Top 2010年(4月〜6月) >ジェネラル・ルージュの凱旋 第七話「中毒」
2010年05月19日

ジェネラル・ルージュの凱旋 第七話「中毒」

勅使河原聖也という源氏名でホストクラブに勤める鈴木浩(八神蓮)が接客中に意識を失った。
血中アルコール濃度が高かったことから、和泉(加藤あい)らは急性アルコール中毒と診断。
だが、聖也に付き添ってきた客の下村理沙子(末永遥)は、酔い潰れるほど酒は飲んでいなかったはずだと不審がる。

同じ頃、東城医大に糖尿病で通院中の老人・寺内昭三(でんでん)が搬送されてきた。
昭三は腰痛を訴えていたが、自分の足で歩けるほど元気な様子。
どうやら、病院に向かうタクシー代わりに救急車を呼びつけたらしい。
ICUに入院させろと騒ぎ立てる寺内。田口(伊藤淳史)が断ろうとすると、怒り出した寺内は鴨志田(本田博太郎)と自分の関係をちらつかせ、「先生に頼んだらお前なんか一発でクビだ」と言い放つ。

内科の担当医から寺内の扱いに注意しろと警告を受けた田口は、腑に落ちないながらもICUで寺内の面倒を見ることに。
このことを田口から聞かされた白鳥(仲村トオル)は、寺内と鴨志田の関係に興味を抱く。

そんなとき、事務長の三船大介(利重剛)が白鳥に、速水(西島秀俊)の不正を暴く証拠は見つかったのかと声をかけてきた。
速水の排除を目論む三船は、応急処置や短期入院では対応できない心筋梗塞などの重篤な患者を扱う“三次救急”を廃止するつもりだと断言。
あらゆる患者を受け入れ、検査や薬品に莫大な金を使う速水のやり方では赤字がかさむばかりで、このままでは東城医大の経営が破綻しかねないと速水を疎ましく思っていたのだ。

翌日、佐藤(木下隆行)はこのところ頻繁に速水を訪ねてくる佐々木(堀部圭亮)の姿を見かけて複雑な表情に。
速水がメディカル・アソート社から金を受け取っているという噂を佐藤の耳に入れた長谷川(戸次重幸)に「それ、誰にもしゃべってないよな?」と釘を刺す。
同じ頃、寺内から話を聞こうとICUに勝手に入り込む白鳥。
寺内が鴨志田の地元の支援者であることを聞き出すが、割って入った花房(白石美帆)にとがめられ、追い出されてしまう。

一方、聖也は順調に回復し、理沙子に付き添われて退院。
ところが、自宅マンションに戻ると突然錯乱状態に陥り、理沙子の制止を振り切ってベランダから飛び降りようとする異常な行動を示し 再び東城医大に運び込まれた。
その対応に追われる中、新たな患者の受け入れ要請が。

満床にもかかわらず、受け入れろと無理を言う速水にカッとなった佐藤は「いい加減にしてください!」と声を荒らげ、初めて速水に逆らって要請を断る。

「佐藤先生まで怒らせちゃって」と
白鳥は、速水の元にいた。

佐藤ちゃんは、従順すぎる。
外部との交渉能力は長けてるがそれが欠点。
その欠点を長谷川が埋めており、二人は、いいバランスを取っている。
和泉は、救命一筋で、切り替えも早い。
花房は、全体をよくわかっている。
師長として最高の人材。
多少の無理な指示も断らないと分析する速見に
白鳥は、
「ここからそうやって自分がいなくなったときの
救命を見ていたのか」と
指摘する。
そこに佐藤がやってくる。

「言いたいことがあるんじゃないのか」と促す白鳥。
佐藤は、メディカル・アソートと何をしているのか、
速水の部屋で患者名の入ってないデーターを見たが
誰の何を調べてるか問い詰めるが
速水は「別に」と答えようとせず
佐藤は「10年先生の下で働いてきたのに
俺、そこまで信用できませんか!」と激怒。
興奮し、体調不足もたたって倒れてしまう。

速水は、佐藤が倒れた傍でも
聖也の検査結果を気にする。
薬物反応などでなかったが、長谷川もその速水の態度の激怒していた。

佐藤が目を覚ます。
傍には、速水がいた。
佐藤は、さっきの発言を謝るが
速水は、本音だろ。だったら謝るな。
今日は休めとねぎらった。

廊下では花房が待っていた。
「この10年で初めてだな。
佐藤ちゃんが真っ向から反論してきたの」
その言葉に花房は
「速水先生、もう限界なんじゃありませんか?」といい・・。

聖也は、何か毒性のあるものを食べた可能性があることから
理沙子を疑い、理沙子のことをただの客だろと罵る。
しかし、和泉は、聖也と親しい関係であった理沙子とともに
昨日食べた物を調べるためにマンションに向かう。
そこで和泉は、聖也の母が送ってきた野菜に注目。
ごぼうと間違えて朝鮮朝顔を送ってしまったという。
聖也の体内の毒素と一致し、原因が判明。
聖也は、理沙子に関係の修復を求め、二人は仲直りした。

朝鮮朝顔

三船事務長が速水を含め
医師たちを集める。
三船のもとに
『救命救急センター・速水部長は
メディカル・アソートと癒着している
心臓カテーテルの使用頻度を調べろ』という
告発文が届いたという。

三船は、一番の問題は、誰が書いたかというより
ここに書かれてることが真実なのか問い詰める。
田口は、リスクマネジメントを起こし
疑惑があるなら、公の場で証明しましょうと
提案する。

※※
ついに速水の倫理委員会が開かれます。
速水は、メディカル・アソートとの収賄を
認めるようです。
彼の真意は?
このあたりの件は、原作でも、とても盛り上がる部分なの
個人的にとても楽しみです。
田口先生の手腕に期待ですね。


引用元…ジェネラル・ルージュの凱旋 公式HP
ジェネラル・ルージュの凱旋 Wikipedia

視聴率
12.4→14.5→14.7→14.2→12.6→14.8→16.0

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

原作です。


原作レビュー

映画にもなりました。


関連記事
ジェネラル・ルージュの凱旋 第一話
ジェネラル・ルージュの凱旋 第ニ話
ジェネラル・ルージュの凱旋 第三話
ジェネラル・ルージュの凱旋 第四話
ジェネラル・ルージュの凱旋 第五話
ジェネラル・ルージュの凱旋 第六話

ナイチンゲールの沈黙
チームバチスタの栄光 第一話
チームバチスタの栄光 第二話
チームバチスタの栄光 第三話
チームバチスタの栄光 第四話
チームバチスタの栄光 第五話
チームバチスタの栄光 第六話
チームバチスタの栄光 第七話
チームバチスタの栄光 第八話
チームバチスタの栄光 第九話
チームバチスタの栄光 第十話
チームバチスタの栄光 第十一話(最終話)

キャスト
田口公平 - 伊藤淳史
心療内科医・特別愁訴外来責任者。高階の指示で救急センターの入院患者のメンタルケアのため救急精神医療責任者も兼任する。かつて白鳥と共に「チーム・バチスタ」事件を調査し解決した。
白鳥圭輔 - 仲村トオル
厚生労働省医療過誤死関連中立的第三者機関設置推進準備室室長、本作より保険局特別監査室室長代理の肩書きも付加されている。
今回は救命救急センターの監査のために東城医大病院に現れる。

東城医大病院救命救急センター
速水晃一 - 西島秀俊
救命救急センター部長。かつて城東デパート火災で運び込まれた多くの患者の治療に当たったことから「ジェネラル・ルージュ」と呼ばれている。白鳥とは医学部時代の同期だった。
和泉 遥 - 加藤あい
救命医。気が強く辛辣な物言いをする勝気な性格。田口とは同期の間柄。
佐藤伸一 - 木下隆行(TKO)
センター副部長代理。所帯持ちで、救命の激務から家族と会えない日が続くことが多い。
花房美和 - 白石美帆
救命救急センター看護師長。
栗山弥生 - 浅見れいな
看護師。
滝沢秀樹 - 松坂桃李
研修医。
永山康友 - 足立理
研修医。
浅野和彦 - 竹内太郎
研修医。
長谷川 崇 - 戸次重幸
救命医。物事を俯瞰的に見る性格で、ベッド満床時でも患者を受け入れる速水を冷ややかな目を向け、時に意見する。

東城医大病院関係者
高階権太 - 林隆三
東城医大病院院長。
藤原真琴 - 名取裕子
特別愁訴外来看護師。
三船大介 - 利重剛
事務長。

その他
佐々木英二 - 堀部圭亮
救急センターで使用されるカテーテルを取り扱うメディカル・アソートの関係者。
目黒和男 - 嶋田久作
ジャーナリスト。取材中のマンションの建設場所から転落して救命救急センターに入院した。
目黒光子 - 広田レオナ
目黒の妻。

ゲスト
勅使河原 聖也(鈴木 浩) - 八神蓮
ホストクラブ「Club流星」で働くホスト。バースディイベントの最中、痙攣を起こして倒れるが、急性アルコール中毒と診断され退院。その後自宅マンションで錯乱状態となり、ベランダから飛び降りようとしたところを救命救急センターに運ばれる。
下村 理沙子 - 末永遥
聖也の客で、救命救急センターに付き添う。聖也の自宅に通って料理を作るなど、献身的な一方で、聖也との関係についても悩みを抱いている。

主題歌
松田聖子「いくつの夜明けを数えたら」(ユニバーサルシグマ)

スタッフ
脚本 - 後藤法子 ほか
音楽 - 羽岡佳
演出 - 今井和久、植田尚、星野和成
プロデュース - 豊福陽子(関西テレビ)、遠田孝一(MMJ)、八巻薫(MMJ)
制作 - 関西テレビ、MMJ






posted by まりこ(^▽^) at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(4月〜6月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/150422606
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。