工(45) - 杉本哲太
上席警部・特命捜査対策室係長。
長嶋 秀夫(56) - 北大路欣也
警視・特命捜査対策室室長。
警視庁科学捜査研究所
大森 紗英(31) - 北川弘美
法医学・化学担当。
竹林 匠(27) - 木村了
物理科学担当。
秋山 透 - 南圭介
DNA・微物鑑定担当。
警視庁第2分庁舎
道尾 行成 - 永田彬
新人警察官。運動音痴。
三井 朋美 - 齋藤めぐみ
職員。 
その他
泉の母親(声) - 兎本有紀

ゲスト
桝山一弘 - 松尾敏伸
IT企業・フューチャーステップス社長。強引な企業買収で会社を拡大してきた。2005年、急性骨髄性白血病と診断されるも、3ヵ月後にドナーが見つかり骨髄移植を受ける。その後偽名を使って、ドナーの娘である千尋と3ヶ月間、文通をしていた。
横川茂人 - 三浦誠己
フューチャーステップスの会計主任。桝川の死後、社長に就任。
吉岡知加子 - 神農幸
桝川の秘書。
木戸聡史 - 野中隆光
青山警備保障の警備員。事件当時、フューチャーステップスの警備をしていたが、桝川の殺人容疑で逮捕される。桝川とは顔見知り。
高木英男 - 隈部洋平
六本木IT会社社長殺人事件の担当検事。
黒崎勝彦 - 小須田康人
木戸の弁護人。青山警備保障の顧問弁護士。
真野誠一 - 大橋智和
桝川の元友人で、フューチャーステップス設立当時の社員。桝川と意見が対立し会社を追われた後、恵里とパンの移動販売をしている。
真野恵里 - 佐藤綾
真野の妻。
安藤千尋 - 近藤里沙
佐希子の娘。父親が桝山の骨髄移植のドナーとなったが、交通事故で亡くなった。
安藤佐希子 - 松元夢子
千尋の母。何者かに1000万円をポストに入れられるが、不審に思い警察に届け出た。
田中和彦 - 木川淳一
桝川と木戸がよく通っていたバーの店長。

スタッフ
脚本:酒井雅秋、浜田秀哉
音楽:林ゆうき
演出:村上正典(共同テレビ)、岩田和行(共同テレビ)
企画:成河広明(フジテレビ)
プロデューサー:森安彩(共同テレビ)
アソシエイトプロデューサー:瀧山麻土香(フジテレビ)
美術プロデュース:杉川廣明
デザイン:山本修身
協力:法科学鑑定研究所
警察監修:杢尾尭
科学捜査監修:山崎昭(法科学鑑定研究所)
音楽協力:フジパシフィック音楽出版
制作協力:ベイシス、フジアール、バスク
制作:共同テレビ・フジテレビ

posted by まりこ(^▽^) at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(4月〜6月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/151183713
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。