Top 2010年(4月〜6月) >新参者 第四話「時間トリック…恋人の嘘」
2010年05月10日

新参者 第四話「時間トリック…恋人の嘘」

三井峯子(原田美枝子)が、殺害される直前まで書いていたメールに、「いつもの広場で子犬の頭をなでていたら、今日も小舟町の時計屋さんと会いました。お互いマメですね、と笑い合いました」というものが。加賀恭一郎(阿部寛)は峯子の行動をたどるべく、「浜町公園で峯子に会った」と証言している、小舟町の寺田時計店主・寺田玄一(原田芳雄)に話を聞きに行く。

玄一は頑固な時計職人で、修理を依頼する加賀にもそっけない。「刑事」と名乗ると「あのチンピラが何かやったのか」と言う。チンピラとは誰のことだろうか?
加賀は、ひっかかり・・。

改めて確認すると、散歩に出たのは夕方5時半で、峯子と浜町公園で会い子犬の頭をなで、帰ってきたのは7時キッカリだという玄一。
しかし浜町公園で、峯子と同じマンションに住んでいて、犬の散歩をしていたアサミ(宮地真緒)と出会い話を聞くが、子犬の散歩をしていた人はいないし、峯子を見たという人すらいないのだった。

玄一は三面に時計の文字盤がはまった、三方置時計の修理に余念がない。
職人の仕事に誇りを持つ玄一は、名も知らぬ部品職人が精巧に作る細かい部品に感謝しているという。
腕時計をはめているものの、普段は携帯電話を時計代わりにしているという松宮(溝端淳平)に腕時計の修理を依頼するように言う加賀。そんな松宮に対し「半人前だ」と言う玄一に松宮は反発するが、加賀は何も言わない・・・

加賀は、事件当日に飼い犬のドン吉の散歩に行っていたという、玄一の行動を確認しようと、玄一の弟子・米岡彰文(恵俊彰)に頼んで、ドン吉の散歩に同行させてもらうことにした。
ドン吉の散歩は四ヶ月ぶりだという米岡。
歩きながら玄一のことを語るが、玄一には「老舗」ともう一つ、娘の「香苗」という名前が禁句になっているという。
婿をとって跡をついで欲しかったのに、高校を卒業後、勝手に結婚してしまったことを許していないのだ。

「いつものコース」というが、ドン吉は4ヶ月前には通らなかったコースに進もうとした。
しかも、帰ってきたのは6時半で、玄一の証言している時間とは30分も違うのだ。
コースを変えたということだろうか?玄一が隠していることは一体何なのだろうか?

そこへ、玄一の妻・志摩子(松本じゅん)がタクシーで帰ってきた。いつもなら使わないタクシーで、どこに行っていたのかは口を濁す。加賀は何かに気づき、松宮が確認に出た。
実は、娘の香苗(波瑠)が妊娠していて、志摩子は香苗とともにベビー用品を買いに行っていたのだ。
香苗の妊娠を玄一も知っていて、安産祈願にご利益がある水天宮にお参りするコースをたどっていた為、ドン吉の散歩時間が30分のびていたのだ。
峯子と会っていたのは浜町公園ではなく水天宮で、なでていた子犬は、安産祈願の子宝犬の頭だったのだ。
そして三方置時計の修理をしていたのは、香苗が無事に出産できるようにとの願掛けで、本心では香苗に会いたくて仕方がないのだ。香苗も、玄一の反対を押し切って結婚した手前、なかなか素直に謝れない。意地を張り合っているが、本心ではお互い許してもらいたくて仕方がないのに・・・

「あのチンピラさえいなければ香苗に会いたい」と、香苗の夫・秀幸(心之助)を非難するが、秀幸は現在、香苗のすすめで時計の部品工場でまじめに働いているという。
「感謝すべき名も知らぬ職人」の弟子入りをしているのだ。
三方置時計は、米岡が「必ず直す」と力強く請け負い、玄一は臨月の香苗のもとに赴く。

香苗は無事に出産し、玄一、秀幸とも言葉はなくともこれまで絡んでいた糸がほどけたかのように、許しあっていた・・・。

峯子と玄一の出会いは分かったが、峯子が水天宮に通っていたのは、一体誰のためだったのか?
その頃、峯子の息子・弘毅は、刑事から峯子の葬儀の
参列者の写真を見せられていた。
そこには、なぜか亜紀が映し出されており・・。

「そのパソコンの中になにか入ってるんじゃないか?
何もないっていうなら信じるよ。
でも、何かあるなら自分から見せてくれ」といいう弘毅。
亜紀は、パソコンを開く。
パソコンの中には、峯子の写真があった。
「なんで母さんが生きてる写真があるだよ!」と
弘毅は、つかみかかり・・。

※※
お互い素直になれなかった父と娘でしたが
和解できてよかったです。
玄一が、憎んでいた娘の夫ですが、
時計つながりで時計の部品工場でまじめに働いているとのこと。
その伏線の回収も見事でした。

峯子を公園でみかけなかったののも
会っていた場所が違っていたわけで、
メールの子犬の頭というのも
水天宮の子宝犬の頭というのも
おもしろいヲチです。
しかし、またも謎が深まります。
峯子は、なぜ水天宮にいたのか。
亜紀は、なぜ生前の峯子の写真を持っていたのか
彼女の動きも謎です。


引用元…新参者 公式HP
新参者Wikipedia

視聴率
21.0→15.1→13.3→14.7

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

主題歌
山下達郎「街物語(まちものがたり)」(ワーナーミュージック・ジャパン)


原作です。


関連記事
新参者 第一話
新参者 第ニ話
新参者 第三話

レギュラーキャスト
警視庁日本橋署
加賀恭一郎(39)〔刑事〕 - 阿部寛
タウン誌「ドールタウン」
青山亜美(25)〔記者〕 - 黒木メイサ
警視庁捜査一課殺人班
松宮脩平(26)〔刑事〕 - 溝端淳平
小嶋一道(44)〔主任〕 - 木村祐一
上杉博史(55)〔刑事〕 - 泉谷しげる
税理士
岸田要作(60) - 笹野高史
被害者一家
三井峯子(45)〔被害者〕 - 原田美枝子
清瀬直弘(53)〔清掃会社の社長〕 - 三浦友和
清瀬弘毅(22)〔劇団員〕 - 向井理

スペシャルキャスト
上川聡子(65)〔煎餅屋「あまから」の主人の母親〕 - 市原悦子(第1話)
上川菜穂〔聡子の孫娘〕 - 杏(第1話)
田倉慎一〔新都生命の営業マン〕 - 香川照之(第1話)
吉岡多美子〔翻訳家、峯子の友人〕 - 草刈民代(第1・2話)
宮本祐理〔清瀬直弘の秘書〕 - マイコ(第1・2話)
望月綾名〔亜美の同僚〕 - 橋本真実(第1・2話)
奈々〔たい焼き屋「銀のあん」の娘〕 - 沢木ルカ(第1・2話)
佐々木修平(17)〔料亭「まつ矢」の板前見習い〕 - 石黒英雄(第1・2話)
枝川頼子(43)〔料亭「まつ矢」の女将〕 - 夏川結衣(第1・2話)
枝川泰治(45)〔料亭「まつ矢」の主人〕 - 寺島進(第1・2話)
菅原美咲〔工芸店「ほおづき屋」の店員〕 - 小泉深雪(第1・2話)
柳沢麻紀(24)〔尚哉の妻〕 - 柴本幸(第1・2話)
寺田玄一〔「寺田時計店」の主人〕 - 原田芳雄(第1・2話)
北村美雪〔洋菓子店「クアトロ」の店員〕 - 紺野まひる(第1・2話)
柳沢鈴江(65)〔瀬戸物屋「柳沢商店」の主人〕 - 倍賞美津子(第2・3話)
岸田克哉〔岸田要作の息子〕 - 速水もこみち
光岡彰文〔「寺田時計店」の従業員〕 - 恵俊彰

ゲスト
アサミ〔キャバクラ「Aphrodita」のホステス〕 - 宮地真緒(第2・4話)
寺田志摩子〔玄一の妻〕 - 松本じゅん(第4話)
沢村香苗〔玄一・志摩子の娘、秀幸の妻〕 - 波瑠(第4話)
沢村秀幸〔香苗の夫〕 - 心之介(SQUAREHOOD)(第4話)

スタッフ
企画 - 那須田淳
プロデューサー - 伊與田英徳、中井芳彦
脚本 - 牧野圭祐、真野勝成
シナリオ協力 - 櫻井武晴
音楽 - 菅野祐悟
音楽プロデューサー - 志田博英
撮影協力 - 人形町商店街共同組合 / 甘酒横丁商店会
協力 - 緑山スタジオシティ、日音、ブル、アックス、AVC、東通ほか
特別協力 - 三井物産、講談社
演出 - 山室大輔、平野俊一、韓哲、石井康晴
製作著作 - TBS

posted by まりこ(^▽^) at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(4月〜6月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/149463004
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。